マニュアル キャンセル

プリントジョブのオプションと設定

  1. Lightroom Classic ユーザーガイド
  2. Lightroom Classic の概要
    1. Lightroom Classic の新機能
    2. Lightroom Classic の必要システム構成
    3. Lightroom Classic | よくある質問
    4. Lightroom Classic のキーコンセプト
    5. Lightroom Classic チュートリアル
    6. 機能の概要 | Lightroom CC 2015.x/Lightroom 6.x リリース
  3. Lightroom と アドビのサービス
    1. Creative Cloud ライブラリ
    2. Creative Cloud アプリケーションでの Adobe Stock の使用
  4. Lightroom for mobile、Lightroom TV、および Lightroom Web ギャラリー
    1. Adobe Photoshop Lightroom for mobile と Apple TV | FAQ
    2. Lightroom Classic を Lightroom エコシステムと同期する
    3. モバイルアプリの Photoshop ファミリー
  5. 写真の読み込み
    1. カメラやカードリーダーから写真を読み込む
    2. ハードドライブ上のフォルダーから写真を読み込む
    3. 写真の自動読み込み
    4. Photoshop Elements からの写真の読み込み
    5. テザーカメラからの写真の読み込み
    6. 読み込みオプションの指定
    7. 読み込みの環境設定
    8. ファイル名テンプレートエディターとテキストテンプレートエディター
  6. ワークフロー
    1. 写真でマスクを適用
    2. 写真を JPEG 形式で書き出して保存する
    3. 写真を書き出して透かしを追加する
    4. 写真を読み込む
    5. 補正ブラシ:基礎編
    6. トーンカーブによる調整
    7. ビデオ入りの高度なスライドショー
    8. ホワイトバランスのコントロール
    9. コンタクトシートの作成
    10. Lightroom Classic によるワークフローの強化
  7. ワークスペース
    1. ワークスペースの基本
    2. Lightroom Classic を使用するための環境設定
    3. セカンドモニターでのライブラリの表示
    4. ID プレートとモジュールのボタンを好みに合わせて変更する
    5. Lightroom Classic で写真に透かしを適用
    6. カラーマネジメント
  8. 写真の表示
    1. 写真の表示
    2. 写真の参照と比較
    3. ライブラリ表示オプションの設定
    4. 写真の共有によるコメントやフィードバックの収集
    5. スマートプレビュー
  9. カタログとファイルの管理
    1. Lightroom Classic カタログの FAQ
    2. Lightroom Classic カタログの作業方法
    3. カタログの作成と管理
    4. カタログのバックアップ
    5. 見つからない写真の検索
    6. フォルダーの作成と管理
    7. フォルダー内の写真の管理
  10. マップ
    1. マップモジュールの使用
  11. Lightroom Classic での写真の整理
    1. 顔認識
    2. 写真コレクションの使用
    3. 写真のスタックへのグループ化
    4. 写真のフラグ、ラベルおよび評価の設定
    5. キーワードの使用
    6. メタデータの基本とアクション
    7. カタログ内での写真の検索
    8. Lightroom Classic でのビデオの使用
    9. 詳細メタデータのアクション
    10. クイック現像パネルの使用
  12. 写真の処理および現像
    1. 現像モジュールの基本
    2. パノラマおよび HDR パノラマの作成
    3. フラットフィールド補正
    4. Upright を使用した写真の遠近法のゆがみ補正
    5. 強化を使用した画質の改善
    6. 画像の階調とカラーの処理
    7. マスク
    8. 部分補正の適用
    9. HDR 写真の結合
    10. 現像モジュールのオプション
    11. 写真のレタッチ
    12. 赤目およびペットアイの修正効果
    13. 円形フィルターツールの使用
    14. 強化されたスポット除去ツールの使用
  13. 写真を書き出し
    1. ファイルのディスクまたは CD への書き出し
    2. Lightroom Classic から写真の書き出し
    3. 写真をオンラインで公開
    4. 公開サービスを使用したハードディスクへの書き出し
    5. 書き出し用のプリセット、およびその他の設定
  14. 外部エディターの使用方法
    1. 外部編集の環境設定
    2. Photoshop や Photoshop Elements で Lightroom Classic 写真を開いて編集する
  15. スライドショー
    1. スライドショーの作成
    2. スライドショーモジュールのパネルとツール
    3. スライドのレイアウトの指定
    4. スライドへのオーバーレイの追加
    5. スライドショーの再生と書き出し
  16. 写真のプリント
    1. プリントモジュールの基本
    2. プリントモジュールのレイアウトとテンプレート
    3. プリントジョブのオプションと設定
  17. フォトブック
    1. フォトブックの作成
  18. Web ギャラリー
    1. Web ギャラリーの作成
    2. Web モジュールパネルとツールの使用
    3. Web ギャラリーのレイアウト
    4. Web ギャラリーのテンプレートと設定
    5. Web フォトギャラリーのプレビュー、書き出し、アップロード
  19. ショートカットキー
    1. ショートカットキー

プリントジョブパネルでのオプションの指定

ドラフトモードプリントを使用してコンタクトシートや写真のクイックドラフトをプリントすることができます。このモードでは、Lightroom Classic はキャッシュされた写真のプレビューを使ってプリントします。完全にキャッシュされていない写真を選択してドラフトモードプリントを使用すると、サムネールデータがプリンターに送られるので、写真のプリント品質が劣化する場合があります。ドラフトモードプリントでは、シャープとカラーマネジメントのコントロールは使用できません。

  1. プリントモジュールのプリントジョブパネルで、「ドラフトモードプリント」を選択します。

プリントモジュールで、プリントショップ用の JPEG ファイルとして写真を保存できます。JPEG に出力する場合は、解像度の選択、シャープ(プリント用)の適用、圧縮画質の設定が可能です。また、ファイルのサイズを指定したり、RGB ICC プロファイルやマッチング方法を適用することもできます。

複数の画像を 1 つの JPEG 画像にプリント

Lightroom Classic では、複数の画像を 1 つの JPEG ファイルに出力して、迅速にオンライン投稿する方法を学習します。

Julieanne Kost. Principal Evangelist, Photoshop and Lightroom Classic

  1. プリントモジュールのプリントジョブパネルで、出力先/JPEG ファイルを選択します。

  2. 「ファイル解像度」ボックスで、72 ~ 600 ppi の範囲で解像度を指定します。
  3. シャープ(プリント用)の量を弱、標準、強から指定します。
  4. JPEG 画質スライダーを使用して圧縮率を指定します。JPEG の圧縮方式(ロス圧縮)は、一部のデータを切り捨てて、画質の劣化と引き換えにファイルを縮小します。スライダーをドラッグするか、0 ~ 100 の範囲で値を入力します。
  5. 「ファイルの寸法を指定」を選択してカスタムファイルサイズを指定し、幅と高さの各フィールドに値を入力します。
  6. カラーマネジメントオプションを指定します。

プリント解像度の設定

プリントモジュールにある「プリント解像度」では、プリンター用の写真の解像度(ppi)を指定します。Lightroom Classic は、プリント解像度とプリント寸法に応じて必要な場合は、画像データを再サンプリングします。初期設定値の 240 ppi は、高品質なインクジェットプリントを含むほとんどのプリントジョブに対応しています。最適な解像度については、プリンター付属のマニュアルを参照してください。

  1. プリントモジュールのプリントジョブパネルで、次のいずれかの操作をおこないます。
    • プリント解像度を制御するには、「プリント解像度」を選択し、必要に応じて別の値を指定します。

    • 写真の元の解像度(72 ppi 以上で 720 ppi 未満の場合)を使用するには、「プリント解像度」の選択を解除します。

プリントする写真をシャープにする

「シャープ(プリント用)」を選択すると、画像がプリンターに送信される前に画像をシャープにすることができます。プリント用のシャープは、現像モジュールで適用した各種シャープに加えておこなわれます。自動的に適用されるプリントシャープの強さは、ファイルの出力解像度と出力メディアに基づいて決められます。「ドラフトモードプリント」が有効な場合は、「シャープ(プリント用)」は無効です。ほとんどの場合、「シャープ(プリント用)」は初期設定である「弱」で問題ありません。

  1. プリントモジュールのプリントジョブパネルで、次のいずれかの操作をおこないます。
    • (オプション)「シャープ(プリント用)」を選択し、右のポップアップメニューを使用してシャープの「弱」、「標準」または「強」を指定します。次に、用紙の種類として「マット」または「光沢」を指定します。「マット」には、水彩用紙、カンバスなど光沢のない用紙が該当します。「光沢」には、ラスター仕上げ、半光沢仕上げ、フォト光沢紙などの光沢紙が該当します。

    注意:

    プリントジョブパネルで指定されている用紙の種類は、プリント用のシャープの計算に使用されます。一部のプリンタードライバーには、別途選択する必要がある用紙の種類のオプションが「印刷」ダイアログボックスに用意されています。

    • プリントモジュールでシャープを適用したくない場合は、「シャープ(プリント用)」の選択を解除します。これは現像モジュールのシャープ設定で満足する結果が出ている場合に役立ちます。
  1. Mac OS 10.5(Leopard)以上で 16 ビットプリンターを使用してプリントする場合は、プリントジョブパネルで「16 Bit 出力」を選択します。

    注意:

    「16 Bit 出力」を選択した場合に、このモードをサポートしないプリンターでプリントすると、プリントパフォーマンスが低下しますが、画質には影響しません。

プリントのカラーマネジメントの設定

プリント時に Lightroom Classic かプリンタードライバーのどちらかによってカラーマネジメントの処理を指定することができます。特定のプリンターと用紙の組み合わせを対象に作成されたカスタムプリンターカラープロファイルを使用する場合は、Lightroom Classic でカラーマネジメントがおこなわれます。その他の場合は、プリンターでカラーマネジメントがおこなわれます。「ドラフトモードプリント」が有効な場合は、自動的にプリンターでカラーマネジメントをおこないます。

注意:

通常、カスタムプリンターカラープロファイルは、プロファイルのファイルを生成する専用のデバイスとソフトウェアを使用して作成されます。プリンターカラープロファイルがコンピューターにインストールされていない場合、または Lightroom Classic がプリンターカラープロファイルを検出できない場合、プリントジョブパネルの「プロファイル」領域で使用できるオプションは「プリンターによって管理」と「その他」のみです。

  1. プリントジョブパネルの「カラーマネジメント」領域で、プロファイルポップアップメニューから次のいずれかを選択します。
    • 画像をプリンターに送信する前にプリンターカラープロファイルを使用して変換する場合は、メニューに表示されている特定の RGB プロファイルを選択します。

    注意:

    Lightroom Classic でカスタムプリンターカラープロファイルを選択する場合は、プリンタードライバーソフトウェアでカラーマネジメントがオフになっていることを確認します。そうしないと、写真のカラー変換が 2 回おこなわれてしまい、期待どおりにプリントされない場合があります。ドライバーソフトウェアでカラーマネジメントをオフにする手順については、プリンターのマニュアルを参照してください。Lightroom Classic は CMYK プリンタープロファイルを認識しません。

    • 最初に画像をプロファイルに応じて変換することなく画像データをプリンタードライバーに送信する場合は、「プリンターによって管理」を選択します。

     

    • プロファイルポップアップメニューに表示するプリンタープロファイルを選択するには、「その他」を選択し、プロファイルを選択ダイアログボックスでカラープロファイルを選択します。

     

    注意:

    一般的に、プロファイルポップアップメニューにプロファイルが 1 つも表示されていない場合、または必要なプロファイルが表示されていない場合に、このオプションを選択します。Lightroom Classic は、コンピューター上にあるカスタムプリントプロファイルの検出を試みます。プロファイルが検出されない場合は、「プリンターによって管理」を選択し、プリンタードライバーでプリントのカラーマネジメントが処理されるように設定します。

  2. プロファイルを指定する場合は、カラーを画像のカラースペースからプリンターのカラースペースに変換する方法を指定するマッチング方法を選択します。

    知覚的

    「知覚的」マッチングは、カラー間の視覚的な関係をできるだけ保持します。色域外のカラーが再現可能な近似カラーに変換されるのに伴い、色域内のカラーも変わる場合があります。「知覚的」マッチングは、色域外カラーが多く含まれる画像に適しています。

    相対的

    「相対的」マッチングは、色域内のカラーをすべて保持したまま、色域外のカラーが再現可能な近似カラーに変換します。「相対的」オプションは、より多くのオリジナルカラーを保持できるので、色域外カラーが少ない場合に適しています。

    注意:

    一般的に、プリンターのカラースペースの方が画像のカラースペースよりも小さいので、カラーを再現できないことがよくあります。選択したマッチング方法により、色域外のカラーを補正します。

  3. (オプション)Lightroom Classic の画面上のカラーの明るさと飽和色をより忠実にプリントで再現するためには、「プリント調整」を選択します。次に明るさおよびコントラストスライダーをドラッグします。

    注意:

    明るさおよびコントラストスライダーをドラッグすると、トーンカーブが調整されます。このような調整は画面上でプレビューできません。個別の写真および特定のプリンターにとって最適な設定を見つけるには、何度か試行錯誤を繰り返す必要があります。

プリント設定のプリントコレクションとしての保存

プリント設定をプリントコレクションとして保存すると、新しい写真をコレクションに追加したときに、自動的にプリント設定が写真に適用されます。これはカスタムテンプレートとは異なります。カスタムテンプレートには出力オプションは含まれますが、写真は含まれません。プリントコレクションではコレクション内の写真にプリント設定が適用されます。

  1. ライブラリモジュールで、プリントする写真を選択します。
  2. プリントモジュールで、テンプレートを選択し、モジュール右側のパネルで必要な設定を指定します。
  3. フィルムストリップで、出力設定に含める写真を選択します。
  4. コレクションパネルでプラスアイコン(+)をクリックし、「プリントを作成」を選択します。

  5. プリントを作成ダイアログボックスで、プリントコレクションの名前を入力します。設定ポップアップメニューでコレクションセットを選択してコレクションを既存のセットに追加するか、「なし」を選択します。

  6. 「プリントオプション」で、「選択した写真を含める」(コンタクトシート)または「参照されている写真を含める」(パッケージ)を選択します。出力設定にオリジナルの写真ではなく仮想コピーを含める場合は、「新しい仮想コピーを作成」を選択します。

  7. 作成」をクリックします。

コレクションパネルにプリントコレクションが追加され、ページレイアウトアイコン  が割り当てられます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン