ブランドのアプリケーションを使用して顧客が自宅にいながら家具を視覚化できる AR エクスペリエンスを作成する方法について説明します。
家具ストアのユースケース

この記事では、Enigmaa という架空の家具会社が Adobe Aero を使用して顧客にイマーシブな体験を実現する方法について説明します。

Dimension

Adobe Dimension を使用して、テーブル、ベッド、ソファーなどブランド家具の 3D コンテンツを作成します。Dimension を使用してアセットを準備する方法について詳しくは、「Aero 用の Dimension アセットの準備」を参照してください。

アセットがクラウドに保存されていることを確認します。

Adobe Photoshop または Illustrator を使用して画像のアンカーを作成します。Aero 向けにデジタルアセットを最適化する方法について詳しくは、「Aero 向けの Photoshop アセットの準備」または「Aero 向けの Illustrator アセットの準備」を参照してください。

アセットがクラウドに保存されていることを確認します。

Photoshop アセット
サーフェスアンカー

Aero を開き、新規作成をタップします。明るいスペースを選択します。次に、デバイスをゆっくりとパンして、Aero でサーフェスをスキャンしてサーフェスアンカーを設定できるようにします。

詳しくは、「スペースのスキャンとサーフェスアンカーの設定」を参照してください。

 

 

クラウドに保存した、画像のアンカーのアセットを使用して、アンカーの種類を画像のアンカーに変更します。

詳しくは、「画像のアンカーを設定する」を参照してください。

画像のアンカー
アセットを読み込む

家具のデジタルアセットを Aero に読み込みます。詳しくは、「Creative Cloud アプリからのアセットの読み込み」を参照してください。

デジタルアセットを配置し、シーンを編集し、インタラクティブ機能を追加することで、AR エクスペリエンスをデザインします。詳しくは、「デジタルアセットの配置とシーンの編集」および「デジタルアセットにインタラクティブ機能を追加する」を参照してください。

Adobe Aero から作成した AR を Xcode および Reality Composer に書き出して、作成した AR をブランドのアプリケーションに統合できます。詳しくは、「Xcode および Reality Composer で作業する」を参照してください。

Xcode に書き出す
最終的な Aero エクスペリエンス

画像のアンカーの印刷版を顧客に提供し、ブランドのアプリケーションをインストールするように促します。設定されたトリガーに関する情報を顧客に提供します。

顧客がトリガーに従って自宅で家具を視覚化し、スペースに合う家具を選ぶ判断をより的確に下すことができます。

AR エクスペリエンスを表示する方法について詳しくは、「作成した AR を表示する」を参照してください。

次のステップ

家具を顧客が自宅にいながら視覚化することを支援する AR エクスペリエンスを構築する方法について説明しました。Aero について詳しくは、「Adobe Aero とは」を参照してください。

ご質問やアイデアがある場合

ご質問や他のユーザーと共有したいアイデアをお持ちの場合は、ぜひ Adobe Aero コミュニティに参加してください。

Behance で自分の作品を紹介したり、他の人の作品からインスピレーションを得ることもできます。