マニュアル キャンセル

Adobe Captivate の変数

  1. Captivate ユーザーガイド
  2. Captivate の紹介
    1. Adobe Captivate の新機能
    2. Adobe Captivate の必要システム構成
    3. Adobe Captivate のダウンロード
    4. Adobe Captivate (2019 release) アップデート 5 の新機能
    5. Adobe Captivate (2019 release) アップデート 2 の新機能
    6. Adobe Captivate 11.8 リリースノート
    7. Adobe Captivate リリースノート
    8. Adobe Captivate Draft の必要システム構成とダウンロード手順
    9. Adobe Captivate でのレスポンシブプロジェクトのデザイン
  3. プロジェクトの作成
    1. Adobe Captivate での各種プロジェクトの作成
    2. Adobe Captivate のプロジェクトのサイズをカスタマイズする方法
    3. Adobe Captivate でのレスポンシブプロジェクトのデザイン
    4. バーチャルリアリティ(VR)プロジェクトの作成
    5. Adobe Captivate のレスポンシブテキストを操作する
    6. Adobe Captivate におけるテーマの操作
    7. レスポンシブプロジェクトでビュー固有のプロパティを適用する方法
    8. Adobe Captivate プロジェクトのバックアップファイルを作成する方法
    9. アセットパネル
    10. Captivate での分岐および強制ナビゲーションの作成
    11. ステージ上の画像の置き換え
  4. オブジェクトの追加と管理
    1. Adobe Captivate におけるマルチステートのオブジェクトの使用
    2. オブジェクトエフェクト
    3. Adobe Captivate プロジェクトへの Web オブジェクトの挿入
    4. Adobe Captivate におけるオブジェクトスタイルを操作する
    5. Adobe Captivate でオブジェクトを回転させる方法
    6. ピクセル単位でのオブジェクトのサイズおよび位置の変更
    7. メインオプションツールバーを使用してオブジェクトを管理する方法
    8. スライド内のオブジェクトをマージする方法
    9. ライブラリ内のオブジェクトを管理する方法
    10. Adobe Captivate でオブジェクトをグループ化する方法
    11. 詳細なインタラクションパネルを使用したオブジェクト情報の編集
    12. Adobe Captivate でオブジェクトをコピー、貼り付け、複製する方法
    13. オブジェクトの表示を制御する
    14. Adobe Captivate でオブジェクトの表示順序を変更する方法
    15. オブジェクトへのシャドウの適用
    16. Adobe Captivate でオブジェクトを整列させる方法
    17. Adobe Captivate のオブジェクトにリフレクションを追加する方法
    18. Captivate プロジェクトにアセットをインポートする
  5. スライド
    1. Adobe Captivate プロジェクトにスライドを追加する
    2. Adobe Captivate プロジェクトにおけるスライドの編集
    3. Adobe Captivate プロジェクトのスライドを削除する方法
    4. Adobe Captivate でスライドの順序を変更する方法
    5. Adobe Captivate でスライドプロパティを設定する
    6. Adobe Captivate でスライドメモを音声ファイルに追加および変換する
    7. Adobe Captivate でナレッジチェックスライドを設定する
    8. Adobe Captivate でスライドトランジションを追加する方法
    9. Adobe Captivate でマスタースライドを使用する方法
    10. Adobe Captivate のスライドをロックする方法
    11. Adobe Captivate のプロジェクトでスライドを非表示にする方法とスライドを除外する方法
    12. Adobe Captivate でスライドのグループ化とグループ化の解除を行う方法
  6. タイムラインとグリッド
    1. ルーラーとガイドを使用する
    2. Adobe Captivate でのグリッドを操作する
    3. タイムラインの操作
    4. Adobe Captivate におけるショートカットキー
    5. フィルムストリップの操作
    6. Adobe Captivate のワークスペースをカスタマイズする方法
    7. Adobe Captivate ライブラリの使用方法
    8. Adobe Captivate で「分岐」パネルを使用する方法
  7. クイズを作成
    1. Adobe Captivateプロジェクトに質問スライドを挿入する
    2. Adobe Captivate でのクイズ環境設定の設定
    3. 学習者がすべてのクイズ応答を同時に提出する方法
    4. Adobe Captivate を使った質問スライドの設定方法
    5. Adobe Captivate でランダム質問スライドを使用する
    6. ユーザーがクイズに戻ることができるようにする方法
    7. CSV 形式ファイルから質問を読み込む
    8. GIFT 形式ファイルから質問をインポート
    9. Adobe Captivate 内にプレテストを挿入する方法
  8. オーディオ
    1. Adobe Captivate プロジェクトへの音声の挿入方法
    2. Adobe Captivate で音声をプレビューする方法
    3. Adobe Captivate での音声ファイルの編集方法
    4. Adobe Captivate でオーディオの詳細を表示する
    5. オーディオ録音環境設定の設定とオーディオの録音
    6. Adobe Captivate から音声を書き出す方法
  9. ビデオ
    1. スライドビデオ
    2. Adobe Captivate でイベントビデオを操作する
    3. Adobe Captivate におけるイベントと同期ビデオの違い
  10. インタラクティブなオブジェクト
    1. Adobe Captivate プロジェクトへのインタラクティブボタンの追加
    2. Adobe Captivate でクリックボックスを作成する
    3. Adobe Captivate でテキスト入力ボックスを追加する
    4. ボックスとボタンに音声を追加する方法
    5. Adobe Captivate のボックスとボタンに JavaScript を追加する方法
  11. インタラクション
    1. Adobe Captivate を使用した学習インタラクションの作成
    2. Adobe Captivate でのドラッグ&ドロップインタラクションの作成
    3. Adobe Captivate でウィジェットとインタラクションを設定する方法
    4. ウィジェットで Adobe Captivate の変数を使用する
    5. Adobe Captivate でのウィジェットのプロパティの設定
    6. Adobe Captivate で静的ウィジェット、インタラクティブウィジェット、および質問ウィジェットを作成する方法
    7. Adobe Captivate プロジェクトにウィジェットを追加する方法
  12. 非インタラクティブなオブジェクト
    1. スマートシェイプの作成と編集
    2. Captivate でのテキストキャプションの編集と作成
    3. Captivate での画像およびロールオーバー画像の使用方法
    4. Adobe Captivate でスマートシェイプをカスタマイズする方法
    5. Adobe Captivate でズーム領域を作成する方法
    6. 非インタラクティブなオブジェクトに音声を設定する方法
    7. Adobe Captivate でロールオーバースライドレットを作成する方法
    8. Adobe Captivate でロールオーバーキャプションを作成する方法
    9. Adobe Captivate でマウスのプロパティを変更する
    10. Adobe Captivate でのハイライトボックスの使用
    11. Adobe Captivate でスウォッチを操作する
    12. 非インタラクティブオブジェクトのサイズと位置の変更
    13. Adobe Captivate プロジェクトにアニメーションを追加する
  13. 詳細な編集とプロジェクトのレビュー
    1. Adobe Captivate のプロジェクトをリンクする方法
    2. コンテンツの読み込み、書き出し、削除
    3. スキン
    4. Adobe Captivate でアクセシブルプロジェクトを作成する
    5. Adobe Captivate で目次を作成する
    6. Adobe Captivate プロジェクトのサイズを変更する
    7. プロジェクトとその環境設定
    8. Adobe Captivate でプロジェクトをプレビューする方法
  14. 変数および高度なアクション
    1. Adobe Captivate の変数
    2. Adobe Captivate でユーザー定義変数を作成する方法
    3. Adobe Captivate の高度なアクション
    4. Adobe Captivate プロジェクトの共有アクション
    5. ユーザー定義変数を Adobe Captivate で編集または削除する方法
    6. イベントに高度なアクションを割り当てるには
  15. プロジェクトの記録
    1. インタラクティブビデオの作成
    2. Captivate による自動記録と手動記録
    3. Adobe Captivate の録画設定を変更する
    4. Adobe Captivate でのビデオデモンストレーションの記録
    5. Adobe Captivate でソフトウェアシミュレーションを記録する方法
    6. 録音を一時停止する方法
  16. プロジェクトをパブリッシュ
    1. レスポンシブプロジェクトのプレビューとパブリッシュ
    2. Adobe Captivate Prime にプロジェクトを公開する
    3. Adobe Captivate で HTML5 ファイルとしてプロジェクトをパブリッシュする
    4. 実行ファイルとしてのプロジェクトのパブリッシュ
    5. Adobe Captivate で MP4 ファイルとしてプロジェクトをパブリッシュする
    6. Adobe Captivate で公開設定を設定する
    7. Adobe Captivate での Adobe Fonts の使用
    8. 内部サーバーへのクイズ結果の報告
  17. Adobe Captivate と他のアプリケーションとの連携
    1. Captivate での PowerPoint プレゼンテーションの読み込みと編集
    2. Adobe Captivate プロジェクトの学習管理システムへのアップロード
    3. Adobe Captivate の共通 JavaScript インターフェイスについて学習する
    4. Adobe Captivate プロジェクトを Microsoft Word 形式でパブリッシュする方法
    5. Captivate で Adobe Connect を使用する方法
    6. Captivate のプロジェクトを RoboHelp のオンラインヘルプシステムに追加する方法
    7. Adobe Multi-SCORM Packager を使用して複数の SCO をパッケージ化する方法
  18. Adobe Captivate でトラブルシューティングを行う
    1. Adobe Captivate、Adobe FrameMaker、Adobe RoboHelp の最新バージョンにおける既知の問題および制限事項を解決します。
    2. MacOS ビッグ Sur (macOS 11) の Captivate 用初期ビルド (2019 リリース)
    3. デバイスで VR コンテンツが再生されない問題の Hotfix
    4. デバイスでライブプレビュー向けの SSL 設定を行う
    5. macOS Catalina における Captivate (2019 release) のライセンス認証の問題
    6. Captivate のレスポンシブコースが、ブラウザーで自動的に再生されない
    7. Adobe Captivate (2019 release) でのアセットパネルの問題
    8. Adobe Captivate のインストール中にエラー 103 が発生する
    9. Captivate プロジェクトのプレビュー時の問題

 

  • Mac OS Catalina に対応した Adobe Captivate (2019 release) 用のアップデートが公開されました。今すぐアップデートを入手しましょう
  • Adobe Captivate(2019 release)にアセットパネルが読み込まれない場合は、詳細から解決策を確認してください。

Captivate で変数を使用して、プロジェクトに機能を追加することができます。この記事では、Adobe Captivate で使用できるすべてのシステム変数とユーザー変数について説明します。

Captivate の変数にアクセスするには、「プロジェクト/変数」をクリックします。

プロジェクトに新しい変数を追加する手順については、「ユーザー定義変数の作成」を参照してください。

ユーザー変数

デフォルトでは、2 つのユーザー変数が定義されています。以下の表に、Captivate のユーザー変数を示します。

変数名

デフォルト値

説明

cpQuizInfoStudentID

 

LMS から学生の ID を取得します。

cpQuizInfoStudentName

 

LMS から学生の名前を取得します。

システム変数

Adobe Captivate のシステム変数は、機能別にグループ化されています。

ムービーの制御

このカテゴリは、ムービーを制御するイベント用の変数から構成されています。例えば、スライドの一時停止、スライドの再開、前のスライドに戻る、次のスライドに進む、などのイベントです。

変数名 デフォルト値 説明
cpCmndCC 0 クローズドキャプション(CC)の有効と無効を切り替えます。値を 1 に設定すると、クローズドキャプションが表示されます。
cpCmndExit 0 値を 1 に設定すると、ムービーが終了します。
cpCmndGotoFrame -1 値としてフレーム番号を指定します。ムービーは、この番号のフレームにジャンプして一時停止の状態になります。
cpCmndGotoFrameAndResume -1 値としてフレーム番号を指定します。ムービーは、この番号のフレームにジャンプして再生状態になります。
cpCmndGotoSlide -1 ムービーのジャンプ先となるスライドを指定します。インデックスの開始値はゼロです。
cpCmndMute 0 音声のミュートとミュート解除を切り替えます。値を 1 に設定すると、音声がミュート状態になります。
cpCmndNextSlide 0 値を 1 に設定すると、次のスライドに移動します。
cpCmndPause 0 ムービーを一時停止します。値を 1 に設定すると、ムービーが一時停止します。
cpCmndPlaybarMoved 0 再生バーが移動した場合は、値 を 1 に設定します。 playbar has moved.
cpCmndPrevious 0 値を 1 に設定すると、前のスライドに戻ります。
cpCmndResume 0 値を 1 に設定すると、ムービーが再開されます。
cpCmndShowPlaybar 1 再生バーの表示と非表示を切り替えます。 playbar 値を 1 に設定すると、 再生バーが表示されます 。
cpCmndTOCVisible 0 目次(TOC)の表示と非表示を切り替えます。値を 1 に設定すると、再生バーが表示されます。
cpCmndVolume 100 ムービーの音量を調節します。最小値はゼロ(ミュート)で、最大値は 100 です。
cpLockTOC 0 ユーザーによる目次の操作の有効と無効を切り替えます。値を 1 に設定すると、ユーザーによる目次の操作が無効になります。

ムービー情報

このカテゴリは、ムービーの情報に関する変数から構成されています。

変数名 デフォルト値 説明
CaptivateVersion v9.0.0 既存の Captivate のバージョンを表示します。
cpInfoCurrentFrame 1 現在のフレーム番号を返します。
cpInfoCurrentSlide 1 現在のスライド番号を返します。インデックスの開始値は 1 です。
cpInfoCurrentSlideLabel   現在のスライドの名前を返します。
cpInfoCurrentSlideType normal 再生中のスライドのタイプを返します。スライドのタイプは、「normal」または「question」です。
cpInfoElapsedTimeMS 0 ムービーの再生を開始してからの経過時間をミリ秒単位で返します。
cpInfoFPS 1 ムービーのフレームレート/秒を fps 単位で返します。
cpInfoFrameCount 1 プロジェクト内のフレームの数を返します。
cpInfoHasPlaybar 1 スライドに対して再生バーを有効するか無効にするかを指定します。 playbar 再生バーが表示されている場合は 1 を返します。 playbar is visible.
cpInfoIsStandalone 1 再生中のムービーが、スタンドアロンの Windows 実行可能ファイル(*.exe ファイル)、スタンドアロンの Mac 実行可能ファイル(*.app ファイル)、Web ページに埋め込まれた SWF のいずれとして再生されているのかを検出します。 a SWF embedded in a web page. デフォルト値は 0 です。 ムービーが *.exe ファイルとして再生されている場合は 1 を返します。
cpInfoLastVisitedSlide 0 最後に表示されたスライドの番号を返します。 インデックスの開始値は 0 です。 begins at zero.
cpInfoPrevSlide -1 現在のスライドの前に再生されていたスライドの番号を返します。インデックスの開始値は 1 です。
cpInfoSlideCount 1 プロジェクト内のスライドの数を返します。

プロジェクトのメタデータ

このカテゴリは、プロジェクト情報に関する変数で構成されています。プロジェクトのメタデータは、環境設定ダイアログ(「ファイル/プロジェクト情報」)で設定することができます。

プロジェクト情報
プロジェクト情報

変数名

デフォルト値

説明

cpInfoAuthor

author

プロジェクトのプロパティで設定されている作成者前を返します。 as set in the project properties.

cpInfoCompany

company

プロジェクトのプロパティで設定されている会社名を返します。

cpInfoCopyright

copyright

プロジェクトのプロパティで設定されている著作権情報を返します。

cpInfoDescription

project description

プロジェクトのプロパティで設定されているプロジェクトの説明を返します。

cpInfoEmail

author@company.com

プロジェクトのプロパティで設定されている電子メールアドレスを返します。

cpInfoProjectName

project name

プロジェクトのプロパティで設定されている Adobe Captivate プロジェクトの名前を返します。

cpInfoWebsite

http://www.company.com

プロジェクトのプロパティで設定されている URL を返します。

システム情報

このカテゴリは、既存のシステム環境情報に関する変数から構成されています。

変数名 デフォルト値 説明
cpInfoCurrentDate dd コンピューター内で設定されている現在の年月日の「日」の部分を返します。
cpInfoCurrentDateString mm/dd/yyyy 現在の日付を mm/dd/yyyy の形式で返します。
cpInfoCurrentDateStringDDMMYY dd/mm/yyyy 現在の日付を dd/mm/yyyy の形式で返します。
cpInfoCurrentDay 1 曜日を表す数値を返します。例えば、日曜日の場合は 1、月曜日の場合は 2 を返します。
cpInfoCurrentHour hh コンピューター内で設定されている現在の時刻の「時間」の部分を 24 時間形式で返します。
cpInfoCurrentLocaleDateString   コンピューターのロケール設定に基づいて現在の日付を返します。例えば、ロケール設定が「インド」になっている場合、cpInfoCurrentLocale は「Mon Jun 27 2016」を返し、cpInfoCurrentDateString は「06/27/2016」を返します。
cpInfoCurrentMinutes mm コンピューター内で設定されている現在の時刻の「分」の部分を返します。 as set in your computer.
cpInfoCurrentMonth mm コンピューター内で設定されている現在の年月日の「月」の部分を返します。 as set in your computer.
cpInfoCurrentTime hh:mm:ss 現在の時刻を hh:mm:ss の形式で返します。
cpInfoCurrentYear yyyy コンピューター内で設定されている現在の年月日の「年」の部分を返します。 as set として コンピューターの任意の場所にパブリッシュします。
cpInfoEpochMS 0 1970 年 1 月 1 日からの経過時間をミリ秒単位で返します。
cpInfoMobileOS 0

モバイルデバイスの OS の種類を返します。

  • Desktop-0
  • iOS-1
  • Android-2

クイズ

このカテゴリは、クイズのスコアと試行回数に関する変数から構成されています。

変数名 デフォルト値 説明
cpInQuizScope 0 特定のユーザーをクイズの対象にするかどうかを指定します。
cpInReviewMode 0 特定のユーザーがレビューモードになっているかどうかを判断します。
cpInfoPercentage 0 クイズのスコアをパーセンテージで返します。
cpQuizInfoAnswerChoice 0 ユーザーが選択した解答を返します。
cpQuizInfoAttempts 0 クイズの試行回数を返します。
cpQuizInfoLastSlidePointScored 0 最後のクイズスライドのスコアを返します。
cpQuizInfoMaxAttemptsOnCurrentQuestion 0 現在の質問で許可されている最大試行回数を返します。
cpQuizInfoNegativePointsOnQuestionSlide 0 現在の質問スライドに対する負のポイントを返します。
cpQuizInfoPassFail 0 クイズに正解した場合は 1 を返し、不正解だった場合は 0 を返します。
cpQuizInfoPointsPerQuestionSlide 0 現在の質問スライドに対して設定されたポイント数を返します。
cpQuizInfoPointsscored 0 プロジェクト内で獲得した合計ポイントを返します。
cpQuizInfoPreTestMaxScore 0 プリテスト質問に対する最大スコアを返します。
cpQuizInfoPreTestTotalCorrectAnswers 0 正解したプリテスト質問の数を返します。
cpQuizInfoPreTestTotalQuestions 0 プロジェクト内のプリテスト質問の数を返します。
cpQuizInfoPretestPointsscored 0 プリテストスコアをポイントとして返します。
cpQuizInfoPretestScorePercentage 0 プリテストスコアをパーセンテージとして返します。
cpQuizInfoQuestionPartialScoreOn 0 現在の質問に対して部分的なスコアリングが有効になっているかどうかを判断します。有効になっている場合は 1 が返されます。
cpQuizInfoQuestionSlideTiming 0 現在の質問の制限時間を秒単位で返します。
cpQuizInfoQuestionSlideType 0 質問スライドのタイプを返します(複数選択形式または True/False 形式)。
cpQuizInfoQuizPassPercent 0 クイズの正解率を返します。
cpQuizInfoQuizPassPoints 0 クイズに合格するために設定したポイントを返します。
cpQuizInfoTotalCorrectAnswers 0 正解数を返します。
cpQuizInfoTotalProjectPoints 0 プロジェクトのクイズの合計ポイントを返します。
cpQuizInfoTotalQuestionsPerProject 0 プロジェクトの質問数を返します。
cpQuizInfoTotalQuizPoints 0 クイズの合計ポイント数を返します。
cpQuizInfoTotalUnansweredQuestions 0 プロジェクト内の未回答の質問の合計数を返します。

モバイル

このカテゴリは、ユーザーの地理的な位置情報に関する変数から構成されています。

変数名

プロパティ

説明

cpInfoGeoLocation

  • 緯度
  • 経度
  • 正確度

ユーザーの地理的な位置情報を返します。

アドビのロゴ

アカウントにログイン