Adobe Captivate では重要な操作、および永続的となるような操作を行うときは、確認メッセージが表示されます。情報を削除する、またはキーとなる属性を変更するときに、確認メッセージによってその操作を見直す機会が与えられます。

特定のメッセージが作業で不要だったり、作業効率が低下する場合には、それらのメッセージを無効化することもできます。

  1. 開いているプロジェクトで、編集/環境設定(Windows)または Adobe Captivate/環境設定(Mac OS)を選択します。

  2. カテゴリパネルで、グローバル/一般設定を選択します。

  3. 一般設定パネルの「確認メッセージ」をクリックします。

  4. 確認メッセージダイアログボックスで、確認メッセージを無効にする対象のオプションを選択解除します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー