マニュアル キャンセル

ブックファイルの作成

  1. InDesign ユーザーガイド
  2. InDesign とは
    1. InDesign の概要
      1. InDesign の新機能
      2. 必要システム構成
      3. よくある質問
      4. Creative Cloud ライブラリの使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. Toolbox
      3. 環境設定の指定
      4. タッチワークスペース
      5. 初期設定のキーボードショートカット
      6. ドキュメントの復元と取り消し
      7. Capture の拡張機能
  3. ドキュメントの作成とレイアウト
    1. ドキュメントとページ
      1. ドキュメントの作成
      2. 親ページの使い方
      3. ドキュメントページで作業する
      4. ページサイズ、マージン、裁ち落としの設定
      5. ファイルとテンプレートを使用した作業
      6. ブックファイルの作成
      7. 基本的なページ番号の追加
      8. ページ、章、セクションの番号の設定
      9. QuarkXPress および PageMaker ドキュメントの変換
      10. コンテンツの共有
      11. ファイル管理の基本ワークフロー
      12. ドキュメントの保存
    2. グリッド
      1. グリッド
      2. グリッドの書式設定
    3. レイアウト補助
      1. 定規
  4. コンテンツの追加
    1. テキスト
      1. テキストのフレームへの追加
      2. テキストの連結
      3. アラビア語版およびヘブライ語版の機能(InDesign)
      4. パステキストの作成
      5. 箇条書きと自動番号の使用
      6. グリフと特殊文字
      7. テキスト組版
      8. テキスト変数
      9. QR コードの作成
      10. テキストの編集
      11. テキストの行揃え
      12. オブジェクトへのテキストの回り込み
      13. アンカー付きオブジェクト
      14. リンクコンテンツ
      15. 段落の書式設定
      16. 文字の書式設定
      17. 検索と置換
      18. スペルチェックと言語の辞書
    2. テキスト編集
      1. InDesign でのフォントの使用
      2. カーニングと字送り
    3. テキストの書式設定
      1. テキストの書式設定
      2. タブおよびインデント
    4. レビューテキスト
      1. 変更のトラックとレビュー
      2. InDesign での注釈の追加
      3. PDF コメントの読み込み
    5. 参照を追加
      1. 目次の作成
      2. 脚注
      3. 索引の作成
      4. 文末脚注
      5. キャプション
    6. スタイル
      1. 段落スタイルと文字スタイル
      2. オブジェクトスタイル
      3. ドロップキャップと先頭文字スタイル
      4. スタイルの操作
      5. 行送り
      1. 表の書式設定
      2. 表の作成
      3. 表およびセルのスタイル
      4. 表の選択と編集
      5. 表の罫線および塗り
    7. インタラクティブ機能
      1. ハイパーリンク
      2. ダイナミック PDF ドキュメント
      3. ブックマーク
      4. ボタン
      5. フォーム
      6. アニメーション
      7. 相互参照
      8. PDF の構造化
      9. ページ効果
      10. ムービーとサウンド
      11. フォーム
    8. グラフィック
      1. パスとシェイプ
      2. 鉛筆ツールを使用した描画
      3. ペンツールを使用した描画
      4. 線の設定の適用 
      5. 複合パスと複合シェイプ
      6. パスの編集
      7. クリッピングパス
      8. 角の形状の変更
      9. オブジェクトの整列と分布
      10. リンクと埋め込み画像
      11. AEM Assets の統合
    9. カラーと透明度
      1. カラーの適用
      2. 配置したグラフィックのカラーの使用
      3. スウォッチを使用した作業
      4. インキの混合
      5. 濃淡
      6. 特色とプロセスカラー
      7. ブレンドカラー
      8. グラデーション
      9. 透明が使用されているアートワークの統合
      10. 透明効果の追加
  5. 共有
    1. 共有とコラボレーション        
    2. レビュー用に共有
    3. 共有された InDesign ドキュメントをレビュー
    4. フィードバックの管理 
  6. 公開
    1. 書き出しと公開
      1. Publish Online
      2. EPUB へのコンテンツの書き出し
      3. Adobe PDF オプション
      4. HTML へのコンテンツの書き出し
      5. Adobe PDF への書き出し
      6. JPEG 形式での書き出し
      7. HTML 形式で書き出し
      8. DPS および AEM Mobile の概要
    2. プリント
      1. ブックレットのプリント
      2. トンボと裁ち落とし
      3. 文書のプリント
      4. インキ、色分解、スクリーン線数
      5. オーバープリント
      6. PostScript ファイルと EPS ファイルの作成
      7. 入稿前のプリフライトファイル
      8. サムネールと用紙サイズより大きいドキュメントの印刷
      9. 印刷・出力会社用の PDF の準備
      10. 色分解出力の準備
  7. InDesign の拡張
    1. 自動化
      1. データ結合
      2. プラグイン
      3. InDesign で拡張機能をキャプチャする
      4. スクリプト
注意:

平等な言葉遣い:アドビのコアとなる包括性の価値を反映するために、InDesign 2022(バージョン 17.0)以降の非包括的言語を置き換えます。英語、デンマーク語、ハンガリー語、スペイン語、イタリア語、ブラジル語、ポルトガル語、および日本語のロケールのヘルプ記事では、マスターページへの参照はすべて親ページに置き換えられます

ブックファイルの作成

ブックファイルは、スタイル、スウォッチ、親ページおよびその他のアイテムを共有するドキュメントをまとめたものです。ブックに保存されたドキュメント内でページ番号を割り当てたり、ブック内で選択したドキュメントを印刷したり、PDF に書き出したりすることができます。1 つのドキュメントは、複数のブックファイルに登録することができます。

ブックファイルに登録されたドキュメントの 1 つは、スタイルソースになります。デフォルトでは、スタイルソースはブック内で最初のドキュメントになりますが、いつでも別のスタイルソースを選択することができます。ブック内でドキュメントを同期させる場合は、スタイルソースで指定したスタイルとスウォッチで、ブックに保存した他のドキュメント内のものを置き換えます。

  1. ファイル/新規/ブックを選択します。
  2. ブック名を入力し、場所を指定して「保存」をクリックします。

    ブックパネルが表示されます。ブックファイルを保存すると、ファイル名拡張子 .indb が付きます。

  3. ブックファイルにドキュメントを追加します。

ブックファイルへのドキュメントの追加

ブックファイルを作成すると、ブックファイルがブックパネルで開きます。ブックパネルはブックファイルの作業エリアであり、ドキュメントの追加、削除、再配置ができます。

  1. ブックパネルメニューで「ドキュメントの追加」を選択するか、またはブックパネル下部にあるドキュメントを追加ボタン をクリックします。
  2. 追加する Adobe InDesign ドキュメントを選択し、「開く」をクリックします。
    注意:

    エクスプローラー(Windows)または Finder(macOS)から、ブックパネルに直接ファイルをドラッグ&ドロップできます。ブックから他のブックにドキュメントをドラッグすることもできます。ドキュメントをコピーするには、Alt キー(Windows)または Option キー(macOS)を押しながらドキュメントをドラッグします。

  3. 旧バージョンの InDesign で作成されたドキュメントを選択すると、ブックに追加されるときに InDesign CS5 のフォーマットに変換されます。別名で保存ダイアログボックスで、変換されたドキュメントの新しい名前を指定(またはそのままの名前を使用)して、「保存」をクリックします。
    注意:

    PageMaker または QuarkXpress のドキュメントは、ブックファイルに追加する前に変換しておく必要があります。

  4. パネル内のドキュメントの順番を変更する場合は、リスト内の適切な位置にドキュメントをドラッグします。
  5. ドキュメントをスタイルソースとして指定するには、パネル内にあるドキュメントの名前の横にあるボックスをクリックします。

ブックファイルのドキュメントを開くには、ブックパネルでドキュメント名をダブルクリックします。

ブックファイルの管理

ブックファイルを開くと、各ブックファイルがブックパネルの個別のタブに表示されます。複数のブックを同時に開いている場合は、いずれかのタブをクリックすると、そのブックが前面に表示され、パネルメニューにアクセスできます。

ブックパネルには、ドキュメントの現在の状態を示すアイコンが表示されます。開く 、不明 (移動されたり、名前が変更されたり、削除されたりしたドキュメント)、変更 (ブックが閉じている間に編集されたり、ページ番号やセクション番号が変更されたドキュメント)、使用中 (他のユーザーが管理ワークフローでドキュメントを開いている)などのアイコンが表示されます。開いていないドキュメントの横にはアイコンは表示されません。

注意:

ブックのドキュメントのパス名を表示するには、ドキュメント名の上にマウスポインターを置くと、ツールヒントが表示されます。または、ブックパネルメニューから「ドキュメント情報」を選択します。

ブックファイルの保存

ブックファイルは、ドキュメントファイルとは独立した別のファイルです。例えば、「ブックを保存」コマンドを選択すると、ブック内のドキュメントではなく、ブックファイルが保存されます。

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • ブックに新しい名前を付けて保存するには、ブックパネルメニューで「ブックを別名で保存」を選択し、場所とファイル名を指定して、「保存」をクリックします。

    • 既存のブックを上書き保存するには、ブックパネルメニューで「ブックを保存」を選択するか、またはブックパネル下部にあるブックの保存ボタン をクリックします。

注意:

サーバーでブックファイルを共有する場合、他のユーザーの変更によってブックが上書き保存されることを防ぐためには、ファイル管理システムを使用する必要があります。

ブックファイルを閉じる

  • 1 つのブックを閉じるには、ブックパネルメニューで「ブックを閉じる」を選択します。
  • 同じパネルで開いているブックをすべて閉じるには、ブックパネルのタイトルバーにある「閉じる」ボタンをクリックします。

ブックドキュメントの削除

  1. ブックパネルで、ドキュメントを選択します。
  2. ブックパネルメニューで「ドキュメントを削除」を選択します。

ブックファイルからドキュメント削除しても、ディスクにあるファイルは削除されません。ドキュメントは、ブックファイルから削除されるだけです。

ブックドキュメントの置換

  1. ブックパネルで、ドキュメントを選択します。
  2. ブックパネルメニューで「ドキュメントの置換」を選択し、置換するドキュメントを指定して、「開く」をクリックします。

エクスプローラーまたは Finder でのブックファイルの表示

  1. ブックパネルで、ドキュメントを選択します。

  2. ブックパネルメニューから、「エクスプローラーで表示」(Windows)または「Finder で表示」(macOS)を選択します。

ブラウザーウィンドウが開き、選択したファイルが表示されます。

ブックドキュメントの同期

ブックのドキュメントを同期させると、指定したアイテム(スタイル、変数、親ページ、トラッププリセット、相互参照形式、条件テキスト設定、リストの自動番号およびスウォッチ)がスタイルソースからブックで指定したドキュメントにコピーされ、同じ名前のアイテムは上書きされます。

同期しているドキュメントにスタイルソースのアイテムがない場合は追加されます。スタイルソースにないアイテムは、同期しているドキュメント内で現状のまま保持されます。

同期するアイテムの選択

  1. ブックパネルメニューで「同期オプション」を選択します。
  2. スタイルソースから他のブックドキュメントにコピーするアイテムを選択します。

    他のスタイルの定義に含まれるスタイルもすべて選択してください。例えば、オブジェクトスタイルには、段落スタイルと文字スタイルが含まれ、さらにその中にはスウォッチが含まれているかもしれません。

  3. スタイルがスタイルグループ内に、またはスタイルグループ外に複製されて重複するのを避けるには、「スタイルグループをスマート一致」を選択します。

    スタイルソースに文字スタイルがあってスタイルグループ内にあり、同期するドキュメントにも同名の文字スタイルがあってスタイルグループ外にあるとします。このオプションを選択すると、文字スタイルは同期したドキュメントのスタイルグループに移動されます。

    このオプションを選択しないと、文字スタイルの 2 番目のインスタンスがスタイルグループに作成され、スタイルソースに一致するオプションが設定されます。スタイルグループ外にある同名の文字スタイルは変更されません。

    注意:

    同一の名前を持つ複数のスタイルを含むドキュメントがあると(例えば、スタイルグループ内の Character Style 1 と、スタイルグループに属していない Character Style 1)、このオプションを選択した結果が分かりづらくなります。最良の結果を導き出すには、固有の名前のスタイルを作成します。

  4. 「OK」をクリックします。

ブックファイル上でのドキュメントの同期

ブックのドキュメントを閉じている場合でも、ブックを同期させることができます。InDesign では、閉じているドキュメントを開き、変更を行い、ドキュメントを保存して閉じます。同期するときに開いているドキュメントは、変更されますが保存されません。

  1. ブックパネルで、スタイルソースに指定するドキュメントの横にある空のボックスをクリックします。スタイルソースアイコン は、どのドキュメントがスタイルソースであるかを示します。
    選択されたスタイルソース

  2. スタイルソースからコピーするアイテムが、同期オプションダイアログボックスで選択されていることを確認します。
  3. ブックパネルで、スタイルソースドキュメントと同期するドキュメントを選択します。ドキュメントを選択していない場合は、すべてのブックが同期されます。
    注意:

    確実にドキュメントを選択解除するには、ブックドキュメントの下にあるグレーの空白エリアをクリックします。空白エリアが見えない場合は、ブックパネルをスクロールするか、パネルのサイズを大きくします。選択されているドキュメントを Ctrl キー(Windows)または Command キー(macOS)を押しながらクリックして、ドキュメントの選択を解除することもできます。

  4. ブックパネルメニューで「選択したドキュメントを同期」または「ブックを同期」を選択するか、ブックパネル下部にあるスタイルとスウォッチをスタイルソースと一致ボタン をクリックします。
注意:

編集/取り消しを選択すると、同期時に開いているドキュメントの変更だけが取り消しになります。

親ページを同期

親ページの同期は、他のアイテムの同期方法と同じです。つまり、スタイルソース内のページと名前(A-親 など)が一致する親ページが置換されます。同じデザイン要素(欄外のヘッダーやフッターなど)を使用するドキュメントでは、親ページの同期を行うと便利です。ただし、スタイルソース以外のドキュメントで親ページのページアイテムを保持する場合は、親ページを同期しないか、別の名前で親ページを作成してください。

親ページを初めて同期した後に、ドキュメントページ上で親ページアイテムをオーバーライドすると、それらのアイテムは親ページから分離されます。したがって、ブックの親ページを同期する場合は、デザインプロセスの開始時にブック内のすべてのドキュメントを同期しておくことをお勧めします。こうすると、親ページアイテムがオーバーライドされた場合でも、親ページとの連結は維持され、スタイルソース内の変更された親ページアイテムから更新されます。

スタイルソースを 1 つだけ使用して、親ページを同期することをお勧めします。異なるスタイルソースから同期を行うと、オーバーライドされた親ページアイテムが親ページから分離される可能性があります。異なるスタイルソースを使用して同期する必要がある場合は、同期する前に、同期オプションダイアログボックスの「親ページ」オプションの選択を解除してください。

旧バージョンの InDesign のブックファイルの変換

InDesign CS5 より前のバージョンで作成したブックファイルを InDesign CS5 のブックファイルに変換するには、InDesign CS5 でブックを開いて保存します。変換されたブックで同期、自動番号の更新、プリント、パッケージ、データ書き出しを行うと、ブックに含まれるドキュメントも InDesign CS5 形式に変換されます。その際に、オリジナルのドキュメントファイルを上書きするか保持するかを選択できます。

InDesign CS5 形式へのブックファイルの変換

  1. InDesign CS5 で、ファイル/開くを選択します。
  2. 旧バージョンの InDesign で作成したブックファイルを選択し、「OK」をクリックします。

    旧バージョンの InDesign で作成されたドキュメントが含まれている場合は、警告メッセージが表示されます。

  3. ブックパネルメニューで「ブックを別名で保存」を選択します。以前のファイル名と異なるファイル名を指定して「保存」をクリックします。

ブックファイルに含まれるドキュメントの変換

  1. InDesign CS5 でブックファイルを開きます。
  2. ブックパネルメニューで、次のいずれかの操作を行います。
    • 変換時に元のドキュメントを上書きする場合は、「自動ドキュメント変換」を選択します。

    • 変換されたドキュメントを別名で保存し、元のドキュメントを保持する場合は、「自動ドキュメント変換」の選択を解除します(更新されたブックリストには、元のファイルではなく、変換されたファイルが含まれます)。

  3. 次の操作により、ドキュメントを変換します。
    • ブックパネルメニューで「ブックを同期」を選択します(詳しくは、ブックファイルの同期を参照してください)。

    • ブックパネルメニューから、自動番号を更新/すべての番号を更新を選択します。

  4. 「自動ドキュメント変換」を選択していない場合、変換された各ドキュメントを別名で保存するためのダイアログボックスが表示されます。
注意:

ブックをプリントするか、Adobe PDF に書き出すときにもドキュメントは変換されます。

ブックのページ番号、章番号および段落番号の設定

ブックのページ番号、章番号、および段落番号の設定方法を指定できます。ブックファイルでは、ページと章の自動番号スタイルと開始番号は、ページ番号とセクションの設定ダイアログボックスか、またはドキュメントの番号割り当てオプションダイアログボックスで指定する、各ドキュメントの設定によって決まります。これらダイアログボックスのいずれかを開くには、ドキュメントでレイアウト/ページ番号とセクションの設定を選択するか、ブックパネルメニューで「ドキュメントの自動番号設定」を選択します。

ドキュメントへのページ番号の追加については、基本的なページ番号の追加を参照してください。

段落番号の場合は(図表一覧など)、段落スタイルに含まれる自動番号リストのスタイル定義によって番号が決まります。

ページ範囲は、ブックパネルに表示されているドキュメント名の横に表示されます。デフォルトでは、ブックに保存されているドキュメントでページの追加や削除を行ったり、ブックファイルを変更したりすると、InDesign はブックパネルでページ番号とセクション番号を更新します。ページ番号とセクション番号を自動更新する設定をオフにすると、ブックの番号を手動で更新できます。

ブックを更新したときに番号が正しくない場合、一般環境設定でセクション番号の代わりに絶対番号を表示していることが原因である可能性があります。詳しくは、ページパネルでの絶対番号またはセクション番号の表示を参照してください。

不明ドキュメントがある場合やドキュメントが開けない場合、ページ範囲は、不明ドキュメントがある場所からブックの終わりまで「?」と表示され、本当のページ範囲が不明であることを示します。自動番号を更新する前に、不明ドキュメントを削除または置換します。使用中アイコン が表示される場合、別のコンピューターを使用しているユーザーが管理ワークフローでドキュメントを開いていることを示します。このような場合は、ドキュメントを閉じた後に、自動番号の更新を行ってください。

各ドキュメントのページおよび章の番号設定オプションの変更

  1. ブックパネルで、ドキュメントを選択します。
  2. ブックパネルメニューで「ドキュメントの自動番号設定」を選択するか、ブックパネルでドキュメントのページ番号をダブルクリックします。
  3. ページ、セクション、および章番号の割り当てのオプションを指定します(詳しくは、ドキュメントの番号割り当てオプションを参照してください)。
  4. 「OK」をクリックします。
注意:

「自動ページ番号」を選択せずに、ブックに保存されているドキュメントを指定したページ番号から開始するには、「ページ番号割り当てを開始」に番号を指定します。この場合、ブック内の指定したドキュメント以降のドキュメントのページ番号は、ここで指定したページ番号から再割り当てされます。

ページ番号を偶数または奇数で開始

ブックに保存されているドキュメント間のページ番号の開始ページを奇数ページや偶数ページに設定することができます。

  1. ブックパネルメニューで「ブックのページ番号設定」を選択します。
  2. 「次の奇数ページへ続行」または「次の偶数ページへ続行」を選択します。
  3. 「白ページを挿入」を選択すると、ブック内の前後のドキュメント間にページが存在しないときに自動的に白ページが追加されるようになります。例えば、前のドキュメントが奇数ページで終わり、次のドキュメントが奇数で始まる場合、「白ページを挿入」を選択すると、前のドキュメントの最後に偶数ページの白ページが挿入され、前後のドキュメントが続くようになります。設定ができたら、「OK」をクリックします。

ブックの自動ページ番号の無効化

  1. ブックパネルメニューで「ブックのページ番号設定」を選択します。
  2. 「ページとセクション番号を自動更新」の選択を解除し、「OK」をクリックします。
  3. ページ番号を手動で更新するには、ブックパネルメニューで自動番号を更新/すべての番号を更新を選択します。

    ページとセクション番号のみの更新や、章と段落番号のみの更新も可能です。

ブックの段落番号割り当ての使用

図、表その他のアイテムの一覧に対して段落番号割り当てを使用するには、段落スタイルで使用する自動番号リストをまず定義します。段落番号割り当てがブック内のドキュメント全体の番号割り当てを維持するかどうかは、定義する自動番号リストによって決まります。

  1. ブックのスタイルソースとして使用されるドキュメントを開きます。
  2. 書式/箇条書きリスト/リストを定義を選択します。
  3. 「新規」をクリックしてリストを定義するか、既存のリストを選択して「編集」を選択します。
  4. 「ストーリーを通して番号を継続」と「ブック内の前のドキュメントから番号を継続」の両方を選択します。
  5. 「OK」をクリックします。
  6. 番号リストを使用する段落スタイルを定義し、このリストを含む各ドキュメント内のテキストに適用します(詳しくは、ランニングリスト用の段落スタイルの作成を参照してください)。
注意:

同じ自動番号リスト設定をブック内のすべてのドキュメントに対して使用していることを確認するには、同期オプションダイアログボックスで段落スタイルおよび自動番号リストオプションを選択してから、ブックを同期化します。

ブックファイルのプリントまたは出力

ブックファイルを使用する利点の 1 つは、1 回の操作でブック全体または選択したブックドキュメントを出力(プリント、プリフライト、パッケージ、EPUB、PDF に書き出し)できることです。

  1. ブックパネルで、次のいずれかの操作を行います。
    • 特定のドキュメントを出力するには、そのドキュメントを選択します。

    • ブック全体を出力するには、ドキュメントを選択していないことを確認します。

  2. ブックパネルメニューで「ブックをプリント」や「選択したドキュメントをプリント」など、出力に関連するコマンドを選択します。
アドビのロゴ

アカウントにログイン