Admin Console 全体の操作マニュアルをご用意しています。ダウンロードはこちらから。
新 Admin Console をご利用の方 | 旧 Admin Console をご利用の方

Creative Cloud グループ版 | VIP ご利用ガイド > [購入ガイド] VIP ライセンスの更新方法

 

この文書は、VIP ライセンスの更新方法について説明しています。

なお、アドビストア契約の Creative Cloud グループ版の場合は こちら の「更新方法(Creative Cloud グループ版)」をご確認ください。

ライセンス更新について

ライセンスの更新は、契約応当日の前後 30 日が対象となり、この期間のみ更新をご注文いただくことが可能です。

ライセンスを新規追加する場合と異なり、更新はお客様からのご発注が先となります。発注につきましては、ご契約中の販売代理店にお申込みください。受注処理が完了すると、Admin Console 上のステータスが変更されます。更新期間を過ぎると、システム上から更新の注文ができなくなり、更新されなかったライセンスは削除されます。更新期間に入りましたら、速やかにご契約中の販売店様へ更新をご注文ください。

更新期間

更新期間は契約応当日の前後 30 日です。更新期間を過ぎても発注しなかった場合、更新しなかったシート(ライセンス)は削除され、アプリケーションは体験版の表示が出るようになります。

更新通知

更新期間に入ると、Admin Console 上に更新が可能な期間である旨の通知が表示されます。

契約応当日前の更新通知の場合

契約応当日以後の更新通知の場合

また、更新期間に入ると、管理者様に更新期間である旨の通知メールが以下のタイミングで届きます。

  • 契約応当日の 30 日前
  • 契約応当日の当日
  • 更新の受注処理が完了した場合
  • 更新のご注文がないまま更新期間が終了し、ライセンスが削除された場合

ライセンス更新後の操作

更新の受注処理が完了すると、Admin Console 上の表示が変更され、次年度も引き続きライセンスをご利用いただけます。この際、すべての既存ライセンスを同一製品構成のまま更新した場合と、一部のライセンスのみを更新した場合および製品の変更を行った場合とで、Admin Console 上の表示が異なります。後者の場合、どのライセンスを更新するか指定する必要があります。

すべてのライセンスを更新した場合

製品を変更せずに、既存のライセンスのすべてを更新いただいた場合、お客様側で特に必要な操作はございません。引き続き次年度の更新時まで製品をご利用いただけます。

Admin Console 上の表示

また、受注処理が完了すると以下のようなメールが管理者様に届きます。

製品の一部のライセンスのみ更新した場合

「製品の一部ライセンスのみ更新した場合」とは、コンプリートプランを 10 ライセンスのうち 5 ライセンスのみ更新するなどということです。

この製品の一部のライセンスのみ更新の注文を行った場合には、既存のライセンスの中からどのライセンスを更新するのか、更新期間が終了するまでに指定する必要があります。

注意:

Admin Console で「一部更新」ボタンが表示されない場合があります。

例えば、コンプリートプラン 10 ライセンス、Photoshop 5 ライセンスのうち、コンプリートプラン 10 ライセンスのみ更新して Photoshop 5 ライセンスはすべて更新しない場合、コンソール上には「一部更新」ボタンは表示されません。

  1. 「ライセンスを更新」をクリックします。

    ※ 「ライセンスを更新」ボタンは、更新の受注処理が完了する と Admin Console 上に表示されます。

    注意:

    更新期間終了までにライセンスの指定がなかった場合には、更新するライセンスが自動的に指定され、残りのライセンスは、文書下部の「更新されなかったライセンスが自動的に削除される優先順位について」に記載されているルールに従って削除されますので、ご注意ください。

  2. 「ライセンスを更新」画面に移動したら、更新するライセンスにチェックを入れて指定します。ここで選択できる製品の種類とライセンスの数は、更新の注文があった製品とライセンスの数に対応します。

    選択可能なライセンス数を満たすと、メッセージの冒頭にチェックボックスが表示されます。

  3. 製品の選択が完了したら、画面下部の「更新を確定」をクリックします。

  4. 「更新を確定しますか?」というポップアップが表示されたら、再度「更新を確定」をクリックします。

    確定後は更新するライセンスの変更はできませんのでご注意ください。

  5. ライセンスの指定完了後、Admin Console 上の表記が変更されます。

    注意:

    更新の指定が行われなかったライセンスについては、有効期限が表示されます。 有効期限が表示されているライセンスは、更新期間が過ぎると、「更新されなかったライセンスが自動的に削除される優先順位について」に記載されているルールに従って削除されます。

    契約応当日を過ぎた場合でも、ライセンスの有効期限内(更新期間内)であれば更新手続きを行うことが可能ですので、再度更新の注文を行ってください。

更新されなかったライセンスが自動的に削除される優先順位について

90 日以降は、古いファイルから順次削除され、 最終的に 2GB 内に収まるまで容量が削減されます。

詳細については、Creative Cloud | よくある質問の、「メンバーシップを解約またはダウングレードした場合、Creative Cloud 内のファイルはどうなりますか?」を参照ください。

優先順位 削除対象となるライセンス
1 利用者が割り当てられていないライセンス
2 管理者が招待を行ったが、利用者が手続きしていないライセンス
( Admin Console 上で「招待送信済み」と表示されているライセンス)
3 追加した日付が新しいライセンス

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー