アドビでは、Mac OS 10.11 (El Capitan)での Bridge CC の実行で以下に示す互換性の問題を発見しました。

お客様においても、非運用パーティションでそれぞれ独自のテストを行って、新しい OS が現在のハードウェアとドライバーで動作することを確認していただくことをお勧めいたします。

まだ文書化されていない問題が発生したした場合は、弊社フィードバックサイトまで、お気軽にご報告ください。

既知の問題

弊社のエンジニアリングチームは、今後パートナーと連携してこれらの問題を調査し、フィックスを提供させていただく予定です。

Photo Downloader で、接続されたデバイスが認識されないことがあります

Mac OS 10.11.x において、Bridge CC で、次のタイプのデバイスが認識されません。

  • iOS モバイルデバイス
  • PTP (ピクチャー転送プロトコル)モード、または MTP (メディア転送プロトコル)モードで接続された Android モバイルデバイスやデジタルカメラ
回避策
 
PTP モードまたは MTP モードで接続されたデバイス(デジタルカメラや Android ベースのデバイスなど)の場合:
  • デバイスモードを PTP/MTP モードから USB モード/マスストレージモードに変更してからデバイスをコンピューターに接続します。注意:モードの変更手順については、デバイスの製造元から提供されるマニュアルを参照してください。
iOS モバイルデバイスの場合:
  1. iOS デバイス(iPhone、iPad)をコンピューターに接続します。
  2. イメージキャプチャーアプリケーション(「アプリケーション/イメージキャプチャー」)を起動します。
  3. インポートするメディアを選択して、「インポート/すべてをインポート」をクリックします。 選択したメディアファイルは/Users/Pictures/[iPad/user] フォルダーにコピーされます
  4. Bridge Photo Downloader から、手順 3 で指定したフォルダー、またはインポートする対象のフォルダー内のメディアファイルを選択します
  • iDevice をコンピューターに接続します。次の例では、labuser という名前の iPad を使用して説明します。

  • イメージキャプチャーアプリケーション(「移動アプリケーションイメージキャプチャー」)を起動します。アプリケーションは iPad を自動的に認識します。

  • インポートするメディアを選択して、「インポート/すべてをインポート」をクリックします。

  • iDevice をコンピューターに接続します。次の例では、labuser という名前の iPad を使用して説明します。

  • イメージキャプチャーアプリケーション(「移動アプリケーションイメージキャプチャー」)を起動します。アプリケーションは iPad を自動的に認識します。

  • インポートするメディアを選択して、「インポート/すべてをインポート」をクリックします。

  • ネットワーク上の場所にある多数のファイルのローカルキャッシュの作成を試行中に Bridge CC がクラッシュすることがあります

    回避策

    作業対象のファイルをローカルドライブに移動します。

    本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

    法律上の注意   |   プライバシーポリシー