Adobe Captivate (2017 年リリース)の既知の問題と制限事項

既知の問題

Fluid Box

問題点 回避策
ホットスポットスライドでは、静的応答領域にオブジェクトを配置できません。 他の項目を静的応答領域に挿入した後に、ホットスポットを追加します。
静的 Fluid Box で、親 Fluid Box のフローを変更すると、オブジェクトがスライド範囲から外れることがあります。 オブジェクトを手動で Fluid Box ドラッグ&ドロップします。
ドラッグ&ドロップ操作をある Fluid Box から別の Fluid Box にコピーすると、インタラクションがなくなります。 スライドをコピー&ペーストするか、オブジェクトをコピーして、インタラクションを再作成します。

シミュレーション

  • 空白のプロジェクトソフトウェアシミュレーションをレスポンシブとして保存すると、スライド上の単一の標準位置に(アクション領域ではなく)、フォーカス四角形が生成されます。回避策として、スライドごとに、フォーカス四角形をアクション領域の周りに手動で配置します。

このリリースにおけるサポート対象外の機能

オブジェクト

以下のオブジェクトは、Fluid Box ではサポートされません。

  • ハイライトボックス
  • クリックボックス
  • マウスオブジェクト
  • ズームエリア

Groups

Fluid Box においてオブジェクトをグループ化したり、エフェクトをグループに適用したりすることはできません。

残りのプロジェクト

残りのプロジェクト項目は Fluid Box に挿入できません。

プロジェクトのアップグレード

Captivate 8 または 9 のレスポンシブプロジェクトは、Adobe Captivate の 2017 年リリースのレスポンシブプロジェクトに移行できません。ただし、特定のブレークポイントにあるすべての項目をコピーして新しいレスポンシブプロジェクトに貼り付けることはできます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー