Admin Console におけるサポートの向上を目指して、新しい機能の導入を進めています。以下のビデオをぜひご覧ください(2 分未満)。主な変更点と強化機能を重点的に取り上げています。

概要

サポートオプションにアクセスするには、Admin Console で「サポート」に移動します。「サポートの概要」ページが開きます。このタブでは、次の操作をおこなうことができます。

  • サポートケースを管理する
  • ケースを作成する
  • エキスパートセッションを予約する
  • ドキュメントやフォーラムへのリンクを追加する
  • アドビサポートに問い合わせる

このページには、最近変更されたオープンケースとエキスパートセッション(直近 3 件)も表示されます。

Adobe サポートへは、ページの右上隅にある連絡先番号を使用して連絡することができます。電話番号の下に記載された国がお住いの地域に一致しない場合は、「他の地域」をクリックしてその他の連絡先番号を確認できます。アドビのサポートの利用条件とプロセスについては、エンタープライズ サポート利用条件を参照してください。

注意:

管理者は、Adobe ID を使用してログインし、サポートケースやエキスパートセッションのオプションにアクセスする必要があります。

サポートケース

Admin Console で、サポート/サポートケースに移動します。

サポートケース」ページには、組織によって記録されたオープンケースのリストと、日付、ケース ID およびステータスが表示されます。このページでは、次の操作をおこなえます。

  • サポートケースを作成する。
  • ケースの進捗状況を追跡する。
  • 日付ヘッダーの横にある矢印をクリックして、ケースを日付順に並べ替える。
  • 終了済みケース」に移動して、組織によって記録されたクローズドケースを表示する。
  • ケースの詳細を表示し、それらを更新する。

サポートケースを作成する

サポートケースを作成するには、次の手順を実行します。

  1. Admin Console で、サポート/サポートの概要に移動します。

  2. 製品ファミリーを選択し、「サポートケースを作成」をクリックします。「サポートケースを作成」ドロワーが開きます。

    または、サポート/サポートケースを選択し、「ケースを作成」をクリックします。

    サポートケースを作成する
  3. ご用件をお伺いいたします。」セクションで、次の操作を実行します。

    • 製品ファミリーを選択します。
    • 製品を選択します。このオプションは、Admin Console を選択した場合は使用できません。
    • 問題を選択します。
    サポートケースを作成する
  4. 問題の説明」セクションで、次の項目を入力します。

    • 概要:問題の短いタイトルを入力します。パッケージの作成に関する問題の場合は、セッション固有のエラーコードも合わせて入力します。 (255 文字)
    • 詳細説明:質問や、問題についての説明を入力します(問題の原因となったワークフローなど)。
    • 電話番号:希望の連絡先番号を入力します(国コードや市外局番を含む)。
    • 添付ファイル:必要に応じて、ケースに関連ファイルを添付することができます(例えば、エラーのスクリーンショットなど)。実行可能ファイルや DLL ファイルは添付できません。
  5. 送信」をクリックします。サポートケースが作成され、通知が表示されます。

    問題を送信すると、ケース ID が割り当てられ、Admin Console で進捗状況を追跡できます。すべての回答はケースに対して更新され、電子メールでも送信されます。

  6. 詳細を表示したり、サポートケースを更新したりするには、「サポートの概要」または「サポートケース」ページでケースのタイトルをクリックします。

エキスパートセッション

エキスパートセッションは、お客様の予約に基づいてアドビのデザインエキスパートが 30 分間電話で対応する、一対一のセッションです。このセッションでは、必要に応じて Adobe Connect(画面共有)を使用しながら、エキスパートが複雑な操作や新しい操作の手順をご案内します。

以下は、このセッションでよく尋ねられる質問の例です。

  • ソフトウェアのデプロイメント
  • ID、ユーザー、および使用権限の管理
  • 新リリースにおける新機能の説明
  • 複雑な操作に関するアドバイスやベストプラクティス
  • 複数のアドビアプリケーション間で使用される一般的なワークフロー

注意:

エキスパートセッションは、Creative Cloud と Document Cloud のユーザーだけが利用でき、Experience Cloud や eLearning のユーザーは利用できません。

技術的な問題やクラッシュが発生している場合は、アドビサポートチームに連絡し、チャットや電話を通じて速やかにサポートを受けることをお勧めします。

30 分以上のセッションまたは正式なトレーニングを受ける必要がある場合は、アドビのトレーニング Web サイトでトレーニングオプションの概要をご確認ください。

エキスパートサービスセッションを予約

エキスパートセッションを予約するには、次の手順を実行します。

注意:

エキスパートサービスセッションが必要な場合は、必ず 24 時間以上前に依頼してください。

  1. Admin Console で、サポート/サポートの概要に移動します。

  2. 製品ファミリーを選択し、「エキスパートセッションを依頼」をクリックします。「エキスパートセッションを依頼」ドロワーが開きます。

    または、サポート/エキスパートセッションを選択し、「新規セッション」をクリックします。

    エキスパートセッションを依頼
  3. ご用件をお伺いいたします。」セクションで、次の操作を実行します。

    • 製品ファミリーを選択します。
    • 製品を選択します。このオプションは、Admin Console を選択した場合は使用できません。
    • 問題を選択します。
  4. セッションの時間を指定」で、電話対応の希望時間を 3 つ入力します。

  5. タイムゾーンはシステム情報に基づいて事前に設定されます。

    セッション中に話したい内容」セクションで、質問の内容や問題の説明を入力します(問題の原因となったワークフローなど)。

  6. 希望の連絡先番号を入力します(国コードや市外局番を含む)。

  7. セッションを依頼」をクリックします。エキスパートセッションが作成され、通知が表示されます。

    エキスパートセッションを依頼すると、ケース ID が割り当てられ、ケースの進捗状況を追跡できるようになります。すべての回答はケースに対して更新され、電子メールでも送信されます。

  8. 詳細を表示したり、エキスパートセッションの更新や取り消しをおこなうには、「サポートの概要」または「エキスパートセッション」ページでセッションのタイトルをクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー