マニュアル キャンセル

ファイルとテンプレートを使用した作業

  1. InDesign ユーザーガイド
  2. InDesign とは
    1. InDesign の概要
      1. InDesign の新機能
      2. 必要システム構成
      3. よくある質問
      4. Creative Cloud ライブラリの使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. Toolbox
      3. 環境設定の指定
      4. タッチワークスペース
      5. 初期設定のキーボードショートカット
      6. ドキュメントの復元と取り消し
      7. Capture の拡張機能
  3. ドキュメントの作成とレイアウト
    1. ドキュメントとページ
      1. ドキュメントの作成
      2. 親ページの使い方
      3. ドキュメントページで作業する
      4. ページサイズ、マージン、裁ち落としの設定
      5. ファイルとテンプレートを使用した作業
      6. ブックファイルの作成
      7. 基本的なページ番号の追加
      8. ページ、章、セクションの番号の設定
      9. QuarkXPress および PageMaker ドキュメントの変換
      10. コンテンツの共有
      11. ファイル管理の基本ワークフロー
      12. ドキュメントの保存
    2. グリッド
      1. グリッド
      2. グリッドの書式設定
    3. レイアウト補助
      1. 定規
  4. コンテンツの追加
    1. テキスト
      1. テキストのフレームへの追加
      2. テキストの連結
      3. アラビア語版およびヘブライ語版の機能(InDesign)
      4. パステキストの作成
      5. 箇条書きと自動番号の使用
      6. グリフと特殊文字
      7. テキスト組版
      8. テキスト変数
      9. QR コードの作成
      10. テキストの編集
      11. テキストの行揃え
      12. オブジェクトへのテキストの回り込み
      13. アンカー付きオブジェクト
      14. リンクコンテンツ
      15. 段落の書式設定
      16. 文字の書式設定
      17. 検索と置換
      18. スペルチェックと言語の辞書
    2. テキスト編集
      1. InDesign でのフォントの使用
      2. カーニングと字送り
    3. テキストの書式設定
      1. テキストの書式設定
      2. タブおよびインデント
    4. レビューテキスト
      1. 変更のトラックとレビュー
      2. InDesign での注釈の追加
      3. PDF コメントの読み込み
    5. 参照を追加
      1. 目次の作成
      2. 脚注
      3. 索引の作成
      4. 文末脚注
      5. キャプション
    6. スタイル
      1. 段落スタイルと文字スタイル
      2. オブジェクトスタイル
      3. ドロップキャップと先頭文字スタイル
      4. スタイルの操作
      5. 行送り
      1. 表の書式設定
      2. 表の作成
      3. 表およびセルのスタイル
      4. 表の選択と編集
      5. 表の罫線および塗り
    7. インタラクティブ機能
      1. ハイパーリンク
      2. ダイナミック PDF ドキュメント
      3. ブックマーク
      4. ボタン
      5. フォーム
      6. アニメーション
      7. 相互参照
      8. PDF の構造化
      9. ページ効果
      10. ムービーとサウンド
      11. フォーム
    8. グラフィック
      1. パスとシェイプ
      2. 鉛筆ツールを使用した描画
      3. ペンツールを使用した描画
      4. 線の設定の適用 
      5. 複合パスと複合シェイプ
      6. パスの編集
      7. クリッピングパス
      8. 角の形状の変更
      9. オブジェクトの整列と分布
      10. リンクと埋め込み画像
      11. AEM Assets の統合
    9. カラーと透明度
      1. カラーの適用
      2. 配置したグラフィックのカラーの使用
      3. スウォッチを使用した作業
      4. インキの混合
      5. 濃淡
      6. 特色とプロセスカラー
      7. ブレンドカラー
      8. グラデーション
      9. 透明が使用されているアートワークの統合
      10. 透明効果の追加
  5. 共有
    1. 共有とコラボレーション        
    2. レビュー用に共有
    3. 共有された InDesign ドキュメントをレビュー
    4. フィードバックの管理 
  6. 公開
    1. 書き出しと公開
      1. Publish Online
      2. EPUB へのコンテンツの書き出し
      3. Adobe PDF オプション
      4. HTML へのコンテンツの書き出し
      5. Adobe PDF への書き出し
      6. JPEG 形式での書き出し
      7. HTML 形式で書き出し
      8. DPS および AEM Mobile の概要
    2. プリント
      1. ブックレットのプリント
      2. トンボと裁ち落とし
      3. 文書のプリント
      4. インキ、色分解、スクリーン線数
      5. オーバープリント
      6. PostScript ファイルと EPS ファイルの作成
      7. 入稿前のプリフライトファイル
      8. サムネールと用紙サイズより大きいドキュメントの印刷
      9. 印刷・出力会社用の PDF の準備
      10. 色分解出力の準備
  7. InDesign の拡張
    1. 自動化
      1. データ結合
      2. プラグイン
      3. InDesign で拡張機能をキャプチャする
      4. スクリプト
  8. トラブルシューティング
    1. 修正された問題
    2. 起動時のクラッシュ
    3. 環境設定フォルダー読み取り専用エラー
    4. ファイルの問題のトラブルシューティング
    5. PDF の書き出し不可
    6. InDesign 文書復旧

InDesign ドキュメントの推奨ワークフロー

Adobe InDesign の使用に最適なワークフローを構築すると、パフォーマンスが向上し、多くの問題を防止できます。

整理されたコンピューターシステムの維持

長期間の使用により、ソフトウェアやハードウェアの構成が変わり、パフォーマンスの低下やシステム問題が生じることがあります。ハードディスクの最適化、古いバージョンのソフトウェアの削除、デバイスドライバーの更新、メモリの最適化、ウイルス対策ユーティリティの実行などのメンテナンス作業により、アプリケーションやファイルの損傷を防止できます。これらの作業を定期的に実施することで、InDesign で期待どおりにドキュメントを開き、表示し、印刷することが可能になります。

プロジェクトフォルダーの作成

プロジェクトを開始する前に、必要なファイルを判断し、保存方法を決めておきます。リンク切れの問題が発生したことがある場合は、リンク先ファイルをドキュメントと同じフォルダーに格納することを検討してください。InDesign では、ドキュメントに配置したファイルへのリンクが維持されますが、リンクが壊れている場合、InDesign はドキュメントのフォルダーにファイルがあるかどうかを検索します。ドキュメントとリンクファイルを同じフォルダーに保存しておくと、別のコンピューターに移動するときに便利です。また、ファイルが 1 つのフォルダーに保存されていると、ドキュメントを印刷するとき、InDesign がオリジナルのグラフィックを見つけることができます。リンクされたグラフィックが見つからないと、オリジナルのグラフィックに加えた変更が反映されず、グラフィックが適切に印刷されないか、まったく印刷されない場合があります。

プロジェクトが複数のドキュメントで構成されている場合(ブックに複数の章がある場合など)、プロジェクトフォルダーの中に各ドキュメントのフォルダーを作成してリンクファイルと共に保存しておくと便利です。

テンプレートの使用の検討

類似したプロジェクトを頻繁に作成する場合は、テンプレートを使用します。テンプレートを使用すると、一貫性のあるドキュメントを迅速に作成でき、元のファイルを保護できます。例えば、ニュースレターを毎月発行する場合は、定規ガイド、ページ番号、ニュースレターの発行人欄、毎回使用するスタイルなどを含むテンプレートを作成します(詳しくは、ドキュメントテンプレートの使用を参照してください)。

ドキュメントをローカルで開く

ネットワークボリュームやリムーバブルメディアに保存されたドキュメントを開く場合は、最初にドキュメントとリンクグラフィックをローカルハードディスクにコピーしてから開いてください。ネットワークボリュームまたはリムーバブルメディアでは、アクセス時間やデータ転送レートがローカルディスクよりも遅いことが原因で、データの損失や破損が生じ、ドキュメントが損傷する可能性があります。一方、ローカルにコピーして作業する場合は、ファイルをネットワークサーバーに戻すとき他のユーザーによる作業を上書きしないように注意が必要です。

ファイル変換前の問題解決

Adobe PageMaker または QuarkXPress® の破損したファイルを InDesign で開くと、通常は破損したままです。変換されたファイルでエラーやその他の予期しない動作が発生した場合は、元のファイルをソースアプリケーションで開き、破損のトラブルシューティングを行います。

変換されたファイルに問題がある場合は、IDML 形式に書き出し、その IDML ファイルを開いて、InDesign ドキュメントとして保存してください。

ドキュメントの保存

ドキュメントは頻繁に保存し、重要なファイルはバックアップコピーを作成しておきます。「別名で保存」コマンドを使用すると、不要なデータをドキュメントから削除できます。「保存」コマンドを使用した場合は、新しい情報がドキュメントに追加されますが、削除されたグラフィックの情報など、不要になったデータは削除されません。一方、「別名で保存」コマンドを使用すると、ドキュメントが完全に書き直され、ドキュメントに現在含まれるオブジェクトやページに関する情報だけが保存されます。必要なデータのみを含むドキュメントは、大きなディスクスペースを使用しないので、再描画や印刷が速くなります。

確実な設計習慣

  • ドキュメントを開いてスタイルを作成します。開いているドキュメントがない状態でスタイルを作成すると、新規ドキュメントを作成したときにスタイルが重複して表示される可能性があります。複数のドキュメントでスタイルを共有するには、ドキュメント上でスタイルを保存してから読み込みます。

  • 適切なフォントを使用します。ドキュメントのフォントを選択する場合は、テキストのフォーマットや印刷方法を考慮します。InDesign では、OpenType®、Type 1(PostScript とも呼ばれる)および TrueType フォントが適しています。損傷したフォントや不適切なフォントを使用すると、InDesign ドキュメントが破損したり、予期しない印刷結果が生じることがあるので、定評のあるフォントベンダーが作成した信頼性の高いフォントを使用してください。出力・印刷会社を利用する場合は、フォントの要件を確認してください。

  • テキストフレームを多用しないようにします。最小限のテキストフレームを使用することで、ドキュメントのファイルサイズが小さくなり、レイアウトを操作しやすくなります。

グラフィックをよく理解する

  • 適切なグラフィックファイル形式を使用します。プロジェクトのグラフィックを作成する場合は、ドキュメントの印刷方法を考慮します。出力・印刷会社でドキュメントを印刷する場合は、その出力・印刷会社で使用する出力デバイスに最適なグラフィック形式を問い合わせてください。画像の最適な解像度についても出力・印刷会社に相談することができます。

  • グラフィックを外部に保存します。グラフィックファイルを配置すると、デフォルトでグラフィックへのリンクが作成されます。リンクによって、ドキュメントのファイルサイズが最小化され、InDesign のパーフォマンスの向上に役立ちます。ドキュメントを印刷するときは、オリジナルのグラフィックファイルが使用可能な状態でリンクされている必要があります。InDesign でオリジナルファイルが見つからなかった場合、低解像度のプレビューまたはグレーのボックスとして印刷される可能性があります。

印刷前のリンクおよびフォントの確認

ドキュメントを正しく印刷するには、損傷したリンクがなく、すべてのフォントが使用可能であることを確認します。オリジナルのグラフィックを削除、移動または名前の変更をおこなうと、リンクが解除されます。プリフライト機能やパッケージ機能を使用してから、出力・印刷会社にファイルを提出します。

InDesign ドキュメントを開く

通常、ドキュメントファイルやテンプレートファイルは、他のプログラムと同じ方法で開くことができます。デフォルトでは、InDesign テンプレートを開くと、新しい名称未設定のドキュメントが表示されます。ドキュメントファイルには拡張子 .indd、テンプレートファイルには拡張子 .indt、スニペットファイルには拡張子 .idms、ライブラリファイルには拡張子 .indl、交換ファイルには拡張子 .inx、マークアップファイルには拡張子 .idml、また、ブックファイルには拡張子 .indb をそれぞれ使用します。

また、ファイル/開くコマンドを使用すると、以前のバージョンの InDesign で作成したファイル、InDesign 互換(.inx)ファイル、InDesign マークアップ(.idml)ファイル、Adobe PageMaker 6.0 以降、QuarkXPress 3.3 および 4.1、QuarkXPress Passport 4.1 のファイルも開くことができます。他のソフトウェアベンダーからプラグインソフトウェアが提供されている場合は、さらに別のファイル形式を開くこともできます。

注意:

InDesign ドキュメントに関する追加情報を表示するには、Ctrl キーを押しながらヘルプ/InDesign についてを選択するか(Windows)、Command キーを押しながら InDesign/InDesign についてを選択します(Mac OS)。

「開く」コマンドの使用

  1. ファイル/開くを選択し、ドキュメントを選択します。

  2. 次のいずれかの操作を行い、「開く」をクリックします。

    • オリジナルドキュメントまたはテンプレートのコピーを開くには、「標準」(Windows)または「標準で開く」(macOS)を選択します。

    • オリジナルのドキュメントまたはテンプレートを開くには、「オリジナル」(Windows)または「オリジナルで開く」(macOS)を選択します。

    • ドキュメントまたはテンプレートのコピーを開くには、「コピー」(Windows)または「コピーで開く」(macOS)を選択します。

InDesign ドキュメントを開くときに、次のいずれかのメッセージが表示される場合があります。

新しい InDesign バージョンであることを示すメッセージ

InDesign CS6 および CC では、以前のバージョンの InDesign を使用しているユーザーに対しても、手動で IDML に書き出すといった余分な手順をおこなうことなく、ドキュメントを送信できます。互換性が組み込まれているため、ドキュメントは常に期待どおりに開きます。

新しいバーションの InDesign で作成されたドキュメントを開くと、バージョンが異なることを示すメッセージが表示されます。ドキュメントを現在の InDesign バージョンに変換するには、次の操作を行います。

  1. ドキュメントを現在の InDesign バージョンに変換するには、「変換」をクリックします。

    ドキュメントが Adobe Creative Cloud にアップロードされ、現在の InDesign バージョンに変換されます。

    注意:

    変換を実行するには、インターネット接続が必要です。

  2. ドキュメントが現在のバージョンに正常に変換されると、別名で保存ダイアログボックスが表示され、ドキュメントを保存するように求められます。

ドキュメントのカラー設定がアプリケーションと異なることを示すメッセージ

ドキュメントのカラー設定とアプリケーションのカラー設定が異なっていることを示す警告メッセージが表示された場合は、いずれかのオプションを選択して「OK」をクリックします。

注意:

カラーの警告メッセージはデフォルトでオフになっていますが、カラー設定ダイアログボックス(編集/カラー設定)のデフォルト設定を変更すると、警告を表示できるようになります。

ドキュメント内のリンクが切れているか、変更されていることを示す警告メッセージが表示された場合は、リンクパネルを使用して該当リンクを修正します。詳しくは、リンクの更新、復元、置き換えを参照してください。

環境にないフォントがあることを示すメッセージ

ドキュメント内に環境にないフォントが使用されていることを示す警告メッセージが表示された場合は、次のいずれかの操作を行います。

  • 「OK」をクリックします。自動的に代替フォントで置き換えられてテキストが表示されます。

  • 「フォント検索」をクリックして、ドキュメントで使用されているフォントを検索し、一覧表示します。

    不明なフォントの検索について詳しくは、フォントの検索と変更を参照してください。

最近使用したドキュメントを開く

  1. ファイル/最近使用したファイルを開くを選択し、サブメニューから最近保存したドキュメントの 1 つを選択します。

表示される最近使用したドキュメントの数を指定するには、編集/環境設定/ファイル管理(Windows)または InDesign/環境設定/ファイル管理(Macintosh)を選択し、「最近使用したアイテムの表示数」で数を指定します。最大値は 30 です。

ドキュメントを開く際の単語リストの選択

ドキュメントを開くときに、例外単語リストをドキュメントまたはユーザー辞書のどちらで使用するかを訊ねる警告メッセージが表示されることがあります。例外単語リストには、ドキュメントでの作業中にユーザー辞書に追加された単語が含まれます。使用する例外単語リストがわかっている場合は、そのボタンをクリックします。不明な場合は、どちらかのボタンをクリックし、編集/欧文スペルチェック/欧文辞書を選択して、単語リストを調べます。必要であれば、編集/環境設定/欧文辞書(Windows)または InDesign/環境設定/欧文辞書(Macintosh)を選択し、組版に使用する単語リストを再設定します。詳しくは、ハイフネーションおよびスペルチェック辞書を参照してください。

以前のバージョンの InDesign ドキュメントの変換

  1. 以前のバージョンで作成された InDesign ドキュメントを現在のバージョンに変換するには、ファイル/開くを選択して、そのファイルを開きます。

    次の点に注意してください。

    • サードパーティ製のプラグインを使って以前のバージョンでドキュメントを作成した場合は、そのプラグインのインストールが適切に行われていることを確認し、さらに InDesign CS5 との互換性があるかどうかを製造元に確認してから、ドキュメントを変換してください。

    • ドキュメントを変換するときに、例外単語リストをユーザー辞書またはドキュメントのどちらで使用するかを訊ねる警告メッセージが表示されることがあります。この警告メッセージについて詳しくは、ドキュメントを開く際の単語リストの選択を参照してください。

    • 旧バージョンの InDesign で作成されたライブラリファイルは、ライブラリがロックされていても、InDesign CS5 で開き、変換することができます。ライブラリを変換するときに名前と保存場所を指定します。デフォルトでは、[ファイル名]-1.indl というファイル名が付けられます。

    • 最新の InDesign のドキュメントを以前のバージョンの InDesign で直接開くことはできません。例えば、InDesign CS5 のドキュメントを InDesign CS4 で開くには、次の操作を行います。まず、InDesign CS5 でファイル/書き出しを選択し、ドキュメントを IDML 形式で書き出します。次に、InDesign CS4 を更新して、IDML ファイルを開くための特別なプラグインをインストールします(詳しくは、前のバージョンの InDesign への下位バージョンでの保存を参照してください)。

注意:

旧バージョンの InDesign で作成されたドキュメントの扱いに問題が生じる場合は、InDesign CS5 の書き出しダイアログボックスを使用し、InDesign マークアップ(IDML)形式でドキュメントを保存してください。次に、その IDML ファイルを開いて、InDesign ドキュメントとして保存します。

InDesign での Adobe Bridge の使用

Adobe Bridge は、Adobe Creative Suite コンポーネントに含まれるクロスプラットフォームのアプリケーションで、プリント、Web、ビデオおよびオーディオコンテンツを作成するために必要なアセットを検索、整理および参照することができます。Adobe Bridge は Creative Suite のコンポーネント(Adobe Acrobat® を除く)から起動することができ、Adobe Bridge を使用してアドビのアセットとアドビ以外のアセットの両方にアクセスすることができます。

Adobe Bridge では次の操作を実行できます。

  • 画像、ビデオおよびオーディオファイルを管理します。 個々のアプリケーションを開かずに、Adobe Bridge でファイルのプレビュー、検索、ソート、その他の処理がおこなえます。 ファイルのメタデータを編集して、ファイルをドキュメント、プロジェクトまたはコンポジションに配置することもできます。

  • InDesign ドキュメント内のリンクを Adobe Bridge でサムネール表示できます。実際に InDesign でドキュメントを開く必要はありません。

  • Adobe Bridge から InDesign ドキュメントウィンドウにアセットをドラッグしたり、ドキュメントウィンドウから Bridge にアセットをドラッグしてスニペットを作成したりできます。詳しくは、スニペットの使用を参照してください。

  • バッチコマンドなどの自動処理を実行します。

  • カラーマネジメントされた Creative Suite コンポーネント間でカラー設定を同期します。

  • リアルタイムの Web 会議を開始して、デスクトップを共有したり、ドキュメントをレビューしたりできます。

ドキュメントテンプレートの使用

標準のドキュメントを新規作成するときにテンプレートを使用すると、レイアウト、グラフィック、テキストを使用してドキュメントを事前に設定しておくことができます。例えば、月刊誌などの定期刊行物を制作する場合、定規ガイド、グリッド、マスターページ、カスタムスタイルおよびスウォッチ、プレースホルダフレーム、レイヤー、標準的なグラフィックやテキストなど、一般的な出版物のレイアウトを含むテンプレートを作成しておくことができます。次回からは、毎回このテンプレートを開き、新しい内容を読み込むだけです。

テンプレートは、標準のドキュメントと同じ方法で作成できますが、保存方法だけが異なります。他のユーザーも使用できるテンプレートを準備する場合は、テンプレートの使用方法を記述したレイヤーを追加すると作業をおこなう上で便利です。レイヤーは、ドキュメントを印刷する前に簡単に非表示にしたり削除したりできます。詳しくは、レイヤーを参照してください。

注意:

中国語バージョンの InDesign では、カスタム文字組みセットを含む特殊設計のテンプレートを開くことができます。

ドキュメントをテンプレートとして保存

  1. ファイル/別名で保存を選択し、保存場所とファイル名を指定します。
  2. ファイルの種類」(Windows)または「フォーマット」(macOS)から「Choose InDesign 2019 ドキュメント」を選択し、「保存」を選択します。

テンプレートを使用した新しいドキュメントの作成

  1. ファイル/開くを選択します。
  2. テンプレートを探して選択します。
  3. 「標準」(Windows)または「標準で開く」(Macintosh)を選択し、「開く」をクリックします。
  4. 新しいドキュメントに名前を付けて保存します。

既存テンプレートの編集

  1. ファイル/開くを選択します。
  2. テンプレートを探して選択します。
  3. 「オリジナル」(Windows)または「オリジナルで開く」(Macintosh)を選択し、「開く」をクリックします。

InDesign ドキュメントの再確認

いくつかの方法で InDesign ドキュメントを再確認できます。

編集による変更のトラック

「変更をトラック」がオンになっている場合、だれかがテキストを編集すると、InDesign は追加されたテキストをハイライト表示し、削除されたテキストに打ち消し線を表示します。ストーリーエディターを使用して変更を表示します。ドキュメントの所有者は、編集を検討して、変更を適用するか取り消すことができます。詳しくは、変更のトラックとレビューを参照してください。

Acrobat を使用した PDF ファイルのレビュー

InDesign ドキュメントを PDF に書き出し、Adobe Acrobat を使用して Acrobat.com またはその他のサーバーに電子メールレビューまたは共有レビューを設定できます。レビュー担当者はノート注釈ツールおよびその他のマークアップ方法を使用して注釈を追加できます。 その後、ドキュメントの所有者は PDF のレビューの注釈を検討して、元の InDesign ドキュメントを編集できます。詳しくは、Acrobat ヘルプを参照してください。

CS Review の使用

CS Review は、自分のデザインを Web 上で共有して、他のユーザーがすぐにフィードバックを返すことができるオンラインのサブスクリプションサービスです。CS Review パネルを使用してレビューを作成する場合は、Acrobat.com ワークスペースにファイルのスナップショットを 1 つ以上アップロードします。スナップショットがアップロードされると、レビュー担当者が注釈を追加できます。

レビューを作成するときは、いくつかのパートに分割して、レビューの注釈を募る領域を個別の領域に分けることができます。異なるファイルおよびアプリケーションから成るパートでレビューを構成することができます。レビューの進行につれ、レビューを追加および削除したりするなど、レビュープロセスを動的に進めることができます。

テンプレートを使用したカレンダーと名刺のデザイン

カレンダー、名刺、履歴書およびその他の特殊なドキュメントを作成するには、テンプレートを使用すると便利です。

Adobe Marketplace & Exchange サイトには、多くのテンプレートが用意されています。

www.adobe.com/go/exchange

特殊なドキュメントに関するその他のリソースについては、検索機能を使用して検索してください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン