ColdFusion(2018 リリース)パフォーマンス監視ツールセットのご紹介

Adobe ColdFusion エンタープライズ版およびスタンダード版の 2018 リリースでは、高パフォーマンスの ColdFusion エンジンと同様にアプリケーションを最適化するためのまったく新しいソリューションであるパフォーマンス監視ツールセットが追加されています。

パフォーマンス監視ツールセットは、ランタイムでのアプリケーションの実行状況を開発者が把握できるようにするアプリケーション監視スイートです。

スイートの機能:

  • ビジネストランザクションのためのデータをリアルタイムでキャプチャして保持し、ユーザーが問題を効果的に解決できるようサポートする
  • ダイナミックサーバーインデックス(JVM、GC、CPU 使用量などの指標を含む)を提供する
  • スレッドダンプを分析し、ユーザーがボトルネックを特定できるようサポートする
  • クラスター環境のサポート

スイートのその他の機能:

  • 安定性を高めるため、アプリケーション、サーバー、およびデータベースを継続的に監視する。
  • 重要なプロセスに影響を与える前にアラートを識別して送信する。
  • 一般的なパフォーマンスの落とし穴からアプリケーションを保護する。

パフォーマンスの問題にフラグを立て問題のあるエリアを隔離し、すばやく是正措置を開始できるようにします。クラスター全体、またはノードやアプリケーション、ページに固有の平均応答時間やスループットをリアルタイムで把握します。コードの奥に埋もれている複雑なパフォーマンスの問題を迅速に特定して解決します。 

ColdFusion サーバーモニター

ColdFusion(2018 リリース)ではサーバーモニターは非推奨になっています

サーバーモニターは、ColdFusion(2016 リリース)以前のバージョンでのみご利用いただけます。

サーバーモニターは、ColdFusion サーバーについての情報を提供します。通常、サーバーモニターではマルチサーバーモニターより詳細な情報が提供されますが、マルチサーバーモニターは複数の ColdFusion サーバーのステータスを追跡するのに適しています。
サーバーモニターは、次の情報を提供します。

  • リクエスト、クエリ、セッション、およびスレッド
  • 応答時間
  • メモリ使用量
  • アラートおよびエラー
  • サーバー情報のスナップショット

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー