Adobe Sign を使用すると、管理者はアカウントにユーザーをすばやく簡単に追加できます。また、ユーザーの権限レベルを設定、ユーザープロファイルを編集、およびユーザーをアクティブ化/非アクティブ化できます。

注意:

このページでは、エンタープライズおよびビジネスレベルアカウントで個々のユーザーを操作するプロセスについて説明します。

  • 小規模企業用 Adobe Sign のお客様は、Adobe Admin Console を使用してユーザーとアクセス権を管理します。
  • 多数のユーザーを作成または編集する必要があるエンタープライズまたはビジネスレベルの管理者の場合は、「ユーザーを一括で作成または更新」の記事をご覧ください。

エラーメッセージ:その電子メールアドレスをアカウントに追加できません。

Adobe Sign アカウントにユーザーを追加するときに、「アカウントに電子メールアドレスを追加できません」というエラーが表示される場合があります。

new_error_message

このエラーメッセージは、入力された電子メールに以下の 2 つの問題のいずれかが存在することを示しています。

  1. 管理者としてログインし、管理メニューの「ユーザー」セクションに移動します。

  2. その他のオプションアイコンをクリックして、「すべてのユーザーを表示」を選択します。

    show_all_of_the_users
  3. ユーザーの名前または電子メールアドレスを検索する

    ユーザーのステータスはユーザーレコードの一番右の値です。

    found_user
  4. ステータスによって次の手順を決定します。 

    ユーザーを 1 回クリックし、(検索フィールドのすぐ下に)利用可能なアクションを表示させます。ユーザーの現在のステータスに関連するオプションのみが表示されます。

    • 非アクティブ - 「ユーザーを再アクティベート」リンクをクリックする
      • 非アクティブなユーザーは、管理者によってシステム内で明示的に無効化されています。
    • 作成済み - 「招待状の再送信」リンクをクリックしてユーザーに電子メールを再送信する
      • 作成済みのユーザーはシステムで以前作成され、パスワードがまだ設定されていません。
    • 未確認 - 「パスワードをリセット」リンクをクリックしてユーザーに確認用電子メールを再送信する
      • 未確認ユーザーは電子メールアドレスを変更しましたが、電子メールをまだ確認していません
    • 保留 - 「+」をクリックしてユーザーを作成する
      • 保留中のユーザーは(受信者または CC 先として)契約書プロセスに含まれるけれど、過去に作成されたり、認証資格情報を提供されたりしたことはありません。

一部のアカウントでは、ドメインレベルでセキュリティが設定されています。サイトライセンスを使用しているすべてのユーザー、および SAML を使用するユーザーには、このタイプのセキュリティが設定されています。

ただし、ドメインレベルのセキュリティは、管理インターフェイスには表示されません。  カスタマーサポートまたはカスタマーサクセスチームのみが、バックエンドで判断できます。

アカウントのユーザーの問題がステータスレベルではない場合は、ドメイン権限の問題であると考えられます。  この問題が発生している場合は、カスタマーサポートまたはカスタマーサクセスマネージャーに連絡してください。

その際は、アカウント管理者の電子メールアドレスと、追加しようとしているユーザーの電子メールアドレスをお知らせください。

注意:

ドメインの所有権の申請手続きはシンプルですが、時間がかかります。  ドメインに関する問題があると思われる場合、またはこの問題が発生するのを事前に防止したい場合は、早めに申請手続きを開始してください。


アカウントにユーザーを追加する方法

以下の手順に従って、アカウントに個人ユーザーを追加します。

  1. 管理者としてログインし、管理メニューの「ユーザー」セクションに移動します。

  2. 右上隅にあるプラス記号(+)をクリックします。

    アカウントに含まれるアクティブユーザーの人数を確認します。
  3. ユーザーの電子メールアドレスおよびを入力します。

    必要に応じて、ユーザーの配置先となるユーザーグループをドロップダウンリストから指定します。

    • 新しいグループを作成するには、「このユーザー用に新規グループを作成」を選択してグループに名前を付けます。

    ユーザーの契約書を「管理」ページに共有したい場合は、「このユーザーの契約書を表示」チェックボックスをオンにします。この共有は一方向のみです。

     

    すべての情報が正しいことを確認したら、「保存」をクリックします。

    2. Create User Gump

    ウィンドウ上部に完了を示すメッセージが表示され、新しいユーザーがユーザーリストに追加されます。


ユーザーの権限レベルを編集する

Adobe Sign アカウントの管理者は、自分たちの権限下にあるユーザーを、自分たちが持つ権威レベルへと昇格させる権限を持ちます。

グループ管理者は、ユーザーを、同じグループのグループ管理者へと昇進させることができます。

アカウント管理者は、次の昇進をおこなうことができます。

  • ユーザーを、アカウントのグループのグループ管理者へ
  • ユーザーをアカウント管理者へ(アカウント内の完全な権限を供与)
  • アカウント管理者をプライバシー管理者へ

すべての管理者は、次の権限を持ちます。

  • userID に対し、契約書を署名する権限を許可または却下する
  • userID に対し、契約書を送信する権限を許可または却下する

 

ユーザーの権限を設定するには、次の手順をおこないます。

  1. 管理者としてログインし、管理メニューの「ユーザー」セクションに移動します。

  2. 編集するユーザーの電子メールアドレスを検索します。

  3. ユーザーを 1 回クリックし、(検索フィールドのすぐ下に)利用可能なアクションを表示させます。

  4. オプションから「ユーザーを編集」を選択します。

    edit_a_userid
  5. 必要に応じてユーザーを設定し、完了したら「保存」をクリックします。

    次のオプションがあります。

    • ユーザーはアカウント管理者
    • ユーザーはプライバシー管理者
    • ユーザーはグループ管理者
    • ユーザーは文書を送信できる
    • ユーザーは文書に署名できる
    edit_user_authority

    注意:

    アカウントに追加できる(あらゆるタイプの)管理者の数に制限はありません(ライセンス数の範囲内)。


管理者としてユーザープロファイルを編集する

Adobe Sign アカウントの管理者は、ユーザーのプロファイルにフィールドレベルで変更を加える権限を持ちます。

  1. 管理者としてログインし、管理メニューの「ユーザー」セクションに移動します。

  2. 編集するユーザーの電子メールアドレスを検索します。

  3. ユーザーを 1 回クリックし、(検索フィールドのすぐ下に)利用可能なアクションを表示させます。

  4. オプションから「ユーザーを編集」を選択します。

    edit_the_userid
  5. プロファイルを編集」ボタンをクリックします。

  6. 必要に応じて値を編集し、完了したら「保存」をクリックします。

    edit_user_profile

    注意:

    アカウントに追加できる(あらゆるタイプの)管理者の数に制限はありません(ライセンス数の範囲内)。


ユーザーをアクティベート解除する(非アクティブステータス)

アカウント管理者は、アカウントのユーザー ID をアクティベート解除できます。アクティベート解除されたユーザー ID は、ログイン、文書の送信または文書への署名ができなくなり、アカウントに属さなくなります。 

ユーザーが組織に所属しなくなった場合は、Adobe Sign のアドミンコンソールでそのユーザーの ID をアクティベート解除し、そのログイン情報を使用した不正アクセスが行われないようにします。

ユーザー ID をアクティベート解除すると、ログインができなくなりますが、進行中の契約がキャンセルされたり、契約に何らかの影響を与えることはありません。そのユーザー ID に対するすべてのトランザクションは正常に完了します。アクティベート解除は、純粋にログインやアクセスを禁止するためのセキュリティ手段です。

アクティベート解除されたユーザーは、いつでも再アクティベートし、ユーザー ID は元どおり使用できます。ただし、ユーザーは、ログインページで「パスワードを忘れた場合」のリンクを使用してパスワードをリセットする必要があります。

アカウント管理者は、いつでもユーザーをアクティベート解除できます。グループ管理者がユーザーの追加機能へのアクセス権を持っている場合は、ユーザーをアクティベート解除できます。

 

ユーザーをアクティベート解除するには、次の手順を実行します。

  1. 管理者としてログインし、管理メニューの「ユーザー」セクションに移動します。

  2. アクティベート解除するユーザーの電子メールアドレスを検索します。

  3. ユーザーを 1 回クリックし、(検索フィールドのすぐ下に)利用可能なアクションを表示させます。

  4. オプションから「ユーザーをアクティベート解除」を選択します。

    deactivate_a_userid
  5. 「ユーザーをアクティベート解除」をクリックした後、確認ページが表示されます。このユーザーが、ログイン、契約書の送信または契約書への署名ができなくなることを確認するテキストが表示されます。また、ユーザーはシートの最大数としてカウントされなくなります。

    また、アクティベート解除されたアカウントのすべての契約書を表示するかどうかを尋ねられます。このオプションは、アカウント共有が有効になっている場合にのみ表示されます。

    このボックスを選択すると、アクティベート解除されたユーザーのすべての契約書が「管理」タブに入力される、一方向の共有が確立されます。この共有は、いつでもキャンセルできます。

    はい」をクリックします。

    deactivate_confirmation

    警告:

    「非アクティブ」とマークされた UserID は、Adobe Sign へのアクセスが完全にブロックされます。 

    これには、契約書への署名も含まれます。


ユーザーの再アクティベート

非アクティブなユーザー ID を再アクティベートして、通常の使用状態に戻すことができます。

ユーザーを再アクティベートしても、そのユーザー ID に関連する契約書のステータスには影響しません

ユーザー ID を再アクティベートできるのはアカウントの管理者のみで、かつ、そのユーザー ID のために使用可能な枠がある場合に限られます。すべてのアカウント管理者がユーザーを再アクティベートできます。ユーザーを追加する権限をアカウント管理者から付与されているグループ管理者も、ユーザーを再アクティベートできます。

 

userID を再アクティベートするには、次の手順をおこないます。

  1. 管理者としてログインし、管理メニューの「ユーザー」セクションに移動します。

  2. その他のオプションアイコンをクリックして、「すべてのユーザーを表示」を選択します。

    show_all_users
  3. 再アクティベートするユーザーの電子メールアドレスを検索します。

  4. ユーザーを 1 回クリックし、(検索フィールドのすぐ下に)利用可能なアクションを表示させます。

  5. オプションから「ユーザーを再アクティベート」を選択します。ユーザーが、「ユーザー」リストにアクティブなユーザーとして表示されます。

    reactivate_user

    注意:

    再アクティベートしたユーザーのパスワードは期限切れになっていて、すぐにはログインできません。

    再アクティベートしたユーザーには「パスワードを変更」電子メールが送信されます。

    パスワードの変更が完了するとユーザーは通常どおりログインできるようになり、以前に自分に関連付けられていた契約書、ライブラリテンプレート、Web フォームへのフルアクセス権を付与されます。