Acrobat DC の最新リリースをご利用いただけます。詳しくは、新機能の概要 | Acrobat DC 最新リリースを参照してください。


Acrobat DC 2016 年 10 月リリース

まったく新しいファイルの比較ツール

  対応バージョン:Acrobat DC Continuous

新しいファイルを比較ツールを使用すると、2 つのバージョンの PDF ファイルの差異をすばやく正確に検出できます。

  • 文書の 2 つのバージョンを比較して、テキストおよび画像のすべての変更を検出できます。
  • ファイルの差異の概要を示す、見やすい結果概要が表示されます。
  • 左右に並べて表示または単一ページ表示を使用して、簡単に文書内を移動し、それぞれの差異を確認できます。
  • 変更のフィルター機能を使用して、テキスト、画像、注釈、書式設定、ヘッダー/フッター、背景のすべての差異をすばやく確認できます。
  1. ツールファイルを比較を選択します。

    注意:このツールの旧称は「文書の比較」です。

    比較するファイルを選択
  2. 左側の「ファイルを選択」をクリックし、比較対象の古いファイルのバージョンを選択します。右側の「ファイルを選択」をクリックし、比較対象の新しいファイルのバージョンを選択します。

  3. 比較」をクリックします。

  4. 結果が新しい文書に表示され、ファイルのすべての相違点に関する分かりやすい概要が示されます。

    結果を比較
  5. それぞれのファイルの相違点を詳しく確認するには、「最初の変更に移動」ボタンをクリックします。

詳しくは、PDF ファイルの 2 つのバージョンの比較を参照してください。

機能拡張された証明書ツール

  対応バージョン:Acrobat DC Continuous

まったく新しい証明書ツールにより、デジタル ID を使用して、文書の電子署名、証明、検証をこれまでになく容易に実行できるようになります。

  • 設定は簡単です。ファイル、スマートカード、または USB トークンデバイスから既存のデジタル ID を検索し、署名用に簡単に設定します。
  • 署名の表示方法をカスタマイズできます。ロゴ、日付、場所、または署名理由など、署名に関する重要な情報を追加します。
  • 署名の画像を使用します。署名を描画するか、スキャンした画像をアップロードしてデジタル ID に追加します。

新しいデジタル ID の設定ワークフロー

既存のデジタル ID を使用するか、新しい ID を作成することができます。デジタル ID がご使用のコンピューターで使用できるかどうかによって、次に示す 2 つのワークフローのうち、いずれかを参照してください。

利用できるデジタル ID がない場合

  1. 使用できるデジタル ID がない場合に、署名フィールドを作成またはクリックすると、次のプロンプトが表示されます。

    デジタル ID の設定プロンプト
  2. デジタル ID を設定」をクリックします。署名に使用するデジタル ID の設定ダイアログボックスが表示されます。

    デジタル ID の種類を選択
  3. 希望するデジタル ID の種類を選択して、「続行」をクリックした後、ウィザードに従って ID を作成します。

    新しいデジタル ID の作成」を選択した場合は、オペレーティングシステムに基づいて次のオプションのセットが表示されます。

    デジタル ID の保存先を選択
    Windows の場合

    デジタル ID の保存先を選択
    Mac OS の場合は、「Apple キーチェーンに保存」という新しいオプションが表示されます


1 つまたは複数のデジタル ID が利用できる場合

  1. 署名フィールドを作成またはクリックした際に、1 つ以上の有効なデジタル ID が署名に使用できる場合は、次のダイアログボックスが表示され、優先的に使用するデジタル ID をここで選択します。

    リストからデジタル ID を選択します
  2. 希望する ID を選択して、署名を続行します。

詳しくは、デジタル ID を参照してください。

注意:

デジタル署名を適用する際に従来のユーザーインターフェイスを依然として使用することを希望する場合は、次の新しい環境設定を使用すると、新しいインターフェイスと以前のインターフェイスを切り替えることができます。

編集/環境設定/署名/デジタル署名/詳細/作成署名およびデジタル ID の設定に最新のユーザーインターフェイスを使用する

新しい DirectInk のサポート

  対応バージョン:Acrobat DC Continuous

Acrobat では、Microsoft の新しい DirectInk テクノロジーをサポートするようになりました。DirectInk テクノロジーを利用して改良されたペンツールを使用して、PDF 内でより滑らかかつ正確に描画できます。DirectInk の効果を高めるには、Microsoft Surface Pro などの Windows 10 デバイスでハードウェアペンを使用します。

タグエディターでの取り消しとやり直しのサポート

  対応バージョン:Acrobat DC Continuous

タグエディターで取り消しとやり直しの操作がサポートされるようになりました(表示/表示切り替え/ナビゲーションパネル/タグ)。

  • 新しいタグの作成:取り消しアクションでは直前に作成したタグが削除され、やり直しアクションではそのタグが復元されます。
  • タグの削除:取り消しアクションでは削除済みのタグが復元され、やり直しアクションではそのタグが削除されます。
  • タグの編集:取り消しアクションでは直前のタグ編集が取り消され、やり直しアクションでは取り消しを実行する前の状態に戻ります。
  • タグのカット&ペースト:取り消しアクションではカット&ペースト操作がキャンセルされ、やり直しアクションではその状態が復元されます。
  • 選択項目から作成された複数のタグ:取り消しアクションでは、選択項目から作成されたすべてのタグが削除されます。やり直しアクションでは、これらのタグすべてが復元されます。

PDF として保存ダイアログボックスの機能拡張

  対応バージョン:Acrobat DC Continuous

クラウド(Creative Cloud、Document Cloud、Dropbox、OneDrive など)からファイルを開いている場合に、PDF として保存ダイアログボックスに、マイコンピューターではなく、ファイルの元の場所がデフォルトで表示されるようになりました。

カスタムの保存ダイアログボックス

Mac OS での 64 ビット版 Office 2016 用 PDFMaker のサポート

  対応バージョン:Acrobat DC Continuous

新しい PDFMaker アドインのサポートにより、Acrobat リボン(Acrobat/PDF を作成)を使用して、Mac 向けの 64-bit 版 Microsoft Word 2016 および PowerPoint 2016 内から高品質の Adobe PDF ファイルを作成できるようになりました。

Mac での ICA を使用した両面スキャン

  対応バージョン:Acrobat DC Continuous

Mac OS での ICA を使用した両面スキャンが有効になりました。スキャナーが両面スキャンに対応していない場合でも、両面のスキャンをおこなうことができます。

新しい OCR ライブラリ

  対応バージョン:Acrobat DC Continuous

Acrobat DC で、新しいバージョン の OCR ライブラリ(iDRS 15.2.2.1819)が利用できるようになりました。

Windows での QuickTime サポートの廃止

  対応バージョン:Acrobat DC Continuous および Classic

Apple では従来の Windows 向け QuickTime ソフトウェアに対するセキュリティアップデートの提供を終了しているため、このソフトウェアの攻撃に対する脆弱性が生じています。アドビでは、Acrobat および Readerを保護するために、Windows 上の QuickTime のサポートも廃止しています。Acrobat DC と Reader DC で組み込みの Windows ビデオプレーヤーを使用して、従来の QuickTime ビデオ(Acrobat 9 以前で作成された PDF に埋め込まれたビデオ)を再生できるようになりました。

詳しくは、Windows での QuickTime サポートの廃止を参照してください。

Acrobat DC 2016 年 7 月リリース

新機能および変更された機能

Mac OS の Word 2016 用の PDFMaker

  対応バージョン:Acrobat DC Continuous

Mac 用の Microsoft Word 2016(32 ビット、バージョン 15.22 以降)の新しい Acrobat リボンから、ライブリンクを使用して高品質な Adobe PDF を作成できるようになりました。

Mac OS の Word 2016 から PDF を作成

Mac OS でのテキスト選択のパフォーマンス向上

  対応バージョン:Acrobat DC Continuous および Classic

OS X 10.11 から、描画ループが変更されました。その結果、マウスをドラッグして一部のテキストを選択すると、Acrobat または Reader 内でコンテンツが描画されなくなりました。この問題を解決するために、アドビは Acrobat および Reader に必要な変更を適用し、テキスト選択のパフォーマンスを向上させました。この変更は、手のひらツール、選択ツール、タブ、注釈、編集など、すべてのマウスドラッグ操作を対象としています。

Web Capture での Unicode サポートの強化

  対応バージョン:Acrobat DC Continuous および Classic

36 の新しい言語と 83 の新しい Unicode 範囲のサポートが Web Capture に追加されました。

テーマの変更で再起動が不要に

  対応バージョン:Acrobat DC Continuous

Acrobat または Reader でテーマを変更すると(表示/表示テーマ/ダークグレーまたはライトグレー)、テーマがすぐに適用されます。アプリケーションの再起動は必要ありません。

クラウドファイルに場所別のアイコンを表示

  対応バージョン:Acrobat DC Continuous および Classic

Acrobat DC および Acrobat Reader DC でクラウドファイルを取り扱うときに、各ファイルの場所に基づいて、ファイル名の横に特定のアイコンが表示されるようになりました。このアイコンは、最近使用したファイルの一覧、ファイルメニューおよびカスタムの開く/保存ダイアログボックスで表示されます。

クラウドファイルの場所別のアイコン
クラウドファイルの場所別のアイコン - Document Cloud および Creative Cloud、Dropbox、SharePoint、OneDrive または Box

Acrobat DC Classic で最新の注釈機能が利用可能に

  対応バージョン:Acrobat DC Continuous および Classic

Acrobat DC Continuous の 2016 年 5 月リリースで導入された新しい注釈機能が Acrobat DC Classic でも利用できるようになりました。

「置換テキストにノートを追加」ツールを注釈ツールバーに再実装

  対応バージョン:Acrobat DC Continuous および Classic

前のリリースで注釈ツールバーから削除された「置換テキストにノートを追加」ツールが、ツールバーに再度追加されました。

「置換テキストにノートを追加」ツールを注釈ツールバーに再実装

Windows 10 で Acrobat を PDF ファイルの既定のプログラムとして設定

  対応バージョン:Acrobat DC Continuous および Classic

Windows 10 Threshold 2 以降では、Acrobat Reader または Adobe Acrobat は PDF ファイルの既定のプログラムではなくなっています。Adobe Acrobat を PDF ファイルの既定のプログラムにするには、以下の手順を実行します。

  1. Acrobat を起動します。数秒後、Acrobat が既定のプログラムでないことが検出され、以下のようなプロンプトが表示されます。

    Acrobat を既定のプログラムにするためのプロンプト
  2. はい」をクリックします。 この変更を適用するための手順を示す情報ダイアログボックスが表示されます。

    Acrobat を既定のプログラムに設定
  3. 続行」をクリックします。既定のプログラムを設定するダイアログボックスが表示されます。

  4. 「プログラム」リストで「Adobe Acrobat DC」を選択します。「すべての項目に対し、既定のプログラムとして設定する」をクリックし、「OK」をクリックします。

    既定のプログラムを設定するダイアログボックス

  削除バージョン:Acrobat DC Continuous および Classic

Acrobat および Reader で Mobile Link が廃止されています。UI に関する機能固有のセクションも削除されています。

  • 最近使用したファイルはまだ使用可能なので、すべてのデバイスの最近使用したファイルのリストから、Adobe Document Cloud にアップロードした PDF に引き続きアクセスできます。
  • Document Cloud にファイルを保存し、共有することもできます。

詳しくは、よくある質問を参照してください。

Acrobat DC 2016 年 5 月リリース

新機能および変更された機能

ポップヒントやウォークスルーで基本を学ぶ

  対応バージョン:Acrobat DC Continuous

新しいユーザーや初めてご使用いただくユーザーは、Acrobat DC の主要機能を、ホームビューからポップヒントやガイドウォークスルーですばやく学んでいただくことができるようになりました。

Acrobat を起動すると、ホームビューに「Acrobat DC の概要」オプションが表示されます。関連したガイドツアーやクイックビデオを見るには、オプションを選択します。

Acrobat の概要

ガイドツアーでは、一連のヒントが順を追って製品内に表示されます。現在表示されているヒントに従って操作すると、次のヒントが表示されます。

Acrobat 内から Acrobat Reader モバイル版アプリのリンクを入手

Acrobat は、Acrobat Reader モバイル版アプリをインストールするためのリンク(iOS アプリストア/Google Play ストア)の入ったテキストメッセージを、モバイルデバイスに送信できるようになりました。

  1. ログインしているか確認してください。ログインしている場合は、右上隅に名前が表示されます。

  2. Acrobat Reader モバイル版アプリの入手」オプション(上のスクリーンショットに表示されているオプションの 1 つ)を選択します。

  3. モバイルへダイアログ画面で、あてはまる国を選択し、携帯番号を入力して「リンクをテキストメッセージで送信」をクリックします。

    モバイルデバイスに Acrobat Reader をインストール
  4. Acrobat がご使用のデバイスにメッセージを送信します。モバイル版アプリのインストールを完了するには、メッセージの指示に従います。

    注意:

    Adobe はここで入力されたお客様の電話番号を保存しません。

最新のユーザーインターフェイス - 新しいダークグレーテーマ

  対応バージョン:Acrobat DC Continuous

Acrobat DC と Acrobat Reader DC でも、ライトグレーテーマに加えて、Photoshop、Illustrator、Premiere Pro などの他の Creative Cloud 製品と同様のダークグレーテーマを利用できるようになりました。このテーマを選択すると、特にカラフルな色を使ったデザインをするときに、視覚的に作業しやすくなります。また、複数のアプリケーションを使用した作業も、より効率的に進めることができます。

デフォルトのテーマは引き続きライトグレーです。ダークグレーに変更するには、表示/表示テーマ/ダークグレーを選択して、Acrobat DC または Acrobat Reader DC を再起動します。

新しいダークグレーテーマ

Acrobat の Box および OneDrive コネクタ

  対応バージョン:Acrobat DC Continuous および Classic

デスクトップで Acrobat DC または Acrobat Reader DC を使用しながら、Box および個人ユーザー向けまたはビジネス向けの OneDrive のファイルストレージアカウントに簡単にファイルを保存し、アクセスできるようになりました。

ホームビューまたはカスタムの開くまたは保存ダイアログボックスから Box や OneDrive アカウントを追加すると、Acrobat DC または Acrobat Reader DC 内から、開く、別名保存、PDF の作成、PDF の書き出し、電子メールへの添付などの標準的なファイル操作を簡単に行うことができます。

ホームビューの Box および OneDrive コネクタ
ホームビューの Box および OneDrive コネクタ

カスタムの開く/保存ダイアログボックスの Box および OneDrive コネクタ
カスタムの開く/保存ダイアログボックスの Box および OneDrive コネクタ ボックス

アカウントを追加すると、左側のパネルにそのエントリが表示され、右側のパネルにファイルとフォルダーのリストが表示されます。選択したファイル形式に特有のすべてのアクションが、ここから、また、カスタムの開くまたは保存ダイアログボックスから、利用できるようになります。

ホームビューの Box および OneDrive コネクタ
ホームビューの Box および OneDrive コネクタ

注意:

Box および OneDrive のファイルについて、コマンドの検索、並べ替えおよびフィルターは、ホームビューではまだ利用できません。Box および OneDrive のアセットは、アドビのサーバーには保存されません。

スキャンアプリの最新のインターフェイス

  対応バージョン:Acrobat DC Continuous

スキャンツールのインターフェイスが刷新され、シンプルになりました。新しいインターフェイスでは、デフォルトの設定またはプリセットを使用し、すばやく紙の文書をスキャンして PDF に変換できます。また、同じインターフェイスから、必要に応じてラジオボタン、歯車アイコンまたはその両方を使用して、スキャンの設定を容易に調整できます。

アプリにアクセスするには、ツール/PDF を作成/スキャナーを選択します。スキャナーから PDF を作成または挿入ワークフローを使用した場合は、常に新しいインターフェイスが表示されます。

スキャンアプリの新しい UI

設定の変更およびプリセットの設定

設定 アイコンは、デフォルト設定または選択したプリセットの横に表示されます。アイコンをクリックすると関連した設定がすべて表示され、設定を変更したり、変更した設定を使用して保存またはスキャンしたりできます。

詳しくは、文書をスキャンして PDF に変換を参照してください。

機能向上した新しい注釈機能

  対応バージョン:Acrobat DC Continuous

まったく新しい注釈ツールと直感的でタッチフレンドリーなインターフェイスで、分かりやすいフィードバックをすばやく追加できます。

  • 注釈ツールバーをカスタマイズして、使用する機能を表示できます。
  • 注釈テキストのカラー、フォントやサイズを簡単に変更できます。
  • 注釈の表示と閲覧が容易になります。ページ、作成者、日付、種類、チェックのステータスまたはカラーで、注釈を整理できます。また、フィルターによる注釈のすばやい管理をサポートします。
  • 単一スレッドでノート注釈に返信し、1 つの対話に注釈へのすべての返信が含まれます。
  • タッチ操作が可能なデバイスでは、入力可能なテキストフィールドをタップオンすると、ソフトキーボードが表示されます。
  • キーボードショートカットを使用して、削除、置換、テキストへのノートの追加を含む注釈アクションを実行できます。注釈ツールを表示すると、デフォルトでテキストマークアップショートカットが有効になっています。
  • 新しいハイライトペンを使用して、OCR を実行せずに、スキャンした文書をマークアップできます。

注釈ツールバーのカスタマイズ

注釈ツールバーを右クリックして、コンテキストメニューから「注釈ツールのカスタマイズ」を選択します。

注釈ツールバーのカスタマイズ

注釈ツールのカスタマイズダイアログボックスで、よく使用するツールを選択します。

注釈ツールのカスタマイズダイアログボックス
1. リストからツールを選択します。2.ツールバーへの追加をクリックします。3.追加されたツールが上に表示されます。4.「保存」をクリックします。

注釈テキストのカラー、フォントやサイズを簡単に変更

テキストのハイライトカラーの確認と変更を、コメントツールバーのカラーピッカーを使用して簡単にできます。

コメントツールバーのカラーピッカー

タイプライターおよびテキストボックスツール用のテキストフォーマットツールが自動的に表示されます。ページ上の任意の場所をクリックすると、注釈ツールバーのすぐ下にテキストプロパティのポップアップメニューが表示されます。

タイプライターおよびテキストボックスツール用のテキストフォーマットツールが自動的に表示されます

表示と閲覧が容易な注釈

注釈パネルでページ別に整理されます。

注釈をページ別に整理

単一スレッド機能でノート注釈に返信

それぞれの注釈は会話に相当し、すべての返信が単一スレッドのように表示されるようになりました。

単一スレッド返信機能

PowerPoint 2016 用の PDFMaker(Mac OS)

  対応バージョン:Acrobat DC Continuous

Mac 用の Microsoft PowerPoint 2016(32 ビット、バージョン 15.19 以降)の新しい Acrobat リボンから、ライブリンクを使用して高品質な Adobe PDF を作成できるようになりました。

SharePoint または Office 365 サイトでの共有レビューのホスト(Mac OS)

  対応バージョン:Acrobat DC Continuous

SharePoint または Office 365 サイトベースのレビューを Mac OS で開始できるようになりました。

詳しくは、SharePoint または Office 365 サイトでの共有レビューのホストを参照してください。

64 ビットマシンでのサムネールプレビュー(Windows)

  対応バージョン:Acrobat DC Continuous および Classic

Windows エクスプローラーでの PDF ファイルのサムネールプレビューの表示が 64 ビットプラットフォームでもサポートされるようになりました。この機能を有効にするには、環境設定/一般に移動して、「Windows Explorer で PDF サムネールのプレビューを有効にする」を選択します。

読み上げオプションの強化

  対応バージョン:Acrobat DC Continuous および Classic

スクリーンリーダーで、ホームビューおよび別名保存ダイアログボックスのオプションが読み上げられるようになり、視覚障害のあるユーザーのためのアクセス機能が向上しました。

PDF 編集時およびテキスト追加時に使用する代替デフォルトフォントの変更

  対応バージョン:Acrobat DC Continuous および Classic

「コンテンツ編集」環境設定にある 2 つの新しい「フォント」オプションを使用して、テキスト追加時およびテキスト編集時に使用する代替オプションのデフォルトフォントを選択できるようになりました。

詳しくは、PDF 編集時およびテキスト追加時に使用する代替デフォルトフォントの変更を参照してください。

アジア諸言語での OCR 精度の向上

  対応バージョン:Acrobat DC Continuous

簡体字中国語、繁体字中国語、日本語および韓国語の文書をスキャンする場合の光学文字認識(OCR)の精度が大幅に向上しました。

Acrobat DC 2016 年 1 月リリース

新機能および変更された機能

タブインターフェイスの機能強化

  対応バージョン:Acrobat DC Continuous

複数のタブが開いている場合に、アプリケーションの終了前に確認ダイアログを表示

複数のタブまたは文書が開いている状態で Acrobat DC を閉じたときに、開いておきたい文書が誤って閉じられることのないように、確認プロンプトが表示されます。

タブまたは文書を閉じる前に確認する
タブまたは文書を閉じる前の確認

また、確認プロンプトをリセットするための新しい環境設定、編集/環境設定/一般/複数のタブを閉じる前に確認するが導入されました。デフォルトでは、このオプションはオンに設定されています。

タブを縦または横に並べて表示

複数の文書を開いているときに、ウィンドウメニューの「並べて表示」オプション(ウィンドウ/並べて表示/「横方向」または「縦方向」)を使用してタブを縦または横に並べて表示し、比較できるようになりました。タブは個別のウィンドウとして、並べて表示されます。

横に並べた例 (Acrobat)
タブを横に並べる

タブを縦に並べる
タブを縦に並べる

SharePoint/Office 365 サイトでの共有レビューのホスト(Windows)

  対応バージョン:Acrobat DC Continuous および Classic

SharePoint/Office 365 サイトで共有レビューをホストできるようになりました。

詳しくは、SharePoint または Office 365 サイトでの共有レビューのホストを参照してください。

Office 365 SharePoint ベースのレビューへの参加(Mac OS)

  対応バージョン:Acrobat DC Continuous および Classic

Mac ユーザーも Office 365 SharePoint ベースのレビューに参加できるようになりました。

Mac ホームビュー

  対応バージョン:Acrobat DC Continuous および Classic

すべての PDF を閉じると、デフォルトでホームビューが閉じます。

Windows Threshold 2 のサポート

  対応バージョン:Acrobat DC Continuous および Classic

Acrobat/Reader DC および XI が Windows Threshold 2 でサポートされるようになりました。

Mac Office 2016 のサポート

  対応バージョン:Acrobat DC Continuous および Classic

Acrobat 内の PDF 作成ワークフローを使用した、Mac の Office 2016 からの PDF 作成がサポートされるようになりました。

連続導入では Adobe ID サインインがオプション化(ボリュームユーザーのみ)

  対応バージョン:Acrobat DC Continuous および Classic

連続導入ではサインインがオプションになったので、エンドユーザーは Adobe ID を作成しなくても Acrobat DC を使用できます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー