Aero と Creative Cloud アプリケーションを組み合わせて使用して、インタラクティブな AR エクスペリエンスを実現する方法を説明します。

Adobe Aero は、驚きのインタラクティブな拡張現実(AR)エクスペリエンスを実現します。インタラクティブな製品概要の提供方法を求めているデザイナーには、Adobe Aero が最適な選択肢です。 

Expanding-the-Disk-GIF-final
Aero を使用してインタラクティブなブランドエクスペリエンスを実現

サンプルシナリオ

仮に、あなたが四輪自動車ブランド Bensin を所有していると想定します。Adobe Aero を使用すれば、タイヤ、ヘッドランプ、エンジン、ギアシステムなどの独自の機能を紹介することで、潜在顧客に自動車の外観をインタラクティブに提示できます。

この記事では、タイヤを例に見てみましょう。

始める前に

このエクスペリエンスは、以下のツールがあれば実現できます。

  • Adobe Aero で、オブジェクトを配置、拡大・縮小、整列して、AR エクスペリエンスを実現します。
  • Adobe Stock で、3D アセットを使用します。ワークフローに慣れたら、Adobe PhotoshopIllustrator または Dimension を使用して、同様なアセットを作成できます。
  • Mixamo で、ビジュアルコンポーネントやオブジェクトをアニメーション化します。
  • Xcode または Reality Composer で、Bensin 自動車アプリなどのモバイルアプリケーションにグラフィックを統合します。

以上がすべての前提条件です。今すぐ Aero をダウンロードして試してみましょう。

Aero をダウンロード

PS-AI-Dn-&-Stock(updated)
ビジュアルアセットを作成してアセットにアニメーションを追加

AR エクスペリエンスの作成

次の 4 つの簡単なステップで、このタスクを実行します。

  1. Aero で新規プロジェクトを作成します。「サーフェスアンカー 」を設定して、「アンカーの種類」を「画像のアンカー」に変更します。

  2. デバイスまたは Creative Cloud から、アニメーション化したアセットをプロジェクトに読み込みます。

  3. 自動車のタイヤに合わせて、アセットを配置および拡大・縮小します。

    Bring-assets-and-author-them-in-aero--File-&-Creative-Cloud
    アセットの配置および拡張・縮小
  4. アセットを選択して、タップするトリガーアニメーション化するアクションを設定します。ファイルは、クラウドエコシステムに自動的に保存されます。

    これで、Bensin 自動車アプリに AR エクスペリエンスを公開して組み込む準備が整いました。

AR エクスペリエンスの埋め込み

Xcode または Reality Composer を使用して、Bensin 自動車アプリに AR エクスペリエンスを公開して埋め込みます。

AERO-to-xcode-to-Brand-App(updated)
Xcode を使用して Bensin 自動車アプリに AR エクスペリエンスを組み込む

AR エクスペリエンスの表示

Bensin 自動車アプリで、タイヤの画像をタップして、AR エクスペリエンスを表示します。

Viewing-experience---Static-(updated)
Bensin 自動車アプリで AR エクスペリエンスを表示

次のステップ

ここでは、自動車のタイヤの AR エクスペリエンスを作成して紹介する方法を説明しました。今すぐ Aero を試して、ブランドを強化できるその他のインタラクティブなコンポーネントを作成してみましょう。

インスピレーションを得られる便利なツールが多数あります。家具メーカーが Adobe Aero を使用して、顧客による家具の視覚化を推進する様子をご覧ください。

ご質問やアイデアがある場合

community

ご質問や他のユーザーと共有したいアイデアをお持ちの場合は、ぜひ Adobe Aero コミュニティに参加してください。

Behance で自分の作品を紹介したり、他の人の作品からインスピレーションを得ることもできます。