Lightroom は、写真愛好家のためにまったく新たに設計されたアドビの新しいオールインワンサービスです。ここでは、Lightroom Classic から Lightroom へ写真とビデオを移行する方法について説明します。
Lightroom Classic CC カタログの Lightroom CC への移行

Lightroom Classic を以前からお使いの方は、カタログというコンセプトをご存じのことでしょう。Lightroom Classic のカタログは、読み込んだ各写真およびビデオの記録が格納されたデータベース(.lrcat ファイル)です。カタログに格納される記録には、写真のシステム上の保存場所、写真の処理手順(例えば適用済みの調整)、写真のメタデータ(例えばキーワードや評価)などがあります。

それに対し、Lightroom では、写真はフル解像度でクラウドに一元的に保存されており、作業時にコンピューターやデバイスと同期されます。カタログは、Lightroom Classic から Lightroom へ移行できます。移行すると、Lightroom によって、カタログに含まれている写真がそれぞれ特定されてフル解像度でクラウドにアップロードされ、複数のデバイスやコンピューターからアクセスできるようになります。後日、ディスク容量の節約を目的に、デバイス上のローカルストレージからアップロード済みの写真を削除することも可能です。

注意:

Lightroom Classic の写真のコレクションは、自動的に Lightroom のアルバムになります。Lightroom Classic カタログの以下のデータは、移行後は Lightroom では利用できません。

  • スナップショット
  • カスタムメタデータ
  • 作成物:ブック、スライドショー、プリント作成物、Web 作成物
  • Web 版 Lightroom での共有
  • 地図で保存された撮影場所
  • フォルダーとフォルダー階層
  • スマートコレクション
  • 現像ヒストリー
  • カラーラベル(Lightroom にキーワードとして移行)

推奨される手順:移行の準備

Lightroom Classic でのカタログの準備

Lightroom Classic で次の手順に従います。
  • カタログを最適化しますファイル/カタログを最適化)。
  • 見つからないファイルを再結合します。見つからない写真の検索を参照してください。
  • 移行するためにメタデータを最適化します。いくつかのヒント:
  • カスタムフォルダー名は Lightroom に移行されません。これを回避するには、移行する前に、カスタムフォルダー名/構造を模倣したコレクションを Lightroom Classic で作成します。
  • 移行後に引き続き Lightroom Classic を使用する場合は、カタログを移行する前に最新バージョンにアップグレードすることを検討してください。この手順により、Lightroom と Lightroom Classic 間で写真とメタデータを簡単に同期できるようになります。 Lightroom に読み込んだ写真の元のバージョンは、Lightroom Classic に同期されます。

Lightroom の移行準備

Lightroom で次の手順に従います。
  • ローカルストレージ/元画像は現在別の場所に保存されています環境設定が目的の場所を指していることを確認します。ローカルストレージの環境設定を参照してください。
  • その場所に、Lightroom Classic カタログ内のフルサイズの元画像を格納するのに十分なディスク容量があることを確認します。移行プロセスにより画像のコピーが作成されます。コンピューターの内蔵ドライブの容量が不足している場合は、外付けハードドライブを接続して、それをユーザー指定の場所として指定することができます。

カタログの移行

  1. Lightroom で、ファイル/Lightroom カタログを移行を選択します。

  2. 表示される情報ダイアログで、「続行」をクリックします。

    1
  3. 始める前にダイアログの情報を確認し、「続行」をクリックします。始める前に、以下の事項に留意してください。

    • カタログは一度だけ移行できます。
    • カタログを移行すると、Lightroom によりすべての画像が自動的にクラウドに同期されます。カタログは、Lightroom 6 や Lightroom 2015 などの以前のバージョンの Lightroom では同期されなくなりました。同期機能は、Lightroom または最新バージョンの Lightroom Classic で使用できます。
  4. 移行するカタログを選択します。「スキャンを開始」をクリックします。

    2
  5. カタログがスキャンされて Migrator が起動し、進捗状況を確認できる進捗バーが表示されます。処理が完了するまでに時間がかかることがあります。

  6. (必要に応じて)Migrator から例外が報告された場合は確認します。たとえば、ソースカタログに含まれている一部の写真が見つからない場合などには、Migrator から例外が報告されます。このような場合は、「後で移行」をクリックし、Lightroom Classic でカタログの問題を解消してからやり直してください。

    例外を無視して移行を続ける場合は、「いずれにしても続行」をクリックします。

  7. 移行ダイアログの「カタログを移行可能」の情報を確認します。必要に応じて、「ログファイルを開く」をクリックして、詳細を確認します。準備が整ったら、「移行を開始」をクリックします。

    Lightroom により移行処理が開始され、進捗バーが表示されます。カタログのサイズとコンピューターのリソースによっては、この手順が完了するまでに時間がかかることがあります。

    4
  8. 移行が完了すると、Lightroom に確認ダイアログが表示されます。例外がある場合は、「ログファイルを開く」をクリックして、詳細を確認します。

    3
    カタログの移行完了、例外なし
    complete-with-errors
    カタログの移行完了、例外あり。手順 6 で「いずれにしても続行」を選択した場合には、例外が発生することがあります。

これで、Lightroom を使用して写真を編集、整理、共有できるようになりました。

プリセットの移行

  1. 次の場所に保存されている Lightroom Classic のプリセットを確認します。

    Mac FinderMacintosh HD/Users/<username>/Library/Application Support/Adobe/Lightroom/Develop Presets

    Windows エクスプローラー: C:\users\<username>\AppData\Roaming\Adobe\Lightroom\Develop Presets

  2. 次の Lightroom プリセットフォルダーにプリセットをコピーします。

    Mac Finder: Macintosh HD/Users/<username>/Library/Application Support/Adobe/Lightroom/Develop Presets

    Windows エクスプローラー: C:\users\<username>\AppData\Roaming\Adobe\Lightroom\Develop Presets

    注意:

    コピーの代わりに移動させることもできます。Lightroom Classic でプリセットを使わない場合にのみ移動させてください。

  3. Lightroom を再起動.

FAQ

いいえ、元の写真がクラウドに同期されるまでに時間がかかることがあります。同期ステータスを確認するには、Lightroom の アイコンをクリックします。

sync-status
同期ステータス

すべての写真がクラウドに同期されるまで(同期ステータス:クラウドに同期 / バックアップ済み)、外付けドライブは接続したままにしておいてください。同期完了後には、ドライブを取り外して、Lightroom でローカルストレージ/元画像は現在別の場所に保存されています環境設定が内蔵ハードドライブ上の場所を指すように設定することができます。プレビューファイルが外付けハードドライブから内蔵ドライブに移動されます。元画像はクラウドに安全にバックアップされたままになります。

関連情報については、ローカルストレージの環境設定を参照してください。

はい、Lightroom Classic のカタログ(.lrcat ファイル)はいくつでも移行できます。各 .lrcat ファイルの内容は、そのカタログ名のフォルダー(Lightroom Classic でのコレクションセットと同じ)に追加されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー