機能の概要 | Bridge(2021 年 6 月リリース)

Bridge の 2021 年 6 月リリース(バージョン 11.1)の新機能と機能強化について説明します。

Substance 3D データのサポート

Substance 3D データのサムネールおよびプレビュー生成が Bridge でサポートされるようになりました。これにより、ユーザーは .sbsar ファイルを容易に検索および管理できるようになります。

サムネールおよびプレビュー
Bridge での Substance 3D データのサムネールおよびプレビュー

また、Substance 3D アプリから「Bridge で参照」機能を使用し、すばやく起動して Bridge で Substance 3D データをプレビューすることもできます。

注意:

Substance 3D データのサムネールおよびプレビューは、サポート対象の GPU を備えたシステムでのみ使用できます。詳しくは、「Bridge の必要システム構成」を参照してください。

Painter または Sampler にデータを配置

このリリースでは、Adobe Substance 3D Painter および Adobe Substance 3D Sampler に Bridge から Substance 3D ファイルを配置できるようになりました。

次の簡単な手順に従って、Bridge 内から直接、デバイス上の目的のアプリにサポート対象の Substance 3D ファイルを配置して開きます。

  1. Bridge で、.sbsar ファイルを選択します。 

  2. ファイルを選択した状態で、.sbsar ファイルを右クリックし、配置Adobe Substance 3D Painter 内または配置Adobe Substance 3D Sampler 内を選択します。

Painter および Sampler に配置
Painter および Sampler に配置

コンピューターに Substance 3D 製品がインストールされている場合は、選択したアプリのライブラリにあるファイルが直接開かれるため、そこから編集を再開できます。Substance 3D アプリがインストールされていない場合は、コンピューターにインストールするように求められます。 

Adobe Substance 3D アプリについて詳しくは、次を参照してください。

.sbsar メタデータの表示および編集

Bridge 3D メタデータ

.sbsar ファイルのメタデータを表示および編集できます。

次のメタデータを表示できます。

  • グラフ出力のリスト
  • グラフプリセットのリスト

 このほか、.sbsar ファイルの次のメタデータ属性も編集できます。

  • カテゴリ
  • ラベル
  • 説明
  • キーワード
  • 作成者
  • 作成者 URL
  • ユーザータグ 
アドビのロゴ

アカウントにログイン