Creative Cloud モバイルアプリのアクセシビリティ

注意:

Creative Cloud モバイルアプリのダウンロードをお探しですか?「Adobe Creative Cloud モバイル版」を参照してください。

ここでは、Creative Cloud モバイルアプリのアクセシビリティを、視覚、聴覚、身体的可動性の各カテゴリーについて説明します。

アクセシビリティとは、視覚、聴覚、身体的可動性などの障害を持つ人々が製品を使用できるように措置を講じることを指します。 

モバイルアプリのアクセシビリティ機能の例としては、スクリーンリーダーのサポート、グラフィックのテキスト化、キーボードショートカット、表示色のコントラストの強化などがあります。

Creative Cloud モバイルアプリには、スクリーンリーダーのサポート、キーボードナビゲーション、オペレーティングシステムのアクセシビリティサポートなど、アクセシビリティのためのツールが用意されています(一部の例外を除く)。

Creative Cloud モバイルアプリがサポートする特定のアクセシビリティ機能について詳しくは、「アドビソリューションのアクセシビリティ適合性レポート(iOS | Android)」を参照してください。

スクリーンリーダーと画面の拡大表示のサポート

スクリーンリーダーは、コンピューターの画面上に表示されるテキストを読み上げます。また、アプリケーション内のボタンのラベルや画像の説明など、アクセシビリティタグや属性で指定された、テキスト以外の情報も読み取ります。 

Creative Cloud モバイルアプリでは、支援技術(スクリーンリーダーや画面の拡大表示など)をサポートしています。Creative Cloud モバイルアプリがサポートする特定のアクセシビリティ機能について詳しくは、「アドビソリューションのアクセシビリティ適合性レポート(iOS | Android)」を参照してください。

オペレーティングシステムのアクセシビリティ機能のサポート

Creative Cloud モバイルアプリは、iOS および Android に搭載されたアクセシビリティ機能をサポートしています。例えば、iOS では、設定/アクセシビリティ/VoiceOverVoiceOver を有効にすることができます。Android では、設定/ユーザー補助機能/TalkBackTalkBack を有効にすることができます。これと同じ場所で、ズーム機能(iOS)と拡大(Android)も有効にすることができます。

注意:

Creative Cloud モバイルアプリでは、iOS の「画面表示テキストサイズ」の調整、Android の「表示」サイズはまだ完全にはサポートされていません。

キーボードによる Creative Cloud モバイルアプリの操作

アプリは、キーボードでナビゲートしたり操作したりすることができます。

iOS iPad に Bluetooth キーボードを接続すると、画面に触れることなく、キーボードからアプリの操作やナビゲーションができるようになります。

キーボードを iPad とペアリングした後、Command ボタンを長押しすると、キーボードのヒントが表示されます。

便利なキーボードショートカット

Creative Cloud モバイルアプリでよく使われる便利なキーボードショートカットを以下に示します。

  • 0 キー:ホーム
    に移動
  • 1 キー:「もっと知る」に移動

  • 2 キー:「作品」に移動

  • 3 キー:「フォント」に移動(iOS のみ)

  • 4 キー:「アプリ」に移動

  • 5 キー:通知を表示

  • 6 キー:「設定」に移動

  • F キー:検索

  • 左向き矢印キー:前の画面に移動するか、戻る

  • Tab キー:サブメニューの次のタブに移動

  • Shift + Tab キー:サブメニューの前のタブに移動

  • Y キー:アセットのギャラリーを表示

  • G キー:アセットをギャラリー形式で表示

  • L キー:アセットをリスト形式で表示

  • S キー:選択

  • A キー:アルファベット順で並べ替え、降順と昇順を入れ替え

  • T キー:日付け順で並べ替え、降順と昇順を入れ替え

  • A キー:名前順で並べ替え、降順と昇順を入れ替え

  • T キー:新しい順に並べ替え、降順と昇順を入れ替え

  • N キー:新規アセットを作成

その他の関連ヘルプ

アドビのロゴ

アカウントにログイン