正しい記事を見ていますか?

この記事は、Digital Publishing Suite に関するものです。AEM Mobile 記事については、HTML 記事の作成を参照してください。

ここでは、DPS ツールを使用して HTML を活用するためのいくつかの方法を示します。

Web サイトへのリンク

ハイパーリンクまたはボタンを使用して Web サイトを表示します。Web サイトの表示は、外部のモバイルブラウザーとアプリ内ブラウザーのいずれかで行うことができます。アプリ内ブラウザーの場合、閉じるボタンがクリックされると Folio に戻ります。ハイパーリンクオーバーレイを参照してください。

Web コンテンツオーバーレイ

Web サイトまたはローカル HTML ファイルをビュー領域内に表示する Web コンテンツオーバーレイを作成します。Web コンテンツオーバーレイを参照してください。

HTML 記事

記事は InDesign ドキュメントから作成するのではなく、HTML アセットを含むフォルダーを作成し、それを記事として読み込むこともできます。HTML 記事の読み込みを参照してください。

同一アセット(CSS、JavaScript、画像ファイルなど)を複数の HTML 記事または Web コンテンツオーバーレイで共有する場合、HTMLResources フォルダーが便利です。HTML リソースを読み込むを参照してください。

カスタムスロットと権利付与バナー

Enterprise DPS アカウントで、HTML ベースの権利付与バナーやストアなどのカスタムスロットを作成できます。詳しくは、カスタムストアフロントとカスタムライブラリ(英語のみ)を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー