Lightroom Classic から Lightroom に写真を移行する際に考えられる問題を解決します。
Lightroom Classic CC カタログを Lightroom CC に移行する際の考えられるエラーを解決する

注意:

こちらの記事にはご質問の問題が見つかりませんでしたか?移行に関する既知の問題の回避策についてはこちらをご覧ください。

カタログが書き出されたカタログか、コピーされています

エラー:不具合が発生しました。Lightroom Classic カタログが書き出されたカタログか、コピーされています。

解決策:Lightroom Classic カタログを移行するときに、Lightroom は Lightroom Classic カタログファイルにあるファイルパスを使用します。このエラーを解決するには、Lightroom Classic で一度カタログを開き、不足しているファイルパス情報を復元します。その後で、移行を再試行します。

一部のファイルにメタデータの競合があります

エラー:一部のファイルにメタデータの競合があります。Lightroom Classic 内のファイルの中に、ディスク上のデータがカタログと一致しないものがあります。これらのファイルは、カタログにあるデータを使用して移行されます。

解決策:このメッセージはエラーではなく警告です。すなわち、ある時点で、Lightroom Classic においてメタデータ/メタデータをファイルに保存を選択するか、Ctrl + S キー(Win)/Command + S キー(macOS)を選択してメタデータをファイルに保存コマンドを使用しました。このコマンドは、写真に関するすべてのメタデータ(現像設定、レーティング、キーワードなど)のコピーを Lightroom のデータベースから、その写真の横にあるファイルに保存して、他のアプリケーションにおいても使用できるようにします。

十分なクラウドストレージがありません

エラー:十分なクラウドストレージがありません。ストレージ限度をアップグレードしてください。現在の限度に達すると、新しい写真は Creative Cloud と同期されず、ローカルにのみ保存されます。

解決策:このメッセージはエラーではなく警告です。Lightroom は、すべてをクラウドに同期させなくても使用できますが、ご使用のファイルの一部はバックアップもアクセスもできません。最大限に活用するには、Adobe.com にあるアカウント管理プランページにアクセスしてアップグレードオプションを調べることをお勧めします。関連する参考情報については、以下をご覧ください。

すべてのアセットが見つかりません

エラー:すべてのアセットが見つかりません、またはすべてのフォルダーが見つかりません。移行は続行できません。写真が利用可能であることと、Lightroom Classic から開けないことを確認してください。 

解決策:このエラーが表示された場合、Lightroom は、Lightroom で見つかるはずのパスで Lightroom Classic カタログのファイルが見つからなかったことを意味します。カタログを移動してから外付けドライブを外したままにしたか、Windows ドライブに再接続したときに別のドライブ文字が使用された可能性があります。一部のファイルが見つからない場合には移行を進められますが、このエラーは Lightroom が移行したファイルのいずれも見つからなかったことを意味します。

この問題を解決するには、Lightroom Classic を開き、フォルダーパネルを調べて疑問符の付いたフォルダーを探します。右クリックして「見つからないフォルダーを検索...」を選択すると、ドライブ上のフォルダーを検索できます。

見つからないファイルの検索の詳細については、「見つからない写真の検索」を参照してください。

カタログを読み取れませんでした

エラー:カタログを読み取れませんでした進む前に Lightroom Classic を閉じてください。

解決策:写真や動画を Lightroom に移動する際に、Lightroom Classic を実行しないでください。Lightroom Classic を終了してもう一度移動を開始します。

ディスク容量が不足している

エラー:移動を完了するために十分なディスク容量がありません。Lightroom は、クラウドにアップロードする前に写真や動画をコピーするために十分なスペースが必要です。

解決策:Lightroom は写真や動画を読み込む前に、ご使用のローカルシステム上の新しい場所にコピーします。時間が経過すると、写真や動画はクラウドにバックアップされるため、Lightroom はこれらのサイズの大きいオリジナルファイルを削除し、サイズの小さなスマートプレビューに置き換えてディスク容量を節約できます。ただし、この最初のコピー操作は、大量の容量を必要とする可能性があります。

このエラーが表示される場合は、Lightroom でオリジナルファイルを個別のドライブに保存してください。

  1. Windows の場合は、Lightroom で編集/環境設定と移動します。Mac の場合は、Lightroom/環境設定と移動します。
  2. 「ローカルストレージ」パネルを選択します。ここで、「場所の変更」をクリックして、上記のエラーメッセージで推奨されている空き容量以上のドライブを選択します。

注意:

Lightroom Classic カタログの移動中に、Lightroom は、ローカルハードドライブ上でデータベースとスマートプレビューの作成も行って移行時の表示と編集を可能にします。これによってかなりの追加スペースが占有され、その大きさはカタログとオリジナルファイルのサイズの 20% にもなることがあります。特に大きなカタログファイルを移行するときは、ローカルドライブにその大きさの空スペースがあることを確認してください。

カタログはすでに移動されています

エラー:すでに移動されています。このカタログは Lightroom にすでに移動しています。

解決策:指定されたカタログ(.lrcat ファイル)は Lightroom に一度しか移動できません。ただし、他の追加のカタログは移動できます。

サポートされていないカタログのバージョン

エラー:サポート対象外の Lightroom Classic カタログのバージョン。カタログを Lightroom に移動する前に、Lightroom Classic を最新バージョンに更新してください。

解決策:現在は、Lightroom 6/Lightroom CC (2015)以降のカタログのみを Lightroom に移動できます。このエラーが表示される場合は、最新バージョン(名称は Lightroom Classic)をダウンロードし、カタログを開くと自動的にアップグレードされます。次に、Lightroom Classic を終了して移動を再実行できます。

Lightroom が最新ではありません

エラー:Lightroom を更新してからもう一度お試しください。

解決策:このエラーが表示される場合は、Creative Cloud デスクトップアプリをチェックして Lightroom の新しいバージョンを確認します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー