マニュアル キャンセル

Aero 向けの Illustrator アセットの準備

  1. Adobe Aero ユーザーガイド
  2. はじめに
    1. Adobe Aero とは
    2. Adobe Aero モバイル(iOS)の必要システム構成
    3. 拡張現実とは
    4. AR 用語集
    5. Adobe Aero | よくある質問
    6. ユーザーインターフェイスの基本
    7. Adobe Aero のアプリ内学習リソース
    8. Adobe Aero でのモバイルジェスチャーの使用
    9. 重要な 3D モデリングの概念
    10. Adobe Aero の新機能
  3. Aero デスクトップ
    1. Adobe Aero の新機能
    2. Adobe Aero デスクトップ | よくある質問
    3. ワークスペースの基本
    4. キーボードショートカット
    5. Aero にアセットを読み込む
    6. Adobe Aero デスクトップの必要システム構成
    7. サポートされているファイル形式
    8. クラウドドキュメントでの作業
  4. Android 版 Aero Player(ベータ版)
    1. Aero Player(ベータ版)の拡張現実コンテンツ
    2. Android 版 Aero Player(ベータ版)| よくある質問
    3. Android 版 Aero Player(ベータ版)の必要システム構成
  5. デジタルアセットを AR に対応させる
    1. Aero 用のアセットソース
    2. Aero 向けの Photoshop アセットの準備
    3. Aero 向けの Illustrator アセットの準備
    4. Aero 用の Dimension アセットの準備
    5. AR のアセットの最適化
  6. AR 対応アセットの読み込み
    1. Aero にアセットを読み込む
    2. Mixamo アセットを Aero に読み込む
    3. サポートされているファイル形式
    4. FBX ファイルを Aero に読み込む
  7. AR エクスペリエンスをデザインする
    1. Adobe Aero でデジタルアセットにオーディオを追加
    2. スペースのスキャンとサーフェスアンカーの設定
    3. デジタルアセットの配置とシーンの編集
    4. デジタルアセットにインタラクティブ機能を追加する
    5. 画像のアンカーを設定する
    6. Adobe Aero へのアニメーションアセットの追加
    7. 動作設定可能なキャラクターを使用したアニメーションの作成
  8. 書き出しと共有
    1. AR の作品共有
    2. Adobe Aero ドキュメントで他のユーザーとコラボレーションする
    3. 作成した AR を表示する
  9. クラウドドキュメントとストレージ
    1. クラウドドキュメントでの作業
    2. Adobe Aero のストレージのアップグレード
  10. サンプル、アイデアおよびインスピレーション
    1. スターターアセットを使用して AR エクスペリエンスをデザインする

Adobe Illustrator アセットを Adobe Aero で使用できるようにする方法について説明します。

Illustrator アセットを使用する

画像ファイルとして、またはレイヤーを含んだ Photoshop ドキュメント(PSD)として Illustrator アセットを利用できます。

Illustrator ファイルは、そのレイヤーをレイヤー付きの AR 作成で使用するために保持した状態で、PSD に書き出すことができます。ドキュメントのどの部分が PSD(および Aero)の様々なレイヤーになるかを制御するには、次の 2 つのいずれかをおこなう必要があります。

  1. ドキュメントを分離して、個別のレイヤーにします。Illustrator レイヤーは、書き出し時に Photoshop のレイヤーになり、Photoshop のレイヤーは、読み込まれると Aero のレイヤーになります。

  2. ドキュメントが Illustrator で単一レイヤーの場合は、グループを使用して、書き出しでどの要素がレイヤーになるかを制御できます。注意:この場合、Illustrator のレイヤーパネルで互いに隣接する要素は、それぞれ折りたたまれて単一の PSD レイヤーになります。

注意:

Illustrator では、レイヤーパネル内の同じレイヤー上の要素は、折りたたまれて単一の PSD レイヤーになります。

Illustrator アセットをフラット画像として Aero に取り込む

Illustrator 画像をアセットとして Aero に取り込むには、Illustrator から SVG として書き出す必要があります。Aero では、フラットな単一レイヤーの画像として読み込まれます。ベクターコンテンツは、Aero への読み込み時にラスタライズされます。

  1. Adobe Illustrator CC から、ファイル/書き出し/形式を指定して書き出しを選択します。

  2. SVG を選択します。

  3. デバイスからアクセスできる場所にファイルを保存します。たとえば、Creative Cloud ファイルなどです。

  4. デバイスで Aero を開き、アセットを読み込みます。

Illustrator アセットを複数レイヤーのコンテンツとして Aero に取り込む

Illustrator から複数レイヤーのアセットを Aero に取り込むには、Illustrator から PSD として書き出します。これにより、Aero に読み込んだ後もレイヤーを維持できます。 

注意:

作成したものが、単一レイヤー上にあるが、グループと要素に分割されている場合は、PSD として書き出してから、アセットを読み込むだけです。

  1. Adobe Illustrator CC から、ファイル/書き出し/形式を指定して書き出しを選択します。

  2. PSD を選択します。

  3. 書き出し」をクリックし、「OK」をクリックします。

  4. Aero に読み込むファイルを、モバイルデバイスからアクセス可能な場所(Creative Cloud またはファイル)に保存します。

  5. 必要に応じて、書き出された Photoshop ドキュメントを編集します。

  6. デバイスで Aero を開き、アセットを読み込みます。

  7. アセットのレイヤーを、間隔を開けて並べるには、レイヤーを選択し、「間隔」を選択します。

注意事項

  • すべてのレイヤーは、Aero への読み込み時にラスタライズされます。すべてのレイヤーがラスタライズされるため、レイヤー数が少ないドキュメントは、Aero での品質が向上する可能性があります。
  • Adobe Illustrator のウィンドウ/レイヤーパネルからレイヤーグループを統合できます。
  • Aero で異なるレイヤーのオブジェクトを使用するには、Adobe Illustrator でレイヤーを分離します。
  • 最上位にあるレイヤーグループは、それぞれ単一レイヤーになるように統合されます。
  • 最上位にある調整レイヤーおよびブレンドモードは無視されます。
  • レイヤーグループ内の調整レイヤーは統合されます。
  • スマートオブジェクト、テキストレイヤー、レイヤー効果、ベクターレイヤーはラスタライズされます。
  • 最上位にある 3D レイヤーは処理されません。読み込み時に、最初の標準レイヤーが代わりに読み込まれます。
  • マスクとして適用されているチャンネルは、レイヤー合成の一部になります。余分なチャンネルは無視されます。

次のステップ

Adobe Aero で、手順に従って Creative Cloud ファイルからアセットを読み込みます。

その後、アセットを配置してシーンを編集し、3D コンテンツにインタラクティブ機能を追加できます。

ご質問やアイデアがある場合

ご質問や他のユーザーと共有したいアイデアをお持ちの場合は、ぜひ Adobe Aero コミュニティに参加してください。

Behance で自分の作品を紹介したり、他の人の作品からインスピレーションを得ることもできます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン