Premiere Pro 必要システム構成

  1. Adobe Premiere Pro ユーザーガイド
  2. ベータ版のリリース
    1. ベータ版プログラムの概要
    2. Premiere Pro ベータ版ホーム
    3. ベータ版の機能
      1. Premiere Pro(ベータ版)での新しい読み込みと書き出し
      2. よくある質問 | Premiere Pro(ベータ版)での新しい読み込みと書き出し
  3. はじめに
    1. Adobe Premiere Pro の概要
    2. Premiere Pro の新機能
    3. リリースノート | Premiere Pro
    4. Premiere Pro のキーボードショートカット
    5. Premiere Pro のアクセシビリティ
  4. ハードウェアおよびオペレーティングシステムの要件
    1. 推奨ハードウェア
    2. 必要システム構成
    3. GPU および GPU ドライバーの要件
    4. GPU アクセラレーションレンダリングとハードウェアのエンコード/デコード
  5. プロジェクトの作成
    1. プロジェクトの作成
    2. プロジェクトを開く
    3. プロジェクトの移動または削除
    4. 複数の開いているプロジェクトの操作
    5. プロジェクトのショートカットの操作
    6. Premiere Pro プロジェクトの下位互換性
    7. Premiere Rush プロジェクトを Premiere Pro で開いて編集する
    8. ベストプラクティス:独自のプロジェクトテンプレートを作成する
  6. ワークスペースとワークフロー
    1. ワークスペース
    2. パネルの操作
    3. Windows タッチおよびジェスチャーによる操作
  7. キャプチャと読み込み
    1. キャプチャ
      1. フッテージのキャプチャとデジタイズ
      2. HD、DV または HDV ビデオのキャプチャ
      3. バッチキャプチャと再キャプチャ
      4. HD、DV または HDV のキャプチャ用にシステムをセットアップ
    2. 読み込み中
      1. ファイルの転送と読み込み
      2. 静止画の読み込み
      3. デジタルオーディオの読み込み
    3. Avid または Final Cut からの読み込み
      1. Avid Media Composer からの AAF プロジェクトファイルの読み込み
      2. Final Cut Pro 7 および Final Cut Pro X からの XML プロジェクトファイルの読み込み
    4. サポートされているファイル形式
    5. アナログビデオのデジタル化
    6. タイムコードの操作
  8. 編集
    1. シーケンス
      1. シーケンスの作成と変更
      2. クリップをシーケンスに追加する
      3. シーケンスでのクリップの並べ替え
      4. シーケンス内でのクリップの検索、選択およびグループ化
      5. ソースモニターに読み込まれたシーケンスからの編集
      6. シーケンスの簡易化
      7. シーケンスのレンダリングとプレビュー
      8. マーカーの操作
      9. シーン編集の検出
    2. ビデオ
      1. クリップの作成と再生
      2. クリップのトリミング
      3. クリップの統合によるオーディオとビデオの同期
      4. メディアをレンダリングして置き換え
      5. 取り消し、履歴、イベント
      6. フレームの固定と保持
      7. 縦横比の操作
    3. オーディオ
      1. Premiere Pro のオーディオの概要
      2. オーディオトラックミキサー
      3. ボリュームレベルの調整
      4. エッセンシャルサウンドパネルを使用したオーディオの編集、修復および向上
      5. オーディオクリップミキサーを使用したモニタークリップのボリュームおよびパン
      6. オーディオバランスとパンについて
      7. 高度なオーディオ - サブミックス、ダウンミキシング、およびルーティング
      8. オーディオエフェクトとトランジション
      9. オーディオトランジションの操作
      10. オーディオへのエフェクトの適用
      11. 「ラウドネスレーダー」エフェクトを使用したオーディオの測定
      12. オーディオミックスの録音
      13. タイムラインでのオーディオの編集
      14. Premiere Pro でのオーディオチャンネルのマッピング
      15. Premiere Pro で Adobe Stock オーディオを使用する
    4. 高度な編集
      1. マルチカメラの編集ワークフロー
      2. 長編映画の編集ワークフロー
      3. Premiere Pro でイマーシブビデオ用にヘッドマウントディスプレイを設定および使用
      4. VR の編集
    5. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:オーディオミックスの高速化
      2. ベストプラクティス:効率的な編集
  9. ビデオエフェクトとトランジション
    1. ビデオエフェクトとトランジションの概要
    2. エフェクト
      1. Premiere Pro のエフェクトの種類
      2. エフェクトの適用と削除
      3. エフェクトプリセット
      4. 様々なソーシャルメディアチャンネル用にビデオを自動的に再フレーム化します
      5. カラー補正エフェクト
      6. クリップのデュレーションと速度を変更する
      7. 調整レイヤー
      8. フッテージのスタビライズ
    3. トランジション
      1. Premiere Pro でのトランジションの適用
      2. トランジションの変更とカスタマイズ
      3. モーフカット
  10. グラフィック、タイトル、アニメーション
    1. グラフィックとタイトル
      1. タイトルとモーショングラフィックスの作成
      2. Premiere Pro でのテキストグラデーションの適用
      3. タイトル用のモーショングラフィックステンプレートの使用
      4. モーショングラフィックステンプレートでの画像またはビデオの置き換え
      5. データ駆動型モーショングラフィックステンプレートの使用
      6. ベストプラクティス:より高速なグラフィックワークフロー
      7. レスポンシブデザイン機能のグラフィックへの追加
      8. キャプションの操作
      9. 音声テキスト変換
      10. Premiere Pro での音声テキスト変換 | よくある質問
      11. レガシータイトルをソースグラフィックにアップグレードする
    2. アニメーションとキーフレーム
      1. キーフレームの追加、移動、設定
      2. エフェクトのアニメート
      3. モーションエフェクトを使用したクリップの編集およびアニメーション
      4. キーフレームのオートメーションの最適化
      5. キーフレームの移動とコピー
      6. エフェクトとキーフレームの表示および調整
  11. 合成
    1. 合成、アルファチャンネル、クリップの不透明度の調整
    2. マスクとトラッキング
    3. 描画モード
  12. カラー補正とグレーディング
    1. 概要:Premiere Pro のカラーワークフロー
    2. Lumetri Look を使用したカラーでのクリエイティブ管理
    3. RBG および色相 / 彩度カーブを使用したカラーの調整
    4. ショット間でのカラーの補正
    5. Lumetri カラーパネルでの HSL セカンダリコントロールの使用
    6. ビネットの作成
    7. Lumetri スコープ
    8. カラーマネジメントの表示
    9. 放送用 HDR
    10. DirectX HDR サポートを有効にする
  13. メディアの書き出し
    1. 書き出しのワークフローと概要
    2. クイック書き出し
    3. Web およびモバイルデバイス向けの書き出し
    4. 静止画像の書き出し
    5. 他のアプリケーション用のプロジェクトの書き出し
    6. Pro Tools で使用する OMF ファイルの書き出し
    7. Panasonic P2 形式への書き出し
    8. DVD または Blu-ray ディスクへの書き出し
    9. ベストプラクティス:高速に書き出す
  14. 他のアドビアプリケーションの操作
    1. After Effects および Photoshop
    2. Dynamic Link
    3. Audition
    4. Prelude
  15. アセットの整理と管理
    1. プロジェクトパネルでの操作
    2. プロジェクトパネルでのアセットの整理
    3. アセットの再生
    4. アセットの検索
    5. Creative Cloud ライブラリ
    6. Premiere Pro の同期設定
    7. プロダクションの使用
    8. プロダクション内のプロジェクト間でクリップがどのように動作するかを説明します
    9. プロジェクトのコンソリデート、トランスコードおよびアーカイブ
    10. メタデータの管理
    11. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:プロダクションの操作
      2. ベストプラクティス:放送制作から学習する
      3. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
  16. パフォーマンスの向上とトラブルシューティング
    1. 環境設定の設定
    2. 環境設定をリセット
    3. プロキシの使用
      1. プロキシの概要
      2. 取り込みとプロキシのワークフロー
    4. システムが Premiere Pro と互換性があるかどうかの確認
    5. Apple シリコン用 Premiere Pro
    6. ちらつきの抑制
    7. インターレースとフィールドオーダー
    8. スマートレンダリング
    9. コントロールサーフェスのサポート
    10. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
    11. ナレッジベース
      1. Premiere Pro または Premiere Rush での緑とピンクのビデオ
      2. Premiere Pro でメディアキャッシュを管理する方法
      3. レンダリングまたは書き出し時のエラーの修正
      4. Premiere Pro の再生とパフォーマンスに関する問題のトラブルシューティング
  17. アセットとオフラインメディアの監視
    1. アセットのモニター
      1. ソースモニターとプログラムモニターの使用
      2. リファレンスモニターの使用
    2. オフラインメディア
      1. オフラインクリップの操作
      2. オフライン編集用のクリップの作成
      3. オフラインメディアの再リンク

 

Adobe Premiere Pro を実行するには、以下に示す最小技術仕様をコンピューターが満たしている必要があります。最適なパフォーマンスを得るには、推奨されるシステム仕様を使用します。

適用対象:

Premiere Pro 22.0(2021 年 10 月)リリースここで以前のシステム要件を参照してください。

Premiere Pro の必要システム構成

Windows

HD ビデオワークフロー用の最小仕様

HD、4K以上の推奨仕様

プロセッサー

Intel® 第 6 世代以降の CPU または AMD Ryzen™ 1000 シリーズ以降の CPU

Intel® 第 7 世代以降の CPU、または AMD Ryzen™ 3000 シリーズ以降の CPU

オペレーティングシステム

Microsoft Windows 10(64 ビット)日本語版バージョン 1909 以降

Microsoft Windows 10(64 ビット)日本語版バージョン 1909 以降

RAM

8 GB の RAM

デュアルチャネルメモリ:

  • HD メディアの場合は 16 GB の RAM

  • 4K 以上の場合は 32 GB 以上

GPU

2 GB の GPU メモリ

対応のグラフィックカードの一覧については、Adobe Premiere Pro に対応のグラフィックカードを参照してください。

  • HD および一部の 4K メディアの場合は 4 GB の GPU メモリ

  • 4K 以上の場合は 6 GB 以上

対応のグラフィックカードの一覧については、Adobe Premiere Pro に対応のグラフィックカードを参照してください。

ストレージ

  • 8 GB 以上の空き容量のあるハードディスク。ただし、インストール時には追加の空き容量が必要(取り外し可能なフラッシュメモリを利用したストレージ上にはインストールしない)
  • メディア用に追加の高速ドライブ
  • アプリのインストールおよびキャッシュ用に内蔵高速 SSD
  • メディア用に追加の高速ドライブ

ディスプレイ

1920 x 1080

  • 1920 x 1080 以上
  • HDR ワークフロー用の HDR 400

サウンドカード

ASIO 互換または Microsoft Windows Driver Model

ASIO 互換または Microsoft Windows Driver Model

ネットワークストレージ接続

1 ギガビットイーサネット(HD のみ)

4K 共有ネットワークワークフロー用に 10 ギガビットイーサネット

注意:

必要なソフトウェアのライセンス認証、サブスクリプションの検証およびオンラインサービスの利用には、インターネット接続および登録が必要です。 

ライセンス認証をおこなってこの製品の使用を開始するには、インターネットへの接続、Adobe ID、使用許諾契約への同意が必要です。本製品は、アドビまたはサードパーティのオンラインサービスへの連携またはアクセスが可能な場合があります。アドビのサービスは 13 歳以上のユーザーのみを対象としており、その使用には追加の利用条件およびアドビのプライバシーポリシーに同意していただく必要があります。アプリケーションとサービスは、国や言語によっては提供されていない場合や、ユーザー登録が必要な場合があり、予告なく変更または中止となることもあります。追加料金またはメンバーシップ料金が適用されることがあります。

macOS

Premiere Pro 15.4 では、M1 デバイスのネイティブサポートが導入されています。 M1 のパフォーマンスと制限について詳しくは、Apple シリコン向け Premiere Proを参照してください。

最小仕様

推奨仕様

プロセッサー

Intel® 第 6 世代以降の CPU

Intel® 第 6 世代以降の CPUまたは Apple シリコン M1 以降

オペレーティングシステム

macOS v10.15(Catalina)以降

macOS v10.15(Catalina)以降

RAM

8 GB の RAM

Apple シリコン:

16 GB の統合メモリ

 

Intel:

  • HD メディアの場合は 16 GB の RAM
  • 4K メディア以上の場合は 32 GB

GPU

Apple シリコン:8 GB の統合メモリ

Intel:2 GB の GPU メモリ

Apple シリコン:16 GB の統合メモリ

 

  • Intel:
    HD および一部の 4K のワークフローの場合は 4 GB の GPU メモリ
  • 4K 以上の解像度のワークフローの場合は 6 GB 以上

ストレージ

  • 8 GB 以上の空き容量のあるハードディスク。ただし、インストール時には追加の空き容量が必要(取り外し可能なフラッシュメモリを利用したストレージ上にはインストールしない)
  • メディア用に追加の高速ドライブ
  • アプリのインストールおよびキャッシュ用に内蔵高速 SSD
  • メディア用に追加の高速ドライブ

ディスプレイ

1920 x 1080

  • 1920 x 1080 以上
  • HDR ワークフロー用の HDR 400

ネットワークストレージ接続

1 ギガビットイーサネット(HD のみ)

4K 共有ネットワークワークフロー用に 10 ギガビットイーサネット

注意:

必要なソフトウェアのライセンス認証、サブスクリプションの検証およびオンラインサービスの利用には、インターネット接続および登録が必要です。 

ライセンス認証をおこなってこの製品の使用を開始するには、インターネットへの接続、Adobe ID、使用許諾契約への同意が必要です。本製品は、アドビまたはサードパーティのオンラインサービスへの連携またはアクセスが可能な場合があります。アドビのサービスは 13 歳以上のユーザーのみを対象としており、その使用には追加の利用条件およびアドビのプライバシーポリシーに同意していただく必要があります。アプリケーションとサービスは、国や言語によっては提供されていない場合や、ユーザー登録が必要な場合があり、予告なく変更または中止となることもあります。追加料金またはメンバーシップ料金が適用されることがあります。

システムが Premiere Pro の要件を満たしているかどうかを確認する方法を教えてください。

このビデオをご覧ください。

再生時間:45 秒

VR 必要最小スペック

注意:

要件は VR システムによって異なります。ここで説明されている要件は基本要件のみです。

ヘッドマウントディスプレイ

オペレーティングシステム

その他の要件

Oculus Rift

Windows 10 日本語版

  • GPU(ビデオアダプター):
    • NVIDIA GTX 970 または AMD R9 290 相当、あるいはそれ以上
    • HDMI 1.3 のビデオ出力(ビデオアダプターに直接)
    • SLI はサポートされていません。少なくとも 1 つの GPU がこれらの仕様に個別に適合している必要があります
    • 現在のパブリック GPU ドライバー(最新のドライバー)が必要です(詳しくは、グラフィックカードドライバーのアップデートを参照してください)
  • CPU(プロセッサー):Intel i5-4590 相当以上
  • メモリ(RAM):8 GB 以上の RAM
  • USB:最低 2 つ(2x)の USB 3.0 ポート。合計 3 つ(3x)の利用可能な USB ポート
  • HD(ディスク領域):4 GB 以上の空き容量

HTC Vive

 

Windows 10 日本語版

 

Windows の場合:
  • プロセッサー:Intel® i5-4590/AMD FX 8350 相当以上
  • メモリ:4 GB の RAM
  • グラフィックス:NVIDIA GeForce® GTX 970 または AMD Radeon™ R9 290 相当以上

Windows Mixed Reality

Windows 10 日本語版

Windows の場合:

  • プロセッサー:Intel® i5-4590/AMD FX 8350 相当以上
  • メモリ:4 GB の RAM
  • グラフィックス:NVIDIA GeForce® GTX 970 または AMD Radeon™ R9 290 相当以上

様々な種類のヘッドセットの要件および Premiere Pro 用のイマーシブ環境の設定について詳しくは、Premiere Pro のイマーシブなビデオを参照してください。

ハードウェアアクセラレーションの必要最小スペック

機能

オペレーティングシステム

ハードウェアアクセラレーション対応の H.264 エンコード

  • 2016 以降の Mac ハードウェアに搭載された macOS 10.15(またはそれ以降)
  • 第 6 世代(またはそれ以降)の Intel® Core™ プロセッサーと Intel Graphics を搭載した Windows 10
  • NVIDIA または AMD カードを搭載した Windows 10

 

ハードウェアアクセラレーション対応の HEVC エンコード

  • 2016 以降の Mac ハードウェアに搭載された macOS 10.15(またはそれ以降)
  • 第 7 世代(またはそれ以降)の Intel® Core™ プロセッサーを搭載し、Intel Graphics に対応した Windows 10 日本語版
  • NVIDIA または AMD カードを搭載した Windows 10

 

ハードウェアアクセラレーション対応の H.264 デコード

  • 2016 以降の Mac ハードウェアに搭載された macOS 10.15(またはそれ以降)
  • 第 6 世代(またはそれ以降)の Intel® Core™ プロセッサーを搭載し、Intel グラフィックスに対応した Windows 10
注意:

macOS では、ハードウェアアクセラレーションされる H.264 10 ビット 4:2:2 デコードは、Apple M1 システムでのみサポートされています。詳しくは、GPU アクセラレーションによるレンダリングとハードウェアエンコード/デコードを参照してください。

ハードウェアアクセラレーション対応の HEVC デコード

  • 2016 以降の Mac ハードウェアに搭載された macOS 10.15(またはそれ以降)
  • 第 7 世代(またはそれ以降)の Intel® Core™ プロセッサーを搭載し、Intel Graphics に対応した Windows 10 日本語版
注意:

macOS の場合、ハードウェアアクセラレーション HEVC 10 ビット 4:2:2 は、Apple M1 システムでのみサポートされています。Windows では、第 10 世代(またはそれ以降)の Intel® Core™ プロセッサーと Intel グラフィックスに対応した Windows 10 以降でサポートされています。詳しくは、GPU アクセラレーションによるレンダリングとハードウェアエンコード/デコードを参照してください。

サポートされている GPU

デスクトップの Premiere Pro および Premiere Rush に適用可能

パフォーマンスは、個々の構成やコンポーネントによって異なります。最新のドライバーとサポート情報については、ご使用の GPU またはシステム製造元に直接お問い合わせください。  

注意:

NVIDIA グラフィックについては、NVIDIA Studio ドライバーをサポートする GPU を使用することをお勧めします。 

Windows CUDA

  • NVIDIA RTX A6000

  • NVIDIA RTX A5000

  • NVIDIA RTX A4000

  • NVIDIA Quadro RTX 8000
  • NVIDIA Quadro RTX 6000
  • NVIDIA Quadro RTX 5000
  • NVIDIA Quadro RTX 4000
  • NVIDIA Quadro RTX 3000
  • NVIDIA Quadro GV100
  • NVIDIA Quadro GP100
  • NVIDIA Quadro P6000
  • NVIDIA Quadro P5200
  • NVIDIA Quadro P5000
  • NVIDIA Quadro P4000
  • NVIDIA Quadro P2000
  • NVIDIA Quadro P2200
  • NVIDIA Quadro P1000
  • NVIDIA Quadro M6000
  • NVIDIA Quadro M5000
  • NVIDIA Quadro M4000
  • NVIDIA Quadro M2000
  • NVIDIA TITAN RTX
  • NVIDIA TITAN V
  • NVIDIA TITAN XP
  • NVIDIA TITAN X(Pascal)
  • NVIDIA GeForce GTX TITAN X(Maxwell)

  • NVIDIA GeForce GTX TITAN Z

  • NVIDIA GeForce GTX TITAN Black

  • NVIDIA GeForce GTX TITAN

  • NVIDIA GeForce 3090

  • NVIDIA GeForce 3080

  • NVIDIA GeForce 3070

  • NVIDIA GeForce 3060 Ti

  • NVIDIA GeForce 3060

  • NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti

  • NVIDIA GeForce RTX 2080 SUPER

  • NVIDIA GeForce RTX 2080

  • NVIDIA GeForce RTX 2070 SUPER

  • NVIDIA GeForce RTX 2070

  • NVIDIA GeForce RTX 2060 SUPER

  • NVIDIA GeForce RTX 2060

  • NVIDIA GeForce GTX 1660 Ti

  • NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER

  • NVIDIA GeForce GTX 1660

  • NVIDIA GeForce GTX 1650 SUPER

  • NVIDIA GeForce GTX 1650

  • NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti

  • NVIDIA GeForce GTX 1080

  • NVIDIA GeForce GTX 1070 Ti

  • NVIDIA GeForce GTX 1070

  • NVIDIA GeForce GTX 1060

  • NVIDIA GeForce GTX 980 Ti

  • NVIDIA GeForce GTX 980

  • NVIDIA GeForce GTX 970

Windows OpenCL

  • AMD Radeon™ PRO VII

  • AMD Radeon™ PRO W5500  

  • AMD Radeon™ PRO W5700

  • AMD Radeon™ PRO W6600

  • AMD Radeon™ PRO W6800

  • AMD Radeon™ PRO WX 3200

  • AMD Radeon™ PRO WX 8200

  • AMD Radeon™ PRO SSG

  • AMD Radeon™ PRO WX 3100

  • AMD Radeon™ PRO WX 4100

  • AMD Radeon™ PRO WX 4130

  • AMD Radeon™ PRO WX 4150

  • AMD Radeon™ PRO WX 4170

  • AMD Radeon™ PRO WX 5100

  • AMD Radeon™ PRO WX 7100

  • AMD Radeon™ PRO WX 9100

Mac Metal

  • AMD FirePro D300
  • AMD FirePro D500
  • AMD FirePro D700
  • AMD Radeon R9 M290X
  • AMD Radeon R9 M380
  • AMD Radeon R9 M390
  • AMD Radeon R9 M395X
  • AMD Radeon Pro 560
  • AMD Radeon Pro 570
  • AMD Radeon Pro 575
  • AMD Radeon Pro 580
  • AMD Radeon Pro M395X
  • AMD Radeon Pro Vega 56
  • AMD Radeon Pro Vega 64
  • AMD Radeon Pro 5300

  • AMD Radeon Pro 5500

  • AMD Radeon Pro 5700

  • Intel® HD Graphics 6000 
  • Intel® Iris™ Graphics 6100 
  • Intel® Iris™ Pro Graphics 6200
  • AMD Radeon Pro Vega 20
  • AMD Radeon Pro Vega 48

 

統合型グラフィック

  • Intel® HD Graphics 5000        
  • Intel® HD Graphics 6000        
  • Intel® Iris Graphics 6100        
  • Intel® Iris Pro Graphics 6300      
  • Intel® Iris Pro Graphics P6300      
  • Intel® Iris Graphics 540/550      
  • Intel® Iris Pro Graphics 580      
  • Intel® Iris Pro Graphics P580
  • Intel® Iris™ Plus Graphics 640/650

 

Premiere Pro で利用可能な言語バージョン

Adobe Premiere Pro は次の言語でご利用いただけます。

  • Deutsch
  • English
  • Español
  • Français
  • Italiano
  • ポルトガル語(ブラジル)
  • Русский
  • 日本語
  • 한국어
  • 简体中文

Premiere Pro は、「南アジアおよび中東」テキストエンジンを使用する中東およびインド言語のスクリプトのテキストコンポジションをサポートしています。

アドビのロゴ

アカウントにログイン