Adobe ColdFusion Builder(2018 リリース)には、コードプロファイラーデータをインポートできる機能と、Eclipse Oxygen にアップグレードする機能があります。

Adobe ColdFusion Builder 2018 リリースの新機能

Adobe ColdFusion Builder の 2018 リリースは、Adobe ColdFusion を補完するよう作られた、すばやくアップロードできる軽量の IDE です。開発時間やテスト作業を削減し、デバッグサイクルを短縮するツールで作業をすばやく終わらせます。コード内の潜在的なセキュリティリスクを自動検出して、修正のためのヒントを取得します。ColdFusion(2018 リリース)の新しいパフォーマンス監視ツールセットでコードプロファイラーレポートを使用することにより、Web およびモバイルアプリケーションにおけるパフォーマンスのボトルネックに焦点を当てます。

リモートシステムへの接続

ColdFusion Builder の 2018 リリースでは、FTP、SSH、SFTP などのリモートシステムに接続できます。

接続と認証が完了すると、フォルダーを参照して、その中にあるコードにアクセスできます。

詳しくは、リモートシステムへの接続を参照してください。

コードプロファイラーデータをインポート

パフォーマンス監視ツールセットのコードプロファイラーでは、コード内のパフォーマンスボトルネックを特定できます。このプロファイラーを利用すれば、コード内の各メソッドが呼び出された回数や、各メソッドの所要時間などを明らかにすることができます。

ColdFusion Builder の 2018 リリースでは、プロファイルをインポートしてコードをデバッグできます。

詳しくは、コードプロファイラーデータをインポートを参照してください。

Cordova のサポート

ColdFusion Builder の 2018 リリースでは、PhoneGap が削除され、Cordova のサポートが追加されました。Cordova の要件は次のとおりです。

  • Android:Android Studio SDK または SDK Manager のコマンドラインツールが必要です。
  • iOS:モバイルアプリの構築に XCode が必要です。

アプリの構築中に発生したエラーは、Builder コンソールに表示されます。

署名付きビルドが必要な場合は、キーストアの詳細(ウィンドウ/環境設定/ColdFusion/Cordova)を指定します。

詳しくは、モバイルアプリケーションのパッケージ化を参照してください。

注意:

iOS の署名付きビルドはサポートされていません。iOS ビルドは、Cordova に関するドキュメントの手順に沿って署名を付ける必要があります。

Oxygen のアップグレード

ColdFusion Builder の 2018 リリースには、Mars からアップグレードされた Oxygen バージョン 4.7.2 が付属しています。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー