Digital Publishing Suite Classic のサポート終了に関する FAQ

Digital Publishing Suite Classic(「DPSC」)は、2019年8月31日(PT)にサポートを終了します。

Digital Publishing Suite Classic のサポート終了に関する FAQ

Digital Publishing Suite Classic の将来像

Digital Publishing Suite Classic(「DPSC」)は、2019年8月31日(PT)にサポートを終了します。この日に、アドビは、DPSC のお客様向けのクラウドサービスとテクニカルサポートすべてを終了します。DPSC をサブスクライブしているお客様は、コンテンツと Folio を既存の DPSC アプリケーションにプッシュできます。アドビでは、2019年8月31日(PT)まで引き続き、ある程度のセキュリティアップデートを提供します。既存の Adobe Experience Manager Mobile(「AEMM」)のお客様は、モバイルアプリに影響を与えることなく、AEMM ソリューションを引き続き使用できます。

Digital Publishing Suite Classic のサポート終了の理由は何ですか。

2012年の導入以来、DPSC はあらゆる規模の組織に対し、魅力的なモバイルアプリエクスペリエンスを顧客や従業員に提供することを可能にしてきました。現在、モバイルおよび IoT アプリの構築には、ネイティブのアプリ開発ツールやフロントエンド JavaScript フレームワークを活用するお客様が増えています。アプリ構築のフレームワークが変化したことにより、そのことが Adobe の DPSC のサポート終了につながりました。そのため、Adobe では、Adobe Experience Manager(「AEM」)を通じて、魅力的なアプリ体験を提供できるようにするミッションの支援と、そのコンテンツサービス機能に力を入れています。これにより、お客様はモバイルや IoT アプリで魅力的なコンテンツをシームレスに配信または更新できます。また、AEM を使用すると、web、メール、ソーシャルなど、他のデジタルタッチポイントにコンテンツを転用することもできます。AEM の詳細について詳しくは、Adobe 担当者にお問い合わせください。

Digital Publishing Suite Classic に対する代替策を教えてください。

2015年、Adobe は DPSC の新機能開発はおこなわないと発表し、それ以降、多くのお客様が AEMM に移行してきました。Adobe は、新しいコンテンツ中心型モバイルアプリを構築する代わりに、引き続き AEMM を提供します。Adobe は引き続き AEMM に OS とセキュリティのアップデートを提供しますが、新機能に対する投資はおこなわれません。DPSC アプリを AEMM アプリにアップグレードする方法については、こちらを参照してください。AEMM の購入について詳しくは、Adobe 担当者にお問い合わせください。また、多くのお客様は、ネイティブフレームワークを使用してアプリを構築し、Adobe Experience Manager のコンテンツサービス機能を活用して、これらのアプリに魅力的なコンテンツを配信および更新しています。

モバイルアプリ用の Adobe オファーツールには、他に何がありますか?

Adobe は、モバイルアプリデザイナーやマーケター向けの最高のツールやサービスの提供に投資し続けています。例えば、デザイナーは Adobe Spark(ユーザーがモバイルアプリで魅力的なビジュアルコンテンツを簡単に作成および共有できるツール)を試すことができます。さらに、マーケターは、Adobe Analytics for Mobile Apps および Adobe Target for Mobile Apps を使用して、モバイルアプリのエクスペリエンスを測定、最適化およびパーソナライズするソリューションを活用できます。これらのソリューションの詳細については、Adobe 担当者にお問い合わせください。

DPSC のサポート終了に関する詳細については、誰に問い合わせればよいでしょうか。

Adobe カスタマーサポートに連絡して、お客様固有の状況について話し合い、次のステップに関するアドバイスを受けてください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン