ページとスプレッドの移動、複製、削除

ページパネルを使用して、ページやスプレッドを自由に移動したり、複製したり、再結合したりすることができます。ドキュメント内でのページの追加、並べ替え、複製または削除では、次の点に注意してください。

  • テキストフレーム間の連結が保持されます。

  • InDesign では、「ドキュメントページの移動を許可」コマンドの設定に従って、ページが再分配されます。

  • 複数ページにわたるオブジェクトは、オブジェクト自体の境界線ボックスのうち最も広い面積がかかっているページに留まります。

ページ移動コマンドを使用したページの移動

  1. レイアウト/ページ/ページを移動を選択するか、ページパネルメニューから「ページを移動」を選択します。
  2. 移動するページを指定します。
  3. 「出力先」でページの移動先となる場所を選択し、必要に応じてページを指定します。「OK」をクリックします。

ドラッグによるページの移動

  1. ドラッグ中に、ページが挿入される位置を示す黒い縦線が表示されます。「ドキュメントページの移動許可」のチェックを外したスプレッドに黒い縦線が触れると、ドラッグしているページがそのスプレッドに追加されます。それ以外の場合ドキュメントページは、ドキュメント設定ダイアログボックスの「見開きページ」の設定に一致するように再配列されます。

    ページパネルで、ドキュメント内の新たな位置に移動したいページアイコンをドラッグします。

    ページパネルを使用したページ位置の移動
    ページパネルを使用したページ位置の移動

ページまたはスプレッドの複製

  1. ページパネルで、次のいずれかを選択します。
    • スプレッドの下にあるページ範囲番号を、「ページを挿入」ボタンにドラッグします。スプレッドが複製され、ドキュメントの最後に追加されます。

    • スプレッドを選択し、ページパネルメニューから「ページを複製」または「スプレッドを複製」を選択します。新しいページまたはスプレッドが複製され、ドキュメントの最後に追加されます。

    • Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら、スプレッドの下にあるページアイコンまたはページ範囲番号を新しい位置までドラッグします。

注意:

ページまたはスプレッドを複製すると、ページまたはスプレッド上のすべてのオブジェクトも複製されます。スプレッドから他のスプレッドへのテキスト連結は切断されますが、スプレッド内のテキスト連結はすべて元の状態のまま残ります。元のスプレッドのテキスト連結も変化しません。

見開きの設定を保持したまま、スプレッドからページを分離する方法

  1. スプレッドを選択し、ページパネルメニューの「選択スプレッドの移動を許可」の選択を解除します。
  2. ページパネルで、いったん他のページアイコンをクリックするなどしてスプレッドの選択を解除してから、分離させたいページアイコンをドラッグし、黒い縦線がどのページアイコンにも触っていない状態でドロップします。

ドキュメントからのページまたはスプレッドの削除

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • ページパネルで、ページアイコンまたはページ番号範囲を削除アイコンまでドラッグします。

    • ページパネルでページアイコンを選択し、削除アイコンをクリックします。

    • ページパネルでページアイコンを選択し、ページパネルメニューから「ページを削除」または「スプレッドを削除」を選択します。

ページまたはスプレッドを他のドキュメントに移動またはコピーする場合、グラフィック、リンク、テキストも含め、ページまたはスプレッド上にあるすべてのアイテムがドキュメントにコピーされます。セクションマーカーは保持されます。連結テキストフレームも含まれますが、スプレッド外のページに連結されるテキストは転送されません。コピーするページまたはスプレッドに含まれている、スタイル、レイヤー、マスターなどが、コピー先のドキュメント上のものと同じ名前が付いている場合、コピーしたページやスプレッドには、コピー先ドキュメントの設定が適用されます。

コピーするドキュメントとは異なるサイズのドキュメントからページをコピーする場合、ページおよびページアイテムの位置は厳密には一致しないことがあります。

注意:

複数ページスプレッドを移動またはコピーしたい場合、コピー先ドキュメントの「ドキュメントページの移動を許可」の選択を解除して、スプレッドの分離を禁止します。

ドキュメント間でのページの移動またはコピー

  1. あるドキュメントから別のドキュメントにページを移動するには、両方のドキュメントを開きます。
  2. レイアウト/ページ/ページを移動を選択するか、ページパネルメニューから「ページを移動」を選択します。
  3. 移動するページを指定します。
  4. 移動先ポップアップメニューから移動先ドキュメント名を選択します。
  5. 「出力先」でページの移動先となる場所を選択し、必要に応じてページを指定します。
  6. 元のドキュメントからページを削除する場合は、「移動後ページを削除」を選択します。

注意:

ドキュメント間でドキュメントページをコピーすると、そのページに関連しているマスターも自動的にコピーされます。ただし、コピー先のドキュメントに、コピーしたページに適用されているマスターと同名のマスターが含まれている場合は、コピーしたページにはコピー先のドキュメントのマスターが適用されます。

ドラッグによるドキュメント間でのページの移動またはコピー

  1. あるドキュメントから別のドキュメントにページを移動するには、両方のドキュメントが開いていて、表示されていることを確認してください。

    注意:

    ドキュメントを並べて表示するには、ウィンドウ/アレンジ/並べて表示を選択します。

  2. 移動先のドキュメントの任意のページ上に、移動元となるドキュメントのページアイコンをドラッグします。
  3. ページを挿入ダイアログボックスで、ページが追加される場所を指定します。
  4. 元のドキュメントからページを削除する場合は、「挿入後ページを削除」を選択します。

スプレッドのページ番号割り当ての制御

大部分のドキュメントでは主に 2 ページのスプレッドが使用されています。スプレッドの前のページを追加または削除すると、デフォルトでページは移動されます。ただし、特定のページをスプレッド内に維持することができます。例えば、複数ページスプレッド(アイランドスプレッドとも呼ばれます)を作成してページを追加することで、折り込みやジャバラ式の折り込みを作成できます。ページの移動を許可しないと、ページを同じスプレッドに維持できます。

ページパネル
ページパネル

A. 1 ページスプレッド B. 4 ページスプレッド(ページ番号の前後の角括弧で識別) C. 全体が選択されている 2 ページスプレッド 

複数ページスプレッドの作成

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • 単一スプレッドの分離を禁止するには、ページパネルのスプレッドを選択し、ページパネルメニューの「選択スプレッドの移動を許可」の選択を解除します。なお、スプレッドに対して分離を禁止している複数スプレッドのページ番号は、ページパネル上では角括弧で囲まれて表示されます。

    • ページを追加、削除、移動するときに、全ドキュメントの 3 ページ以上のスプレッドが作成されるのを許可して、それらのスプレッドを維持するには、ページパネルメニューの「ドキュメントページの移動を許可」の選択を解除します。InDesign は、2 ページのスプレッドに番号を正しく付けながら、3 ページ以上のスプレッドを維持します。

  2. 選択したスプレッドにページを追加するには、「ページを挿入」を使用して、スプレッドの中央に新しいページを挿入するか、ページパネルのスプレッドに既存のページをドラッグします。スプレッド全体をドラッグするには、スプレッドの下にあるページ番号をドラッグします。
ページパネルを使用してページをスプレッドに追加
ページパネルを使用してページをスプレッドに追加

注意:

スプレッドには 10 ページまで含めることができます。ページ数が上限に達している場合は、黒い縦線は表示されません。

ページの再分配

ドキュメント設定ダイアログボックス(ファイル/ドキュメント設定)の「見開きページ」設定に一致するようにスプレッドのページを再分配することができます。

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • 個々のスプレッドの移動が許可されている場合は、スプレッドを選択し、ページパネルメニューから「選択スプレッドの移動を許可」を選択します。

    • ドキュメントページの移動が許可されていて、スプレッドにページを追加した場合は、ページパネルメニューから「ドキュメントページの移動を許可」を選択します。ページを再分配するには「いいえ」をクリックします。「はい」をクリックして、複数ページスプレッドを維持する場合は、ページパネルでこれらのスプレッドの番号が角括弧で囲まれ、これらのスプレッドが移動を許可されていないことを示します。

ドキュメントを見開きで開始する方法

ドキュメントを単ページで開始せず、スプレッドの見開きで開始することができます。

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • ドキュメントを作成する場合は、ファイル/新規ドキュメントを選択します。

    • 既存のドキュメントを編集する場合は、ファイル/ドキュメント設定を選択します。

  2. 「開始ページ番号」に偶数番号(例:2)を指定し、「OK」をクリックします。

スプレッドビューの回転表示

製作物によっては、回転されたコンテンツを編集する必要があります。回転したコンテンツを頭を横にして見る代わりに、スプレッドビューを回転させることができます。このオプションは、回転したカレンダーや表を操作しているときに特に便利です。

スプレッドビューの回転は、印刷や出力には影響を与えません。

スプレッドの回転
スプレッドの回転

A. スプレッドを回転する前 B. 回転したスプレッドビュー C. ページパネルの回転アイコン 
  1. ページパネルで、回転するページまたはスプレッドを選択します。

  2. 必要に応じて次の操作を行います。

    • ページパネルメニューから、スプレッドビューを回転/90°時計回り、90°反時計回り、または 180° を選択します。

    • 表示/スプレッドを回転/90°時計回り、90°反時計回り、または 180°を選択します。

回転アイコン  が、ページパネルの回転されたスプレッドの横に表示されます。

スプレッドビューが回転しているときに配置または作成したオブジェクトは回転します。例えば、スプレッドビューを 90°回転したときにテキストフレームを作成した場合は、ビューを解除したときにそのテキストフレームが 90°回転されます。ただし、ペーストしたオブジェクトは回転されません。

オブジェクトを変形させる場合は、回転したページビューを操作していることに注意してください。例えば、回転したスプレッドビューで表を編集している場合は、表の左側を変更すると、元の表の最上部に表示される内容が変化します。

注意:

ファイルを出力したり、別のユーザーに送信したりする前に、混乱を避けるためにスプレッドビューの回転を解除することをお勧めします。表示/スプレッドを回転/回転を取り消しを選択します。

複数のページサイズの使用

1 つのドキュメント内のページ別に、異なるページサイズを定義することができます。この機能は、1 つのファイルで関連するデザインを管理する場合に特に便利です。例えば、同じドキュメント内に名刺、はがき、レターヘッドおよび封筒の各ページを含めることができます。雑誌の折り込みレイアウトを作成するときにも、複数のページサイズを使用すると便利です。

ビデオチュートリアルの新しいページツールで混在したサイズのページを作成を参照してください。

同じドキュメント内の複数のページサイズ
同じドキュメント内の複数のページサイズ

A. 雑誌ページ B. 折り込みページ C. 背表紙ページ 

ドキュメント内での異なるページサイズの作成

ページツールでサイズ変更するマスターページまたはドキュメントページを選択し、コントロールパネルでその設定を変更します。ページは、そのマスターページからページサイズを継承しますが、ドキュメントページのサイズを変更することによって、適用されているマスターページとは異なるサイズにできます。また、マスターページが別の異なるサイズのマスターページに基づいている場合もあるため、様々なサイズのページが同じマスターコンテンツを共有する場合があります。

注意:

異なるページサイズをすばやく適用するには、ページパネルでページを選択し、ページサイズの編集ボタン からページサイズを選択します。

  1. ページツール  を使用し、サイズ変更するマスターページまたはレイアウトページを選択します。

    ページパネル内だけでなく、ドキュメントページ上でページ全体が選択されていることを確認します。

  2. 選択したページのページサイズを変更するには、コントロールパネルの設定を指定します。

    X 値と Y 値

    スプレッドの他のページと関連させてページの縦位置を指定するには、Y 値を変更します。

    ページサイズの W 値と H 値

    選択したページの幅と高さを変更します。メニューからページサイズのプリセットを指定することもできます。このリストに表示されるカスタムページサイズを作成するには、メニューから「カスタムページサイズ」を選択し、ページサイズのオプションを指定して、「OK」をクリックします。

    方向

    ページの向きとして横置きまたは縦置きを選択します。

    レイアウト調整を使用

    ページサイズの変更に応じてページ上のオブジェクトも自動的に調整する場合は、このオプションを選択します。詳しくは、自動レイアウト調整機能についてを参照してください。

    マスターページオーバーレイを表示

    ページツールで選択したページにマスターページオーバーレイを表示するには、このオプションを選択します。

    ページと共にオブジェクト移動

    X 値と Y 値を調整したときに、ページと共にオブジェクトを移動する場合は、このオプションを選択します。

マスターページオーバーレイの使用

ページツールを使用してページを選択し、「マスターページオーバーレイを表示」オプションを有効にすると、選択したページに網掛けのボックスが表示されます。マスターページオーバーレイを移動し、マスターページのアイテムを適切な位置に表示することができます。「マスターページオーバーレイを表示」オプションは、マスターページとドキュメントページのページサイズが異なるときに特に便利です。

マスターページオーバーレイをドラッグして、マスターアイテムを小さめのドキュメントページに整列
マスターページオーバーレイをドラッグして、マスターアイテムを小さめのドキュメントページに整列

  1. ページツールを使用して、ページを選択します。

  2. コントロールパネルで、「マスターページオーバーレイを表示」を選択します。

  3. マスターページオーバーレイのエッジをドラッグし、マスターページのアイテムを配置します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー