Photoshop のハードウェア設定とオペレーティングシステムの最適化

オペレーティングシステムとハードウェアを最適化して、マシン上で Photoshop のパフォーマンスを微調整します。

注意:

Photoshop を最適に実行するには、コンピューターが一定の最小システム要件を満たしている必要があります。例えば、互換性のないグラフィックプロセッサー(GPU)を搭載したコンピューターなど、パワー不足の、またはサポート対象外のハードウェアで Photoshop を実行すると、パフォーマンスの問題が発生することがあります。 

ハードウェアのセットアップを Photoshop 用に最適化する

現在使用しているハードウェアのセットアップを変更したい(あるいは、新しいシステムを購入する)場合は、以下の情報を参考にして、ハードウェアを Photoshop 用に最適化してください。

高速なプロセッサーを使用する

CPU の速度は Photoshop の処理速度に影響します。

Photoshop は一般にプロセッサーのコア数が多いほど高速に実行でき、一部の機能ではコア数の増加の効果が他の機能に比べて顕著です。ただし、複数のプロセッサーコアは利点を逓減させます。コアを多く使用するほど、各追加コアから得られる利点が減ります。したがって Photoshop は、4 個のコアを持つコンピューターより 16 個のコアを持つコンピューターで実行したほうが 4 倍高速に実行できるというわけではありません。ほとんどのユーザーにとって、6 個を超えるコアによってもたらされるパフォーマンスの向上はコストに見合うものではありません。

注意:

仮想環境で Photoshop を実行する場合は、Photoshop の GPU を使用するためパフォーマンスの問題が発生します。仮想マシンは GPU にアクセスできません。

RAM の追加

Photoshop はランダムアクセスメモリ(RAM)を使用してイメージを処理します。Photoshop でメモリが不足した場合は、ハードディスクを仮想記憶ディスクとして使用し、情報を処理します。ハードディスク上の情報にアクセスするより、メモリ内の情報にアクセスする方が高速です。それゆえに、Photoshop は RAM 内のすべて、またはほとんどのイメージ情報を処理できるとき最高速となります。

Photoshop の最新版では、少なくとも 8 GB の RAM をお勧めします。

Photoshop に割り当てる RAM 量を指定する方法については、メモリ使用量の調整を参照してください。

専用のグラフィックカードを使用する

専用のグラフィックカードは、専用のメモリ(VRAM)を使用しているため、処理能力が高く、RAM が不足することはありません。

超軽量のノートパソコンやローエンドデスクトップの多くは、バッテリの消費電力を抑え、CPU とメモリを共有するため、統合グラフィックカードが採用されています。

高速で大容量のディスクを使用

Photoshop は、システムに画像情報のすべてを格納するためのRAM 容量が不足すると、ディスクを利用して読み書きを行います。高速なハードディスクまたはソリッドステートディスクを使用することでパフォーマンスが向上するかどうかは、効率インジケーターを参考にしてください。効率数が通常 95% を上回る場合は、高速な仮想記憶ディスクから得られる利点はほとんどありません。

Photoshop のパフォーマンスを向上させるには、データ転送率の高いディスクを使用してください。例えば、内蔵ハードディスクか、コンピューターに直接接続された外部ディスクを使用します。

注意:

ネットワークサーバ(ネットワークを介してアクセスされるハードディスク)はデータ転送レートが遅いため、Photoshop での使用はおすすめしません

ソリッドステートディスクを使用する

SSD から最大限の利点を得るためには、SSD を仮想記憶ディスクとして使用します。SSD を仮想記憶ディスクとして使用すると、RAM の容量を超える画像を処理する場合、パフォーマンスが著しく改善されます。たとえば、RAM と SSD 間のタイルのスワップは、RAM とハードディスク間のスワップよりも極めて高速です。

SSD の空き容量が不足した場合(仮想記憶ファイルが SSD に納まりきらないほど大きくなる場合)、第 2、または第 3 のハードディスクを追加します。(SSD の後に追加。)これらのディスクは、パフォーマンス環境設定で仮想記憶ディスクとして必ず選択してください。

また、SSDは、ハードディスクの変化をはるかに超えて、パフォーマンスが大きく変わります。旧バージョンの速度の遅いドライブでは、十分な効果を得られない可能性があります。

注意:

通常、SSD の追加よりも、RAM の追加のほうがコストを抑えて十分な効果を得られます。

効率インジケーターの値がすでに高い場合は、SSD でパフォーマンスが改善されることはありません。効率インジケーターの値が低ければ低いほど、SSD による改善が大きくなります。

また、高速 RAID 0 アレイは優れた仮想記憶ディスクになります。アレイをスクラッチディスク専用に使用すると効果的です。

オペレーティングシステムを Photoshop 用に最適化する

以下の情報を使用して、オペレーティングシステムをセットアップし、Photoshop で効率的に使用してください。

不要なアプリケーションおよびスタートアップ項目を閉じる

起動中の他のアプリケーションやスタートアップ項目によって、Photoshop で使用できるメモリの容量が減少します。メモリをさらに解放するには、不要なアプリケーション、スタートアップ項目、エクステンションを終了します。

Photoshop に割り当てられたメモリの調整を参照してください。

ディスククリーンアップを実行する(Windows)

「ディスククリーンアップ」を実行し、一時ファイルや未使用のファイルを削除します。

Windows 10 のディスク クリーンアップを参照してください。

ハードディスクを最適化する

断片化したファイルは、連続した場所に保存されているファイルより、Photoshop で読み書きするのに時間が長くかかります。

Windows 10 PC を最適化するを参照してください。

注意:

SSD では、一般的なレベルの断片化でパフォーマンスが著しく悪化することはないため、デフラグは不要です。

macOS では、ハードディスク空き容量が不足している状態で使用していない限り、断片化が問題になることはありません。

OS の自動更新を有効にする

Windows または macOS をアップデートすると、パフォーマンスが改善され、アプリケーションとの互換性が高まります。

Windows:

macOS:

電源設定オプション

グラフィックカードを 2 枚搭載したコンピューターで、Photoshop が処理能力の低い統合グラフィックカードではなく、高性能グラフィックカードを使用していることを確認します。

グラフィックカードについて詳しくは、Photoshop グラフィックプロセッサー(GPU)とグラフィックドライバーの問題に関するトラブルシューティングおよび複数枚のグラフィックカードを搭載したコンピューターの構成を参照してください。

注意:

この設定を変更すると、バッテリの消費が速くなります。

アドビのロゴ

アカウントにログイン