インストール手順

  1. Adobe Captivate を起動し、ヘルプ/アップデート選択します。Adobe Application Manager が表示されます。

  2. 「Adobe Captivate」の「Adobe Captivate 6.0.1 アップデート」が選択されていることを確認します。

    「Adobe Captivate」の「Adobe Captivate 6.0.1 アップデート」が選択されていることを確認します。
    Adobe Captivate 6.0.1 アップデートチェックボックス

  3. 「更新」をクリックして、パッチをインストールします。インストールが完了すると次のメッセージが表示されます。

    「更新」をクリックして、パッチをインストールします。
    「更新」をクリックして、パッチをインストールします。

    または、この Web サイトからパッチをダウンロードできます。

  4. 「終了」をクリックします。

インストールの確認

Adobe Captivate を起動し、ヘルプ/Adobe Captivate のバージョン情報を選択します。表示されるビルド番号が「6.0.1.240」の場合は、このパッチが正常にインストールされています。

アップデートした Adobe Captivate
アップデートした Adobe Captivate

このパッチで修正される問題

試用版およびプロジェクトの期限切れ

試用版の Adobe Captivate 6 を使用して公開された内容は、プロジェクト作成日から 30 日に期限切れになります。Adobe Captivate 6.0.1 ではこのポリシーは変更されます。試用版の Adobe Captivate から公開された出力は、公開の日付から 30 日に期限切れになります。

SWF ファイルの公開およびランタイム

  • Adobe Captivate 6 プロジェクトは、実行時にテキストエントリーボックスにフォーカスを置いていません。ユーザーはボックスをクリックし、テキストの入力を開始する必要があります。
  • 実行時に、ユーザーは、スライドをクリックしない限り、キーボードショートカットを使用して、クリックボックスをクリックすることはできません。
  • スライドトランジションが使用される場合、Adobe Captivate プロジェクトおよびオーディオはランダムに一時停止します。オーディオは、同期が取れなくなることがあり、オブジェクトの「表示/非表示」が予想どおりには機能しません。
  • プロジェクトをプレビューまたは公開するときに、フェードイントランジション効果を持つラインオブジェクトがちらつきます。
  • SWF ファイル出力を Google Chrome v22 で表示する場合、プロジェクトの期限切れメッセージが画面でちらつきます。
  • cpCmndPause および cpCmndResume 変数は、ムービーの状態を反映しません。
  • その上にビデオがあるスライド間でトランジションを行うときに、SWF ファイル出力でのマルチスライド同期ビデオがちらつきます。
  • ロールオーバースライドレットのキーボードショートカットは、公開された出力で機能しません。
  • Adobe Captivate は、プロジェクトが保存され閉じられた後、ボタンに割り当てられた「成功時」アクションに変更を加えません。

HTML5 の公開とランタイム

  • iOS ブラウザーは、Adobe Captivate 6 を使用して作成された HTML5 コースに多くのアセットを持つスライドが含まれる場合、クラッシュします。ユーザーが、SCORM ベースの LMS から「重い」コースにアクセスしている場合もクラッシュします。
  • プロジェクトに多数のアセットがある場合、HTML5 にプロジェクトを公開するときに Adobe Captivate がクラッシュします。公開が成功した場合でも、プロジェクトを LMS にアップロードするときに、エラーが発生します。
  • HTML5 プロジェクト出力のテキストエントリボックスでは、ユーザーは、ボックスのキーボードショートカットとして使用されるアルファベットを入力できません。
  • HTML5 出力ファイルで、表示および非表示アクションは、アニメーション、ウィジェット、インタラクションについて予想どおりには機能しません。
  • cpCmndTOCVisible は HTML5 出力について機能しません。
  • プロパティインスペクターで表示が無効になっている場合でも、ラインオブジェクトは HTML5 出力で表示されます。
  • Adobe Captivate でのオーディオまたはビデオの内容が、iOS6 でクラッシュします。
  • Adobe Captivate プロジェクト内のオーディオは、iOS6 ではスライドと適切に同期しません。
  • Mac での Safari に HTML5 出力が表示される場合、TOC オーバーレイが予想どおりには機能しません。

PPT インポート

  • Microsoft PowerPoint スライドが Adobe Captivate にインポートされ公開されると、公開された SWF ファイルがスライド間でちらつきます。
  • Adobe Captivate は、二重引用符('')文字のあるタイトルを含んだ Microsoft PowerPoint スライドをインポートしません。このスライドに続くスライドもインポートされません。
  • 完全にはスライドに表示されないように切り抜かれる画像を含んだ Microsoft PowerPoint スライドの忠実度の高いインポート中に、Adobe Captivate はクラッシュします。
  • 一部のマシンでは、忠実度の高い PPT インポートの後、オートシェイプ内のテキストが Adobe Captivate で繰り返されます。

安定度

  • 場合によっては、複数のプロジェクトが開いており、プロジェクト間の切り替え直後にライブラリがクリックされたときに、Adobe Captivate がクラッシュします。
  • Adobe Captivate メニューが、時々、無反応になることがあります。メニューオプションをクリックすると、オプションが呼び出されません。ただし、Adobe Captivate が閉じられると、呼び出したメニュー操作が実行されます。
  • Adobe Captivate ワークスペースが時々、破損することがあります。結果として、プロパティインスペクターと他のパネルが、ワークスペースに表示されなくなります。
  • 時々、プロジェクトの保存中に Adobe Captivate がハングします。このビヘイビアーは、進行状況バーを含むすべての操作で見られます。進行状況バーは 0 % から動かず、操作は完了しません。
  • 一部のシナリオでは、複数のスマートシェイプを選択してそれらのサイズを変更しようとすると、Adobe Captivate がクラッシュします。
  • プロジェクトテーマに空白のマスタースライドが含まれていない場合、Adobe Captivate は「追加記録」の最後にクラッシュします。

一般

  • MP4 出力ファイルでの埋め込みビデオ(プログレッシブダウンロード)は表示されません。ビデオではなく「接続エラー」メッセージが表示されます。ただし、ビデオは、プロジェクトレビュー中に表示されます。
  • 現在のプロジェクトサイズと同じサイズの一部ではないテーマがプロジェクトに適用される場合、クイズボタン内のテキストが左に移動します。
  • テキストキャプションに、複数の書式設定スタイルのテキストおよび箇条書き記号が含まれる場合、Adobe Captivate は、公開中に「出力で表を使用する」オプションを選択していなければ、Microsoft Word に公開するときに空白の出力を提供します。
  • プロジェクトを Adobe Captivate 6 にアップグレードすると、表示/非表示およびスライドへのジャンプアクションを含む詳細アクションが予想どおりには実行されません。
  • Mac 10.7.x での Adobe Captivate 6 では、作成者はキーボードを使用してアクセント文字を入力することができません。
  • Adobe Captivate は、作成者がスマートインタラクションを挿入しようとすると、「Not a valid widget(有効なウィジェットではありません)」エラーを表示します。
  • ある場合には、クイズ変数「cpQuizInfoPointsscored」および「cpQuizInfoCorrectAnswers」は、「すべて送信」オプションが使用されているときに、正しくない値を報告します。
  • ビデオ録画(追加録画オプションを使用して録画)を伴うプロジェクトが、アグリゲータープロジェクトに含まれている場合、公開された出力では、ビデオの 1 つだけが再生されます。
  • 「シェイプの再描画」オプションは、ロールオーバースライドレット領域には使用できません。
  • タイムラインおよび詳細アクションを通じて適用されるオブジェクト効果が異なります。
  • 上向き矢印コールアウトスマートシェイプのポイントの編集が機能しません。
  • Mac でビデオデモプロジェクトが公開されると、「公開した出力を表示」ダイアログボックスに、別の行に表示される「?」が含まれます。
  • テキストアニメーション、アニメーション、ウィジェットが、「プロジェクトの残り」に設定されている場合、これらは、すべてのスライドで他のオブジェクトの上には自動的には配置されません。
  • プロジェクトが Adobe Captivate 6 にアップグレードされると、rdinfoCurrentSlide 変数が予想どおりには機能しません。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー