ページデザインは基本的な設定から始めます。新しいドキュメントの作成から始めて、ページの設定、マージン・段組の設定またはグリッド設定の変更を行います。

InDesign では、「レイアウトグリッド」と「マージン・段組」という 2 つのワークフローのいずれかを選択して、ドキュメントを作成します。

注意:いずれのワークフローを選択する場合でも、ドキュメントのファイル形式はまったく同じです。表示を切り替えることによって、マージン・段組で作成したドキュメントにレイアウトグリッドを表示したり、レイアウトグリッドで作成したドキュメントのレイアウトグリッドを非表示にすることができます。

レイアウトグリッドを使用したワークフローは、写植組版でのワークフローを基にした日本独自のものです。レイアウトグリッドを選択すると、ドキュメントにグリッドの升目が表示されます。設定したページサイズの中に、升目の数(行数や文字数)を決めることによって、レイアウトグリッドのサイズを設定し、それによってページマージンが決まります。レイアウトグリッドを使用すると、ページに文字枠単位で正確にオブジェクトを配置することができます。

マージンと段組によるワークフローは、従来の欧米式ワークフローと同じです。欧米式ワークフローは、マージンと段組から構成され、レイアウトグリッドのないページにオブジェクトを配置していきます。マージンと段組ワークフロー、またはレイアウトグリッドワークフローのいずれの場合も、組み方向を横組みまたは縦組みに設定できます。

レイアウトグリッドが表示されたドキュメント(左)と、マージンと段組が表示されたドキュメント(右)

新規ドキュメントの作成

  1. ファイル/新規/ドキュメントを選択します。

    新規ドキュメントダイアログボックスでは、ページ数やページサイズ、裁ち落としと印刷可能領域を設定できます。これらの設定はいつでも変更できます。

  2. ドキュメント設定オプションを指定します(詳しくは、新規ドキュメントのオプションを参照してください)。

    裁ち落としと印刷可能領域のサイズを指定するには、裁ち落としと印刷可能領域のラベルの前にある矢印ボタンをクリックします(CS6 以前は「詳細設定」をクリックします)。裁ち落とし印刷可能領域は、「ページサイズ」で定義されている範囲の外側まで広がっています。裁ち落としと印刷可能領域をすべての側面に均等に拡張するには、すべての設定を同一にするアイコン をクリックします。

  3. 指定した設定で新しいドキュメントを開くには、「OK」をクリックします。

注意:

すべての新しいドキュメントに使用されるデフォルトレイアウトを設定するには、開いているドキュメントがない状態で、ファイル/ドキュメント設定またはレイアウト/マージン・段組を選択し、オプションを設定します。

レイアウトグリッドを使用した新しいドキュメントの作成

  1. ファイル/新規/ドキュメントを選択します。

  2. ページ数、ページサイズ、その他のオプションを変更します。裁ち落としと印刷可能領域のサイズを指定するには、裁ち落としと印刷可能領域のラベルの前にある矢印ボタンをクリックします(CS6 以前は「詳細設定」をクリックします)。

  3. 「レイアウトグリッド」をクリックし、レイアウトグリッドの設定を行います(レイアウトグリッドのオプションを参照してください)。

  4. 指定した設定で新しいドキュメントを開くには、「OK」をクリックします。

レイアウトグリッドは、レイアウトの基準を目的とするものです。ドキュメントにテキストを追加するには、フレームグリッドまたはテキストフレームを追加します。

マージンと段組を使用した新規ドキュメントの作成

従来の欧米式ワークフローでドキュメントを作成する場合は、マージンと段組を使います。ドキュメントのマージンと段数などのおおまかなレイアウト設定が決まっている場合は、マージン・段組ダイアログボックスを使用すると便利です。

  1. ファイル/新規/ドキュメントを選択します。

  2. 新規ドキュメントダイアログボックスで、オプションを指定します。各オプションは、レイアウトグリッドでドキュメント作成する場合と同じです。

  3. 「マージン・段組」をクリックし、新規マージン・段組ダイアログボックスでオプションを指定します。オプションの内容は、マージン・段組ダイアログボックスと同じです(ドキュメント設定、マージン、段組の変更を参照してください)。

  4. 「OK」をクリックします。

マージンと段組を使用して作成したドキュメントでも、表示/グリッドとガイド/レイアウトグリッドを表示を選択してレイアウトグリッドを表示したり、レイアウト/レイアウトグリッド設定でレイアウトグリッドの設定を変更したりすることもできます。

注意:

すべての新しいドキュメントに使用される、デフォルトのレイアウト設定を行うには、開いているドキュメントがない状態で、ファイル/ドキュメント設定、レイアウト/マージン・段組、またはレイアウト/レイアウトグリッド設定を選択し、設定を行います。

新規ドキュメントのオプション

ドキュメントプリセット

保存済みのプリセットを選択します。

ドキュメントプロファイル

Web 用の PDF または SWF に出力するドキュメントを作成する場合、Web オプションを選択すると、このダイアログボックスにあるいくつかのオプションが変化します。例えば、見開きページが解除され、ページ方向が縦置きから横置きになり、モニターの解像度に基づいたページサイズが設定されます。これらの設定は変更可能ですが、ドキュメントを作成した後には変更できません。

CS6 : Digital Publishing Suite で作成するパブリケーション用に「デジタルパブリッシング」ドキュメントプロファイルが追加されました。

ページ数

新規ドキュメントの作成時にドキュメントに含めるページ数を指定します。

開始ページ番号

ドキュメントに設定するページ番号の開始値を指定します。見開きページを有効にして偶数(例:2)を指定すると、ドキュメントの先頭スプレッドは 2 ページのスプレッドになります。詳しくは、ドキュメントを見開きで開始する方法を参照してください。

見開きページ

本や雑誌などのように左右のページを見開きにして、ページのスプレッドとして使用する場合は、このオプションを選択します。チラシやポスターなど、単ページ(片ページ)をスプレッドとして使用する場合は、このオプションの選択を解除します。

ドキュメントを作成した後でページパネルを使用し、2 ページを超えるスプレッドを作成したり、開始ページを見開きにしたりすることもできます(詳しくは、スプレッドのページ番号割り当ての制御を参照してください)。

マスターにテキストフレーム

(CS5.5 以前):指定した段組の設定に一致するように、マージンガイド内の領域のサイズに合わせて、テキストフレームがマスターページ上に自動的に作成されるようにするには、このオプションを選択します。マスターテキストフレーム(フレームグリッド)は A-マスターに追加されます(詳しくは、マスターページでのテキストフレームの使用を参照してください)。

「マスターにテキストフレーム」を使用できるのは、ファイル/新規/ドキュメントを選択した場合のみです。

プライマリテキストフレーム

(CS6 以降):マスターページ上にプライマリテキストフレームを追加するには、このオプションを選択します。このオプションを設定したマスターページをドキュメントページに適用すると、プライマリテキストフレームが自動的にドキュメントページにも反映されます。

ページサイズ

ポップアップメニューからページサイズを選択するか、「幅」と「高さ」に値を入力します。ページサイズとは、ページ外側の裁ち落としやその他のマークを断裁した後の最終的な仕上がりのサイズです。

方向

縦置き(縦長)または横置き(横長)をクリックします。このオプションは、「ページサイズ」に入力した寸法と連動しています。「高さ」の値の方が大きい場合は、縦置きアイコンが選択されます。「幅」の値の方が大きい場合は、横置きアイコンが選択されます。選択されていないアイコンをクリックすると、「高さ」と「幅」の値が切り替わります。

ヒント:裁ち落としと印刷可能領域のサイズを指定するには、裁ち落としと印刷可能領域のラベルの前にある矢印ボタンをクリックします(CS6 以前は「詳細設定」をクリックします)。裁ち落としと印刷可能領域をすべての側面に均等に拡張するには、すべての設定を同一にするアイコン をクリックします。

裁ち落とし

裁ち落としの領域を使用すると、定義されたページサイズの外端に配置されたオブジェクトをプリントすることができます。仕上がり寸法に合わせてページの端にオブジェクトを配置すると、印刷時やトリミング時のわずかなズレによって、ページの端に余白が生じてしまうことがあります。そのため、ページの端に配置するオブジェクトは、実際のページサイズからはみ出す位置に配置し、印刷した後に断裁します。ドキュメント上には、指定した裁ち落としの領域が赤い線で表示されるようになります。なお、ここで設定した裁ち落としは、プリントダイアログボックスの「裁ち落とし」の設定に反映させることができます。

印刷可能領域

印刷可能領域は、ドキュメントが最終的なページサイズに断裁されるときに削除されます。印刷可能領域は、印刷情報やカスタマイズしたカラーバーの情報を配置したり、ドキュメントに関する他の処理命令や他の情報の説明を表示したりするために使用できます。印刷可能領域に配置したオブジェクト(テキストフレームも含む)は印刷されますが、ドキュメントがその最終ページサイズで断裁されたときになくなります。

裁ち落としと印刷可能領域の外側のオブジェクトは印刷されません。

注意:

ファイルメニューからドキュメントプリセット/定義を選択して、後で使用できるようにドキュメントの設定を保存することもできます。

ドキュメントウィンドウの概要

ドキュメントの各ページまたはスプレッドには専用のペーストボードとガイドがあり、標準モードで表示されます(標準モードに切り替えるには、表示/スクリーンモード/標準モードを選択します)。ペーストボードは、ドキュメントがいずれかのプレビューモードで表示されているときは、グレーの背景に置き換えられます(詳しくは、ドキュメントのプレビューを参照してください)。 このプレビューの背景色とガイドは環境設定の「ガイドとペーストボード」で変更できます。

標準モードでのドキュメントとガイド

A. スプレッド(黒の線) B. ページ(黒の線) C. マージンガイド(マゼンタの線) D. 段組ガイド(紫の行) E. 裁ち落とし(赤い線) F. 印刷可能領域(青い線) 

ドキュメントウィンドウに関する注意:

  • その他の色の線は定規ガイドをあらわしており、存在する場合は、選択するとレイヤーカラーで表示されます。詳しくは、レイヤーを参照してください。

  • 段組ガイドは、マージンガイドの前面に表示されます。段組ガイドがマージンガイドに重なっている場合は、マージンガイドは段組ガイドの後ろに隠れています。

カスタムページサイズの作成

独自のページサイズを作成し、新規ドキュメントダイアログボックスのページサイズメニューに表示させることができます。

  1. ファイル/新規/ドキュメントを選択します。

  2. ページサイズメニューから、「カスタム」を選択します。

  3. ページサイズの名前を入力し、ページサイズ設定内容を指定して、「追加」をクリックします。

以前のバージョンの InDesign では、New Doc Sizes.txt ファイルを使用してカスタムページサイズを作成するようになっていました。このファイルは InDesign CS5 以降にはありません。

ドキュメントプリセットの定義

ドキュメント設定としてページサイズ、段組、マージン、裁ち落とし印刷可能領域をプリセットに保存して、類似するドキュメントを作成するときに時間を節約し、一貫性を保つことができます。

  1. ファイル/ドキュメントプリセット/定義を選択します。

  2. 表示されるダイアログボックスで「新規」をクリックします。

  3. 新規ドキュメントプリセットダイアログボックスで、プリセットの名前を指定し、各項目を設定します(詳しくは、新規ドキュメントのオプションの各オプションの説明を参照してください)。

  4. 「OK」を 2 回クリックします。

注意:

ドキュメントプリセットを別のファイルに保存し、他のユーザーに配布することができます。ドキュメントプリセットファイルの保存と読み込みを行うには、ドキュメントプリセットダイアログボックスの「保存」と「読み込み」ボタンを使用します。

プリセットを使用したドキュメントの作成

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • ファイル/ドキュメントプリセット/[プリセット名] を選択します(新規ドキュメントダイアログボックスを開かずにプリセットに基づいて新しいドキュメントを作成するには、Shift キーを押しながらプリセットを選択します)。

    • ファイル/新規/ドキュメントを選択し、新規ドキュメントダイアログボックスのドキュメントプリセットメニューからプリセットを選択します。

    新規ドキュメントダイアログボックスにドキュメントプリセットオプションが表示されます。

  2. (必要に応じて)オプションを変更し、「OK」をクリックします。

注意:

新規ドキュメントダイアログボックスを省略するには、Shift キーを押しながらドキュメントプリセットメニューからプリセットを選択します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー