マニュアル キャンセル

Adobe Remote Update Manager の使用

  1. アドビエンタープライズ版とグループ版:管理ガイド
  2. デプロイメントの計画
    1. 基本概念
      1. ライセンス
      2. ID
      3. ユーザー管理
      4. アプリのデプロイメント
      5. Admin Console の概要
      6. 管理ロール
    2. デプロイメントガイド
      1. ユーザー指定デプロイメントガイド
      2. SDL デプロイメントガイド
      3. Adobe Acrobat のデプロイ 
    3. Creative Cloud 教育機関向けのデプロイ
      1. デプロイメントガイド
      2. Google Classroom で Adobe Express を有効にする
      3. Canvas LMS との連携
      4. Blackboard Learn との連携
      5. 地域ポータルと LMS 用の SSO の構成
      6. Roster Sync を使用したユーザーの追加
      7. Kivuto のよくある質問
      8. 初等および中等教育機関の購入資格のガイドライン
  3. 組織の設定
    1. ID タイプ | 概要
    2. ID の設定 | 概要
    3. Enterprise ID を使用した組織の設定
    4. Azure AD フェデレーションと同期の設定
      1. Azure OIDC を介した Microsoft との SSO の設定
      2. Azure Sync のディレクトリへの追加
      3. Azure Connector の FAQ
    5. Google Federation と Sync の設定
      1. Google Federation を使用した SSO の設定
      2. ディレクトリへの Google Sync の追加
      3. Google Federation の FAQ
    6. Microsoft ADFS を使用した組織の設定
    7. 組織の教育委員会ポータルと LMS の設定
    8. 他の ID プロバイダーを使用した組織の設定
      1. ディレクトリの作成
      2. ドメインの所有権の確認
      3. ディレクトリへのドメインの追加
    9. SSO に関するよくある質問とトラブルシューティング
      1. SSO のよくある質問
      2. SSO のトラブルシューティング
      3. 教育機関に関するよくある質問
  4. 組織の設定の管理
    1. 既存のドメインとディレクトリの管理
    2. アカウントの自動作成の有効化
    3. ディレクトリの信頼を介した組織の設定
    4. 新しい認証プロバイダーへの移行 
    5. アセットの設定
    6. 認証の設定
    7. プライバシーとセキュリティの担当者
    8. Console の設定
    9. 暗号化の管理  
  5. 製品および使用権限の管理  
    1. ユーザーの管理
      1. 概要
      2. 管理ロール
      3. ユーザー管理テクニック
        1. ユーザーの個別管理   
        2. 複数のユーザーの管理(一括 CSV)
        3. ユーザー同期ツール(UST)
        4. Microsoft Azure Sync
        5. Google Federation Sync
      4. ユーザーの ID タイプの変更
      5. ユーザーグループの管理
      6. ディレクトリユーザーの管理
      7. 開発者の管理
      8. Adobe Admin Console への既存のユーザーの移行
      9. Adobe Admin Console へのユーザー管理の移行
    2. 製品および製品プロファイルの管理
      1. 製品を管理
      2. エンタープライズユーザーの製品プロファイルの管理
      3. 自動割り当てルールの管理
      4. 製品リクエストのレビュー
      5. セルフサービスポリシーの管理
      6. アプリ統合を管理
      7. Admin Console での製品権限の管理  
      8. 製品プロファイルのサービスの有効化/無効化
      9. 単体プラン | Creative Cloud エンタープライズ版
      10. オプションのサービス
    3. 共有デバイスライセンスの管理
      1. 新機能
      2. デプロイメントガイド
      3. パッケージの作成
      4. ライセンスの復元
      5. デバイスライセンスからの移行
      6. プロファイルの管理
      7. Licensing Toolkit
      8. 共有デバイスライセンスに関する FAQ
  6. ストレージとアセットの管理
    1. ストレージ
      1. エンタープライズストレージの管理
      2. Adobe Creative Cloud:ストレージ機能の更新について
      3. アドビストレージの管理
    2. アセットの移行
      1. アセットの自動移行
      2. アセットの自動移行に関する FAQ  
      3. 転送されたアセットの管理
    3. ユーザーのアセットの再利用
    4. 学生アセットの移行 | 教育機関のみ
      1. 学生アセットの自動移行
      2. アセットの移行
  7. Managed Services
    1. Adobe Stock
      1. Adobe Stock クレジットパックグループ版
      2. Adobe Stock エンタープライズ版
      3. Adobe Stock エンタープライズ版の使用
      4. Adobe Stock ライセンス承認
    2. カスタムフォント
    3. Adobe Asset Link
      1. 概要
      2. ユーザーグループの作成
      3. Adobe Experience Manager アセットの構成
      4. Adobe Asset Link の構成とインストール
      5. アセットの管理
      6. XD 用 Adobe Asset Link
    4. Adobe Acrobat Sign
      1. Adobe Acrobat Sign エンタープライズ版またはグループ版の設定
      2. Adobe Acrobat Sign - グループ版機能管理者
      3. Admin Console での Adobe Acrobat Sign の管理
    5. Creative Cloud エンタープライズ版 – 無料メンバーシップ
      1. 概要
      2. はじめに
  8. アプリおよびアップデートのデプロイ
    1. 概要
      1. アプリとアップデートのデプロイと提供
      2. デプロイするプラン
      3. デプロイメントの準備
    2. パッケージの作成
      1. Admin Console でのアプリのパッケージ化
      2. ユーザー指定ライセンスパッケージの作成
      3. パッケージ用のアドビテンプレート
      4. パッケージの管理
      5. デバイスライセンスの管理
      6. シリアル番号ライセンス
    3. パッケージのカスタマイズ
      1. Creative Cloud デスクトップアプリのカスタマイズ
      2. パッケージへのエクステンションの格納
    4. パッケージのデプロイ 
      1. パッケージのデプロイ
      2. Microsoft Intune を使用したアドビパッケージのデプロイ
      3. SCCM によるアドビパッケージのデプロイ
      4. ARD によるアドビパッケージのデプロイ
      5. Exceptions フォルダーの製品をインストール
      6. Creative Cloud 製品のアンインストール
      7. Adobe Provisioning Toolkit Enterprise Edition の使用
      8. Adobe Creative Cloud ライセンス識別子
    5. アップデートの管理
      1. Adobe のエンタープライズ版およびグループ版のお客様向け変更の管理
      2. アップデートのデプロイ
    6. Adobe Update Server Setup Tool(AUSST)
      1. AUSST の概要
      2. 内部アップデートサーバーのセットアップ
      3. 内部アップデートサーバーのメンテナンス
      4. AUSST の一般的な使用例   
      5. 内部アップデートサーバーのトラブルシューティング
    7. Adobe Remote Update Manager(RUM)
      1. Adobe Remote Update Manager の使用
      2. Adobe Remote Update Manager で使用するチャネル ID
      3. RUM のエラーの解決
    8. トラブルシューティング
      1. Creative Cloud アプリのインストールとアンイストールのエラーのトラブルシューティング
      2. クライアントコンピューターでのパッケージのデプロイ結果の確認
      3. Creative Cloud パッケージの「インストールに失敗しました」というエラーメッセージ
    9. Creative Cloud Packager を使用したパッケージの作成(CC 2018 以前のアプリ)
      1. Creative Cloud Packager について
      2. Creative Cloud Packager リリースノート
      3. アプリケーションパッケージ
      4. Creative Cloud Packager を使用したパッケージの作成
      5. ユーザー指定ライセンスパッケージの作成
      6. デバイスライセンスを使用したパッケージの作成
      7. ライセンスパッケージの作成
      8. シリアル番号ライセンスを使用したパッケージの作成
      9. Packager の自動化
      10. Creative Cloud 以外の製品のパッケージ化
      11. 設定の編集と保存
      12. システムレベルでのロケールの設定
  9. アカウントの管理
    1. グループ版アカウントの管理
      1. 概要
      2. 支払詳細を更新
      3. 請求書の管理
      4. 契約所有者の変更
      5. 販売店の変更
    2. グループ版ユーザーへのライセンスの割り当て
    3. 製品とライセンスの追加
    4. 更新
      1. グループ版メンバーシップ:更新
      2. VIP エンタープライズ版:更新とコンプライアンス
    5. ETLA 契約の自動期限切れステージ
    6. 既存の Adobe Admin Console 内での契約タイプの切り替え
    7. 購入リクエストコンプライアンス
    8. 中国における Value Incentive Plan(VIP)
    9. VIP Select のヘルプ
  10. レポートとログ
    1. 監査ログ
    2. 割り当てレポート
    3. コンテンツログ
  11. ヘルプを表示
    1. アドビカスタマーサポートへのお問い合わせ
    2. グループ版アカウントのサポートオプション
    3. エンタープライズ版アカウントのサポートオプション
    4. Experience Cloud のサポートオプション

Adobe Remote Update Manager(RUM)を使用すると、管理者は、アドビアプリのアップデートを離れた場所からコマンドラインインターフェイスでインストールできます。これにより、管理者は、各クライアントコンピューターにログインしてアップデートをインストールする必要がなくなります。

警告:
  • 現在、Remote Update Manager を使用して Adobe XD を更新することはできません。
注意:
  • Remote Update Manager ではアップデートのみが検出され、アップグレードは検出されません。Creative Cloud アプリのアップグレードをインストールするには、Admin Console からパッケージを作成するか、Creative Cloud デスクトップアプリからアップグレードをインストールします
  • RUM は、管理者特権で起動する必要があります。
  • macOS マシンで RUM を実行している場合、sudo を使用してコマンドを実行する必要があります。ターミナルで sudo コマンドを使用するには、管理者パスワードが必要です。

最新バージョンの RUM は、パッケージの作成処理中にダウンロードされて、パッケージ化されます。

パッケージを作成する際、Admin Console の管理オプション画面に、RUM の使用を可能にするためのオプションが表示されます。このオプションをオンにすると(デフォルトではオン)、RUM がパッケージに含まれます。パッケージをデプロイすると、RUM がクライアントコンピューターの次の場所にコピーされます。

Windows:
C:¥Program Files (x86)¥Common Files¥ Adobe¥OOBE_Enterprise¥RemoteUpdateManager

macOS:
/usr/local/bin

これで、RUM をクライアントコンピューターから実行できるようになります。

概要

アドビアプリをクライアントコンピューターにデプロイしたら、そのパッケージの後続のアップデートもクライアントコンピューターで利用できるようにします。アップデートパッケージを作成して、クライアントコンピューターに手動でデプロイできます。
アップデートを手動でデプロイする代わりに、RUM を使用できます。Adobe Update Server Setup Tool(AUSST)を使用してセットアップされている場合は、Adobe Update Server またはローカルの Adobe Update Server をポーリングします。RUM は、アップデートサーバーで利用可能な最新のアップデートを、それが実行されている各クライアントマシンに展開します。そのため、手動でクライアントコンピューターにアップデートをデプロイする必要はありません。
Admin Console からパッケージを作成するときのデフォルト設定では、アドビのアップデートがオフになっています。ほとんどのエンタープライズ環境では、エンドユーザーに管理者権限が提供されていません。アップデートを無効にすると、エンドユーザーはアップデートを利用できるかどうかを確認できず、またアップデートをダウンロードした場合に適用することもできません。RUM を使用すると、パッケージ作成ワークフローのオプション画面でアップデートを無効に設定していても、アップデートをリモートで適用できます。
各クライアントコンピューターに RUM をインストールしたら、コマンドラインまたはリモート管理ツールからリモートで起動できます。

注意:

エンタープライズ設定にローカルアップデートサーバー(AUSST)を設定するには、「Adobe Update Server Setup Tool」を参照してください。

AUSST を使用しない RUM の実行

AUSST サーバーがセットアップされていない場合、各クライアントマシンは HTTPS 経由でポート 443 を介して Adobe Update Sever をポーリングし、RUM の実行時に更新内容を受信します。

Remote Update Manager - AUSST を使用しない場合

AUSST を使用した RUM の実行

AUSST サーバーを設定している場合は、アップデートが Adobe Update Server からローカルアップデートサーバーにダウンロードされます。RUM を起動すると、各クライアントコンピューターがローカルアップデートサーバーをポーリングしてアップデートを取得します。

Remote Update Manager - AUSST を使用した場合

RUM を使用したアップデートの自動更新

RUM の使用前の環境設定

クライアントコンピューター上の製品またはコンポーネントで、管理者の介入なく直接アップデートがダウンロードされないようにする場合は、パッケージの作成中に手動アップデートを無効化します。詳しくは、以下の作成方法を参照してください。

注意:

RUM を使用すると、クライアントコンピューターで手動アップデートが無効化されていてもアップデートが適用されます。

RUM の起動時にクライアントがアクセスできるように、更新をサーバーにローカルに保存するには、Adobe Update Server Setup Tool(AUSST)を使用します。「AUSST を使用した RUM の実行」を参照してください。AUSST の設定方法について詳しくは、「Adobe Update Server Setup Tool の使用」を参照してください。

注意:

アップデートのインストール対象となるアドビアプリケーションは、RUM の起動時には実行しないようにする必要があります。

別々のインスタンスでのアップデートのダウンロードとインストール

RUM を使用して、クライアントコンピューターでアップデートをリモートでダウンロードしてインストールすることもできます。リモートアップデートのコマンドを渡す際に、アップデートのダウンロードとインストールを RUM の同じ起動/実行で行うか、複数の起動/実行で行うかを選択できます。これによって、適用可能なアップデートをダウンロードしてから、後でインストールすることができるようになります。アップデートのダウンロードとインストールについて詳しくは、RUM の構文と説明--action コマンドラインオプションを参照してください。

注意:

--action コマンドラインオプションは、現在 Acrobat および Reader のダウンロードをサポートしていません。

Acrobat および Reader のアップデートの適用

RUM は Acrobat と Reader をサポートしています。ただし、Remote Update Manager を実行する前に、クライアントコンピューターの次の項目を確認することをお勧めします。

macOS では、Acrobat Updater のバージョンが 1.0.14 以降である必要があります。

  1. Acrobat Updater のバージョンを確認するには、ターミナルで次のコマンドを実行します。

    defaults read "/Library/Application Support/ Adobe/ARMDC/Application/Acrobat Update Helper.app/Contents/Info" CFBundleVersion

  2. Acrobat Updater のバージョンが 1.0.14 より古い場合は、最新の Acrobat Updater を以下からダウンロードします。
    https://armmf.adobe.com/arm-updates/mac/ARMDC/ARM_update/ARMDC Agent Installer.pkg

  3. 次のコマンドを使用して、ダウンロードした Acrobat Updater パッケージをインストールします。

    sudo installer -pkg <path to the downloaded .pkg file> -target /

Windows では、アプリケーションのバージョンは次のとおりである必要があります。

  • クラシックトラック:15.006.30279 以降
  • 継続トラック:15.023.20053 以降

Acrobat および Reader の最新のアップデートについては、リリースノート | Acrobat、Reader を参照してください。

注意:

前述の前提条件を満たしていれば、Acrobat および Adobe Reader のアップデートを適用できます。つまり、Creative Cloud デスクトップアプリがクライアントコンピューターにインストールされていなくても、アップデートを適用できます。

RUM の構文と説明

各クライアントコンピューターでアップデートのデプロイメントをリモートで開始するには、各クライアントコンピューターで RUM を実行します。これには、SCCMARDJAMF ProMunkiMicrosoft Intune などの企業への導入ツールを使用できます。または、各クライアントコンピューターで RUM を開始するバッチファイルを使用することもできます。
RUM の構文は次のとおりです。

RemoteUpdateManager --proxyUserName= --proxyPassword= --channelIds= --productVersions= --action= --help 

パラメーター

説明

--proxyUserName

プロキシサーバーのユーザー名(該当する場合)

--proxyPassword

プロキシサーバーのパスワード(該当する場合)

--channelIds

このページに記載されている製品に対しては、--channelIds パラメーターの代わりに --productVersion パラメーターを使用します。

アップデートをリモートでデプロイする製品の ID を指定します。チャネル ID をコンマで区切って指定することで、1 つ以上の製品を指定することができます。コンマとそれに続くチャネル ID の間にはスペースを入れないようにしてください。製品の一覧と対応するチャネル ID については、RUM で使用するチャネル ID を参照してください。
既定:このパラメーターを指定しない場合、利用可能なすべてのアップデートがデプロイされます。

--productVersions

このパラメーターはオプションであり、このページに記載されているアプリに適用できます。

製品の SAP コードと、アップデートをデプロイする製品の基本バージョンの組み合わせを指定します。

例えば、-productVersions=ILST#25.0 は、Illustrator バージョン 25 のアップデートのみをデプロイします(このアプリケーションがインストールされ、実行されていない場合)。

バージョンを指定しない(製品 ID のみを指定する)場合、クライアントコンピューターにインストールされているその製品のすべてのバージョンのアップデートがデプロイされます。このオプションを指定しなかった場合、クライアントコンピューターにインストールされたすべての製品のアップデートがデプロイされます。

--productVersions アップデート/デプロイのコンマで区切られたエントリ:

  • --productVersions=ILST#25.0:Illustrator バージョン 25 用の更新プログラムのみを展開します(アプリケーションがインストールされ、実行されていない場合)。
  • --productVersions=PHSP:Photoshop のすべての(フルインストーラーアプリの)バージョンのアップデートをデプロイします(製品のバージョンが指定されていないため)。
  • --productVersions=ACR#12.0.0: Adobe Camera Raw 12.0 のアップデートをデプロイします。
  • --productVersions=APRO#15.0:メジャーバージョンが 15 の Adobe Acrobat のアップデートを Win32、Win64、OSX10-64 にデプロイします。メジャーバージョンが 15 以外の Acrobat をインストールする場合、15.0 の代わりに適切なメジャーバージョンを使用する必要があります。
  • --productVersions=RDR#15.0:メジャーバージョンが 15 の Adobe Acrobat Reader のアップデートを Win32、Win64、OSX10-64 にデプロイします。メジャーバージョンが 15 以外の Reader をインストールする場合は、15.0 の代わりに適切なメジャーバージョンを使用する必要があります。

製品は、ターゲットシステムにインストールされている場合にのみ RUM によって更新されます。

指定されたアプリのすべての依存/必須コンポーネントも更新されます。

このパラメーターは省略可能です。渡されない場合、すべてのアップデートが、--action パラメーターで指定したように一覧表示、ダウンロードまたはインストールされます。

--action

実行するアクション(list、download、install)を指定します。

  • --action=list:コンピューターにインストールされている製品に適用可能なアップデートのリストを表示します。
  • --action=download:適用可能なアップデートをダウンロードします。
  • --action=install:アップデートが既にダウンロードされている場合は、アップデートをインストールします。アップデートがダウンロードされていない場合は、最初にアップデートをダウンロードしてから、インストールします。
  • --action を指定しない場合は、既定のアクションが実行され、適用可能なアップデートのダウンロードとインストールのみが行われます。

注意: --action コマンドラインオプションは現在、Acrobat および Reader のアップデートのダウンロードをサポートしていません。

--help

ツールの使用方法を一覧表示します。

サンプル

  • 次のコマンドは、プロキシサーバーがないシナリオの場合に、クライアントコンピューター上で RUM を起動します。

    RemoteUpdateManager

  • 次のコマンドは、プロキシサーバーのユーザー名 TestUser およびプロキシサーバーのパスワード _27Dtpras?! を必要とするクライアントコンピューターで RUM を起動します。

    RemoteUpdateManager --proxyUserName=TestUser --proxyPassword=_27Dtpras?!

  • 次のコマンドは、Illustrator の全バージョンの最新アップデートをデプロイします。

    RemoteUpdateManager --productVersions=ILST

  • 次のコマンドは、Illustrator 19.0 のみの最新のアップデートをデプロイします。

    RemoteUpdateManager --productVersions=ILST#25.0

  • 次のコマンドは、Illustrator の全バージョンの最新アップデートと、Photoshop CS6-13.0 に適用可能なアップデートをデプロイします。

    RemoteUpdateManager –-productVersions=ILST --channelIds=AdobePhotoshopCS6-13.0

  • 次のコマンドは、チャネル ID AdobePhotoshopCS6-13.0 とチャネル ID AdobeInDesignCS6-8.0 に対応する製品のアップデートのみをデプロイします。コンマ(,)と「AdobeInDesignCS6-8.0」の間にはスペースがありません。

    RemoteUpdateManager --channelIds= AdobePhotoshopCS6-13.0, AdobeInDesignCS6-8.0

戻り値

実行後、RUM は次のいずれかの値を返します。

0

アップデートが正常にデプロイされたか、コンピューターが既に最新の状態です。

1

内部エラーのような一般エラー。例えば、Adobe Application Manager のインストールが破損しているか、またはネットワークが利用できない場合が考えられます。この場合、通常はアップデートのダウンロードまたはインストールの処理をまったく開始することができません。

2

1 つ以上のアップデートをインストールできませんでした。例えば、3 つのアップデートのうちの 2 つのみが正常にインストールされた可能性があります。
Photoshop、Illustrator および Dreamweaver に対してアップデートをインストールする場合を考えてみます。ただし、Photoshop がクライアントコンピューターで実行されているため、アップデートは Illustrator および Dreamweaver にのみインストールされました。このシナリオでは、エラー 2 が返されます。

詳細情報は、次のセクションで説明する RUM のログファイルに記載されています。

アップデートのダウンロードおよびインストールステータス

アプリのアップデートのダウンロードおよびインストールステータスは、コンソールに表示されます。

アプリのリモートアップデートのダウンロードおよびインストールステータス

RUM のログファイル

RUM のログファイルには、RUM で例外ペイロードのデプロイメント時に発生するイベントに関する詳細情報が記載されます。
ログファイルの名前は RemoteUpdateManager.log で、次の場所に保存されます。

  • Windows では、ログファイルは %temp% の場所にあります。
  • macOS では、ログファイルは ~/Library/Logs/ フォルダー内にあります。

エラーのチェック

RUM で生じたエラーには、ログファイル内で [ERROR] タグが付いています。

ログファイルのデータ形式

RUM は、Creative Cloud 製品のワークフローを実行する前に、Acrobat の完全なワークフロー(リストおよびインストール)を実行します。Acrobat のログは、Creative Cloud 製品のワークフローの前に表示されます。

また、すべての Creative Cloud 製品のログが次の形式で表示されます。

SAPCode_バージョン_プラットフォーム.例:PHSP_21.2.10.118_osx10-64.

ただし、Windows では Acrobat および Reader のログ情報は次のように表示されます。

ProductName-BaseVersion。例: AdobeAcrobatDC-15.0

アドビのロゴ

アカウントにログイン