テキストボックスのプロパティまたは引き出し線付き注釈を編集できない

解決策:プロパティツールバーをオンにする

既存のテキストボックスまたは引き出し線付き注釈にさらに変更を加えるには、プロパティツールバーをオンにして、テキストボックスのプロパティまたは引き出し線ツールの注釈を変更できるようにします。コメント内のテキストを編集するには、コメント内をダブルクリックし、テキストを選択して編集します。

テキストボックスの追加

  1. 「ツール/注釈およびマークアップ/テキストボックスツール」を選択します。
  2. PDF 内をクリックします。
  3. 「表示/ツールバー/プロパティバー」を選択し、テキストの色、整列方法およびフォント属性を設定します。
  4. テキストを入力します。ボックスの右端に到達すると、テキストは自動的に折り返されます。
  5. (オプション)テキストボックスにさらに変更を加えるには、次の操作を行います。
    1. 選択ツールまたはテキストボックスツールを使用して、テキストボックスのエッジをクリックして選択し、ボックスの隅をドラッグしてサイズ変更します。プロパティツールバーを使用して、境界線と塗りつぶしのオプションを変更します。
    2. テキストボックスをダブルクリックして、テキストまたはテキストの属性を変更します。テキストの範囲をドラッグで選択し、プロパティツールバーからオプションを選択します。

      この情報の Adobe Captivate デモを表示します。

  6. テキストボックスを削除するには、そのテキストボックスを選択して「削除」をクリックします。

注意:任意のアプリケーションでテキストを選択してコピーし、テキストのブロックを貼り付けることもできます。それには、Acrobat で手のひらツールを選択し、「編集/貼り付け」を選択します。

引き出し線の追加

  1. 「ツール/注釈およびマークアップ/引き出し線ツール」を選択します。
  2. 一度クリックしてエンドポイントを設定し、もう一度クリックしてテキストボックスの場所を設定します。
  3. 「表示/ツールバー/プロパティバー」を選択し、テキストの色、整列方法およびフォント属性を選択します。
  4. テキストを入力します。ボックスの右端に到達すると、テキストは自動的に折り返されます。
  5. (オプション)テキストボックスにさらに変更を加えるには、次の操作を行います。
    1. 引き出し線のサイズを変更するには、引き出し線を選択して、表示されるハンドルをドラッグします。
    2. テキストボックスを移動するには、ボックスの内側をクリックして、マウスをドラッグします。
    3. 引き出し線全体を移動するには、エンドポイントラインまたはテキストボックスのエッジをクリックして、マウスをドラッグします。
    4. 色、不透明度、線の特性などを変更するには、選択ツールを使用して引き出し線を右クリックし、「プロパティ」を選択して、目的のオプションを選択します。

次の Adobe Captivate デモでは、テキストボックスおよび引き出し線付き注釈のプロパティを編集する方法を示します。このデモの表示方法について詳しくは、Adobe Captivate デモの表示を参照してください。

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー