文書のプリント

  1. InDesign ユーザーガイド
  2. InDesign とは
    1. InDesign の概要
      1. InDesign の新機能
      2. 必要システム構成
      3. よくある質問
      4. Creative Cloud ライブラリの使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. Toolbox
      3. 環境設定の指定
      4. タッチワークスペース
      5. 初期設定のキーボードショートカット
      6. ドキュメントの復元と取り消し
  3. ドキュメントの作成とレイアウト
    1. ドキュメントとページ
      1. ドキュメントの作成
      2. マスターページの使い方
      3. ドキュメントページで作業する
      4. ページサイズ、マージン、裁ち落としの設定
      5. ファイルとテンプレートを使用した作業
      6. ブックファイルの作成
      7. 基本的なページ番号の追加
      8. ページ、章、セクションの番号の設定
      9. QuarkXPress および PageMaker ドキュメントの変換
      10. コンテンツの共有
      11. ファイル管理の基本ワークフロー
      12. ドキュメントの保存
    2. グリッド
      1. グリッド
      2. グリッドの書式設定
    3. レイアウト補助
      1. 定規
  4. コンテンツの追加
    1. テキスト
      1. テキストのフレームへの追加
      2. テキストの連結
      3. アラビア語版およびヘブライ語版の機能(InDesign)
      4. パステキストの作成
      5. 箇条書きと自動番号の使用
      6. グリフと特殊文字
      7. テキスト組版
      8. テキスト変数
      9. QR コードの作成
      10. テキストの編集
      11. テキストの行揃え
      12. オブジェクトへのテキストの回り込み
      13. アンカー付きオブジェクト
      14. リンクコンテンツ
      15. 段落の書式設定
      16. 文字の書式設定
      17. 検索と置換
      18. スペルチェックと言語の辞書
    2. テキスト編集
      1. InDesign でのフォントの使用
      2. カーニングと字送り
    3. テキストの書式設定
      1. テキストの書式設定
      2. タブおよびインデント
    4. レビューテキスト
      1. 変更のトラックとレビュー
      2. InDesign での注釈の追加
      3. PDF コメントの読み込み
    5. 参照を追加
      1. 目次の作成
      2. 脚注
      3. 索引の作成
      4. 文末脚注
      5. キャプション
    6. スタイル
      1. 段落スタイルと文字スタイル
      2. オブジェクトスタイル
      3. ドロップキャップと先頭文字スタイル
      4. スタイルの操作
      5. 行送り
      1. 表の書式設定
      2. 表の作成
      3. 表およびセルのスタイル
      4. 表の選択と編集
      5. 表の罫線および塗り
    7. インタラクティブ機能
      1. ハイパーリンク
      2. ダイナミック PDF ドキュメント
      3. ブックマーク
      4. ボタン
      5. フォーム
      6. アニメーション
      7. 相互参照
      8. PDF の構造化
      9. ページ効果
      10. ムービーとサウンド
      11. フォーム
    8. グラフィック
      1. パスとシェイプ
      2. 鉛筆ツールを使用した描画
      3. ペンツールを使用した描画
      4. 線の設定の適用 
      5. 複合パスと複合シェイプ
      6. パスの編集
      7. クリッピングパス
      8. 角の形状の変更
      9. オブジェクトの整列と分布
      10. リンクと埋め込み画像
      11. AEM Assets の統合
    9. カラーと透明度
      1. カラーの適用
      2. 配置したグラフィックのカラーの使用
      3. スウォッチを使用した作業
      4. インキの混合
      5. 濃淡
      6. 特色とプロセスカラー
      7. ブレンドカラー
      8. グラデーション
      9. 透明が使用されているアートワークの統合
      10. 透明効果の追加
  5. 共有
    1. 共有とコラボレーション        
    2. レビュー用に共有
    3. 共有された InDesign ドキュメントをレビュー
    4. フィードバックの管理 
  6. 公開
    1. 書き出しと公開
      1. Publish Online
      2. EPUB へのコンテンツの書き出し
      3. Adobe PDF オプション
      4. HTML へのコンテンツの書き出し
      5. Adobe PDF への書き出し
      6. JPEG 形式での書き出し
      7. HTML 形式で書き出し
      8. DPS および AEM Mobile の概要
    2. プリント
      1. ブックレットのプリント
      2. トンボと裁ち落とし
      3. 文書のプリント
      4. インキ、色分解、スクリーン線数
      5. オーバープリント
      6. PostScript ファイルと EPS ファイルの作成
      7. 入稿前のプリフライトファイル
      8. サムネールと用紙サイズより大きいドキュメントの印刷
      9. 印刷・出力会社用の PDF の準備
      10. 色分解出力の準備
  7. InDesign の拡張
    1. 自動化
      1. データ結合
      2. プラグイン
      3. スクリプティング

プリントについて

マルチカラーのドキュメントを印刷・出力会社に依頼する場合でも、ドキュメントの校正刷りをインクジェットプリンターやレーザープリンターに出力する場合でも、プリントの基本を知っておくことは、プリント作業を円滑に進め、ドキュメントの意図を再現するための助けとなります。

プリントの種類

ファイルをプリントするとは、ドキュメントを Adobe InDesign からプリントデバイスに送ることです。実際のプリント処理は、紙に直接印刷する方法、デジタル印刷機で出力する方法、ポジまたはネガのフィルムに出力して製版する方法などで実行されます。また、商用印刷では、フィルム製版を行わずに、直接刷版を作成してプリントする CTP 印刷もあります。

画像の種類

テキストだけを含むページなどでは、特定のグレーレベルの 1 色だけが使用されます。複雑な画像では、いくつかのカラー階調があります。このような画像は連続階調の画像と呼びます。例えば、写真などがこれに当てはまります。

ハーフトーン

印刷物上で連続階調を擬似的に再現するために、画像は一連の点(ドット)に分解されます。この処理をハーフトーン処理と呼びます。ハーフトーンスクリーンでドットのサイズと密度を変更すると、プリントされた画像のグレーのシェードや連続階調が変化します。

色分解

商用目的で複数の色を含んでいるアートワークは、各色に 1 つずつ、複数のマスタープレート(分版)でプリントする必要があります。この処理を色分解と呼びます。

印刷品質の精度

解像度とスクリーン線数の組み合わせの結果が、プリントされた画像の精度として表れます。出力デバイスの解像度が高いほど、使用可能なスクリーン線数が増え、ディテールを再現できます。

部数印刷

プリントダイアログボックスの「プリンター」ボタンをクリックすると、部数印刷のようなプリンター固有の機能を使用できます。部数印刷は、プリンターがサポートしている場合にのみ使用できます。部数印刷については、プリンターのマニュアルを参照してください。

透明度を持つオブジェクト

効果パネル、ドロップシャドウ、境界をぼかすコマンドなどを使用してアートワーク内のオブジェクトに透明度を追加した場合、この透明なアートワークは透明の分割・統合プリセットの設定に従って統合(単層化)されます。ラスター画像の比率を、プリントされたアートワークのベクトル画像に反映できます。

プリントについて詳しくは、www.adobe.com/go/print_resource_jp にある Adobe Print Resource Center を参照してください。プリントの問題のトラブルシューティングについては、www.adobe.com/go/learn_id_printtrouble_jp を参照してください。

ドキュメントやブックの印刷

  1. 使用するプリンターに対応したドライバーと PPD をインストールしていることを確認します。
  2. プリントダイアログボックスを開きます。
    • 複数の個別のドキュメントが開いている場合は、ファイル/プリントを選択します。現在のドキュメントのプリントダイアログボックスが開きます。

    • ブックパネルで、ドキュメントが何も選択されていない場合、またはすべてのドキュメントが選択されている場合は、ブックパネルメニューから「ブックをプリント」を選択します。ブックにあるすべてのドキュメントがプリントされます。

    • ブックパネルでいくつかのドキュメントが選択されている場合は、ブックパネルメニューから「選択したドキュメントをプリント」を選択します。

  3. プリンターメニューで使用するプリンターを指定します。プリンターのプリセットに目的の設定がある場合は、プリントプリセットメニューからプリセットを選択します。
  4. 「一般」セクションで、印刷する部数を入力し、ドキュメントを昇順に印刷するか降順に印刷するかを選択して、印刷するページを指定します。

    ブックをプリントする場合は、「ページ」オプションは使用できません。

    複数種類のページサイズを含んだドキュメントをプリントする場合は、「範囲」の上にあるコントロールを使用して、一定サイズのページのみをプリント対象とするように範囲を選択します。詳しくは、複数のページサイズを含むドキュメントのプリントを参照してください。

  5. 印刷しないオブジェクト、空白ページ、または表示可能なガイドやベースライングリッドを印刷するかどうかを指定します。
  6. プリントダイアログボックスの各領域で、必要な設定を行います。
  7. 「プリント」ボタンをクリックします。

プリントダイアログボックスで指定した設定は、ドキュメント内に保存されます。

ページパネル内からのプリント

ページパネルで使用可能な印刷オプションを使用することもできます。

  1. ページパネルで、次のオプションから 1 つを選択します。

    • 1 ページを選択
    • 複数のページを選択
    • マスターページを選択
    • ページスプレッドを選択
  2. 選択範囲を右クリックして、(選択内容に応じて)「ページをプリント」または「スプレッドをプリント」を選択します。

    または、ページパネルのフライアウトメニューから「ページをプリント」または「スプレッドをプリント」を選択します。

    プリントダイアログが表示されます。プリントダイアログには、選択したページまたは範囲が表示されています。

  3. 「プリント」をクリックします。

ページ印刷オプション

ドキュメントのすべてのページ、偶数または奇数ページのみ、個々のページ、または連続するページ範囲を指定してプリントすることができます。

範囲

現在のドキュメントでプリントするページの範囲を指定します。範囲はハイフンを使用して指定します。複数のページまたは複数の範囲を指定する場合は、それぞれをコンマまたはスペースで示します(詳しくは、プリントするページの指定を参照してください)。

ドキュメントに複数種類のページサイズが含まれている場合は、「範囲」フィールドの上にある各種オプションを使用して、一定サイズのページのみをプリント対象とするように範囲を選択します(詳しくは、複数のページサイズを含むドキュメントのプリントを参照してください)。

現在のページ

現在のドキュメントの現在のページをプリントします。

注意:

現在のページのページ番号は次の形式で指定されます: 現在のページ: <レイアウト名>:<ページの名前>

順番

すべてのページ」は、ドキュメントのページをすべてプリントします。「偶数ページのみ」または「奇数ページのみ」は、指定した範囲内の該当するページだけをプリントします。これらのオプションは、見開き印刷を設定した場合は使用できません。

スプレッド

綴じられた見開きページを一緒に 1 枚の用紙にプリントします。プリントできるのは、1 枚の用紙に 1 つの見開きのみです。新しく印刷するページが、現在選択されている用紙サイズよりも大きい場合は、印刷可能な範囲までが印刷され、プリント可能範囲に合うように自動的にページが縮小されることはありません。この場合、1 枚の用紙に見開きが収まるように縮小印刷するには、プリントダイアログボックスの「設定」セクションで「拡大・縮小」の「幅に合わせる」オプションを選択してください。また、用紙の方向を横方向に指定することによって、1 枚の用紙にプリントされるようにすることもできます。

注意:

見開きページに異なるトラップスタイルが適用されている場合、その相違が解決されます。

マスターページをプリント

ドキュメントページではなく、すべてのマスターページをプリントします。このオプションを選択すると、「範囲」オプションは使用できなくなります。

ページの範囲の例

ページ範囲

プリントされるページ

11-

ドキュメントの 11 ページから最後のページまで

-11

最初のページから 11 ページまで

+11

11 ページだけ

-+11

最初のページから 11 ページまで

+11-

ドキュメントの 11 番目のページから最後のページまで

1, 3-8,

1 ページと 3 ページから 8 ページまで

+1, +3-+8,

1 ページと 3 ページから 8 ページまで

Sec1

セクションラベルが「Sec1」のすべてのページ

Sec2:7

セクションラベルが「Sec2」のページ番号が 7 のページ(そのセクションの 7 番目のページである必要はありません)

PartB:7-

セクションラベルが「PartB」のページ番号が 7 のページからセクションの最後のページまで

Chap2:7-Chap3

セクションラベルが「Chap2」の 7 ページからセクションラベルが「Chap3」の最後のページまで

Sec4:3-Sec4:6, Sec3:7

「Sec4」の 3 ページから 6 ページと「Sec3」の 7 ページ

オブジェクトのプリントのオプション

プリントダイアログボックスの「一般」セクションには、グリッドやガイドなど、通常は画面上だけでしか見えない要素をプリントするためのオプションがあります。次のいずれかのオプションを選択します。

レイヤーをプリント

プリントするレイヤーを指定します(詳しくは、プリントまたは PDF への書き出しを行うレイヤーの選択を参照してください)。

印刷しないオブジェクトをプリント

個々のオブジェクトをプリントするように設定しているかどうかにかかわらず、すべてのオブジェクトをプリントします。

白紙をプリント

ページにテキストやオブジェクトがない場合でも、指定した範囲のすべてのページをプリントします。このオプションは、色分解出力する場合には使用できません。コンポジットプリントに対して「ブックレットをプリント」を使用する場合は、「空白のプリンタースプレッドを印刷」オプションを使用して、折り本サイズで割り切れない場合、空白のページを埋めるために追加する白ページを印刷します。

表示可能なガイドとベースライングリッドをプリント

表示可能なガイドとベースライングリッドを、ドキュメントに表示されているのと同じ色でプリントします。どのガイドとグリッドを表示するかは、表示メニューで指定できます。このオプションは、色分解出力する場合には使用できません。

複数のページサイズを含む文書のプリント

複数のページサイズを使用している場合は、異なるサイズ別にページをプリントできます。プリントダイアログボックスのオプションを使用すると、ドキュメント内のページをサイズ別に簡単に選択できます。

複数のページサイズを含むドキュメントをプリントする前に、印刷・出力会社に特殊な要件について確認します。複数のページサイズを含むドキュメントをプリントすることに問題がある場合は、複数のドキュメントに分割することを検討します。

  1. ファイル/印刷を選択します。

  2. 一般パネルで、「見開き印刷」を選択または選択解除し、ページごと、または見開きページのどちらでプリントするかを指定します。

    スプレッドに複数のページサイズが含まれている場合は、スプレッドで最大の幅と高さがスプレッドサイズになります。

  3. 同じサイズのページのみをプリントするには、「範囲」フィールドの上のオプションを使用してページまたはスプレッドの 1 つを選択し、ページアイコン をクリックします。

    「範囲」フィールドに、選択したサイズに該当するすべてのページまたはスプレッドが表示されます。

  4. 1 つのページサイズのページ範囲をプリントしたら、同じ手順を繰り返して別のページサイズをプリントします。

プリントするページの指定

絶対番号(現在のドキュメントのページの位置)またはページ/セクション番号(ページに割り当てたセクションおよびページ番号)を使用して、ページ範囲を指定することができます。デフォルトでは、InDesign の各ダイアログボックスは、環境設定ダイアログボックスの「一般」の「ページ番号」に指定されている書式に従います。

  • 「ページごと」を選択すると、ページまたはページ範囲に指定する数が、ドキュメントのページの絶対位置に対応します。例えば、ドキュメントの 3 ページ目をプリントするには、プリントダイアログボックスの「範囲」に「3」を入力します。

  • 「セクションごと」を選択すると、レイアウトで表示されているページまたはページ範囲または絶対番号を使用して、正確なページまたはページ範囲を入力することができます。例えば、ページラベルが「SecA:5」の場合、ドキュメントでは 15 ページです。そのページをプリントするには、プリントダイアログボックスに「SecA:5」を入力するか、「+15」を入力します。「+」記号は、標準のセクションとページ番号を無効にして、絶対番号を使用することを示します。

注意:

プリントダイアログボックスでページ番号を入力するのに使用する書式がわからない場合は、ドキュメントウィンドウ下部にあるページボックスの書式と同じように入力します。

用紙サイズとページの方向の指定

ドキュメントのドキュメント設定ダイアログボックスで定義するページサイズと、プリントする紙、フィルム、または刷版の用紙サイズを混同しないように注意してください。ページサイズが A4(210 × 297 mm)でも、トンボや裁ち落としの幅、印刷可能領域を調整するために、もっと大きい用紙やフィルムにプリントしなければならないこともあります。

InDesign でプリント可能な用紙サイズは、選択したプリンターの PPD(PostScript プリンター)またはプリンタードライバー(非 PostScript プリンター)によって異なります。選択したプリンターと PPD がカスタム用紙サイズをサポートしている場合、用紙サイズメニューに「カスタム」オプションが表示されます。

多くのイメージセッタは、A4 や A3 などの定型の用紙サイズに対応できると同時に、プリント時に定型用紙サイズを 90 度回転させる横方向にも対応しています。この機能は、イメージセッタでの出力で有用に活用できます。

イメージセッタのページサイズとページ方向

A. Letter(縦方向) B. カスタムページサイズ(縦方向) C. Letter(横方向) 

用紙サイズは Letter などの名称でリスト表示されます。プリント可能領域は用紙サイズにより決まり、プリンターやイメージセッタで使用されるプリント不可能領域の境界線より小さいサイズになります。大半のレーザープリンターでは、ページの端までフチなし印刷のようにプリントできません。

異なる用紙サイズを選択すると(例えば A4 から A3 に変えるなど)、プレビューウィンドウのドキュメントは拡大または縮小されます。プレビューウィンドウでは、選択されているページのプリント可能領域全体が表示されます。プレビューのサイズが変わると、プレビューウィンドウはプリント可能領域を含むように自動的に拡大 / 縮小されます。

注意:

プリンターやイメージセッタごとに定義されているプリント可能領域のサイズが異なるので、同じ用紙サイズであっても、プリント可能領域は PPD ファイルによって異なります。

Letter サイズのページを Letter、Letter.extra、Tabloid 用紙にプリントした場合の比較

注意:

プリントダイアログボックスの左下にあるプレビューで、トンボ、裁ち落とし、印刷可能領域がすべて収まるかどうかが確認できます。

用紙サイズと方向の指定

  1. ファイル/プリントを選択します。
  2. プリントダイアログボックスの「設定」セクションで、用紙サイズポップアップメニューからオプションを選択します。

    用紙サイズが、ドキュメント、裁ち落とし、印刷可能領域、トンボが収まるのに十分な大きさであることを確認してください。イメージセッタフィルムまたは用紙を節約するために、ドキュメントと必要なページ情報が収まる最も小さい用紙サイズを選択してください。

  3. 「方向」ボタンをクリックして、ドキュメントの方向を変更します。

    ほとんどの場合、「ドキュメント設定」コマンド(ファイル/ドキュメント設定)で指定したページ方向と、プリントダイアログボックスの「設定」セクションで指定した紙の方向は、通常プリントでも横方向プリントでも、(どちらも縦置き、またはどちらも横置きで)一致しています。見開きページをプリントする場合は、1 枚の紙に見開きの全ページが収まるように、別の用紙サイズと方向(横置きなど)を選択しなければならないこともあります。スプレッドビューを回転させた場合は、スプレッドを正しくプリントさせるために方向を変更することが必要な場合もあります。

「方向」の各ボタン

A. 縦置き B. 横置き C. 縦置き反転 D. 横置き反転 

カスタム用紙サイズの指定

高解像度イメージセッタなど、各種の用紙サイズが指定できるプリンターを使用している場合は、プリントするときにカスタム用紙サイズを指定できます。InDesign では、選択している PPD でカスタム用紙サイズがサポートされている場合にだけ、カスタムオプションを使用できます。

指定できる最大のカスタム用紙サイズは、イメージセッタの最大プリント可能領域により異なります。詳しくは、使用する出力機器のマニュアルを参照してください。

注意:

非 PostScript プリンターのカスタム用紙サイズは、InDesign のプリントダイアログボックスでは使用できません。これらのプリンター固有の機能を設定するには、InDesign のプリントダイアログボックスで「セットアップ」(Windows)、「プリンター」(Mac OS)または「用紙設定」(Mac OS)をクリックします。詳しくは、使用する非 PostScript プリンターのマニュアルを参照してください。

  1. ファイル/プリントを選択します。
  2. PostScript ファイルに出力する場合は、プリントダイアログボックスの「一般」セクションでプリンターポップアップメニューから「PostScript ファイル」を選択します。次に、カスタム用紙サイズをサポートする PPD を選択します。
  3. プリントダイアログボックスの「設定」セクションの「用紙サイズ」から「カスタム」を選択します。
    注意:

    「カスタム」を選択できない場合、プリンターを設定するときに選択した PPD でカスタム用紙サイズがサポートされていません。

  4. 用紙の幅と高さを指定するには、次のいずれかの操作を行います。
    • ドキュメントの内容、裁ち落としや印刷可能領域、トンボなどに必要な最小限のサイズを InDesign で決定するには、「用紙の幅」、「用紙の高さ」でそれぞれ「自動」を選択します。デフォルトでは「自動」が選択されています。ブックのページに個別にサイズを指定する場合や、フィルムや感光紙など、連続する用紙にプリントする場合に便利です。

    • デフォルトより大きな用紙サイズを指定するには、「用紙の幅」、「用紙の高さ」ボックスにそれぞれ新しい値を入力します。デフォルトより大きなサイズを指定してください。小さい値を指定すると、ドキュメントの一部がプリントされなくなる可能性があります。

  5. フィルムのページ配置位置を変更するには、「オフセット」に値を入力します。

    「オフセット」の値は、プリント可能領域の左側の空白部分の大きさを指定します。例えば、「オフセット」オプションに「6 mm」と入力すると、ページは右方向に 6 mm ずれてプリントされます。

  6. 用紙とページ内容の向きを一緒に変えるには、「幅と高さを入れ換え」を選択します。

    「オフセット」オプションと共に「幅と高さを入れ換え」オプションを使用すると、フィルムや用紙の使用量を節約することができます。次の図で、「幅と高さを入れ換え」オプションを選択した場合と選択していない場合を比較してください。

    「幅と高さを入れ換え」を選択していない場合(左)と選択した場合(右)

    A. オフセット値 B. 間隔 C. フィルムの節約分 

  7. 連続する用紙にプリントする際、ページとページとの間の距離を指定するには、「ページの間隔」に値を入力します。

プリントまたは PDF への書き出しを行うレイヤーの選択

  1. ドキュメントの「レイヤーを表示」および「レイヤーをプリント」設定を確認または変更するには、レイヤーパネルでレイヤーを選択し、パネルメニューから「レイヤーの設定」を選択します。レイヤーオプションを指定して「OK」をクリックします。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • ファイル/プリントを選択し、プリントダイアログボックスの左側のリストで「一般」をクリックします。

    • ファイル/書き出しを選択し、Adobe PDF を指定して、「保存」をクリックします。Adobe PDF を書き出しダイアログボックスの左側で、「一般」を選択します。

  3. レイヤーをプリントまたはレイヤーを書き出しメニューから、プリントするか PDF に含めるレイヤーを選択します。

    すべてのレイヤー

    非表示にするか、印刷しないレイヤーとして設定されている場合でも、ドキュメントのすべてのレイヤーをプリントまたは出力します。

    表示中のレイヤー

    「レイヤーオプション」で印刷しないレイヤーとして設定されている場合でも、すべての表示中のレイヤーをプリントまたは出力します。

    表示中でプリント可能なレイヤー

    表示中でプリント可能として設定されているレイヤーのみをプリントまたは出力します。

非 PostScript 言語プリンターへのプリント

非 PostScript 言語プリンターでドキュメントをプリントすることができます。ただし、PostScript は商用印刷で標準のページ記述言語であるので、スクリーン線数や色分解出力といったハイエンドのカラー特性およびグラフィック特性は、非 PostScript プリンターでは再現できません。しかし、読み込んだ画像ファイル形式のほとんどは十分な品質で印刷されます。通常、非 PostScript プリンターでプリントしたドキュメントは、プレビューモードで画面に表示したドキュメントと同じような仕上がりになります。

注意:

非 PostScript 言語プリンターに PostScript 言語機能を追加するソフトウェアを販売しているベンダーもあります。使用の可能性と互換性については、ソフトウェアの販売店に確認してください。

ビットマップでの印刷

非 PostScript プリンターでプリントする場合、プリント中にすべてのアートワークをラスタライズすることができます。このオプションは、滑らかな陰影やグラデーションを持つオブジェクトのように複雑なオブジェクトを含むドキュメントをプリントするときに便利です。エラーが発生する可能性が減ります。

  1. ファイル/プリントを選択します。
  2. プリントダイアログボックスの左側にある「詳細」を選択します。
  3. 「ビットマッププリント」を選択します。

    このオプションは、プリンタードライバーが非 PostScript としてプリンターを識別する場合にのみ使用できます。このオプションが Mac OS 10.3 以降の非 PostScript プリンターに選択されている場合、InDesign で PostScript をプリントしてから、Mac OS やドライバーによってページ画像をレンダリングするために使用されます。Windows では、このオプションが選択されていない場合、ハイエンドのカラー特性およびグラフィック特性を適切に変換できない場合があります。

  4. ビットマッププリントの解像度を指定します。

    出力解像度はプリンタードライバーの解像度によって制限される場合があります。最高品質の出力を得るには、非 PostScript プリンタードライバー解像度を InDesign のプリントダイアログボックスで指定されている出力解像度以上に設定します。

ドキュメントのプレビュー

PostScript プリンターでプリントする前に、選択した用紙サイズでドキュメントがどのようにプリントされるかを確認することができます。プリントダイアログボックスの左下にあるプレビューには、用紙と方向の設定がページサイズに合っているかどうかが表示されます。プリントダイアログボックスで別のオプションを選択すると、設定の組み合わせに応じて、プレビューは自動的に更新されます。

  1. ファイル/プリントを選択します。
  2. プリントダイアログボックスの左下にあるプレビュー画像をクリックします。

プレビューには次の 3 種類の表示方法があります。

標準表示

ドキュメントページと用紙の様子が表示されます。プリント可能領域、裁ち落としおよび印刷可能領域、トンボなどに対する用紙サイズなどの各種オプションの効果や、タイルやサムネールの効果も示されます。

標準表示における 4 つのドキュメントのページ調整

A. デフォルト B. スプレッド C. 方向 D. 2 × 2 サムネール 

文字表示

プリント設定が数値で示されます。

カスタムページ / カットシート表示

ページサイズに依存するプリント設定の違いを表示します。カスタムページ表示では、カスタム出力機器における用紙の様子が表示され、サポートされている最大の用紙サイズ、「オフセット」、「ページの間隔」、「幅と高さを入れ換え」の設定が表示されます。カットシート表示では、A4、A3 などの用紙サイズで、プリント可能領域と用紙の関係が表示されます。

カスタムページ表示とカットシート表示の両方で、出力モードが次の色分解 、コンポジットグレースケール 、コンポジット CMYK 、コンポジット RGB のアイコンで表示されます。

カスタムページ表示(左)とカットシート表示(右)

A. 用紙の移動方向 B. 「幅と高さを入れ換え」を選択していない場合 C. 用紙サイズ D. メディア E. プリント可能範囲 F. メディア 

プリンターの設定

InDesign の最新のプリンタードライバーでは、PostScript®(レベル 2 および 3)プリンターと非 PostScript 言語プリンターへのプリントをサポートしています。PostScript プリンターでプリントするとき、InDesign では、PostScript Printer Description(PPD)ファイルの情報を使用してプリントダイアログボックスに表示する設定を決定します。

プリンターを設定するには、以下の基本手順に従います。

  • 出力デバイス用の最新のプリンタードライバーをインストールします。使用しているオペレーティングシステムのマニュアルを参照してください。

  • PostScript プリントの場合は、プリンターを設定するときに PPD ファイルを選択します。

プリンタードライバーについて

プリンタードライバーは、コンピューター上のアプリケーションから直接プリンター機能にアクセスするためのものです。適切なプリンタードライバーを指定することによって、プリンター固有の機能を使用することができます。

アドビ システムズ社では、ご使用のオペレーティングシステムに対応した最新のドライバーにバージョンアップすることを推奨します。

プリンタードライバー機能へのアクセス

プリンタードライバーでは、部数印刷のように、InDesign にはない機能もサポートしています。このような機能がサポートされているかどうかは、プリンタードライバーによって異なります。詳しくは、プリンターメーカーに問い合わせてください。

特定のプリンター用に特定の設定を行う場合、InDesign のプリントダイアログボックスにある次のような各ボタンを使用して、プリンタードライバーの設定を行うことができます(PostScript ファイルにプリントする場合は、これらのオプションは使用できません)。

セットアップ

(Windows)Windows プリントダイアログボックスを開きます。

用紙設定

(Mac OS)標準の用紙設定ダイアログボックスを表示します。

プリンター

(Mac OS)標準のプリントダイアログボックスを表示します。

注意:

InDesign のプリント機能には、InDesign のプリントダイアログボックスとプリンタードライバーのダイアログボックスの両方に表示されるものがあります。最良の結果を得るためには、InDesign のプリントダイアログボックスだけで設定を指定してください。設定が重複すると、InDesign で設定が同期されるか、またはドライバーの設定が無視されます。いくつかのプリンタードライバーが持っている機能(例えば、同じページに多数の同じアートワークをプリントする N-up 印刷など)は、InDesign の色分解機能などと同時には機能せず、正反対の結果が生じることもあります。

PPD ファイルの選択

PPD(PostScript プリンター記述)ファイルは、特定の PostScript プリンタードライバーの動作をカスタマイズするために使用します。PPD ファイルには、出力デバイスの搭載フォント、使用可能な用紙のサイズと方向、最適なスクリーン線数、スクリーン角度、解像度、カラー出力性能などの情報が保存されています。プリントする前に正しい PPD を設定することが重要です。使用する PostScript プリンターやイメージセッタに対応した PPD を選択すると、その出力デバイスのプリントダイアログボックスで使用できる設定が決まります。用途に応じて、別の PPD に切り替えることもできます。アプリケーションでは、PPD ファイルの情報を使用して、ドキュメントをプリントするときにプリンターに送る PostScript 情報が決定されます。

最適なプリント結果を得るには、出力デバイスの最新バージョンの PPD ファイルを出力デバイスの製造元から入手することをお勧めします。多くの印刷・出力会社は、自社で使用するイメージセッタの PPD を保有しています。PPD ファイルは、オペレーティングシステムによって指定された場所に保存してください。詳しくは、オペレーティングシステムのマニュアルを参照してください。

  1. Windows および Mac OS では、プリンターの追加と同じ方法で PPD ファイルを選択します。PPD ファイルを選択する手順はプラットフォームによって異なります。詳しくは、使用しているオペレーティングシステムのマニュアルを参照してください。

プリントプリセットの使用

定期的に様々なプリンターまたはジョブタイプでプリントする場合は、すべての出力設定をプリントプリセットとして保存することにより、プリントジョブを自動化できます。プリントダイアログボックスで多くのオプションを常に同じように設定してジョブをプリントする必要がある場合にプリントプリセットを使用すると、プリントをすばやく正確に行うことができます。

プリントプリセットは、保存したり読み込んだりすることができるので、簡単に設定をバックアップしたり、印刷会社やクライアントなどのワークグループのメンバが設定を使用したりできます。

プリントプリセットを作成および確認するには、プリントプリセットダイアログボックスを使用します。

プリントプリセットの作成

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • ファイル/プリントを選択し、プリント設定を調整して、「プリセットを保存」をクリックします。名前を入力するか、初期設定の名前を使用して、「OK」をクリックします。この方法では、プリセットは環境設定ファイルに保存されます。

    • ファイル/プリントプリセット/定義を選択し、「新規」をクリックします。表示されたダイアログボックスに、新しい名前を入力するか初期設定の名前を使用して、プリント設定を調整します。調整が済んだら、「OK」をクリックしてプリントプリセットダイアログボックスに戻ります。もう一度「OK」をクリックします。

プリントプリセットの適用

  1. ファイル/プリントを選択します。
  2. プリントプリセットメニューからプリントプリセットを選択します。必要に応じて、プリントダイアログボックスでプリンター設定を確認します。
  3. 「プリント」ボタンをクリックします。
注意:

InDesign では、ファイル/プリントプリセットメニューから選択したプリントプリセットを使用して印刷することもできます。

プリントプリセットの編集

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • ファイル/プリントを選択し、プリント設定を調整して、「プリセットを保存」をクリックします。プリセットを保存ダイアログボックスで、テキストボックスに名前を入力するか、現在の名前を使用します(現在の名前が既存のプリセットである場合、保存すると既存の設定に上書きされます)。「OK」をクリックします。

    • ファイル/プリントプリセット/定義を選択し、リストからプリセットを選択して「編集」をクリックします。プリント設定を調整します。調整が済んだら、「OK」をクリックしてプリントプリセットダイアログボックスに戻ります。もう一度「OK」をクリックします。

    注意:

    デフォルトのプリセットも、他のプリセットと同じように上述の手順で編集できます。

プリントプリセットの削除

  1. ファイル/プリントプリセット/定義を選択します。
  2. リストから 1 つまたは複数のプリセットを選択して、「削除」をクリックします。隣接するプリセットを選択するには、Shift キーを押しながらクリックします。隣接していない複数のプリセットを選択するには、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらクリックします。
アドビのロゴ

アカウントにログイン