Adobe Aero ドキュメントでチームや関係者とコラボレーションする方法について説明します。

Aero ファイルは、.real 拡張子で保存されます。.real ファイルを Aero に読み込んで作業を続けることも、.real ファイルをチームメンバーと共有してチームメンバーが AR エクスペリエンスを編集することもできます。

.real ファイルを他のユーザーと共有する場合は、共有/形式を指定して書き出しに移動し、Aero Experience(.real)を選択して、ファイルを書き出すことができます。

共有されている .real ファイルで作業する場合は、ホーム画面/ドキュメントを読み込みをタップし、.real ファイルがある場所に移動して、.real ファイルを読み込むことができます。

次のステップ

Adobe Aero を使用して .real ファイルの書き出しおよび読み込みをおこなう方法について説明しました。次に、作成したものを Xcode および Reality Composer に書き出す方法について説明します。

ご質問やアイデアをお持ちですか?

ご質問や他のユーザーと共有したいアイデアをお持ちの場合は、ぜひ Adobe Aero コミュニティに参加してください。投稿をお待ちしています。

Behance で自分の作品を紹介したり、他の人の作品からインスピレーションを得ることもできます。