Adobe XD 用 Adobe Asset Link

  1. アドビエンタープライズ版とグループ版: 管理ガイド
  2. デプロイメントの計画
    1. 基本概念
      1. ライセンス
      2. ID
      3. ユーザー管理
      4. アプリのデプロイメント
      5. 管理ロール
    2. デプロイメントガイド
      1. ユーザー指定デプロイメントガイド
      2. SDL デプロイメントガイド
    3. Creative Cloud 教育機関向けのデプロイ
      1. デプロイメントガイド
      2. Canvas LMS との連携
      3. Blackboard Learn との連携
      4. 地域ポータルと LMS 用の SSO の構成
      5. Kivuto のよくある質問
      6. 初等および中等教育機関の購入資格のガイドライン
  3. 組織の設定
    1. ID の設定
      1. ID タイプ | 概要
      2. Enterprise ID を使用した組織の設定
      3. Federated ID を使用した組織の設定
        1. SSO の概要
        2. Azure コネクタと Sync の設定
          1. Azure OIDC を介した Microsoft との SSO の設定
          2. Azure Sync のディレクトリへの追加
          3. Azure コネクタの FAQ
        3. Google Federation と Sync の設定
          1. Google Federation を使用した SSO の設定
          2. ディレクトリへの Google Sync の追加
          3. Google Federation の FAQ
        4. 汎用 SAML
          1. 他の SAML プロバイダーとの SSO の設定
          2. Azure ADFS を介した Microsoft との SSO の設定
          3. SSO のよくある質問
          4. SSO のトラブルシューティング
        5. 教育機関の SSO
          1. 教育委員会ポータルと LMS 用の SSO の構成
          2. よくある質問
          3. 接合
      4. ドメインの所有権の確認
      5. ドメインの追加と管理
      6. ドメインをディレクトリにリンクする
      7. ディレクトリの信頼を使用した事前クレームされたドメインの追加
      8. 新しい認証プロバイダーへの移行
    2. アセットの設定
    3. 認証の設定
    4. プライバシーとセキュリティの担当者
    5. Console の設定
    6. 暗号化の管理
  4. 製品および使用権限の管理  
    1. ユーザーの管理
      1. 概要
      2. 管理ロール
      3. ユーザー管理テクニック
        1. ユーザーの個別管理   
        2. 複数のユーザーの管理(一括 CSV)
        3. ユーザー同期ツール(UST)
        4. User Management API(UMAPI)
        5. Microsoft Azure Sync
        6. Google Federation Sync
      4. ユーザーの ID タイプの変更
      5. ユーザーグループの管理
      6. ディレクトリユーザーの管理
      7. 開発者の管理
      8. Adobe Admin Console への既存のユーザーの移行
      9. Adobe Admin Console へのユーザー管理の移行
    2. 製品および製品プロファイルの管理
      1. 製品を管理
      2. エンタープライズユーザーの製品プロファイルの管理
      3. セルフサービスポリシーの管理
      4. アプリ統合を管理
      5. Admin Console での製品権限の管理  
      6. 製品プロファイルのサービスの有効化/無効化
      7. 単体プラン | Creative Cloud エンタープライズ版
      8. オプションのサービス
    3. 共有デバイスライセンスの管理
      1. 新機能
      2. デプロイメントガイド
      3. パッケージの作成
      4. ライセンスの復元
      5. デバイスライセンスからの移行
      6. プロファイルの管理
      7. Licensing Toolkit
      8. 共有デバイスライセンスに関する FAQ
  5. ストレージとアセットの管理
    1. ストレージ
      1. エンタープライズストレージの管理
      2. Adobe Creative Cloud:ストレージ機能の更新について
      3. Adobe ストレージの管理
    2. アセットの移行
      1. アセットの自動移行
      2. アセットの自動移行に関する FAQ  
      3. 転送されたアセットの管理
    3. ユーザーのアセットの再利用
    4. 学生アセットの移行 | 教育機関のみ
      1. 学生アセットの自動移行
      2. アセットの移行
  6. Managed Services
    1. Adobe Stock
      1. Adobe Stock クレジットパックグループ版
      2. Adobe Stock エンタープライズ版
      3. Adobe Stock エンタープライズ版の使用
      4. Adobe Stock ライセンス承認
    2. カスタムフォント
    3. Adobe Asset Link
      1. 概要
      2. ユーザーグループの作成
      3. Adobe Experience Manager 6.x アセットの構成
      4. Adobe Asset Link の構成とインストール
      5. アセットの管理
      6. XD 用 Adobe Asset Link
    4. Adobe Sign
      1. Adobe Sign エンタープライズ版またはグループ版の設定
      2. Adobe Sign - グループ版の機能管理者
      3. Admin Console での Adobe Sign の管理
    5. Creative Cloud エンタープライズ版無償メンバーシップ
      1. 概要
      2. はじめに
  7. アプリケーションおよびアップデートのデプロイ
    1. 概要
      1. アプリケーションとアップデートのデプロイと提供
      2. デプロイするプラン
      3. デプロイメントの準備
    2. パッケージの作成
      1. Admin Console でのアプリケーションのパッケージ化
      2. ユーザー指定ライセンスパッケージの作成
      3. パッケージ用のアドビテンプレート
      4. パッケージの管理
      5. デバイスライセンスの管理
      6. シリアル番号ライセンス
    3. パッケージのカスタマイズ
      1. Creative Cloud デスクトップアプリケーションのカスタマイズ
      2. パッケージへのエクステンションの格納
    4. パッケージのデプロイ 
      1. パッケージのデプロイ
      2. SCCM による Adobe パッケージのデプロイ
      3. ARD によるアドビパッケージのデプロイ
      4. Exceptions フォルダーの製品をインストール
      5. Creative Cloud 製品のアンインストール
      6. Adobe Provisioning Toolkit Enterprise Edition の使用
      7. Adobe Creative Cloud ライセンス識別子
    5. アップデートの管理
      1. Adobe のエンタープライズ版およびグループ版のお客様向け変更の管理
      2. アップデートのデプロイ
    6. Adobe Update Server Setup Tool(AUSST)
      1. AUSST の概要
      2. 内部アップデートサーバーのセットアップ
      3. 内部アップデートサーバーのメンテナンス
      4. AUSST の一般的な使用例   
      5. 内部アップデートサーバーのトラブルシューティング
    7. Adobe Remote Update Manager(RUM)
      1. Adobe Remote Update Manager の使用
      2. Adobe Remote Update Manager で使用するチャネル ID
      3. RUM のエラーの解決
    8. トラブルシューティング
      1. Creative Cloud アプリケーションのインストールとアンイストールのエラーのトラブルシューティング
      2. クライアントコンピューターでのパッケージのデプロイ結果の確認
      3. Creative Cloud パッケージの「インストールに失敗しました」というエラーメッセージ
    9. Creative Cloud Packager を使用したパッケージの作成(CC 2018 以前のアプリケーション)
      1. Creative Cloud Packager について
      2. Creative Cloud Packager リリースノート
      3. アプリケーションパッケージ
      4. Creative Cloud Packager を使用したパッケージの作成
      5. ユーザー指定ライセンスパッケージの作成
      6. デバイスライセンスを使用したパッケージの作成
      7. ライセンスパッケージの作成
      8. シリアル番号ライセンスを使用したパッケージの作成
      9. Packager の自動化
      10. Creative Cloud 以外の製品のパッケージ化
      11. 設定の編集と保存
      12. システムレベルでのロケールの設定
  8. アカウントの管理
    1. グループ版アカウントの管理
      1. 概要
      2. 支払詳細を更新
      3. 請求書の管理
      4. 契約所有者の変更
    2. グループ版ユーザーへのライセンスの割り当て
    3. 製品とライセンスの追加
    4. 更新
      1. グループ版メンバーシップ:更新
      2. VIP エンタープライズ版:更新とコンプライアンス
    5. 購入リクエストコンプライアンス
    6. 中国における Value Incentive Plan(VIP)
    7. VIP Select のヘルプ
  9. レポートとログ
    1. 監査ログ
    2. 割り当てレポート
    3. コンテンツログ
  10. ヘルプを表示
    1. アドビカスタマーサポートへのお問い合わせ
    2. グループ版アカウントのサポートオプション
    3. エンタープライズ版アカウントのサポートオプション
    4. Experience Cloud のサポートオプション

Adobe XD 用 Adobe Asset Link は、デジタル製品のデザイナーとマーケティング担当者間の共同作業を効率化します。Adobe XD 用 Adobe Asset Link を使用すると、XD アプリケーション内から Adobe Experience Manager Assets のデジタルアセットを参照および検索することができます。また、アセットをダウンロードしたり、XD カンバスにアセットをドラッグしたりすることもできます。

前提条件

以下の前提条件を満たしていることを確認してください。

Creative Cloud の前提条件

Adobe Experience Manager の前提条件

Cloud Service 以外の方法で Adobe Experience Manager Assets インスタンスを使用する場合は、Adobe Experience Manager または Adobe Asset Link を設定します。

Adobe XD 用 Adobe Asset Link の設定

Adobe Asset Link は、簡単な操作でデザイナー向けにセットアップできます。次の手順を実行してください。

1. ユーザーグループの作成

Adobe Admin Console で、該当するクリエイティブユーザーを含む一意のグループを作成します。グループに追加するユーザーには、Enterprise ID または Federated ID が必要です。 詳細情報。ユーザーグループを作成するには管理者権限が必要です。

2. Experience Manager Assets の構成

アプリケーション内で XD 用 Experience Manager Assets に保存されているデジタルアセットにユーザーがアクセスできるためには、Adobe Experience Manager Assets を構成して微調整する必要があります。詳細情報

3. XD 用 Adobe Asset Link のインストール

XD プラグインマネージャー(XD でプラグインプラグインを見つけるを選択)で Adobe XD 用 Adobe Asset Link プラグインをダウンロードします。このプラグインは、XDX ファイルとしてダウンロードされます。ファイルをダブルクリックして、エクステンションをインストールします。インストールが完了したら、XD を終了して再起動します。プラグインパネルから XD 用 Adobe Asset Link を開き、Adobe Experience Manager Assets の URL を入力します。プラグインの設定ディレクトリにある storage.json ファイルが、この URL を参照するように自動的に更新されます。

Experience Manager Assets as a Cloud Service または Adobe Experience Manager Assets Essentials の使用権限環境が自動的に接続されます。デフォルトでは、最初にルーティングされたクラウドベースの環境がプラグインに表示されます。環境を切り替えるには、storage.json を特定の環境の URL で更新します。

注意:

Experience Manager Assets の URL を変更するには、storage.json ファイルが新しい Experience Manager インスタンスを指すように設定します。Adobe XD を起動し、次の場所から storage.json ファイルを開きます。

  • macOSUsers/<ユーザー名>/Library/Application/Support/Adobe/UXP/PluginsStorage/SPRK/External/61d229b9/PluginData
  • WindowsC:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Adobe\UXP\PluginsStorage\SPRK\External\61d229b9\PluginData

このファイルには、「{"aemUrl":"url"}」というエントリが含まれています。この「url」を、Experience Manager Assets インスタンスの URL に置き換えます。URL は引用符で囲みます。ファイルを保存して閉じます。Adobe XD を終了して再起動すると、Experience Manager Assets に接続されます。

XD 用 Adobe Asset Link の使用

ここまでで、Adobe XD 用 Adobe Asset Link を使用する準備が整いました。Adobe XD でデザインまたはプロトタイプを作成するか開きます。プラグインパネルから、XD 用 Adobe Asset Link にアクセスします。

XD 用 Adobe Asset Link を使用して、アセットを検索して参照し、ドラッグ、ダウンロードします。

Adobe XD 用 Adobe Asset Link

XD 用 Adobe Asset Link パネルを開くと、読み取り権限のあるすべてのファイルとフォルダーが表示されます。Experience Manager Assets に保存されているデジタルアセットを検索して参照することができます。Creative Cloud アカウントに保存されているアセットを検索することもできます。

  • アセット、フォルダーまたはコレクションを検索するには、検索フィールドにキーワードを入力して Enter キーを押します。デフォルトでは、検索範囲は「すべて」に設定され、グローバル検索が実行されます。現在の場所にあるエンティティだけでなく、Experience Manager Assets 内のすべての関連アセット、フォルダー、およびコレクションが表示されます。Creative Cloud Assets アカウントのアセットは、下の別のセクションに返されます。
  • より的を絞った結果をすばやく得るために、フォルダーまたはコレクション内で直接検索できます。まず、探しているアーティファクトが含まれている最下位のフォルダーまたはコレクションに移動します。次に、検索フィールドの左のドロップダウンリストのオプションを「In Folder(フォルダー内)」または「In Collection(コレクション内)」に変更します。場所に応じて、リストのオプションが動的に変わります。
  • 検索結果を閉じるには、検索フィールド内のをクリックします。検索前に表示していた場所に戻ります。テキストを手動で削除してから Enter キーを押すこともできます。
  • コンテンツ階層の上位セクションに戻るには、「Inside(対象)」の横にあるパンくずを使用します。XD 用 Adobe Asset Link では、キーボードショートカット Shift+B を使用してドロップダウンにフォーカスを合わせてから、矢印キーを使用して移動できます。場所を選択するには、Enter を押します。

独自のアセットと同様に、Experience Manager Assets に存在するすべての Adobe Stock 画像が、ライセンスの有無にかかわらず、検索および参照中に表示されます。Adobe Stock 画像は、独自仕様のアセットと共に、Experience Manager Assets 内と同じフォルダーの場所に表示されます。

ライセンスを適用していない Adobe Stock の画像には、Adobe Stock の公式透かしが表示されます。ライセンスを適用した Adobe Stock の画像は、透かしが表示されません。すべての Adobe Stock 画像のファイル名には、Adobe Stock の名称が含まれており、Adobe Stock アイコンが表示されます。

アセットを XD のカンバスに組み込むには、アセットを XD 用 Adobe Asset Link からアートボードにドラッグします。アセットのコピーがドキュメントに追加されます。

ドラッグできるのは、XD が読み込みをサポートしている種類の画像のみです。サポートされている形式の一覧については、このドキュメントを参照してください。

注意:

XD のカンバスにドラッグできない PSD や AI などのファイルタイプを読み込むには、Adobe Asset Link パネルからファイルをダウンロードします。次に、ファイル開くを使用して、ファイルをアートボードに配置します。

Experience Manager Assets のアセットのコピーをダウンロードできます。XD 用 Adobe Asset Link でアセットのコンテキストメニューを開き、「ダウンロード」を選択します。ファイルはデフォルトのダウンロードフォルダーにダウンロードされます。

既知の問題

XD 用 Adobe Asset Link に関する既知の問題は次のとおりです。

  • XD が EPS 形式をサポートしていないため、Adobe XD 用 Adobe Asset Link は、この形式を使用したアセットのフィルタリングをサポートしていません。
  • XD macOS 版での Experience Manager Assets インスタンスへの接続は、https:// 接続のみが許可され、http:// で接続することはできません。nGrok を使用して Experience Manager の localhost デプロイメントにマップすれば、デフォルトで HTTP 上で実行されます。
  • ユーザーが必要な権限を持たない Experience Manager インスタンスにアクセスしようとすると、Environment URL unreachable(環境 URL に接続できません)というエラーが発生します。Experience Manager で権限を付与する方法については、「Experience Manager リポジトリのユーザーアクセス制御を管理する」を参照してください。
  • 画像形式によっては、アセットがプラグインに表示されていても、XD 用 Adobe Asset Link を使用して XD にドラッグできない場合があります。プラグインから XD にドラッグできるのは、XD でサポートされている形式の画像のみです。PSD と AI は XD でサポートされています。ただし、これらのファイルを Adobe Asset Link からアートボードにドラッグすることはできません。サポートされている形式の一覧については、こちらのドキュメントを参照してください。
  • Adobe Asset Link でアセットのファイル詳細を開き、別のバージョンを選択しても、このビューで現在のバージョンに戻すことはできません。リストにオプションとして表示されません。回避策としては、アセットを閉じてもう一度開くと、現在のバージョンが表示されます。
アドビのロゴ

アカウントにログイン