注意:組織のユーザーがログインしたとき、新しい Admin Console が表示されるようになります。新しいコンソールは、月を追うごとに多くのお客様に公開され、すべてのお客様がこの新しいコンソールにアクセスできるようになる予定です。新しいコンソールに既に移行済みの場合は、Adobe Stock グループ版(新しい Admin Console)を参照してください。

 

対象の役割:管理者

コンソール:以前の Admin Console

Adobe Stock では、管理者は他の Adobe グループ版製品と同じ Admin Console でグループ版プランを管理できます。Adobe Stock グループ版プランを購入した後、グループ版アカウントの管理者は、認証用にユーザーにプランを割り当てる必要があります。これをおこなうには、製品のユーザーを割り当てます。

認証のためにプランをユーザーに割り当てる

Adobe Stock グループ版プランは以下に割り当てることができます。

  • 自分自身
  • 既存のグループメンバー
  • まだグループのメンバーではないユーザー

Adobe Stock プランを認証用にユーザーに割り当てたら、すべてのグループメンバーが、共有された Adobe Stock グループ版プランに同等にアクセスできるようになります。プライマリ管理者とセカンダリ管理者も、ライセンス認証の後、Adobe Stock グループ版プランにアクセスできます。必要に応じてユーザーから Adobe Stock の割り当てを削除することもできますが、サービスの中断を回避するには、これを別のユーザーに割り当てる必要があります。

ユーザーを Adobe Stock に追加

グループに新しいユーザーを追加するときに、Adobe Stock グループ版プランが既存のユーザーに既に割り当てられている場合は、新しいユーザーにこれを割り当てる必要はありません。グループにユーザーを追加し、新しいユーザーに他のグループ製品を割り当てたら、これらのユーザーは Adobe Stock グループ版プランを使用することもできます。

グループ版アカウントを管理する方法について詳しくは、https://helpx.adobe.com/jp/creative-cloud/help/manage-teams-membership.html を参照してください。

 

Adobe Stock グループ版プランを有効化すると、グループのライセンス取得履歴を確認できるようになります。

グループ版の「ライセンス取得履歴」ページで日付範囲やメディアタイプのフィルターオプションを使用して、グループのライセンス取得履歴を確認することができます。このページからグループメンバーはハイパーリンクされたアセット ID を選択して、各ライセンス済みアセットに関する詳細を確認できます。

また必要に応じて、グループメンバーはアセットをライセンス認証することもできます。アセットを複数回ライセンス認証した場合、各ライセンス取得操作が以下のように個別のタイムスタンプ行として表示されます。各ライセンス取得操作では、ライセンス取得操作を実行したグループメンバーの名前も表示されます。

ライセンス取得履歴とアクション

Adobe Stock グループ版の使用方法に関するその他の情報については、Adobe Stock グループ版で、素材をトラックし、共有を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー