ユーザーをグループに追加するには、Admin Console で製品にユーザーを追加します。これにより、ユーザーにライセンスが割り当てられます。

ユーザーごとに 1 ライセンスを割り当てる

クイックヘルプ
ユーザー ごとに 1 ライセンスずつ割り当てるには、Admin Console で、概要ユーザーを割り当てに移動します。

管理者として Admin Console にログインします。

ログイン

目的の Creative Cloud アプリケーションの下で、ユーザーを割り当てをクリックします。

「ユーザーを一括割り当て」をクリックします。

ユーザーを割り当てリンクは、割り当てられていないライセンスがある製品についてのみ表示されます。

ユーザーの名前またはメールアドレスを入力します。

ユーザーを追加

保存」をクリックします。

保存

Creative Cloud へのアクセスを確認するメールが、ユーザーに送信されます。

CSV アップロードを使用して、一度に複数のユーザーを追加することもできます。詳しくは、ユーザーの管理を参照してください。

デフォルトでは、管理者は Creative Cloud へのアクセス権限がありません。管理者がアクセスを必要とする場合は、管理者を製品に割り当てる必要があります。

セカンダリ管理者を追加する

クイックヘルプ
セカンダリ管理者を追加するには、Admin Console で、ユーザー管理者管理者を追加に移動します。
管理者を追加

アカウントレベルの問題が発生したときに、管理者が対応できなくても別のシステム管理者がいれば便利です。サービスの中断を避けるため、1 人以上の管理者を追加することをお勧めします。

  1. Admin Console でユーザー管理者に移動し、管理者を追加」をクリックします。
  2. 名前またはメールアドレスを入力し、「次へ」をクリックします。
  3. 管理者のタイプにシステム管理者を選択し、「次へ」をクリックします。
  4. 選択内容を確認し、「保存」をクリックします。

新しく追加された管理者に確認メールが送信されます。

 

次のステップ

ユーザーを追加した後は、Admin Console で他の機能を調べ、サポートリソースにアクセスしてチームアカウントを管理します。

コミュニティ

エンタープライズフォーラム

会話に参加する

知識を共有し、インスピレーションを得ることができます。