Adobe アプリケーションのログインまたはライセンス認証の際の Adobe への接続エラーを修正する方法を説明します。

Adobe アプリケーションやサービスのログイン、ライセンス認証、起動を行う際のエラー

Adobe アプリケーションのログインまたはライセンス認証を行う際に接続の問題または以下のエラーが発生した場合は、この記事の手順をお試しください。
  • [製品名] のライセンス認証ができません。この製品を使用するには、製品のライセンス認証が必要です...
  • インターネットに接続して再試行してください。
  • お使いのコンピューターがオフラインであるか、コンピューターのクロックが正しく設定されていないため、接続エラーが発生しました。インターネット接続が必要です。インターネットへの接続または時刻の調整を行ってから再試行してください。
  • アドビアプリケーションまたはサービスへのアクセスが制限されている可能性があります。

ライセンス認証やログインの問題についてもっと一般的なヘルプを得たい場合は、「Creative Cloud のライセンス認証エラーのトラブルシューティング」または「ライセンス認証とライセンス認証解除に関するトラブルシューティング」を参照してください。

接続エラーの修正方法

手順 1. Adobe ライセンス認証サーバーへの接続をテストします。

  1. ライセンス認証サーバーにアクセスできるかどうか判別するには、このリンクをクリックします。

    アドビのロゴが 2 つ表示されれば、アクティベーションサーバーにアクセスできます。ソフトウェアのライセンス認証を試みてください。アカウントのライセンス認証に関するヘルプが必要な場合は、「ライセンス認証とライセンス認証解除に関するトラブルシューティング」を参照してください。

    Adobe ロゴ

    問題が解消されなかった場合次の手順に進みます。

  2. ご使用の製品のバージョンによって、Web ブラウザーを起動するか、以下のリンクのどれかを開きます。

    テストが正常に実行されたことを示すメッセージが表示されたら(以下のスクリーンショットを参照)、ライセンス認証サーバーにアクセスすることができます。ソフトウェアのライセンス認証または起動を試みてください。

    テストが正常に実行されましたメッセージ
    Creative Cloud と CS6: テストは成功しました
    「テストが正常に実行されました」メッセージ
    CS5 と CS5.5:テストは成功しました

    注意:

    CS5/CS5.5 のリンクをクリックすると、「アクセスが拒否されました」というメッセージが表示されることがあります。ただし、これはライセンス認証サーバーにアクセスできることの確認にすぎません。ソフトウェアのライセンス認証または起動を試みてください。ライセンス認証コードに関するヘルプが必要な場合は、「引き換えコードに関するヘルプ」を参照してください。

    問題が解消されなかった場合「hosts ファイルをリセットします」に進んでください。

手順 2:hosts ファイルをリセットします。

オペレーティングシステムの hosts ファイルによって、ホスト名が IP アドレスに割り当てられます。hosts ファイルを正しく設定しないと、コンピューターがアドビのライセンス認証サーバーに接続できなくなる場合があります。

注意:

Creative Cloud ユーザー: hostsファイルをリセットすると、「Creative Cloud アプリケーションは体験版モードで使用できます」または「体験版の期限切れ」などのエラーも解決できます。

  1. Limited Access Repair Tool をダウンロードします。

  2. ダウンロードしたファイルを抽出してから、管理者モードで Limited Access Repair Tool を実行します。

    • Windows:ツールを右クリックし、「管理者として実行」を選択します。
    • macOS:ツールをダブルクリックし、管理者の資格情報を入力して続行します。

    Limited Access ツールの使用方法について詳しくは、Creative Cloud デスクトップアプリケーションにおける制限付きアクセスエラーを参照してください。

    注意:

    Limited Access Repair Tool の実行後も問題が修復されない場合は、hosts ファイルを手動でリセットします。

hosts ファイルの手動リセット

Limited Access Repair Tool の実行後も問題が修正されない場合は、以下のように hosts ファイルを手動でリセットします。

Windows でhosts ファイルをリセットするには、以下の手順を実行します。

  1. C:\WINDOWS\System32\drivers\etc に移動します。

  2. メモ帳などのテキストエディターで、hosts ファイルを開きます。

  3. hosts ファイルをチェックして、アドビ関連エントリがないかどうか確認します。

    hosts ファイルの Adobe エントリ

    hosts ファイルにアドビ関連エントリがない場合、それ以上のトラブルシューティングは不要です。

    ただし、hosts ファイルにアドビ関連エントリがある場合は、次の手順に進みます。

  4. hosts ファイル内にアドビ関連エントリがある場合、ドラッグなどでファイルをデスクトップに移動します。

  5. アドビ関連エントリを hosts ファイルから削除します。

    他のエントリは絶対に削除しないようにしてください。

  6. 前の手順で編集した hosts ファイルを保存します。

    更新した hosts ファイルには、アドビ関連エントリはないはずです。

  7. ファイルをデスクトップから元の場所に移動します。

    C:\WINDOWS\System32\drivers\etc

    ファイルの移動時には、「置換」オプションを選択します。

    hosts ファイルのサンプル

macOS で hosts ファイルをリセットするには、以下の手順を実行します。

  1. hosts ファイルを見つけるには Finder を開いて、移動/フォルダへ移動を選択します。ボックス内で以下の場所を入力し、Enter キーを押します。

    /private/etc/hosts

    hosts ファイルの検索 MacOS

    ファイルを見つけられない場合は、hosts ファイルが非表示になっています。以下のコマンドをターミナルで入力して、ファイルの非表示を解除して、手順 1 を再び繰り返します。

    chflags nohidden /etc/hosts

  2. Text Edit などのテキストエディターを使用して、hosts ファイルを開きます。

  3. hosts ファイルをチェックして、アドビ関連エントリがないかどうか確認します。

    MacOS の hosts ファイル

    hosts ファイルにアドビ関連エントリがない場合、それ以上のトラブルシューティングは不要です。

    ただし、hosts ファイルにアドビ関連エントリがある場合は、次の手順に進みます。

  4. hosts ファイル内にアドビ関連エントリがある場合、ドラッグなどでファイルをデスクトップに移動します。

  5. アドビ関連エントリを hosts ファイルから削除します。

    他のエントリは絶対に削除しないようにしてください。

  6. 前の手順で編集した hosts ファイルを保存します。

  7. ファイルをデスクトップから元の場所に移動します。

    /private/etc/hosts

    ファイルの移動時には、「置換」オプションを選択します。

    更新した hosts ファイルには、アドビ関連エントリはないはずです。

    hosts データベース MacOS

手順 3. セキュアなサイトにアクセスできることを確認します。

アドビのライセンス認証サーバーは、セキュアな(HTTPS)サイトにあります。そのため、お使いのコンピューターがこのような種類のサイトにアクセスできなければなりません。

セキュア HTTPS サイト

次の手順に従って、セキュアなサイトにアクセスできることを確認します。

  1. Firefox や Internet Explorer などのインターネットブラウザーを起動します。

  2. アドレスバーに https://www.adobe.com と入力し、Enter キーを押します。

セキュアなサイトにアクセスできない場合

コンピューターのクロックが、正確な時間を示しており、正しいタイムゾーンに設定されていることを確認します。

コンピューターが認証プロキシサーバーを通過する場合は、無効にします。詳しくは、ネットワーク管理者に問い合わせるか、プロキシサーバーの文書を参照してください。

お使いのコンピューターがファイアウォールの内側にある場合は、ファイアウォールがポート 80 および 443 を介してライセンス認証サーバーをブロックしていないことを確認してください。

ライセンス認証サーバーへのアクセス許可に関する手順については、ネットワーク管理者またはご自宅のネットワークのファイアウォールマニュアルを参照してください。

注意:

ファイルウオールで実行可能ファイルが必要な場合は、以下の場所にある PDApp.exe を指定します。

  • Windows : Program Files\Common Files\Adobe\OOBE\PDApp\core
  • macOS:Applications > Utilities > Adobe Application Manager > core > PDApp

手順 4. GlobalSign Root CA 証明書を確認します。

アドビログイン(Creative Cloud)およびアクティベーション(Creative Suite)プロセスでは、GlobalSign Root CA 証明書が必要になります。

次の手順に従って、GlobalSign Root CA 証明書がインストールされ有効になっていることを確認します。

  1. 「スタート」をクリックし、certmgr.msc と入力します。

  2. 現在のユーザー/信頼するルート証明機関/証明書 に移動します。

  3. GlobalSign Root CA を右クリックし、「プロパティ」を選択します。 

    GlobalSign Root CA のプロパティオプション
    Windows の GlobalSign Root CA 証明書
  4. 証明書がサーバー認証に有効であることを確認します。

    GlobalSign Root CA のプロパティ
    証明書のプロパティ(Windows)

  1. Applications/Utililies/Keychain Access に移動します。

  2. GlobalSign Root CA 証明書を見つけます。「すべての項目」カテゴリーを選択してから、「グローバル」を検索して証明書を見つける必要がある場合があります。

    Mac OS の GlobalSign Root CA 証明書
    Mac OS の GlobalSign Root CA 証明書

    注意:

    証明書を利用できない場合は、証明書のインストール手順について、警告「このサイトの証明書発行者は信頼されません」を参照してください。

  3. 証明書を右クリックして、「情報を取得」を選択します。

  4. 証明書が有効になっていることを確認します。

    証明書プロパティ(macOS)
    証明書プロパティ(macOS)

このソフトウェアを別のコンピューターで使用しますか?

別のコンピューターまたはデバイスでサブスクリプション版を使用する方法については、Creative Cloud サブスクリプションは、何台のコンピュータで使用できますか?を参照してください。

アドビサポートへのお問い合わせ

それでも接続の問題を解決できない場合は、カスタマーサービスにお問い合わせください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー