自動アップデートを無効にする | Shockwave

Adobe Shockwave Player には、自動アップデートを行うオプションがあります。このオプションを有効にすると、Shockwave Player はアドビのサーバーに対して定期的に ping を実行します。新しい Shockwave コンテンツがある場合、Shockwave Player の更新許可を求めるプロンプトが表示されます。この設定は、Shockwave Player のインストール後に、Shockwave ムービーのコンテキストメニューで変更できます。この設定を無効にすると、Shockwave Player はアドビのサーバーに対して ping を実行せず、アップデートも行われません。

Shockwave の自動アップデートを無効にするには、次の手順に従います。

1

Shockwave のホームページ(http://www.adobe.com/jp/shockwave/welcome/)に移動します。

:作成者がコンテキストメニューを有効にしている場合は、任意の Shockwave ムービーからコンテキストメニューにアクセスできますが、操作を簡単にするため、この URL を使用します。

2

Windows:Shockwave ムービーを右クリックします。

Macintosh:
Control キーを押しながら Shockwave ムービーをクリックします。

3

ドロップダウンメニューから「プロパティ」を選択します。

4

自動アップデートを無効にするには、自動アップデートサービスの横のチェックボックスをオフにします。

アドビのロゴ

アカウントにログイン