正しい記事を見ていますか?

この記事は、Digital Publishing Suite に関するものです。AEM Mobile 記事については、コンテンツのオーサリング方法を参照してください。

Retina ディスプレイ搭載の iPad HD では、サイズが SD モデルの 1024 x 768 ピクセルから 2048 x 1536 ピクセルに変更されました。SD および HD デバイスの両方を対象にした Folio を作成するには、次の方法があります。

PDF 画像形式で 1024x768 のみの Folio を作成する (推奨)

マルチレンディションの PDF 記事を使用して、iPad のすべてのモデルで適切に表示される単一の 1024x768 の Folio を作成できます。例えば、コンテンツがベクトル形式で書き出されたスライドショーとスクロール可能なフレームを作成できます。同じ Folio に SD および HD の両方のアセットを含めることができます。これは画像オーバーレイのパンおよびズームに特に重要です。iOS デバイス向けにマルチレンディションの PDF 記事を作成するを参照してください。この方法は、レンディションをサポートしていない単一 Folio アプリケーションに特に便利です。

1024 x 768 と 2048 x 1536 のレンディションを作成する

Folio のレンディションを作成すると、iPad SD モデルでは 1024 x 768 のレンディションのみが表示され、iPad HD では 2048 x 1536 のレンディションのみが表示されるようにできます。レンディションの作成には、同じ 1 セットのソースファイルか(推奨)、異なる 2 セットのソースファイルを使用できます。手順説明について詳しくは、以降のリンクでご紹介している Bob Bringhurst 氏と Colin Fleming 氏の記事をご覧ください。

2048 x 1536 の Folio を作成する

この方法は推奨されません。マルチ雑誌号 Viewer では、2048x1536 の Folio が表示されるのは HD iPad でのみです。単一雑誌号 Viewer では、コンテンツは著しくラスタライズされ、パフォーマンスの問題が発生する可能性があります。

レンディションの作成時に重要な考慮事項:

  • 可能な限り、レンディションを別々に公開しないでください。例えば、1024x768 の Folio を公開し、その 1 週間後に同じ Folio の 2048x1536 のレンディションを公開しないでください。iPad 3 ユーザーが、大きい方のレンディションが使用可能になる前にライブラリを開いた場合、大きい方が使用可能になっても小さい方のレンディションしか使用できません。ユーザーがサイズの大きい方のレンディションを使用するには、Viewer アプリケーションを削除して再インストールするしかありません(この制限は今後のリリースで修正される予定です)。

  • Newsstand アプリケーションを使用している場合は、すべてのレンディションが公開されて使用可能になるまで、プッシュ通知を実行しないでください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー