Adobe ID または Enterprise ID に割り当てたサブスクリプションが現在ログイン中のマシンに自動的に関連付けられることはありません。Creative Cloud 製品については、通常、ログアウト後にログインすることで下記の問題を解決します。

ライセンス設定も破損したり、その関連付けが不正になることがあり、以下の問題が発生する場合があります。

  • Creative Cloud ディスクトップアプリケーションから、「インストール」ではなく、「今すぐ購入」または「製品を試す」というプロンプトが表示される。
  • 製品の起動時に、「体験版を起動」、「体験版残り日数:」、または「体験版期限切れ」という画面が表示される。
  • (Enterprise Serialized の場合のみ)製品の起動時に、ログイン画面が表示される。

解決策

サブスクリプションの関連付けの修正には、以下の解決策があります。

個人、チーム、名前付きのサブスクリプションは、以下の手順の完了前に割り当てる必要があります。シリアライズ済みライセンス設定を使用する Enterprise カスタマーは、「ライセンスファイルの作成」を参照してください。

重要: Enterprise カスタマーは、どちらのタイプの ID も使用できません。下記の情報を使用すると自分の ID タイプを判定できますが、不確かな場合は、御社のサポートチームにお問い合わせください。

Adobe ID は、個人、チーム、エンタープライズのカスタマーによって使用されます。これらは、サブスクリプションが関連付けられたパーソナル ID です。エンタープライズには、Adobe ID または Enterprise ID を関連付けることができます。 

Enterprise ID は、Enterprise Term License Agreement の一部として会社にのみ関連付けられます。ログインフィールドに電子メールアドレスを入力するときに、Adobe ID でログインするか、Enterprise ID でログインするかを選択できます(ただし、入力した電子メールアドレスに両方が関連付けられている場合)。 

解決策 1: ログアウト後、正しい Adobe ID または
Enterprise ID で再度ログインする

サブスクリプションが古かったり、Adobe ID が正しくないと、コンピューターは新しいサブスクリプションをピックアップできません。 

  1. Creative Cloud ディスクトップアプリケーションをログアウトします。詳細については、「ログインとログアウトで Creative Cloud アプリケーションを有効にする」を参照してください。
  2. 正しい Adobe ID または Enterprise ID でログインします。  

(Enterprise ID の場合のみ)影響を受ける Creative Cloud 製品内で再度ログイン

Creative Cloud ディスクトップアプリケーションには、ログインプロセスの正常な完了を妨げ得る問題があります。この問題は、製品内には存在しません。ログイン後は、Creative Cloud ディスクトップアプリケーションを正常に使用できます。

  1. Creative Cloud 製品を起動します。
  2. 「ヘルプ/ログアウト」を選択し、画面の指示に従ってログアウトします。
  3. Creative Cloud ディスクトップアプリケーションを終了します。
  4. Creative Cloud 製品を起動します。
  5. プロンプト画面が表示されたら、画面の指示に従って Enterprise ID でログインします。

解決策 2: ログアウト後、製品内で正しい Adobe ID または Enterprise ID を使用してログインする

Enterprise ID を使用すると、Creative Cloud ディスクトップアプリケーションを介したログインは失敗することがありますが、JavaScript がご使用のフェデレーションログインに関連付けられている場合、製品のログインオプションを使用すると成功します。 

  1. 割り当てられているか購入済みの Creative Cloud 製品(Photoshop など)を起動します。
  2. ヘルプ/「サインアウト」を選択します。
    注: 「ログアウト」は、現在ログイン中の場合のみ表示されます。「ログイン」という言葉が表示されたら、ログイン手順に進みます。
  3. 画面の指示に従ってログアウトします。
  4. 「ヘルプ/ログイン」を選択します。
  5. 画面の指示に従って、有効な Adobe ID か Enterprise ID を使用してログインします。

解決策 3: キャッシュされたライセンス情報をクリアする

重要: 管理者権限で Creative Cloud 製品を起動しないと、これらの手順の完了後の製品起動時にコンフィグレーションエラーが表示されることがあります。この問題を修正するには、「On Windows Only - Launch a product with Administrator rights (Windowsの場合のみ - 管理者権限で製品を起動)」の手順を繰り返します。

  1. 次の場所で SLCache フォルダーの名前を SLCache.old に変更します。
    • Windows : \Program Files (x86)\Common Files\Adobe
    • Mac OS : System Library/Application Support/Adobe
  2. Windows : 管理者権限で製品を起動します。
    1. 「スタート/すべてのプログラム」を選択します。
    2. Creative Cloud 製品を右クリックして、「管理者として実行」をクリックします。
  3. Mac OS : Applications フォルダーに移動し、Creative Cloud 製品をダブルクリックして起動します。

解決策 4 : ログイン情報を手動で削除する

Adobe ID や Enterprise ID の壊れた情報がデータベースファイルに存在している可能性があります。この情報を一掃すると、これらの問題を解決できます。   

  1. Creative Cloud ディスクトップアプリケーションをログアウトします。「ログイン/ログアウトで Creative Cloud アプリケーションを有効にする」を参照してください。

  2. Creative Cloud デスクトップアプリケーションを終了します。

    1. Creative Cloud デスクトップアイコンをクリックして、プログラムを起動します。
    Creative Cloud アイコン
    1. 歯車アイコンをクリックし、「終了」を選択します。
    歯車アイコンをクリック
  3. opm.db ファイルを削除します。
    注:
    ファイルが削除されない場合は、コンピューターを再起動し、Creative Cloud デスクトップアプリケーションを終了し、opm.db ファイルを削除します。

    • Windows
    1. Windows Explorer で、\Users\AppData\Local\Adobe\OOBE に移動して opm.db を削除します。
    • Mac OS
    1. Finder で、/Users/<username>/Library/Application Support/Adobe/OOBE に移動して opm.db を削除します。
  4. 正しい Adobe ID または Enterprise ID を使用してログインします。 

解決策 5 : ログインとライセンス設定の情報を手動で削除する

Adobe ID や Enterprise ID の壊れた情報がデータベースやライセンス設定のファイルに存在している可能性があります。この情報を一掃すると、これらの問題を解決できます。   

  1. ライセンス設定ファイルを削除します。
    • Windows   
    1. Windows Explorer で、\ProgramData\Adobe\SLStore に移動して .lic ファイルを削除jします。
    • Macintosh
    1. Finder で、/Library/Application Support/Adobe/SLStore に移動して .lic ファイルを削除します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー