マニュアル キャンセル

Lightroom の既知の問題

  1. Adobe Lightroom ユーザーガイド
  2. はじめに
    1. Lightroom の新機能
    2. Lightroom 必要システム構成
    3. Lightroom | よくある質問
    4. Lightroom チュートリアル
    5. Adobe Photoshop Lightroom モバイル版の使用
    6. 環境設定
  3. アプリ内学習
    1. アプリ内学習とインスピレーション
    2. アプリ内学習とインスピレーション | Lightroom モバイル版(iOS)
    3. アプリ内学習とインスピレーション | Lightroom モバイル版(Android)
  4. 写真の追加、読み込み、撮影
    1. 写真の追加
    2. Lightroom モバイル版(iOS)での写真の撮影
    3. Lightroom モバイル版(Android)での写真の撮影
    4. Lightroom モバイル版(iOS)での写真の読み込み
    5. Lightroom モバイル版(Android)での写真とビデオの読み込み
  5. 写真の整理
    1. 写真の整理
    2. 人物表示で人物の写真を検索して整理
    3. Lightroom モバイル版(iOS)での写真の検索と整理
    4. Lightroom モバイル版(Android)での写真の検索と整理
  6. 写真の編集
    1. Lightroom のプリセット
    2. 写真の編集
    3. Lightroom の削除ツール
    4. Lightroom モバイル版(iOS)の削除ツール
    5. Lightroom モバイル版(Android)の削除ツール
    6. Lightroom でのマスク
    7. Lightroom のぼかし(レンズ)
    8. Lightroom モバイル版(iOS)での写真の編集
    9. Lightroom モバイル版(Android)での写真の編集
    10. 写真を結合して HDR、パノラマ、HDR パノラマを作成
    11. HDR 写真の編集
    12. Lightroom モバイル版(iOS)での HDR 写真の編集
    13. Lightroom モバイル版(Android)での HDR 写真の編集
    14. Lightroom での簡単な画質の向上
  7. ビデオ編集
    1. ビデオを編集 
    2. Lightroom モバイル版(iOS)でのビデオの編集
    3. Lightroom モバイル版(Android)でのビデオの編集
  8. 保存、共有、書き出し
    1. 写真の書き出しまたは共有
    2. 写真の書き出しと共有 | Lightroom モバイル版(iOS)
    3. Lightroom モバイル版(Android)での写真の保存、共有、書き出し
  9. Lightroom モバイル版、Lightroom TV、Lightroom web 版
    1. 今日から始める Lightroom モバイル版(iOS)
    2. 今日から始める Lightroom モバイル版(Android)
    3. Adobe Photoshop Lightroom web 版
    4. Lightroom for Apple TV アプリの設定
    5. Lightroom モバイル版(iOS および Android)でのキーボードショートカットの使用
    6. Adobe Photoshop Lightroom モバイル版と Apple TV | FAQ
    7. テレビで Lightroom の写真とビデオを表示
    8. プリセットを追加する/プリセットをモバイルと同期する方法
  10. 写真の移行
    1. Apple フォトライブラリを Lightroom に移行する
    2. Lightroom Classic から Lightroom への写真とビデオの移行
    3. Photoshop Elements から Lightroom への写真の移行
  11. トラブルシューティング 
    1. 解決済みの問題 
    2. 既知の問題

 

Lightroom の最新リリースの既知の問題点と制限事項についてご確認ください。

この記事では、次の既知の問題について説明します。

macOS との互換性

macOS のバージョン

互換性のある形式

Sonoma

Ventura

Lightroom Classic カタログの移行

問題

回避策

読み取り専用アクセス権を持つドライブの場所(ローカルストレージ環境設定/オリジナルは現在、カスタムの場所に保存)をポイントすると、移行に失敗する。

オペレーティングシステム:Windows、macOS

ディスク容量が不足している場合に移行ができないことがある。

オペレーティングシステム:Windows、macOS

  • Lightroom は、移行に十分なディスク容量がない場合、エラーメッセージを表示します。ローカルストレージの環境設定で、オリジナルは現在カスタムの場所に保存の環境設定が、Lightroom Classic カタログの元のフルサイズの画像の格納に十分なディスク容量がある場所をポイントしていることを確認します。推奨手順:移行の準備も参照してください。
  • ローカルストレージの環境設定のドライブに十分なディスク容量がある場合であってもディスク容量不足のエラーメッセージが表示される場合は、プライマリドライブの空き領域を増やします。Lightroom では、プレビューとデータファイルに対応するため、プライマリドライブに相応のスペースが必要です。必要な領域は、移行する必要のある画像数によって異なります。

Apple フォトライブラリの移行

問題

回避策

Apple フォトライブラリの移行時に、場所、市区町村、都道府県、国のメタデータが移行されない。

これは既知の制限事項です。 利用できる回避策はありません。

Apple フォトにアセットを読み込んだ直後に Apple フォトライブラリを Lightroom に移行すると、一部またはすべてアセットが正常に移行されない場合がある。

オペレーティングシステム:macOS

移行を始める前に、Apple フォトが読み込んだアセットの処理を完了していることを確認してください。  

同じ名前の人物が 2 人登録されている Apple フォトライブラリを移行すると、Lightroom は 人物ビューに人物クラスターを 2 つ作成する(1 つのクラスタは当該人物の名前で、もう 1 つのクラスターは名前の末尾に「_1」が付く)。

オペレーティングシステム:macOS

移行が完了したら、Lightroom で、必要に応じて人物の名前を変更できます。人物の名前を変更するを参照してください。

移行した Slo-mo ビデオが、Lightroom のスローモーションではなく、通常の速度で再生される。  

オペレーティングシステム:macOS

これは既知の制限事項です。 利用できる回避策はまだありません。

Apple Photos から移行する際に、アクティブなサブスクリプションがない場合、HEIC 画像ファイルが移行されない。

オペレーティングシステム:macOS

移行を開始する前に、サブスクリプションを登録または更新します。

Apple フォトライブラリから移行しているときに、同期中と表示されたアセットの数がカタログに存在するアセットの数を超えている。

オペレーティングシステム:macOS

Apple フォトライブラリからの移行を開始すると、Lightroom はライブフォトなどの一部のアセットをスタックにまとめます。同期を行うため、Lightroom はこれらのスタックもアセットとしてカウントします。表示されている処理中のアセット数は一時的な画像数で、この中にはスタックの数も含まれています。同期が完了すると、正しい数値が表示されます。

Lightroom(バージョン 7.2)では、Apple フォトライブラリからアセットを移行すると、完全に移行することができず、以下のエラーコードが表示される:

  • assetImportError
  • skippedAlbumAssets

アドビではこの問題を認識しており、今後のリリース時に問題を解決できるよう鋭意取り組んでいます。 

写真の編集

問題

回避策

新規または既存のユーザープリセットにカスタムプリセットを移動すると、カスタムプリセットが消失する。

アドビではこの問題を認識しており、今後のリリース時に問題を解決できるよう鋭意取り組んでいます。

Raw デフォルトがマスクを含むプリセットに設定されている場合、Lightroom デスクトップ版でマスクの削除ができない。

この問題を回避するには、マスクを含まない Raw デフォルトを選択します。 

コンテンツに応じた削除、修復またはコピースタンプを適用すると、画像に適用されているマスクが変更される(2022年10月リリース)。

この問題を回避するには、マスキング前に修正を適用して、適用される効果の順序を変更します。

Lightroom モバイル版で写真を HDR として編集しているときに、写真が正しく表示されない場合がある。

プロキシを使用して編集しないように、(クラウドメニューから)元の写真を強制的にダウンロードします。

画像の上に表示されるターゲット調整ツールおよびツールオーバーレイ(ホワイトバランス、ガイド付き Upright)が、画像自体が HDR の場合でも SDR で表示される。

アドビではこの問題を認識しており、今後のリリース時に問題を解決できるよう鋭意取り組んでいます。

おすすめのプリセットが HDR 対応の画像で正しく機能しない場合がある。

この問題を回避するには、プリセットを適用して、「HDR」ボタンを再度有効にします。

Lightroom で、ゲインマップを含む JPEG に対して行われた修復パネル修正があると、スポットが SDR で修復され、その後画像が HDR に変更された場合、正しく表示されない(スポットが明るすぎる)。また、逆の場合、スポットが暗くなりすぎる。

この問題を修正するには、スポットを選択して、「更新」で更新します。

Lightroom において、自動バージョン機能で編集設定が保存されないことがある。 

この問題を修正するには、Lightroom(バージョン 7.2)にアップデートします。

ビデオの編集

問題

解決策

Chromebook と Pixelbook で、ビデオ編集と書き出しに関する問題が発生する。

アドビではこの問題を認識しており、今後のリリース時に問題を解決できるよう鋭意取り組んでいます。

写真やビデオの書き出し

問題

回避策

書き出しダイアログで DNG 出力の回転が無視される。

アドビではこの問題を認識しており、今後のリリース時に問題を解決できるよう鋭意取り組んでいます。 

ツール使用時のクラッシュ

問題

解決策

Windows で AI マスクツールを使用するとクラッシュする。

被写体/空/背景/人物マスクツールを使用すると Lightroom がクラッシュする。

以下を行うことができます。

  1. Lightroom 6.0 以降では、マスクパネルの人物セクション閉じておき、パネルを開くたびに人物マスクが実行されないようにします(人物が含まれていない写真で最初にマスクパネルを開く必要がある場合があります)。
  2. 公式 web サイトから GPU ドライバーを更新します。詳しくは、アプリケーションのグラフィックドライバーの更新を参照してください。

ディスクエラーによる初期化時のクラッシュ(Windows 10)

問題

解決策

スプラッシュ画面が表示された後、Lightroom がディスクエラーでクラッシュする。

写真やビデオの読み込み

問題

回避策

内蔵ハードディスクドライブ(HDD 回転ドライブ)から写真を追加する際の読み込みパフォーマンスが遅い。

オペレーティングシステム:Windows、macOS

ワークフローでハードドライブから写真を頻繁に読み込む場合は、ソリッドステートドライブ(SSD)を使用して読み込みのパフォーマンスを向上させることを検討します。 

Lightroom で Apple iPhone の接続が検出されるが、「写真を追加」画面 に 写真が表示されない。

オペレーティングシステム:Windows、macOS

Lightroom をインストールしたコンピューターを信頼するように Apple iPhone モバイルデバイスを設定します。実行するには、次の手順に従います。

  1. コンピューター接続されている場合は、iPhone のプラグを抜きます。次に、設定/一般/リセット/場所とプライバシーのリセットに移動します。
  2. パスコードを入力し、「設定のリセット」をクリックします。これにより、場所とプライバシーの設定が工場出荷時のデフォルト値にリセットされます。
  3. Lightroom をインストールしたコンピューターに、ご使用の iPhone を接続します。
    1. (Windows)「このデバイスに写真やビデオへのアクセスを許可しますか?」というアラートが表示されたら、ご使用の iPhone をロック解除し、「許可」をタップします。
    2. (macOS)「このコンピューターを信頼しますか?」というアラートが表示されたら、ご使用の iPhone をロック解除し、「信頼する」をタップします。

写真を追加する際に「新規」で「アルバムに追加」を選択する場合、既存のアルバム名を指定すると、名前の文字の大文字/小文字が異なっていても新規アルバムが作成されない。エラーおよび警告も表示されない。例えば、「Alaska」という名前の既存のアルバムがある場合、「写真を追加」画面で「alaska」という名前の新規アルバムが作成できない。

オペレーティングシステム:Windows、macOS

  • 「新規」で「アルバムに追加」を選択する場合は、別のアルバム名を指定します。 
  • 新規アルバムが作成されなかったことを知らずに「写真を追加」ボタンをクリックしてしまった場合は、以下の手順を実行します。
    1. 左側のマイフォトパネルを開きます。
    2. 写真に使用するアルバムを作成します。
    3. 最近追加した項目パネルを展開し、最近の読み込みを示す日時を選択します。
    4. ここでグリッドに表示されている最近追加したすべての写真を選択し、目的のアルバムにドラッグします。

カメラから再度写真を読み込むと、「選択されたソースに読み込み可能な画像がありません」というメッセージが表示される。

次のいずれかの操作を実行します。

  • カメラを取り外して再度接続します。
  • Lightroom を再起動します。
  • ブラウザーを使用して、カメラから写真を読み込みます。 

Lightroom デスクトップ版(7.3):「生成 AI 削除」が含まれる一部の DNG ファイルを読み込めない。

ローカル」タブで DNG ファイルを開き、「クラウドに追加」を選択します。

Lightroom の写真の同期

問題

回避策

Lightroom において行う直近の写真の編集やメタデータの変更において、これらの変更内容がクラウドに同期されないうちに Lightroom から画像ファイルを削除すると、Lightroom Classic に同期されない。

Lightroom で画像を削除する前に、Lightroom クライアント間の同期が完了するまで待ちます。Lightroom の右上隅にある アイコンをクリックすると、同期状態が表示されます。

Lightroom で、ユーザーがログインしてはいるがグリッドに画像が表示されていないと表示される。

Lightroom を再起動します。

クラウドアイコンに赤い円(円内に「!」)が表示される。同期とバックアップの行われたウィンドウに「一部の写真が無効です」というエラーが表示される。

オペレーティングシステム:Windows、macOS

この問題を解決するには、次の操作を実行します。

  1. 左ペインの「マイフォト」領域で、「すべての写真」アルバムを選択します。
  2. 四角グリッド表示()に切り替え、写真を、そのフラグステータス、同期ステータス、評価とともに、等しいサイズのサムネールとして表示します。
  3. 検索バーの横にあるフィルター アイコンをクリックすると、フィルターオプションが表示されます。
  4. フィルターバーオプションから、同期ステータス/エラーを選択します。これで、Lightroom では、同期試行中の写真のみが表示されます。
  5. Ctrl + A キー(Windows)または Command + A キー(Mac)を押して、グリッドに表示されているすべての写真を選択し、以下のいずれかを行います。
    • 選択した写真を編集/削除オプションで削除してから、再度写真を Lightroom に追加します。
    • 選択した写真にフラグまたは星評価を適用します。

これで同期の問題は解決されたはずです。同期ステータスを確認するには、右上隅にあるクラウドアイコン()をクリックします。

 

 

 

 

   

同期が停止しているように見える。同期の進行状況のアップデートでかなり長い時間を待機しても、同期のステータスが変化しない。

オペレーティングシステム:Windows、macOS

 

 

 

 

 

 

 

  1. 左ペインの「マイフォト」領域で、「すべての写真」アルバムを選択します。
  2. 四角グリッド表示()に切り替え、写真を、そのフラグステータス、同期ステータス、評価とともに、等しいサイズのサムネールとして表示します。
  3. 検索バーの横にあるフィルター アイコンをクリックすると、フィルターオプションが表示されます。
  4. フィルターバーオプションから、同期ステータス/同期中を選択します。これで、Lightroom では、同期試行中の写真のみが表示されます。
  5. Ctrl + A キー(Windows)または Command + A キー(Mac)を押して、グリッドに表示されているすべての写真を選択し、以下のいずれかを行います。
    • 選択した写真にフラグまたは星評価を適用します。

これで同期の問題は解決されたはずです。同期ステータスを確認するには、右上隅にあるクラウドアイコン()をクリックします。

写真を同期するときに「設定を待機中」ダイアログが表示されたままになる。

選択範囲のマスク調整(空や被写体など)で、同期の問題が発生します。エラーメッセージを解消するには、写真の現像を少し調整します。スライダーを少し調整することで、同期された画像も修正され、エラーが解消されます。

アルバムの操作

問題

回避策

Lightroom で、異なるフォルダーであっても同じ名前のアルバムを 2 つ作成することができない。

これは予期された動作です。すべてのアルバム名は、たとえ異なるフォルダーに入っていても、一意でなければなりません。

Lightroom で、異なる Lightroom モバイルクライアントを介して同期された同じ名前の 2 つのアルバムが表示される。 

異なる Lightroom クライアント(Lightroom モバイル版または Lightroom web 版)を使用して同じ名前のアルバムを追加すると、この場合、デスクトップ上の Lightroom は、同期アルバムを両方とも表示します。

動画の操作

問題

回避策

AVI 動画のサムネールが生成されない。

オペレーティングシステム:macOS のみ

サムネールの表示に時間がかかることがある。AVI 動画フォーマットのサムネールがすぐに表示されないことがあります。

iPhones で撮影した動画に GPS 情報が表示されない。

オペレーティングシステム:Windows のみ

iPhone で撮影した動画の GPS 情報が Windows で利用できない。 利用できる回避策はまだありません。

iPhone で撮影したスローモーション動画が通常の速度で再生される。

これは既知の制限事項です。 利用できる回避策はまだありません。

カメラの情報を使用できず、動画の撮影日時のタイムゾーンが正しくない。

オペレーティングシステム:Windows のみ

これは既知の制限事項です。利用できる回避策はまだありません。

動画を全画面モードで再生しているときに G または ESC キーを押すと、Lightroom のメニューバーが消える。

オペレーティングシステム:macOS のみ

Lightroom を再起動します。

Lightroom で R3D ファイルがサポートされていない。

これは既知の制限事項です。利用できる回避策はありません。

Lightroom で Avid DNxHR/DNxHD 動画ファイルがサポートされていない。

これは既知の制限事項です。利用できる回避策はありません。

写真をローカルハードドライブに保存または移動する

問題

回避策

ローカルストレージの環境設定では、NTFS 形式ドライブを選択すると、Lightroom によってそのドライブが無効であることが通知される。

オペレーティングシステム:macOS のみ

FAT-32 としてフォーマットされたドライブを選択します。

写真の配信

問題

回避策

Lightroom 内から Facebook の新しいアカウントに写真を投稿して共有することができない。

Lightroom から Facebook への写真のアップロードはできなくなりました。詳細については、この記事を参照してください。

相互運用性エラー

問題

回避策

Lightroom デスクトップ版の写真を Photoshop に読み込めない(2022年10月リリース)。

 

Lightroom デスクトップ版から Photoshop ホーム画面への写真の読み込み — JPEG、HEIC、TIFF、PNG および PSD ファイルにおいて、編集を正しく表示するために Adobe Camera Raw でマスクの再計算が必要になる場合がある。この際に、マスクが元の状態で復元されないことがある。

Adobe Camera Raw が Lightroom デスクトップ版の写真のマスクを復元できない場合は、次の手順を実行します。

  • Lightroom からローカルマシンに写真を書き出します。
  • Lightroom の書き出しメニューで、「Photoshop で編集」を選択します。 

Lightroom モバイル版(iOS/iPad)

問題

回避策

Lightroom モバイル版を起動すると、「写真を読み込み中」が表示されたまま、アプリが固まる。

アプリを強制終了して再起動します。

Lightroom モバイル版で写真を撮影しているときに、「ハイライトのクリッピングを表示」が機能しない。

アドビではこの問題を認識しており、今後のリリース時に問題を解決できるよう鋭意取り組んでいます。

Apple の新しいマジックキーボードまたはトラックパッドを使用したスクロールジェスチャーが、iPad 版 Adobe Lightroom のほとんどのビューで使用できない。 

スクロールジェスチャーが機能しない iPad 版 Lightroom でスクロールするには、トラックパッドをクリックしてドラッグします。あるいは、画面をタップしてドラッグします。

ルーペメニューの「編集済み」フィルターで、これまでに読み込んだ写真が、編集されていない場合でも編集済みとして表示される。

アドビではこの問題を認識しており、今後のリリース時に問題を解決できるよう鋭意取り組んでいます。 

正常に適用される前に何度も試行されたため、プリセットはビデオに適用されませんでした。

  1. 「ルーペ/プリセットを選択/プレミアムプリセットまたは自分のプリセットを選択」で未編集のビデオを開きます。
  2. 選択するプリセットをタップし、「完了」またはチェックマークをタップして適用します。
  3. ルーペでビデオを確認します。
  4. 手順 2 および 3 をやり直します。
  5. グリッドに戻ります。
  6. もう一度同じビデオのルーペに移動します。
  7. もう一度プリセットの適用を試します。

ウルトラワイドレンズが iPhone 12 Pro および iPhone 12 Pro MAX で DNG ファイルをキャプチャできない(2022年10月リリース)。

この問題は iOS のバグであり、Apple がバグを修正している間、Lightroom モバイル版では主に iPhone 12 Pro および iPhone 12 Pro Max のウルトラワイドレンズにおいて、JPG キャプチャのみを許可します。

SSL エラーのためにアップロード/ダウンロードが停止する。

アプリを強制終了して再起動します。

指定バージョンの画像を作成すると、「設定を待機中」ダイアログが表示される。

Lightroom モバイル版(iOS/iPad)バージョン 8.3.2 以前:

  1. 設定を待機中ダイアログがある画像を開きます。
  2. リセット」をタップします。
  3. モバイルでは下部にある編集ツールバー、iPad ではサイドツールバーから、右にスクロールし、「バージョン」をタップします。
  4. 指定」または「自動」タブを使用して、目的のバージョンの編集を選択します。
  5. 適用」をクリックして編集を復元します。

Lightroom モバイル版(iOS/iPad)バージョン 8.4 以降:

  1. 設定を待機中ダイアログがあるアセットを開きます。
  2. リセット」をタップします。
  3. モバイル向け 
    • 上部のメニューバーから、「取り消し」/「やり直し」ボタンをタップします
    • 次に、ドロップダウンから、バージョンをタップします。
  4. iPad 向け
    • サイドツールバーから、バージョンをタップします。
  5. 自動」または「指定」タブを使用して、目的のバージョンの編集を選択します。
  6. 適用」をクリックして編集を復元します。

ルーペ表示でスワイプすると、選択した写真がカテゴリに固定されない。

アドビではこの問題を認識しており、今後のリリース時に問題を解決できるよう鋭意取り組んでいます。 

ベストショットビューで編集した後、サムネールが更新されない。

アドビではこの問題を認識しており、今後のリリース時に問題を解決できるよう鋭意取り組んでいます。 

エラー T20200124:「設定を読み込めません。すべての編集内容をリセットした後にのみ、この写真の編集を続行できます」というメッセージが、iOS の Lightroom で写真を読み込んだ後に表示される。

今後のリリースで問題を解決できるよう対応中です。問題が解決されるまでの間は、以下の回避策をお試しください。

  • マイナー編集を適用する:画像を開いて、テクスチャや粒子を +1 の設定にするなどの軽微な編集設定の調整を行います  (既存の編集内容をできる限り変更しないようにするため、使用頻度が低い軽微な編集機能を試すことをおすすめします)。
  • 2.  編集内容をコピーする:編集表示を全画面表示にしたまま、3 点メニューをタップします。  「設定をコピー」を選択し、手順 1 で行った特定の編集のみをコピーします。  次に、サムネールグリッド表示に移動します。
  • 3.  編集内容を一括ペーストする:サムネールを長押しして選択モードを開始し、目的とする画像範囲を選択します。  「ペースト」をタップします。

適用量スライダーオプションなしでプリセットが壊れている状態を選択します。

アドビではこの問題を認識しており、今後のリリース時に問題を解決できるよう鋭意取り組んでいます。 

一部のユーザーにおいて、存在していない、または誤って表示されている可能性がある保留中のアップロードが確認される場合があります。

アドビではこの問題を認識しており、今後のリリース時に問題を解決できるよう鋭意取り組んでいます。

クライアントのクリーンインストールを開始するために機能のディープリンクが使用されている場合に、iOS の写真のプロンプトが表示されない

回避策:

クライアントを終了して再起動し、プロンプトを強制的に表示させます。

Lightroom モバイル版(Android)

問題

回避策

ぼかし(レンズ)設定が適用されている場合、書き出しが遅くなる。

Lightroom モバイル版(バージョン 9.2)にアップデートします。

Lightroom モバイル版(Android)バージョン 9.1.0 以降における画像のブルーの色かぶりが原因で、Google Pixel 8 デバイスは現在、HDR 機能をサポートしていません。

アドビではこの問題を認識しており、今後のリリース時に問題を解決できるよう鋭意取り組んでいます。

アップデート」ボタンが表示されている場合でも、アプリをアップデートできない。

  • アップデートダイアログでブロックされ、「アップデート」ボタンで Google Play または Galaxy ストアが開かれない場合は、該当するストアを開いて利用可能なアップデートを直接インストールしてください。
  • アップデートダイアログは表示されるが Google Play または Galaxy ストアでアップデートが利用できない場合は、まず Android 設定パネルのアプリケーションリストに移動して、アプリケーションを強制停止してみてください。このエラーが解決しない場合は、アドビに連絡してください。

Android デバイスで Lightroom を使用しているときに、「現像バージョンの読み込みに失敗しました」というエラーが頻繁に発生する。

アドビではこの問題を認識しており、今後のリリース時に問題を解決できるよう鋭意取り組んでいます。

Lightroom(Mac App Store バージョン)

問題

回避策

Lightroom(Mac App Store バージョン)が、外部ドライブにある移行用のカタログを自動的に検出しない。

外部ドライブにあるカタログを参照して、移行用に選択します。

Mac App Store のアプリ内購入でクレジットカード情報を入力して支払いが完了しても、Lightroom が体験版のままである。

アプリ内購入で購入したコンテンツを復元してください。詳細については、「アプリ内課金のコンテンツが表示されない場合」を参照してください。

Lightroom(Microsoft Store 版)

問題

回避策

Lightroom(Microsoft Store 版)で GPU を使用できない。

その他

問題

回避策

境界線ワープ境界の塗りつぶしを一緒に使用できない。いずれかを使用すると、もう一方が無効になる。

境界の塗りつぶし境界線ワープを一緒に使用する場合は、Adobe Camera Raw または Lightroom Classic の最新リリースを使用してください。

「もっと知る」タブで「プリセットとして保存」が機能しない。

プリセットとして保存」を選択する前に、チュートリアルの最後のステップに移動してください。

  • Lightroom を起動する際、メッセージ「更新:Lightroom はハウスキーピングを行う必要があります。」が表示される。メッセージの下のプログレスバーには、数時間経過しても進捗状況が表示されません。

  • Lightroom で、「<SQLite データベースが壊れている>」というエラーメッセージが表示される。

オペレーティングシステム:macOS のみ

 

下記の回避策の手順に従ってください。

要注意:これらの手順に進む前に、クラウドへの同期を完了していない編集や変更は失われる可能性があるので、ご注意ください。

  1. Lightroom を終了します。
  2. Finder ウィンドウで、移動/フォルダーへ移動を選択し、~/pictures と入力します。Lightroom Library.lrlibrary という名前のバンドルを見つけます。
  3. このバンドルを右クリックするか、Ctrl キーを押しながらクリックして、「パッケージの内容を表示」を選択します。パッケージ内のフォルダーが表示されます。このフォルダーには、数字と英字から成る長い暗号のような文字列が含まれています(例: d1a4f88d2b534c7d91022136fd182532)。そのフォルダーを開きます。
  4. フォルダーで、Managed Catalog.[anything] という名前のファイルをすべて削除します。Previews.db ファイルも削除します。
  5. Lightroom 起動します。

Windows ファイアウォールが Lightroom 同期ユーティリティに関する警告を表示することがある。

オペレーティングシステム:Windows のみ

Windows でファイアウォール設定に移動し、Lightroom 同期ユーティリティをブロック解除します。

Lightroom でキーボードショートカットを使用する際にヨーロッパキーボードの AltGr キーが機能しない。 

代わりに Alt キー(スペースバーキーの隣)を使用するか、キーボードショートカットを使用せずに、メニューからコマンドにアクセスします。

購入後にアカウントのステータスが変更されると、エラー 19651011 がポップアップ表示される(2022年10月リリース)。 

問題を解決するには、アプリを閉じて再度開きます。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン