マニュアル キャンセル

サポートされているファイル形式

  1. Adobe Aero ユーザーガイド
  2. はじめに
    1. Adobe Aero とは
    2. Adobe Aero モバイル(iOS)の必要システム構成
    3. 拡張現実とは
    4. AR 用語集
    5. Adobe Aero | よくある質問
    6. ユーザーインターフェイスの基本
    7. Adobe Aero のアプリ内学習リソース
    8. Adobe Aero でのモバイルジェスチャーの使用
    9. 重要な 3D モデリングの概念
    10. Adobe Aero の新機能
  3. Aero デスクトップ
    1. Adobe Aero の新機能
    2. Adobe Aero デスクトップ | よくある質問
    3. ワークスペースの基本
    4. キーボードショートカット
    5. Aero にアセットを読み込む
    6. Adobe Aero デスクトップの必要システム構成
    7. サポートされているファイル形式
    8. クラウドドキュメントでの作業
  4. Android 版 Aero Player(ベータ版)
    1. Aero Player(ベータ版)の拡張現実コンテンツ
    2. Android 版 Aero Player(ベータ版)| よくある質問
    3. Android 版 Aero Player(ベータ版)の必要システム構成
  5. デジタルアセットを AR に対応させる
    1. Aero 用のアセットソース
    2. Aero 向けの Photoshop アセットの準備
    3. Aero 向けの Illustrator アセットの準備
    4. Aero 用の Dimension アセットの準備
    5. AR のアセットの最適化
  6. AR 対応アセットの読み込み
    1. Aero にアセットを読み込む
    2. Mixamo アセットを Aero に読み込む
    3. サポートされているファイル形式
    4. FBX ファイルを Aero に読み込む
  7. AR エクスペリエンスをデザインする
    1. Adobe Aero でデジタルアセットにオーディオを追加
    2. スペースのスキャンとサーフェスアンカーの設定
    3. デジタルアセットの配置とシーンの編集
    4. デジタルアセットにインタラクティブ機能を追加する
    5. 画像のアンカーを設定する
    6. Adobe Aero へのアニメーションアセットの追加
    7. 動作設定可能なキャラクターを使用したアニメーションの作成
  8. 書き出しと共有
    1. AR の作品共有
    2. AR エクスペリエンスに関する FAQ の表示
    3. Adobe Aero ドキュメントで他のユーザーとコラボレーションする
    4. 作成した AR を表示する
  9. クラウドドキュメントとストレージ
    1. クラウドドキュメントでの作業
    2. Adobe Aero のストレージのアップグレード
  10. サンプル、アイデアおよびインスピレーション
    1. スターターアセットを使用して AR エクスペリエンスをデザインする

Adobe Aero に読み込むアセットでサポートされるファイル形式について説明します。

読み込み可能なファイル形式

Adobe Aero では、2D、3D およびアーカイブされたファイル形式を読み込んで、AR エクスペリエンスを使用および作成できます。

2D 画像形式

  • JPEG/JPG
  • Photoshop 形式(PSD/PSB)
  • PNG
  • SVG

  • TIFF/TIF

  • GIF

オーディオ形式

  • WAV
  • MP3

3D ファイル形式

Aero に直接読み込むことができる 3D ファイル形式:

  • GLB(GLTF バイナリ形式)

アーカイブ(.zip)

以下に示す 3D ファイル形式は、3D モデルと、そのモデルで使用するテクスチャおよびアニメーションファイルが 1 つのアーカイブ(.zip)フォルダーにパッケージ化されている場合に限り、Aero に読み込むことができます。

  • OBJ(MDL または MTL マテリアルを使用)
  • Collada(DAE)
  • 3DS

  • FBX(ガイドラインに従ってファイルが準備されている場合にサポート)
  • PNG シーケンス(番号順)

AR エクスペリエンスを共有するためのファイル形式

AR エクスペリエンスを他のユーザーと共有して、以下の形式でコラボレーションしたり、作品を表示したりできます。

  • .REAL - Aero でのエクスペリエンスを編集したいチームメンバーと共有します。
  • .USDZ- AR QuickLook の別のデバイスのインタラクティブ機能を使用せずに表示できる静的ファイルを送信します。USDZ 書き出しオプションは、Aero のデスクトップ版で使用できます。

制限事項

  • Aero では、透明な 2D 画像コンテンツがサポートされています。アセットにアルファチャンネルまたは透明なレイヤーがある場合、Aero 内の透明なセクションを通して見ることができます。 
  • 1 つのアセットは、アーカイブ内に複数のファイルを含みます。アーカイブを読み込む場合、Aero では最初の 3D アセットのみがサポートされます。

次のステップ

アセットやサポートされるファイル形式の推奨ソースについて必要なすべての情報が得られました。まず、他の Creative Cloud アプリまたはサードパーティ製アプリからアセットを読み込んでみましょう。

ご質問やアイデアがある場合

ご質問や他のユーザーと共有したいアイデアをお持ちの場合は、ぜひ Adobe Aero コミュニティに参加してください。投稿をお待ちしています。

Behance で自分の作品を紹介したり、他の人の作品からインスピレーションを得ることもできます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン