マニュアル キャンセル

After Effects の必要システム構成

  1. After Effects ユーザガイド
  2. ベータ版のリリース
    1. ベータ版プログラムの概要
    2. After Effects ベータ版ホーム
    3. ベータ版の機能
      1. プロパティパネル(ベータ版)
  3. はじめに
    1. After Effects の概要
    2. After Effects の新機能
    3. リリースノート | After Effects
    4. After Effects の必要システム構成
    5. After Effects のキーボードショートカット
    6. サポートされているファイル形式 | After Effects
    7. ハードウェアに関する推奨事項
    8. Apple シリコン対応の After Effects
    9. 計画と設定
    10. セットアップとインストール
  4. Workspaces
    1. 一般ユーザーインターフェイスアイテム
    2. After Effects インターフェイスについて
    3. ワークフロー
    4. Workspaces、パネルおよびビューア
  5. プロジェクトとコンポジション
    1. プロジェクト
    2. コンポジションの基本
    3. プリコンポーズ、ネスト化およびプリレンダリング
    4. コンポジションプロファイラーを使用した詳細なパフォーマンス情報の表示
    5. CINEMA 4D コンポジションレンダラー
  6. フッテージの読み込み
    1. 静止画の準備と読み込み
    2. After Effects および Adobe Premiere Pro の読み込み
    3. ビデオとオーディオの読み込みと変換
    4. 3D イメージファイルの準備と読み込み
    5. フッテージアイテムの読み込みと変換
    6. フッテージアイテムでの作業
    7. シーン編集の検出を使用した編集ポイントの削除
    8. XMP メタデータ
  7. テキストとグラフィック
    1. テキスト
      1. 文字の書式設定と文字パネル
      2. テキストエフェクト
      3. テキストレイヤーの作成と編集
      4. 段落の書式設定と段落パネル
      5. テキストレイヤーとシェイプレイヤーの押し出し
      6. テキストのアニメーション化
      7. テキストアニメーションのサンプルとリソース
      8. Live Text テンプレート
    2. モーショングラフィック
      1. After Effects でのモーショングラフィックステンプレートの操作
      2. エクスプレッションを使用した、モーショングラフィックステンプレートのドロップダウンリストの作成
      3. エッセンシャルプロパティを使用したモーショングラフィックステンプレートの作成
      4. モーショングラフィックステンプレートおよびエッセンシャルプロパティでの画像とビデオの置き換え
  8. 描画、ペイント、パス
    1. シェイプレイヤー、パス、ベクトルグラフィックの概要
    2. ペイントツール:ブラシ、コピースタンプおよび消しゴム
    3. シェイプストロークにテーパーをつける方法
    4. シェイプレイヤーのシェイプ属性、ペイント操作およびパス操作
    5. 「パスのオフセット」シェイプエフェクトを使用したシェイプの変更
    6. シェイプの作成
    7. マスクを作成
    8. コンテンツに応じた塗りつぶしパネルを使用したビデオからのオブジェクトの削除
    9. ロトブラシとマットを調整
  9. レイヤー、マーカー、カメラ
    1. レイヤーの選択と配置
    2. 描画モードとレイヤースタイル
    3. 3D レイヤー
    4. レイヤープロパティ
    5. レイヤーの作成
    6. レイヤーの管理
    7. レイヤーマーカーとコンポジションマーカー
    8. カメラ、ライト、目標点
  10. アニメーション、キーフレーム、モーショントラッキング、キーイング
    1. アニメーション
      1. アニメーションの基本
      2. パペットツールを使用したアニメーション化
      3. シェイプパスとマスクの管理とアニメーション化
      4. After Effects を使用した Sketch と Capture シェイプのアニメーション化
      5. 多彩なアニメーションツール
      6. データ駆動型アニメーションの操作
    2. キーフレーム
      1. キーフレーム補間法
      2. キーフレームの設定、選択および削除
      3. キーフレームの編集、移動、コピー
    3. モーショントラッキング
      1. モーションのトラッキングとスタビライズ
      2. 顔のトラッキング
      3. マスクのトラッキング
      4. マスク参照
      5. 速度
      6. 時間伸縮とタイムリマップ
      7. タイムコードと時間の表示単位
    4. キーイング
      1. キーイング
      2. キーイングエフェクト
  11. 透明度と合成
    1. 合成と透明化の概要とリソース
    2. アルファチャンネル、マスク、およびマット
  12. カラーの調整
    1. カラーの基本
    2. Adobe Color テーマ拡張機能の使用
    3. カラーマネジメント
    4. 色調補正エフェクト
  13. エフェクトおよびアニメーションプリセット
    1. エフェクトおよびアニメーションプリセットの概要
    2. エフェクトリスト
    3. シミュレーションエフェクト
    4. スタイライズエフェクト
    5. オーディオエフェクト
    6. ディストーションエフェクト
    7. 遠近エフェクト
    8. チャンネルエフェクト
    9. エフェクトの生成
    10. トランジションエフェクト
    11. ローリングシャッターの修復エフェクト
    12. ブラー&シャープエフェクト
    13. 3D チャンネルエフェクト
    14. ユーティリティエフェクト
    15. マットエフェクト
    16. ノイズ&グレインエフェクト
    17. 「詳細を維持しながらアップスケール」エフェクト
    18. 旧バージョンエフェクト
  14. エクスプレッションと自動化
    1. エクスプレッション
      1. エクスプレッションの基本
      2. エクスプレッション言語について
      3. エクスプレッション制御の使用
      4. JavaScript と以前の ExtendScript のエクスプレッションエンジンの構文の違い
      5. エクスプレッションの編集
      6. エクスプレッションエラー
      7. エクスプレッションエディターの使用
      8. エクスプレッションを使用したテキストプロパティの編集とアクセス
      9. エクスプレッション言語リファレンス
      10. エクスプレッションの例
    2. 自動化
      1. 自動化
      2. スクリプト
  15. イマーシブビデオ、VR、3D
    1. After Effects での VR 環境の作成
    2. イマーシブビデオエフェクトの適用
    3. VR/360 度ビデオの合成ツール
    4. 3D カメラの移動のトラッキング
    5. 3D デザインスペースでの作業
    6. 3D 変形ギズモ
    7. 3D アニメーションによるその他の操作
    8. リアルタイムエンジンを使用した、3D デザインの変更のリアルタイムプレビュー
    9. グラフィックへのレスポンシブデザインの追加
  16. ビューとプレビュー
    1. プレビュー
    2. Mercury Transmit を使用したビデオプレビュー
    3. ビューの変更と使用
  17. レンダリングと書き出し
    1. レンダリングと書き出しの基本
    2. After Effects プロジェクトを Adobe Premiere Pro プロジェクトとして書き出し
    3. ムービーの変換
    4. マルチフレームレンダリング
    5. 自動レンダリングとネットワークレンダリング
    6. 静止画および静止画シーケンスのレンダリングと書き出し
    7. After Effects での GoPro CineForm コーデックの使用
  18. その他のアプリケーションの使用
    1. Dynamic Link と After Effects
    2. After Effects およびその他のアプリケーションの使用
    3. After Effects の設定の同期
    4. After Effects の Creative Cloud ライブラリ
    5. プラグイン
    6. CINEMA 4D と Cineware
  19. 共同作業:Frame.io と Team Projects
    1. Premiere Pro と After Effects での共同作業
    2. Frame.io
      1. Frame.io のインストールとアクティベート
      2. Premiere Pro および After Effects での Frame.io の使用
      3. よくある質問
    3. Team Projects
      1. Team Projects の概要
      2. チームプロジェクトの作成
      3. Team Projects を使用した共同作業
  20. メモリ、ストレージおよびパフォーマンス
    1. メモリとストレージ
    2. 処理速度の向上
    3. 環境設定
    4. After Effects の GPU および GPU ドライバーの要件

After Effects を実行して使用するには、コンピューターが以下に示す最小技術仕様を満たしている必要があります。

適用対象:

After Effects 22.5(2022年6月)リリース、After Effects 22.4(2022年5月)リリース、After Effects 22.3(2022年4月)リリース、After Effects 22.2.1(2022年3月)リリース、After Effects 22.2(2022年2月)リリース、After Effects 22.1.1(2021年12月)リリース、After Effects 22.0(2021年10月)リリース。こちらの以前のシステム要件を参照してください。

After Effects の必要システム構成

Windows

最小仕様

推奨仕様

プロセッサー

Intel または AMD クアッドコアプロセッサー

(マルチフレームレンダリングには 8 コア以上を推奨します)。

オペレーティングシステム

Microsoft Windows 10(64 ビット)日本語版バージョン 1909 以降。

Microsoft Windows 10(64 ビット)日本語版バージョン 1909 以降

RAM

16 GB の RAM

32 GB を推奨

GPU

2 GB の GPU VRAM

After Effects を使用している場合は、NVIDIA ドライバー 472.12 以降にアップデートすることを強くお勧めします。このバージョンより前のドライバーには、クラッシュが発生する可能性がある既知の問題があります。

 

メモ:NVIDIA GPU を搭載した Windows 11 コンピューターを使用している場合は、バージョン 472.12 にアップグレードする必要があります。

4 GB 以上の GPU VRAM を推奨

ハードディスクの空き容量

15 GB の空き容量のあるハードディスク。ただし、インストール時には追加の空き容量が必要(外付けフラッシュストレージデバイス上にはインストール不可)

ディスクキャッシュ用の追加のディスク空き容量(64 GB 以上を推奨)

モニターの解像度

1920 x 1080

1920 x 1080 以上の表示解像度

インターネット

必要なソフトウェアのライセンス認証、サブスクリプションの検証、オンラインサービスの利用には、インターネット接続および登録が必要です。*

注意:

必要なソフトウェアのライセンス認証、サブスクリプションの検証、オンラインサービスの利用には、インターネット接続および登録が必要です。 

ライセンス認証をおこなってこの製品の使用を開始するには、インターネットへの接続、Adobe ID、使用許諾契約への同意が必要です。本製品は、アドビまたはサードパーティのオンラインサービスへの連携またはアクセスが可能な場合があります。アドビのサービスは 13 歳以上のユーザーのみを対象としており、その使用には追加の利用条件およびアドビのプライバシーポリシーに同意していただく必要があります。これらのアプリケーションとサービスは、国や言語によっては提供されていない場合があり、予告なく変更または中止となることがあります。追加料金またはメンバーシップ料金が適用されることがあります。

macOS

最小仕様

推奨仕様

プロセッサー

Intel、ネイティブ Apple シリコン、Rosetta 2 対応クアッドコアプロセッサー

マルチフレームレンダリング用の 8 コア以上

オペレーティングシステム

macOS のバージョン 10.15 または macOS Big Sur(11.*)、macOS Monterey(12.*)。

macOS v10.15(Catalina)以降

RAM

16 GB の RAM

32 GB

GPU

2 GB の GPU VRAM

(ドラフト 3D には、Apple Metal 2 と互換性のあるディスクリート GPU が必要です)

4 GB の GPU VRAM

ハードディスクの空き容量

インストールするには 15 GB のハードディスク空き容量が必要で、インストール中はさらに空き容量が必要となります(大文字と小文字が区別されるファイルシステムを使用するボリュームまたは取り外し可能なフラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストールできません)

ディスクキャッシュ用の追加ディスク空き容量 64 GB 以上

モニターの解像度

1440 x 900

1440 x 900 以上のディスプレイ解像度

インターネット

必要なソフトウェアのライセンス認証、サブスクリプションの検証、オンラインサービスの利用には、インターネット接続および登録が必要です。*

必要なソフトウェアのライセンス認証、サブスクリプションの検証、オンラインサービスの利用には、インターネット接続および登録が必要です。*

注意:

After Effects バージョン 17.5.1 は、Intel 上で macOS Big Sur をサポートしていますが、現時点では Apple シリコンは完全にはサポートされていません。Apple シリコンの M1 チップを使用している Apple コンピューターで動作するアドビのアプリについて詳しく知りたい場合は、「M1 チップを使用している Apple コンピューターでのアドビのアプリの動作」を参照してください。

VR の必要システム構成

注意:

要件は VR システムによって異なります。ここで説明されている要件は基本要件のみです。

ヘッドマウントディスプレイ

オペレーティングシステム

その他の要件

Oculus Rift

Windows 10

  • GPU(ビデオアダプター):
  • CPU(プロセッサー):Intel i5-4590 相当以上
  • メモリ(RAM):8 GB 以上の RAM
  • USB:最低 2 つ(2x)の USB 3.0 ポート。合計 3 つ(3x)の利用可能な USB ポート
  • HD(ディスク領域):4 GB 以上の空き容量

HTC Vive

  • Windows 10
  • 27 インチ iMac(Radeon Pro グラフィックス搭載)
  • iMac Pro(Radeon Vega グラフィックス搭載)
  • Mac OS 10.13.3 またはそれ以降

Windows:

  • プロセッサー:Intel® i5-4590/AMD FX 8350 相当以上
  • メモリ:4 GB の RAM

Windows Mixed Reality

Windows 10

Windows:

  • プロセッサー:Intel® i5-4590/AMD FX 8350 相当以上
  • メモリ:4 GB の RAM

様々な種類のヘッドセットの要件および After Effects 用のイマーシブ環境の設定について詳しくは、After Effects の Adobe イマーシブ環境を参照してください。

After Effects の各国語バージョン

After Effects は次の言語でご利用いただけます。

  • ドイツ語
  • 英語
  • スペイン語
  • フランス語
  • イタリア語
  • ポルトガル語(ブラジル)
  • ロシア語
  • 日本語
  • 韓国語
  • 簡体字中国語

After Effects は、「南アジアおよび中東」テキストエンジンを使用する、中東のテキスト構成とインド系言語のスクリプトに対応します。

その他の関連ヘルプ

アドビのロゴ

アカウントにログイン