オーサリング環境の自動フィールド検出機能は、Individual、Team、Business および Enterprise レベルのアカウントでデフォルトで有効になっています。

機能の説明

新しいフォームをオーサリング環境にアップロードする際に、Adobe Sign は、文書を自動的に評価して、フィールドが必要な可能性が高いページ上の場所に候補のフィールドを配置します。

ユーザーは、候補フィールドを承認、削除または他のフィールドタイプに変換できます。


使用方法

フィールド検出は、文書をオーサリング環境に送信する際に自動的におこなわれます。これには、テンプレート、ウィジェットの作成プロセスや個別の送信イベントが含まれます。

○ 候補フィールドが識別されている場合、オーサリングウィンドウの左上にアイコンが表示されます。アイコンをクリックすると、提案されたフィールドを配置する手順を説明するテキストが吹き出しに表示されます。

○ 候補フィールドが検出されない場合、アイコンは表示されません。

○ 個別の各ページがそれぞれ評価され、その個別のページにフィールドを配置するための独自のアイコンがそれぞれに表示されます。

注意:

アップロードされた文書に既に任意のタイプのフィールド(テキストタグまたは AcroForm フィールド)が適用されている場合、フィールド検出はおこなわれません。

1 Candidate fields Identified

 

候補フィールドアイコンをクリックすると、このページ用に提案されたすべてのフィールドが配置されます。

吹き出しの「X」をクリックすると、フィールドを配置せずに吹き出しを削除できます。

2 Placed Candidate fields

 

フィールドを配置すると、吹き出しが、ユーザーにフィールドを確認するよう指示するテキストに変更されます。

Adobe Sign では、フィールドに適した名前を判断できないので、すべてのフィールドに汎用的な名前が適用されます(例:カスタムフィールド 1)。 

さらに、Adobe Sign では、どの参加者にフィールドを割り当てる必要があるかを判別できません。デフォルトでは、すべてのフィールドに「参加者 1」が割り当てられます。

3 Field Properties Menu

 

最初に、間違って配置された余分なフィールドを削除することをお勧めします。

4 Delete useless fields

注意:

Shift キーを押したまま、マウスポインターでフォームをクリックし、ボックスを描くことで、複数のフィールドを選択できます。描いた領域に接触するすべてのフィールドが選択されます。

その後、フィールドのグループを移動または削除できます。

 

次に、誤って配置されたフィールドを移動または追加します。

5 Align fields

 

フォームが必要なフィールドのみになったら、各フィールドを順番にダブルクリックして開いて確認します。

レポートが読みやすく、データマッピングが設計しやすくなるように、各フィールドにわかりやすい名前を適用することをお勧めします。

フィールドの名前を変更するには、フィールド名の隣にある編集アイコンをクリックし、フィールドのフルネームを入力します。

6 Change field names

 

フォームで最初の受信者のみにすべてのコンテンツを入力してもらう必要がある場合、デフォルトの参加者 1 の役割だけが必要です。

ただし、送信者がフィールドに事前入力する必要がある場合や、複数の受信者がいる場合、「割り当て先」フィールドをチェックして、必要に応じて調整する必要があります。

 

その他にフィールドレベルで評価する必要があるのは、フィールドタイプです。

デフォルトでは、配置されたすべての候補フィールドはテキストフィールドです。ただし、他のほとんどの一般的な 1 行のフィールドタイプに簡単に変換できます。

○ 署名フィールド

○ 署名者の情報フィールド

○ テキストフィールド

 

7 field types

注意:

自動的に配置されたフィールドは、フィールド検証ルール、条件文、フォントの外観ツールなど、通常のフィールドオプションをすべてサポートします。

 

すべてのフィールドを検証したら、文書の他のページに進み、同じようにフィールドを配置および検証します。

すべてのフィールドを配置したら、「保存」または「送信」をクリックして、オーサリングプロセスを完了します。

テンプレートを作成している場合、管理ページからフィールドを完全に編集できます。

保存または送信前にオーサリング環境を離れると、文書は、管理ページの「ドラフト」セクションに表示されますが、すべてのフィールド配置は失われます。


有効/無効にする方法

自動フィールド検出機能を Account および Group レベルで有効または無効にできるのは、Adobe Sign サポートのみです。

Group レベル設定は、許可されており、Account レベルの値を上書きします。


知っておくべきこと

ページ総数が 25 を超える契約書の場合、自動フィールド検出は起動されません。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー