マニュアル キャンセル

写真コレクションの使用

  1. Lightroom Classic ユーザーガイド
  2. Lightroom Classic の概要
    1. Lightroom Classic の新機能
    2. Lightroom Classic の必要システム構成
    3. Lightroom Classic | よくある質問
    4. Lightroom Classic のキーコンセプト
    5. Lightroom Classic チュートリアル
    6. 機能の概要 | Lightroom CC 2015.x/Lightroom 6.x リリース
  3. Lightroom と アドビのサービス
    1. Creative Cloud ライブラリ
    2. Creative Cloud アプリケーションでの Adobe Stock の使用
  4. Lightroom for mobile、Lightroom TV、および Lightroom Web ギャラリー
    1. Adobe Photoshop Lightroom for mobile と Apple TV | FAQ
    2. Lightroom Classic を Lightroom エコシステムと同期する
    3. モバイルアプリの Photoshop ファミリー
  5. 写真の読み込み
    1. カメラやカードリーダーから写真を読み込む
    2. ハードドライブ上のフォルダーから写真を読み込む
    3. 写真の自動読み込み
    4. Photoshop Elements からの写真の読み込み
    5. テザーカメラからの写真の読み込み
    6. 読み込みオプションの指定
    7. 読み込みの環境設定
    8. ファイル名テンプレートエディターとテキストテンプレートエディター
  6. ワークフロー
    1. 写真でマスクを適用
    2. 写真を JPEG 形式で書き出して保存する
    3. 写真を書き出して透かしを追加する
    4. 写真を読み込む
    5. 補正ブラシ:基礎編
    6. トーンカーブによる調整
    7. ビデオ入りの高度なスライドショー
    8. ホワイトバランスのコントロール
    9. コンタクトシートの作成
    10. Lightroom Classic によるワークフローの強化
  7. ワークスペース
    1. ワークスペースの基本
    2. Lightroom Classic を使用するための環境設定
    3. セカンドモニターでのライブラリの表示
    4. ID プレートとモジュールのボタンを好みに合わせて変更する
    5. Lightroom Classic で写真に透かしを適用
    6. カラーマネジメント
  8. 写真の表示
    1. 写真の表示
    2. 写真の参照と比較
    3. ライブラリ表示オプションの設定
    4. 写真の共有によるコメントやフィードバックの収集
    5. スマートプレビュー
  9. カタログとファイルの管理
    1. Lightroom Classic カタログの FAQ
    2. Lightroom Classic カタログの作業方法
    3. カタログの作成と管理
    4. カタログのバックアップ
    5. 見つからない写真の検索
    6. フォルダーの作成と管理
    7. フォルダー内の写真の管理
  10. マップ
    1. マップモジュールの使用
  11. Lightroom Classic での写真の整理
    1. 顔認識
    2. 写真コレクションの使用
    3. 写真のスタックへのグループ化
    4. 写真のフラグ、ラベルおよび評価の設定
    5. キーワードの使用
    6. メタデータの基本とアクション
    7. カタログ内での写真の検索
    8. Lightroom Classic でのビデオの使用
    9. 詳細メタデータのアクション
    10. クイック現像パネルの使用
  12. 写真の処理および現像
    1. 現像モジュールの基本
    2. パノラマおよび HDR パノラマの作成
    3. フラットフィールド補正
    4. Upright を使用した写真の遠近法のゆがみ補正
    5. 強化を使用した画質の改善
    6. 画像の階調とカラーの処理
    7. マスク
    8. 部分補正の適用
    9. HDR 写真の結合
    10. 現像モジュールのオプション
    11. 写真のレタッチ
    12. 赤目およびペットアイの修正効果
    13. 円形フィルターツールの使用
    14. 強化されたスポット除去ツールの使用
  13. 写真を書き出し
    1. ファイルのディスクまたは CD への書き出し
    2. Lightroom Classic から写真の書き出し
    3. 写真をオンラインで公開
    4. 公開サービスを使用したハードディスクへの書き出し
    5. 書き出し用のプリセット、およびその他の設定
  14. 外部エディターの使用方法
    1. 外部編集の環境設定
    2. Photoshop や Photoshop Elements で Lightroom Classic 写真を開いて編集する
  15. スライドショー
    1. スライドショーの作成
    2. スライドショーモジュールのパネルとツール
    3. スライドのレイアウトの指定
    4. スライドへのオーバーレイの追加
    5. スライドショーの再生と書き出し
  16. 写真のプリント
    1. プリントモジュールの基本
    2. プリントモジュールのレイアウトとテンプレート
    3. プリントジョブのオプションと設定
  17. フォトブック
    1. フォトブックの作成
  18. Web ギャラリー
    1. Web ギャラリーの作成
    2. Web モジュールパネルとツールの使用
    3. Web ギャラリーのレイアウト
    4. Web ギャラリーのテンプレートと設定
    5. Web フォトギャラリーのプレビュー、書き出し、アップロード
  19. ショートカットキー
    1. ショートカットキー

コレクションの種類

コレクションは、写真を 1 つの場所にグループ化して、まとめて表示したりさまざまな操作をしやすくしたりする方法です。例えば、コレクション内の写真を、スライドショー、コンタクトシート、または Web フォトギャラリーにまとめることができます。作成したコレクションは、各モジュールのコレクションパネルにリスト表示され、コレクションは必要なときにいつでも選択できます。また、必要な数だけ作成することができます。

通常のコレクションを選択して追加した写真からなるグループです。

スマートコレクションユーザーが定義したルールに基づいて作成されるコレクションです。例えば、5 つ星の評価で、カラーラベルが赤の写真をすべてまとめたスマートコレクションを作成できます。この条件を満たす写真が自動的にスマートコレクションに追加されます。

クイックコレクション特定のタスクに対する写真を一時的にクイックコレクションにグループ化することができます。通常のコレクションやスマートコレクションとは異なり、カタログで一度に使用できるクイックコレクションは 1 つだけです。

以下は、コレクションを使用する場合の注意事項です。

  • カタログとコレクションの違いを把握する必要があります。コレクションは、カタログ内の写真をまとめたグループです。

  • 同一の写真を複数のコレクションに入れることができます。

  • 同じコレクションに含まれる写真はスタックできますが、異なるコレクションの写真をスタックすることや、コレクションの写真とフォルダーの写真をスタックすることはできません。あるコレクションで作成されたスタックは、そのコレクションだけを表示している場合にのみ表示されます。

  • 通常のコレクション内の写真の並べ替え順は変更できますが、スマートコレクションではユーザー指定条件で並べ替えたり、写真をドラッグして並べ替えたりすることはできません。

  • コレクションから写真を除去しても、カタログからは除去されません。また、「ごみ箱」(Windows)または「ゴミ箱」(macOS)にも送られません。

  • コレクションセットを作成してコレクションを整理できます。

  • スライドショー、プリントおよび Web の各モジュールの設定を出力コレクションとして明示的に保存できます。詳しくは、スライドショー設定のスライドショーコレクションとしての保存プリント設定のプリントコレクションとしての保存Web 設定の Web コレクションとしての保存を参照してください。

注意:

キーワードを使用して写真を整理するビデオについては、キーワードの概要を参照してください。

コレクションとコレクションセットの使用

コレクションの作成

注意:

コレクションをすばやく作成するには、フォルダーパネルからフォルダーをコレクションパネルにドラッグします。

  1. グリッド表示で、写真を選択して次のいずれかの操作をおこないます。
    • ライブラリ/新規コレクションを選択します。

    • コレクションパネルでプラスアイコン(+)をクリックし、「コレクションを作成」を選択します。

  2. コレクションを作成ダイアログボックスで、「コレクション」ボックスに名前を入力します。
  3. そのコレクションをコレクションセットに含める場合は、設定メニューからコレクションセットを選択します。それ以外の場合は、「なし」を選択します。

  4. 選択した写真を含める」オプションを選択します。

  5. 複数のデバイスの Lightroom でこのコレクションを使用できるようにするには、「Lightroom と同期」オプションをオンにします。

  6. 作成」をクリックします。

コレクションが写真プリントアイコン  とともにコレクションパネルに表示されます。コレクションの一部である写真には、グリッド表示やフィルムストリップに「写真はコレクションに含まれています」バッジ が表示されます。

コレクションセットの作成

コレクションセットとは、1 つまたは複数のコレクションを含むコンテナのことです。コレクションセットを利用すると、写真を整理しやすくなり、管理の自由度が増します。コレクションセットに写真を格納することはできません。格納できるのは、通常のコレクション、スマートコレクション、出力コレクションなどのコレクションのみです。コレクションセットはファイルボックスアイコン  で表示されます。

  1. ライブラリモジュールで、次のいずれかの操作をおこないます。
    • ライブラリ/新規コレクションセットを選択します。

    • コレクションパネルでプラスアイコン(+)をクリックし、「コレクションセットを作成」を選択します。

  2. コレクションセットを作成ダイアログボックスで、コレクションセットの名前を入力します。
  3. 新しいコレクションセットを既存のセットに含める場合は、設定メニューから既存のセットを選択します。それ以外の場合は、「なし」を選択します。

  4. 作成」をクリックします。

  5. コレクションパネルで、任意のコレクションをコレクションセットフォルダーにドラッグしてそのセットに追加します。

コレクションまたはコレクションセットの複製

コレクションセットを複製すると、その下に存在するすべてのコレクション/コレクションセットが、写真(ある場合)と共に新しい複製済みコレクションセットで使用できます。

  1. コレクションパネルで、1 つまたは複数のコレクションを選択します。

  2. コレクションまたはコレクションセットを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(macOS)し、「コレクションを複製」または「コレクションセットを複製」を選択します。

     

コレクションまたはコレクションセットの削除

コレクションを削除しても、写真はカタログやディスクから削除されません。

  1. コレクションパネルで、次のいずれかの操作をおこないます。
    • コレクションまたはコレクションセットを選択し、マイナスアイコン(-)をクリックします。

    • コレクションまたはコレクションセットを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(macOS)し、「削除」を選択します。

コレクションへの写真の追加

  1. 写真をグリッド表示からコレクションパネルのコレクションにドラッグします。

コレクションに含まれる写真の特定

  • コレクションに属する写真には、グリッド表示やフィルムストリップに「写真はコレクションに含まれています」バッジ  が表示されます。バッジをクリックすると、写真が含まれているコレクションを確認できます。

    注意:スマートコレクションは表示されません。

  • コレクションで、写真を Control キーを押しながらクリック(macOS)または右クリック(Windows)し、「ライブラリ内のフォルダーに移動」を選択して、写真を含むフォルダーに移動します。

コレクションからの写真の削除

  1. コレクションパネルでコレクションを選択します。
  2. グリッド表示で写真を選択し、写真/コレクションから削除を選択するか、Delete キーを押します。

コレクション間での写真のコピーまたは移動

  1. ライブラリモジュールで、コレクションパネルからコレクションを選択します。
  2. グリッド表示で、写真を選択します。
  3. 選択した写真をコピーするには、コレクションパネル内で写真を追加するコレクションまで写真をドラッグします。
  4. 選択した写真を移動するには、写真を新しいコレクションにドラッグしてから、元のコレクションから削除します。

コレクションの並べ替え

  • コレクションパネルでプラスアイコン(+)をクリックし、次のいずれかの操作をおこないます。
    • 名前順に並べ替え」を選択して、コレクションをアルファベット順に並べ替えます。

    • 種類順に並べ替え」を選択して、コレクションを種類別に並べ替えます。

コレクションまたはコレクションセットの名前の変更

  1. コレクションパネルで、コレクションまたはコレクションセットを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)して、メニューから「名前変更」を選択します。

  2. コレクション名を上書きします。

対象コレクションの設定

対象コレクションを使用すると、一時的なクイックコレクションを無効にできます。対象コレクションを使用すると、永続的なコレクションを対象期間中クイックコレクションとして操作できます。対象コレクションは、処理のために写真をグループにまとめる簡単な方法です。

  1. コレクションパネルで、対象コレクションに設定するコレクションを選択します。
    注意:

    コレクションセットは対象コレクションにできません。

  2. 右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(macOS)し、「対象コレクションに設定」を選択します。

    コレクション名の横の白いプラスアイコンは、そのコレクションが対象コレクションであることを示します。

  3. 対象コレクションに写真を追加するには、任意のモジュールで写真を選択し、B キーを押します。

  4. 対象コレクションから写真を除外するには、対象コレクションを選択し、グリッド表示で写真を選択して、B キーを押します。

  5. 対象コレクションの設定を解除するには、コレクションを選択し、右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、「対象コレクションに設定」の選択を解除します。

クイックコレクションの使用

どのモジュールで作業する際も、クイックコレクションを使用して処理対象の写真を一時的にまとめることができます。クイックコレクションは、フィルムストリップまたはグリッド表示で表示できるほか、永続的なコレクションに変換できます。

詳しくは、このビデオチュートリアルをご覧ください。

クイックコレクションへの写真の追加

  1. フィルムストリップまたはグリッド表示で写真を 1 枚または複数枚選択します。
  2. ライブラリモジュールまたは現像モジュールでは、写真/クイックコレクションに追加を選択します。スライドショー、プリント、Web の各モジュールでは、編集/クイックコレクションに追加を選択します。

    注意:

    すべてのモジュールで、写真を選択して B キーを押すことで操作できます。または、ポインターをサムネール画像の上に移動し、その右上隅の円をクリックします。

クイックコレクションの写真の表示

  • ライブラリモジュールのカタログパネルで「クイックコレクション」を選択します。
  • フィルムストリップのソースインジケーターメニューから「クイックコレクション」を選択します。

クイックコレクションからの写真の削除またはクイックコレクションの消去

  1. フィルムストリップまたはグリッド表示にクイックコレクションを表示します。
  2. コレクション内の写真を 1 枚または複数枚選択します。
  3. ライブラリモジュールまたは現像モジュールでは、写真/クイックコレクションから削除を選択します。スライドショー、プリント、Web の各モジュールでは、編集/クイックコレクションから削除を選択します。

    注意:

    すべてのモジュールで、写真を選択して B キーを押すことで操作できます。または、ポインターをサムネール画像の上に移動し、その右上隅の円をクリックします。

クイックコレクションのコレクションへの変換

クイックコレクションをコレクションとして保存することができます。保存後にクイックコレクションを消去するか残すかを選択できます。

  1. 任意のモジュールで、ファイル/クイックコレクションを保存を選択します。

  2. クイックコレクションを保存ダイアログボックスで、「コレクション名」ボックスに名前を入力します。
  3. 次のいずれかの処理を指定します。
    • コレクションとして保存した後にクイックコレクションを消去する場合は、「保存後にクイックコレクションを消去」を選択します。

    • コレクションとして保存した後もクイックコレクションを保持する場合は、「保存後にクイックコレクションを消去」を選択解除します。

  4. 保存」をクリックします。

スマートコレクションの使用

スマートコレクションとは、指定したメタデータルールに基づいて作成されるコレクションです。スマートコレクションには、条件を満たす写真がすべて自動的に追加されます。スマートコレクションに手動で写真を追加したり、削除したりする必要はありません。

Lightroom Classic には、レッドのラベル、5 つ星、過去 1 ヶ月、最近編集した写真、キーワードなしという 5 種類のスマートコレクションがあらかじめ収録されています。

 

スマートコレクションの作成

  1. ライブラリモジュールで、次のいずれかの操作をおこないます。
    • ライブラリ/新規スマートコレクションを選択します。

    • コレクションパネルでプラスアイコン(+)をクリックし、「スマートコレクションを作成」を選択します。

  2. スマートコレクションを作成ダイアログボックスで、スマートコレクションの名前を入力します。
  3. スマートコレクションを既存のセットに含める場合は、設定メニューから任意のセットを選択します。それ以外の場合は、「なし」を選択します。

  4. ポップアップメニューからオプションを選択して、スマートコレクションのルールを指定します。
    注意:

    スマートコレクションの検索可能テキスト条件を定義するために使用するルールは、ライブラリフィルターバーでテキストを検索するときに使用するルールと同じです。定義については、テキストフィルターを使用した写真の検索を参照してください。

  5. (オプション)プラスアイコン(+)をクリックして、新たな条件を追加します。マイナスアイコン(-)をクリックして条件を削除します。

  6. (オプション)プラスアイコン(+)を Alt キーを押しながらクリック(Windows)または Option キーを押しながらクリック(Mac OS)すると、ネスト化されたオプションが開き、条件を調整できます。

  7. 「以下の」メニューで、条件と一致するように「すべての」または「いずれかの」を選択します。
  8. 作成」をクリックします。

スマートコレクションがコレクションパネルに追加され、指定した条件を満たすカタログ内のすべての写真がこのスマートコレクションに追加されます。スマートコレクションには、右下に歯車が付いた写真プリントアイコン  があります。

スマートコレクションの編集

スマートコレクションの条件やルールはいつでも変更できます。

  1. コレクションパネルでスマートコレクション  を右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(macOS)し、「スマートコレクションを編集」を選択します。

  2. スマートコレクションを編集ダイアログボックスで新しいルールやオプションを選択します。
  3. 保存」をクリックします。

注意:

スマートコレクションでは、ユーザー指定条件で並べ替えたり、写真をドラッグして並べ替えたりすることはできません。

スマートコレクションの設定の共有

スマートコレクションは、スマートコレクションの設定を書き出し、その設定を別のカタログに読み込むことで、共有できます。スマートコレクションの設定ファイルは、ファイル名拡張子が .lrsmcol になります。

スマートコレクションを書き出すと、スマートコレクションのルールが書き出されます。スマートコレクション内の写真は書き出されません。

スマートコレクションのルールを読み込むと、コレクションパネルにスマートコレクションが作成され、読み込まれたスマートコレクション条件を満たす写真がカタログから追加されます。

  • スマートコレクションを書き出すには、書き出すスマートコレクションをコレクションパネルで右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、「スマートコレクション設定を書き出し」を選択します。書き出されるスマートコレクション設定ファイルの名前と場所を指定し、「保存」をクリックします。
  • スマートコレクションを読み込むには、読み込むスマートコレクションをコレクションパネルで右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、「スマートコレクション設定を読み込み」を選択します。スマートコレクションの .lrsmcol 設定ファイルを探して選択し、「読み込み」をクリックします。

コレクション、スマートコレクション、およびコレクションセットへのカラーラベルの追加

Lightroom Classic の 2019 年 8 月リリース(バージョン 8.4)で導入された機能

ライブラリモジュールのコレクションパネルでは、コレクション、スマートコレクション、およびコレクションセットにカラーラベルを割り当てることで、画像を整理できます。

  1. ライブラリモジュールのコレクションパネルで、任意の数のコレクションを選択し、右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(macOS)して、コンテキストメニューを表示します。

  2. コンテキストメニューから「コレクションにカラーラベルを追加」を選択し、サブメニューからカラーを選択します。

    カラーラベル
    コレクションへのカラーラベルの割り当て

コレクションからのカラーラベルの削除

カラーラベルを含む任意の数のコレクションを選択します。右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)して、コンテキストメニューからコレクションにカラーラベルを追加なしを選択します。

カラーラベルコレクションのフィルター処理

カラーラベルが割り当てられているすべてのコレクションをフィルター処理するには、次の手順を実行します。

  1. コレクションパネルの上部にある検索バーで、アイコンをクリックします。

  2. ドロップダウンリストから「カラーラベル」を選択し、カラーを選択します。

    コレクションをフィルター
    コレクションパネルでカラーラベルコレクションをフィルター

すべての同期済み写真コレクションの使用

カタログパネルのすべての同期済み写真コレクション
カタログパネルのすべての同期済み写真コレクション

ライブラリモジュールのカタログパネルにあるすべての同期済み写真コレクションには、Adobe Photoshop Lightroom mobile クライアントに同期されたすべての Lightroom Classic の写真(コレクションの一部でないものを含む)が表示されます。したがって、Lightroom Web のすべての写真表示Lightroom mobile(iOS)のすべての写真表示、および Lightroom mobile(Android)の Lightroom の写真表示に表示される写真は、Lightroom Classic デスクトップのすべての同期済み写真コレクションと同じです。

すべての同期済み写真コレクションへの写真の追加

写真を、カタログパネル(ライブラリモジュール)のすべての同期済み写真コレクションに直接ドラッグすると、(その写真が同期済みコレクションの一部でなくても)その写真をすべての Adobe Photoshop Lightroom mobile クライアントと同期させることができます。

注意:

写真をすべての同期済み写真コレクションに追加するには、「Adobe Photoshop Lightroom mobile と同期」オプションをオンにする必要があります。同期をオンにする方法については、Lightroom Classic デスクトップとモバイルプラットフォームの同期を参照してください。

すべての同期済み写真コレクションから写真を削除する

すべての同期済み写真コレクションから写真を削除すると、すべての Adobe Photoshop Lightroom mobile クライアントから写真が削除されますが、Lightroom Classic デスクトップからは削除されません。

  1. ライブラリモジュールのカタログパネルで「すべての同期済み写真」を選択します。

  2. グリッド表示で写真を選択し、写真/すべての同期済み写真から削除を選択するか、Delete キーを押します。

注意:

同期済みコレクションの削除、同期済みコレクションの同期解除、または同期済みコレクションからの写真の削除を実行しても、すべての同期済み写真から写真が削除されることはありません。Adobe Photoshop Lightroom mobile クライアント間の写真の同期を停止するには、その写真をすべての同期済み写真から削除します。

カタログとしてのコレクションの書き出し

写真のコレクションを新しいカタログとして書き出すことができます。写真のコレクションからカタログを作成すると、写真の設定が新しいカタログに書き出されます。

注意:

スマートコレクションをカタログとして書き出すと、スマートコレクション内の写真が新しいカタログに追加されます。スマートコレクションを構成するルールや条件は書き出されません。

  1. カタログの作成に使用するコレクションまたはスマートコレクションを選択します。
  2. コレクション名を右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、「このコレクションをカタログとして書き出し」を選択します。

  3. カタログの名前、場所およびその他のオプションを指定し、「保存」(Windows)または「カタログを書き出し」(macOS)をクリックします。

アドビのロゴ

アカウントにログイン