CS6 Master Collection の必要システム構成

CS6 Master Collection の必要システム構成

Windows

  • 64 ビット対応の Intel® Pentium® 4 または AMD Athlon® 64 プロセッサー。Premiere Pro、After Effects、Encore には Intel Core™2 Duo または AMD Phenom® II プロセッサーが必須。SpeedGrade には Intel Core i7 プロセッサーが必須
  • Microsoft® Windows® XP Service Pack 3 または Windows 7 Service Pack 1。Premiere Pro、After Effects、Encore には Windows 7 Service Pack 1 (64ビット)が必須。SpeedGrade には Windows 7 Service Pack 1 が必須.Windows のサポートについて詳しくは、CS6 の FAQ を参照してください。
  • 32 ビット:2GB 以上の RAM (4GB 以上を推奨)、64 ビット:4GB 以上の RAM (8GB 以上を推奨)
  • 14.5GB 以上の空き容量のあるハードディスク。ただし、インストール時には追加の空き容量が必要(外付けのフラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストール不可)
  • ディスクキャッシュ、プレビューファイルなどの作業ファイルに必要な追加のディスクスペース。10GB 以上を推奨
  • 16 ビットカラーおよび VRAM 512MB 搭載の 1280×900 ディスプレイ。Speedgrade には 1680×1050 ディスプレイが必須。また、プロフェッショナルにキャリブレーションを設定した 2 台目の表示ディスプレイを推奨
  • OpenGL 2.0 対応システム
  • Microsoft WDM または ASIO 対応のサウンドカード
  • 2 層式対応 DVD-ROM ドライブ(DVD 作成には記録対応 DVD ドライブ、Blu-ray 作成には記録対応 Blu-ray ドライブが必要)
  • Java™ Virtual Machine(32-bit): IBM® JRE 1.6または Sun™ JRE 1.6
  • Eclipse™ 3.7 (Flash Builder のプラグインインストール用)。次のディストリビューションがサポートされます。 Java EE および Java 開発者向けの Eclipse IDE。PHP 開発者向けの Eclipse Classic、Eclipse
  • QuickTime 機能、マルチメディア、HTML5 メディア再生には QuickTime 7.6.6 ソフトウェアが必須です。オプション: Premiere Pro での GPU アクセラレーションパフォーマンスを実現するためのアドビ認定 GPU カード。対応カードの最新リストを参照してください。
  • オプション: After Effects での GPU アクセラレーションレイトレース 3D レンダラー向けのアドビ認定 GPU カード。対応カードの最新リストを参照してください。
  • オプション: Speedgrade を利用するには Tangent CP200 ファミリーまたは Tangent Wave コントロールサーフェス
  • オプション: SDI 出力には、Speedgrade 対応の NVIDIA Quadro SDI 出力カードが必要です
  • オプション: ビデオ製品を利用するには 7200 RPM 以上の高速ハードディスクドライブ(複数の高速ディスクドライブ、できれば RAID 0 構成を推奨)
  • ソフトウェアのライセンス認証、サブスクリプションの検証、およびオンラインサービス*の利用には、ブロードバンドインターネット接続および登録が必要です。* 電話からのライセンス認証はできません。

Mac OS

  • 64 ビットをサポートする Multicore Intel プロセッサー
  • Mac OS X v10.6.8 または v10.7 日本語版
  • 4 GB の RAM(8 GB 推奨)
  • インストールに 15.5 GB 以上のハードディスク空き領域。ただし、インストール時には追加の空き領域が必要(大文字と小文字が区別されるファイルシステムを使用しているボリュームや、外付けのフラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストール不可)
  • ディスクキャッシュ、プレビューファイルなどの作業ファイルに必要な追加のディスクスペース。10GB 以上を推奨
  • 16 ビットカラーおよび VRAM 512MB 搭載の 1280×900 ディスプレイ。Speedgrade には 1680×1050 ディスプレイが必須。また、プロフェッショナルにキャリブレーションを設定した 2 台目の表示ディスプレイを推奨
  • OpenGL 2.0 対応システム
  • 2 層式対応 DVD-ROM ドライブ (DVD 作成には記録対応 SuperDrive、Blu-ray 作成には 記録対応 Blu-ray ドライブが必要)
  • Java™ Runtime Environment 1.6
  • Eclipse™ 3.7 Cocoa バージョン(Flash Builder のプラグインインストール用)。次のディストリビューションがサポートされます。 Java EE および Java 開発者向けの Eclipse IDE。PHP 開発者向けの Eclipse Classic、Eclipse
  • QuickTime 機能、マルチメディア、HTML5 メディア再生には QuickTime 7.6.6 ソフトウェアが必須です。オプション: Premiere Pro での GPU アクセラレーションパフォーマンスを実現するためのアドビ認定 GPU カード。対応カードの最新リストを参照してください。
  • オプション: After Effects での GPU アクセラレーションレイトレース 3D レンダラー向けのアドビ認定 GPU カード。対応カードの最新リストを参照してください。
  • オプション: Speedgrade を利用するには Tangent CP200 ファミリーまたは Tangent Wave コントロールサーフェス
  • オプション: ビデオ製品を利用するには 7200 RPM 以上の高速ハードディスクドライブ(複数の高速ディスクドライブ、できれば RAID 0 構成を推奨)
  • ソフトウェアのライセンス認証、サブスクリプションの検証、およびオンラインサービス*の利用には、ブロードバンドインターネット接続および登録が必要です。* 電話からのライセンス認証はできません。

* 本製品は、アドビまたはサードパーティのオンラインサービス(以下「オンラインサービス」という)への連携またはアクセスが可能な場合があります。オンラインサービスは、13 歳以上のユーザーを対象とし、その使用には追加の利用規約とアドビのオンラインプライバシーポリシーに同意する必要があります。オンラインサービスは、国や言語によっては提供されていない場合や、ユーザー登録が必要な場合があり、その全体または一部が予告なく中止または変更になることもあります。 また、追加料金やメンバーシップ費用が適用される場合もあります。

CS5.5 Master Collection のシステム要件

Windows

  • Intel® Pentium® 4 または AMD Athlon® 64 プロセッサー (Intel Core™ i3、i5、または i7 または AMD Phenom® II を推奨)、Adobe Premiere Pro には Intel Core 2 Duo または AMD Phenom II が必須、Adobe Premiere® Pro および After Effects® には 64 ビットをサポートするプロセッサーが必須
  • Microsoft® Windows® XP with Service Pack 3、Windows Vista® Home Premium、Business、Ultimate、または Enterprise with Service Pack 1 (Service Pack 2 を推奨)、または Adobe Premiere Pro、After Effects、および Subscription Edition of Master Collection には Windows 7、64 ビット版 Windows Vista または Windows 7 が必須
  • 2 GB の RAM(4 GB 以上を推奨)
  • 24.3 GB 以上の空き容量のあるハードディスク。ただし、インストール時には追加の空き容量が必要(取り外し可能なフラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストール不可)
  • 1,280 x 900 以上の画面解像度をサポートするディスプレイ(1,280 x 1,024 以上を推奨)、256 MB 以上の VRAM を搭載した 16-bit カラー表示が可能なハードウェアアクセラレーション対応の OpenGL® グラフィックカード
  • Premiere Pro:GPU アクセラレーションを利用するには、アドビ認定の GPU カードが必要、最新のサポートされるカードの情報は www.adobe.com/go/premiere_systemreqs_jp をご覧ください
  • Photoshop:GPU アクセラレーションを利用する一部の機能では、Shader Model 3.0 と OpenGL 2.0 対応のグラフィックカードが必要
  • Adobe Bridge の一部の機能では 64MB 以上の VRAM を備えた DirectX 9 対応のグラフィックカードが必要
  • 圧縮されたビデオフォーマットの編集には 7,200 RPM のハードディスクドライブ、非圧縮のビデオフォーマットの編集には RAID 0 でストライピングされたディスクアレイ
  • SD/HD ワークフローには、キャプチャおよびテープへの書き出し用にアドビ認定のカード
  • DV および HDV キャプチャ、テープへの書き出しおよび DV デバイスへの送信には OHCI 互換の IEEE 1394 ポート
  • Microsoft WDM または ASIO 対応のサウンドカード
  • 2 層式対応 DVD-ROM ドライブ(DVD 作成には記録対応 DVD ドライブ、Blu-ray 作成には記録対応 Blu-ray ドライブが必要)
  • Java™ Virtual Machine(32-bit): IBM® JRE 1.6または Sun™ JRE 1.6
  • Eclipse™ 3.6.1(プラグインとしてインストールする場合)、対応するパッケージ:Eclipse IDE for Java EE Developers、 Eclipse IDE for Java Developers、 Eclipse Classic、 Eclipse for PHP Developers
  • QuickTime およびマルチメディア機能を利用するために QuickTime 9 が必要
  • SWF ファイルの書き出しならびに SWF ファイルとして書き出された DVD プロジェクトの再生には Adobe Flash Player 10
  • オンラインサービス*の利用およびサブスクリプションで購入したライセンスを継続して利用するには、ブロードバンドインターネット接続が必要

Mac OS

  • 64 ビットをサポートする Multicore Intel® プロセッサー
  • Mac OS X v10.5.8 または v10.6 日本語版(Adobe FlashBuilder 4.5 Premium、および Flash Builder とFlashCatalyst、Flash Professional との連携には Mac OS X v10.6、Adobe Premiere Pro で GPU アクセラレーションに対応したパフォーマンスを得るには Mac OS X v10.6.3 が必要)
  • 2 GB の RAM(4 GB 以上を推奨)
  • 26.3 GB 以上の空き容量のあるハードディスク。ただし、インストール時には追加の空き容量が必要(大文字と小文字が区別されるファイルシステムを使用している場合や、外付けのフラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストール不可)
  • 1,280 x 900 以上の画面解像度をサポートするディスプレイ(1,280 x 1,024 以上を推奨)、256 MB 以上の VRAM を搭載した 16-bit カラー表示が可能なハードウェアアクセラレーション対応の OpenGL® グラフィックカード
  • Adobe Premiere Pro で GPU アクセラレーションパフォーマンスを実現するためのアドビ認定 GPU カード
  • Photoshop:GPU アクセラレーションを利用する一部の機能では Shader Model 3.0 と OpenGL 2.0 対応のグラフィックカードが必要
  • 圧縮されたビデオフォーマットの編集には 7,200 RPM のハードディスクドライブ、非圧縮のビデオフォーマットの編集には RAID 0 でストライピングされたディスクアレイ
  • Core Audio 対応サウンドカード
  • デュアルレイヤー対応 DVD-ROM ドライブ(DVD 作成には SuperDrive、Blu-ray 作成には記録対応 Blu-ray ドライブが必要)
  • Java™ Runtime Environment 1.6
  • プラグインのインストールに必要な Eclipse™ 3.6.1 Cocoa バージョン
  • QuickTime およびマルチメディア機能を利用するために QuickTime 9 が必要
  • SWF ファイルの書き出しならびに SWF ファイルとして書き出された DVD プロジェクトの再生には Adobe Flash Player 10
  • オンラインサービス*の利用およびサブスクリプションで購入したライセンスを継続して利用するには、ブロードバンドインターネット接続が必要

CS5 Master Collection のシステム要件

Windows

  • インテル® Pentium® 4 または AMD Athlon® 64 プロセッサー(インテル Core™ 2、Duo または AMD Phenom® II を推奨)、Adobe® Premiere® Pro には インテル Core 2 Duo または AMD Phenom II が必要
  • Adobe Premiere Pro および After Effects® には 64 ビットをサポートするプロセッサーが必要
  • Microsoft® Windows® XP Service Pack 3 日本語版、Windows Vista® Home Premium、Business、Ultimate、Enterprise Service Pack 1 日本語版(Service Pack 2 を推奨)、Windows 7 日本語版
  • Adobe Premiere Pro および After Effects には 64 ビット版の Windows Vista または Windows 7 が必要
  • 2 GB の RAM(4 GB 以上を推奨)
  • 24.3 GB 以上の空き容量のあるハードディスク。ただし、インストール時には追加の空き容量が必要(外付けのフラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストール不可)
  • 1280 x 900 以上の画面解像度をサポートするディスプレイ(1280 x 1024 以上を推奨)、256 MB 以上の VRAM を搭載した 16 ビットカラー表示が可能なハードウェアアクセラレーション対応の OpenGL ビデオアダプター
  • Adobe Premiere Pro で GPU アクセラレーションを利用するにはアドビ認定の GPU カードが必要。サポートされているカードの最新のリストについては、 Adobe Premiere Pro のシステム要件ページを参照してください
  • Photoshop Extended:GPU アクセラレーションを利用する一部の機能では Shader Model 3.0 と OpenGL 2.0 対応のグラフィックカードが必要
  • Adobe Bridge の一部の機能では 64 MB 以上の VRAM を備えた DirectX 9 対応のビデオカードが必要
  • 圧縮ビデオフォーマットの編集向けの 7200-RPM ハードディスクドライブ、RAID 0 対応(非圧縮時)
  • SD/HD ワークフローには、キャプチャおよびテープへの書き出し用にアドビ認定のカード
  • DV および HDV キャプチャ、テープへの書き出しおよび DV デバイスへの送信には OHCI 互換の IEEE 1394 ポート
  • Microsoft WDM または ASIO 対応のサウンドカード
  • 2 層式対応 DVD-ROM ドライブ(DVD 作成には記録対応 DVD ドライブ、Blu-ray 作成には記録対応 Blu-ray ドライブが必要)
  • Java™ Virtual Machine(32-bit): IBM® JRE 1.6または Sun™ JRE 1.6
  • マルチメディア機能を利用するために QuickTime 7.6.2
  • SWF ファイルの書き出しならびに SWF ファイルとして書き出された DVD プロジェクトの再生には Adobe Flash Player 10
  • オンラインサービスにはブロードバンドインターネット接続が必要*

Mac OS

  • インテルマルチコアプロセッサー(64 ビット対応必須)
  • Mac OS X v10.5.7 または v10.6.3 日本語版。Premiere Pro:GPU アクセラレーションを利用するには、Mac OS X v10.6.3 が必要
  • 2 GB 以上の RAM (4 GB 以上を推奨)
  • インストールに 26.3 GB 以上のハードディスク空き領域。ただし、インストール時には追加の空き領域が必要(大文字と小文字が区別されるファイルシステムを使用しているボリュームや、外付けのフラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストール不可可)
  • 1280 x 900 以上の画面解像度をサポートするディスプレイ(1280 x 1024 以上を推奨)、256 MB 以上の VRAM を搭載した 16 ビットカラー表示が可能なハードウェアアクセラレーション対応の OpenGL ビデオアダプター
  • Adobe Premiere Pro で GPU アクセラレーションを利用するにはアドビ認定の GPU カードが必要。サポートされているカードの最新のリストについては、 Adobe Premiere Pro のシステム要件ページを参照してください
  • Photoshop:GPU アクセラレーションを利用する一部の機能では Shader Model 3.0 と OpenGL 2.0 対応のグラフィックカードが必要
  • 圧縮ビデオフォーマットの編集向けの 7200-RPM ハードディスクドライブ、RAID 0 対応(非圧縮時)
  • Core Audio 対応サウンドカード
  • デュアルレイヤー対応 DVD-ROM ドライブ(DVD 作成には SuperDrive、Blu-ray 作成には記録対応 Blu-ray ドライブが必要)
  • Java Runtime Environment 1.5 または 1.6
  • マルチメディア機能を利用するために QuickTime 7.6.2 が必要
  • SWF ファイルの書き出しならびに SWF ファイルとして書き出された DVD プロジェクトの再生には Adobe Flash Player 10 が必要
  • オンラインサービスにはブロードバンドインターネット接続が必要*

*高速インターネット接続を使用している場合は、本製品がオンラインで提供する機能(「オンラインサービス」)の一部にアクセスできる場合があります。 オンラインサービスとその機能の一部は、国、言語、通貨によっては使用できません。また、その一部または全体が予告なしに中止される可能性があります。オンラインサービスのご利用には、別途の利用規約およびアドビのオンラインプライバシーポリシーが適用され、アクセスにはユーザー登録が必要となる場合があります。最初は無料で提供されるサービスを含め、オンラインサービスによっては追加料金を必要とする場合があります。詳細情報ならびに利用条件やアドビのオンラインプライバシーポリシーについては、www.adobe.com をご確認ください。

CS4 Master Collection のシステム要件

Windows

  • DV 再生には 2 GHz 以上のプロセッサー、HDV 再生には 3.4G Hz 以上のプロセッサー、HD 再生には 2.8 GHz 以上のデュアルプロセッサー
  • Microsoft® Windows® XP Service Pack 2(Service Pack 3 を推奨)日本語版、または Windows Vista® Home Premium、Business、Ultimate、Enterprise Service Pack 1 日本語版(32 ビット版 Windows XP および Windows Vista 認定†)
  • 2GB 以上の RAM (複数のコンポーネントを使用するときは追加の RAM を推奨)
  • インストールに 24.3 GB 以上のハードディスク空き領域。インストール時に追加の空き領域が必要(フラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストール不可)
  • 1,280 x 900 以上の画面解像度をサポートするディスプレイ、OpenGL 2.0 互換ビデオカード搭載
  • GPU を利用する一部の機能では Shader Model 3.0 対応のグラフィックカードが必要
  • DV および HDV 編集専用の 7200-RPM ハードディスクドライブ、HD 向けのストライピングしたディスクアレイストレージ(RAID 0)、SCSI ディスクサブシステムを推奨
  • SD/HD ワークフローには、キャプチャおよびテープへの書き出し用にアドビ認定のカード
  • DV および HDV キャプチャ、テープへの書き出しおよび DV デバイスへの送信に OHCI 互換の IEEE 1394 ポート
  • DVD-ROM ドライブ(DVD 作成には DVD+-R ドライブが必要)
  • Blu-ray ディスク作成には Blu-ray ドライブが必要
  • Microsoft Windows Driver Model または ASIO 対応のオーディオインタフェース
  • QuickTime およびマルチメディア機能を利用するために QuickTime 7.4.5 が必要
  • オンラインサービスにはブロードバンドインターネット接続が必要‡

Windows 7 の互換性

Mac OS

  • インテル® マルチコアプロセッサー
  • Mac OS X v10.4.11 ~ 10.5.4 日本語版
  • Adobe® Version Cue® サーバーを利用するために Java™ Runtime Environment 1.5 が必要
  • 2 GB 以上の RAM (複数のコンポーネントを使用するときは追加の RAM を推奨)
  • インストールに 26.3 GB 以上のハードディスク空き領域。インストール時に追加のハードディスク領域が必要(大文字と小文字が区別されるファイルシステムを使用しているボリュームや、フラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストール不可)
  • 1,280 x 900 以上の画面解像度をサポートするディスプレイ、OpenGL 2.0 互換ビデオカード搭載
  • GPU を利用する一部の機能では Shader Model 3.0 対応のグラフィックカードが必要
  • DV および HDV 編集専用の 7200-RPM ハードディスクドライブ、HD 向けのストライピングしたディスクアレイストレージ(RAID 0)、SCSI ディスクサブシステムを推奨
  • DVD-ROM ドライブ (DVD の作成には SuperDrive が必要)
  • Blu-ray ディスク作成には Blu-ray ドライブが必要
  • Core Audio 対応サウンドカード
  • QuickTime およびマルチメディア機能を利用するために QuickTime 7.4.5 が必要
  • オンラインサービスにはブロードバンドインターネット接続が必要‡

Snow Leopard の互換性

* AMD システム用に SSE2 対応プロセッサーが必要

†Adobe Photoshop® Extended および Acrobat® Pro は Windows Vista の 64 ビットエディションをネイティブにサポートします。Adobe Premiere® Pro、After Effects®、Soundbooth®、Encore®、および Adobe OnLocation™ は 64 ビット版 Windows Vista で認定されています。 

‡高速インターネット接続を使用している場合は、本製品がオンラインで提供する機能(「オンラインサービス」)の一部にアクセスできる場合があります。 オンラインサービスとその機能の一部は、国、言語、通貨によっては使用できません。また、その一部または全体が予告なしに中止される可能性があります。オンラインサービスのご利用には、別途の利用規約およびアドビのオンラインプライバシーポリシーが適用され、アクセスにはユーザー登録が必要となる場合があります。最初は無料で提供されるサービスを含め、オンラインサービスによっては追加料金を必要とする場合があります。詳細情報ならびに利用条件やアドビのオンラインプライバシーポリシーについては、www.adobe.com/jp をご確認ください。

CS3 Master Collection のシステム要件

 Windows

  • Intel Pentium 4 (DV 用には 1.4 GHz プロセッサー。HDV 用には 3.4 GHz プロセッサー)、Intel Centrino、Intel Xeon (HD 用には 2.8 GHz デュアルプロセッサー)、または Intel Core Duo (または互換性のある)プロセッサー、AMD システムに必要な SSE2 対応のプロセッサー
  • Microsoft Windows XP Service Pack 2 または Windows Vista Home Premium、Business、Ultimate、あるいは Enterprise (32 ビット版エディション認定)
  • DV 用には 1 GB 以上の RAM、HDV および HD 用には 2GB 以上の RAM。複数のコンポーネントを実行するときにはそれ以上の RAM を推奨
  • すべてのコアコンポーネントをインストールするには 22 GB のハードディスク空き領域(インストール時に最大 1 GB の追加の空き容量が必要になる可能性があります)。カスタムインストールのコンポーネントの選択では必要な空き容量は少なくなります
  • DV および HDV 編集専用の 7,200-RPM ハードディスクドライブ、HD 向けのストライピングしたディスクアレイストレージ(RAID 0)、SCSI ディスクサブシステムを推奨
  • Microsoft DirectX 対応、または ASIO 対応のサウンドカード
  • 32 ビットビデオカードを搭載した 1,280 x 1,024 以上のモニター解像度、アドビでは GPU アクセラレーション再生向けビデオカードを推奨
  • Adobe Photoshop CS3 Extended の一部の 3D 機能には、少なくとも 64 MB を搭載した Microsoft DirectX 9 対応ビデオカードが必要、OpenGL サポートには、Adobe After Effects のサポート対象 OpenGL2.0 カード(NVIDIA を推奨)
  • SD/HD ワークフローには、キャプチャおよびテープへの書き出し用にアドビ認定のカード
  • DVD-ROM ドライブ
  • Blu-ray ディスク作成には Blu-ray ドライブが必要
  • DVD 作成には DVD+-R ドライブが必要
  • DV および HDV キャプチャ、テープへの書き出し、および DV デバイスへの送信には OHCI 互換の IEEE 1394 ポート
  • QuickTime の機能を利用するには QuickTime 7.1.5 が必要
  • 製品のライセンス認証にはインターネットまたは電話接続が必要
  • Adobe Stock Photos* およびほかのサービスには、ブロードバンドインターネット接続が必要

Mac OS

  • PowerPC G4 または G5、あるいはインテルマルチコアプロセッサー(Adobe Premiere Pro、Encore、および Soundbooth にはインテルマルチコアプロセッサーが必要、Adobe OnLocation CS3 は Windows アプリケーションであり、Boot Camp と併用できます)
  • Mac OS X v10.4.910.5 (Leopard)
  • DV 用には 1 GB 以上の RAM、HDV および HD 用には 2GB 以上の RAM。複数のコンポーネントを実行するときにはそれ以上の RAM を推奨
  • すべてのコアコンポーネントをインストールするには 25.5 GB のハードディスク空き領域(インストール時に最大 1 GB の追加の空き容量が必要になる可能性があります)。カスタムインストールのコンポーネントの選択では必要な空き容量は少なくなります
  • DV および HDV 編集専用の 7,200-RPM ハードディスクドライブ、HD 向けのストライピングしたディスクアレイストレージ(RAID 0)、SCSI ディスクサブシステムを推奨
  • Core Audio 対応のサウンドカード
  • 32 ビットビデオカードを搭載した 1,280 x 1,024 以上のモニター解像度、アドビでは GPU アクセラレーション再生向けビデオカードを推奨
  • OpenGL サポートについて: Photoshop CS3 Extended の一部の 3D 機能には、少なくとも 64 MB を搭載した OpenGL 1.4 対応ビデオカードが必要。Adobe After Effects のサポート対象 OpenGL2.0 カード(NVIDIA を推奨)
  • DVD-ROM ドライブ
  • Blu-ray ディスク作成には Blu-ray ドライブが必要
  • DVD 作成には SuperDrive が必要
  • QuickTime の機能を利用するには QuickTime 7.1.5 が必要
  • 製品のライセンス認証にはインターネットまたは電話接続が必要
  • Adobe Stock Photos* や付随するサービスにはブロードバンドインターネット接続

*Adobe Stock Photos や Adobe Connect などのオンラインサービスは、国・地域、言語、通貨によって使用できない場合があります。サービスの可用性は変更される可能性があります。オンラインサービスのご利用には、別の契約条件が適用され、別途料金がかかる場合があります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー