Photoshop でのクラッシュまたはフリーズのトラブルシューティング

Photoshop が開けない、あるいは起動時にクラッシュまたはフリーズする場合の

サポートについて説明します。

よくあるクラッシュの問題を解決するための 6 段階の簡単な手順

  1. Photoshop の既知の問題を確認します。
  2. Photoshop を強制終了して再起動するか、コンピューターを再起動します。
  3. Photoshop を最新バージョンにアップデートします。
  4. Photoshop の環境設定をリセットします。
  5. GPU およびグラフィックドライバーのトラブルシューティングを参照します。
  6. macOS または Windows のオペレーティングシステムを常に最新の状態にします。

その他のトラブルシューティングのヒント

GPU を無効にして問題を絞り込む

ケースによっては、最新のドライバーを入手しても、ビデオアダプターとドライバーに関連するすべての問題は解決しないこともあります。

発生中の問題がビデオアダプターによるのか、それともドライバーによるのかを判別する最も迅速かつ最も簡単な方法は、「グラフィックプロセッサーを使用」設定を無効にすることです。

  • Photoshop で、環境設定パフォーマンスの順に移動し、「グラフィックプロセッサーを使用」をオフにして、Photoshop を再起動します。
    環境設定を表示する方法については、Photoshop の環境設定の調整を参照してください。

詳しくは、GPU およびグラフィックドライバーのトラブルシューティングを参照してください。

問題のあるプラグインを特定する

Photoshop のクラッシュの原因がオプションプラグインまたはサードパーティプラグインの問題かどうかを確認するには、以下の操作を行います:

  1. Photoshop を終了します。
  2. Shift キーを押しながら Photoshop を起動します。起動中に「オプションプラグインとサードパーティプラグインの読み込みをスキップします」と表示されます。
  3. はい」をクリックして、オプションプラグインおよびサードパーティプラグインの読み込みをスキップします。
  4. Photoshop を起動します。

Photoshop が正常に起動する場合は、インストールされているオプションプラグインまたはサードパーティプラグインが問題の原因です。詳しくは、Photoshop プラグインに関するトラブルシューティングを参照してください。

注意:

Photoshop 23.3 で、Adobe Design to Print など、外部プラグインの存在により、起動時、またはビデオを開いているときに Photoshop がクラッシュする問題が修正されました。

Photoshop 23.2 以前のバージョンでの同じ問題の回避策としては、以下のいずれかを実行します。

  • Adobe Adobe Design to Print プラグインをアンインストールします。Creative Cloud アプリ/Stock & Marketplaceプラグインに移動して、「プラグインを管理」を選択します。Adobe Design to Print を選択して、同様にアンインストールします。
  • プラグインが表示されないが、以前にインストールを行った場合は、以下の手順を実行して、残りのファイルを削除します。
    1. Adobe Photoshop を閉じます(実行中の場合)
    2. 拡張機能を削除します
      • /Library/Application Support/Adobe/CEP/extensions/ に移動して、com.adobe.designtoPrint フォルダーを削除する、または
      • /Users/<username>/Library/Application Support/Adobe/CEP/extensions/ に移動して、com.adobe.designtoPrint フォルダーを削除します
    3. プラグインおよび Generator フォルダーを削除 - /Applications/Adobe Photoshop CC 2022/Plug-ins/ に移動し、Generator フォルダーと AdobeDesigntoPrint.plugin を削除します
    4. FBS フォルダーを削除 - /Users/<username>/Library/Application Support/Adobe/Adobe Design to Print に移動し、FBS フォルダーを削除します

それでも Photoshop がクラッシュする場合は、起動時に Shift キーを押しながら「はい」をクリックして、サードパーティプラグインの読み込みをスキップします。

Photoshop フォントキャッシュのリセット

不正なフォントがあると、一般的なパフォーマンスの問題が発生する可能性があります。例えば、Photoshop の起動時や使用時に、クラッシュしたりハングしたりする場合などです。Photoshop フォントキャッシュには、システムにインストールされ、Photoshop で使用可能なフォントの情報が格納されます。このフォントキャッシュファイルを削除すると、Photoshop は新しいキャッシュファイルを作成します。

macOS

  1. Photoshop と Creative Cloud デスクトップアプリケーションを終了します。
  2. /Users/[ユーザー名]/Library/Application Support/Adobe/Adobe Photoshop にアクセスします。
  3. CT Font Cache フォルダーを削除し、ゴミ箱を空にします。

Windows

  1. Photoshop と Creative Cloud デスクトップアプリケーションを終了します。
  2. \Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Adobe\Adobe Photoshop <バージョン> に移動します。
  3. CT Font Cache フォルダーを削除し、ごみ箱を空にします。

詳しくは、フォントのトラブルシューティングを参照してください。

インストールされたウイルス対策ソフトウェアによるクラッシュ

ウイルス対策ソフトウェアがインストールされている状態で Photoshop がクラッシュした場合は、ウイルス対策ソフトウェアを無効にするかアンインストールするか、ウイルス対策ソフトウェアメーカーにお問い合わせください(例:Avast antivirus)。

まだ Photoshop がクラッシュしている場合

問題を解決できない場合は、最後の手段として、以前のバージョンのアプリケーションに戻してみてください。

詳しくは、Creative Cloud アプリケーションの以前のバージョンをインストールを参照してください。

さらにサポートが必要ですか?

さらにサポートが必要な場合は、クラッシュの問題およびログに関する情報を共有してください。アドビが問題を解決するのに役立ちます。詳しくは、クラッシュレポートの提出を参照してください。

また、Adobe Photoshop コミュニティに参加して、よくある質問への回答を検索したり、アイデアを共有したりすることもできます。ご意見をお待ちしております。

アドビのロゴ

アカウントにログイン