Captivate の豊富な学習インタラクションを使用すると、楽しくて魅力的なインタラクティブ学習を作成できます。

Adobe Captivate の学習インタラクションについて

インタラクションを学習することで、プログラムを工夫しなくても Adobe Captivate プロジェクトをインタラクティブにすることができます。 Adobe Captivate では、さまざまな静的にデザインされたインタラクションを表示できます。 ユーザーが eラーニングモジュールで使用するインタラクションは数種類あります。これらの学習インタラクションを Adobe Captivate プロジェクトに挿入してコンテンツを追加することにより一般的に使用される eラーニングインタラクションのほとんどを制作してユーザーを魅了することができます。

注意:

  • 実行中に学習インタラクションのサイズを 320 x 350 px より小さくすることはできません。
  • 1 つのスライドにつき 1 つの学習インタラクションのみ使用することをお勧めします。

Captivate 8.0.1 以降の変更内容

Adobe Captivate 8.0.1 では、次のインタラクションが更新され、モバイルデバイスでのユーザー体験が向上しました。

  • Accordion
  • タイムライン
  • プロセスタブ
  • Glossary
  • Process Circle
  • Circle Matrix
  • Pyramid Matrix
  • Pyramid Stack
  • 証明書
  • チェックボックス
  • ラジオボタン

レスポンシブプロジェクトでは、これらのインタラクションは自動的にサイズが拡大縮小して、すべてのビューが固定された縦横比で整列します。チェックボックスおよびラジオボタン以外のこれらのインタラクションを使用するときは、スライド全体をカバーしてください。スライドの上および左位置プロパティをそれぞれ 0 と 0 に設定し、オブジェクトサイズの高さと幅をそれぞれ 100% と 100% に設定します。ユーザーは各ビューでインタラクションのシームレスな整列を体験できます。証明書インタラクションでピンチ機能とズーム機能が追加されました。用語集インタラクションのモバイルビューが機能拡張されました。

学習インタラクションの追加

  1. ツールバーでインタラクション/学習インタラクションをクリックし、パネルを起動してインタラクションフォームを選択します。

    「インタラクション」をクリックし、「学習インタラクション」をクリックします。
    使用可能な学習インタラクション

  2. 目的のインタラクションのタイプをクリックし、「挿入」をクリックします。

    例として、タイムラインインタラクションとタイムラインイベントを追加し、インタラクションをプレビューします。

    次のスクリーンショットはタイムラインインタラクションとプロパティを示しています。インタラクションはプロパティを使用してカスタマイズできます。

    タイムラインインタラクションのプロパティ
    タイムラインインタラクションのプロパティ

    Id 説明
    1 選択対象のテーマのリスト。
    2 特定のテーマをカスタマイズします。
    3 タイムラインインタラクションのタイトルと説明を設定します。
    4 タイムラインイベントを設定するボタン。
    5 クリックしてイベントをタイムラインに追加します。
    6 ソーシャルメディア上で共有します。
  3. タイムラインの 1 つ目のボタンをクリックします。タイムラインに表示するテキストを編集することも、音声クリップや画像をイベントに割り当てることもできます。

    注意:

    ラベルを変更するには、タイムラインボタンをダブルクリックします。

    タイムラインイベントの追加
    タイムラインイベントの追加

  4. タイムラインにその他のイベントを追加し、「OK」をクリックして、インタラクションをスライドに読み込みます。

    注意:

    挿入後にウィジェットのテーマまたはコンテンツを編集するには、ステージ上のウィジェットをダブルクリックします。 Adobe Captivate では、学習インタラクションのサイズを変更できます。 

    インタラクションはすぐにスライドに挿入されます。 インタラクションの設定を変更するには、インタラクションをダブルクリックします。

タイムライン学習インタラクションのデモ
 

例 1 - Accordion インタラクションの使用

  1. Accordion インタラクションをスライドに追加するには、インタラクション/学習インタラクション/Accordion をクリックします。

    Accordion インタラクション
    Accordion インタラクション

  2. ボタンラベルを変更するには、ボタンをダブルクリックします。この後、テキストを編集し、クリックして画像や音声をボタンに割り当てることができます。

    インタラクションのタイトルと説明を変更することもできます。

    Accordion のプロパティ
    Accordion のプロパティ

  3. 新しいボタンを Accordion に追加するには、+ をクリックします。

    注意: Accordion インタラクションに追加できるボタン数は最大 5 個です。Accordion にボタンが 5 個追加されると、+ は非表示になります。

  4. 必要なテキスト説明を Accordion に追加し、「OK」をクリックして、ウィジェットをスライドに挿入します。

Accordion 学習インタラクションのデモ
 

例 2 - ラジオボタンインタラクションの使用

  1. ラジオボタンインタラクションをスライドに追加するには、インタラクション/学習インタラクション/ラジオボタンウィジェットをクリックします。

    ラジオボタンインタラクション
    ラジオボタンインタラクション

  2. インタラクションでは次のようにプロパティを変更できます。

    ラジオボタンインタラクションのプロパティ
    ラジオボタンインタラクションのプロパティ

    Id 説明
    1 ラジオボタンの数を指定します。
    2 ラジオボタンテキストのフォントプロパティを変更します。
    3 インタラクションの配置を垂直または水平に設定します。
    4 ラジオボタンテキストのオプションを追加します。
    5 任意のラジオボタンオプションの変数を設定します。
    6 ラジオボタン項目を追加または削除します。
  3. 任意のオプションの変数を設定するには、オプションをハイライトし、変数の名前を「変数名」フィールドに入力します。

    さらに、プロジェクト変数リストに同じ変数を作成します。変数の作成について詳しくは、ユーザー定義変数の作成を参照してください。

    作成した変数によってオプションが正しいかどうか、またはクイズ形式かどうかが決まります。

  4. ラジオボタンオプションを追加して、変数を適切なオプションに設定します。変数 T_a を正しい解答に割り当てた場合は、プロジェクト変数リストにも T_a を作成します。

    スライドにボタンを挿入して高度なアクションを割り当てると、T_a が正しい解答と等しい場合、成功時のキャプションが表示されます。そうでない場合、失敗時のキャプションが表示されます。

    変数の高度なアクション
    変数の高度なアクション

  5. プロジェクトをプレビューまたはパブリッシュします。クリックした解答と、その後にクリックしたボタンに応じて、適切なキャプションが表示されます。

ラジオボタンインタラクションのデモ
 

例 3 - チェックボックスインタラクションの使用

  1. チェックボックスインタラクションをスライドに追加するには、インタラクション/学習インタラクション/チェックボックスウィジェットをクリックします。

    チェックボックスインタラクション
    チェックボックスインタラクション

  2. ラジオボタンインタラクションと同様に、チェックボックスを追加して、変数をチェックボックス項目に割り当てることができます。また、項目のフォントプロパティを変更し、チェックボックスの数を制限することもできます。

  3. 送信ボタンを挿入して高度なアクションを割り当て、ボタンをクリックするとトリガーされるようにします。「高度なアクション」で、次のように変数を値に割り当てます。

    チェックボックス値の高度なアクション
    チェックボックス値の高度なアクション

  4. プロジェクトをプレビューまたはパブリッシュします。「Lyon」、「Nice」、「Paris」を選択し、「送信」をクリックすると、成功メッセージが表示されます。その他のオプションを選択すると、失敗メッセージが表示されます。

チェックボックスウィジェットのデモ
 

例 4 - 証明書インタラクションの使用

この例ではクイズを使用します。クイズのスコアが 100% の場合はボタンが表示され、このボタンをクリックするとユーザーの名前が印刷された証明書が表示されます。スコアが 100% に満たない場合は、証明書を表示するボタンは表示されません。

この例ではシステム変数と証明書ウィジェットの使用について説明します。次の変数を使用します。

  • cpQuizInfoStudentName はユーザーの名前を保存して表示します
  • cpInfoPercentage は証明書を表示するボタンを表示するかどうかを決定します
  1. クイズスライドを作成していくつか質問を挿入します。

  2. 結果を表示するページに「証明書を表示」という名前のボタンを挿入し、クリックすると次のスライドに移動するアクションを割り当てます。

    同じページに結果スライドを割り当てて、次のように入力時に高度なアクションが実行されるようにします。

    入力時の高度なアクション
    入力時の高度なアクション

  3. インタラクション/学習インタラクション/証明書をクリックして、スライドおよび証明書ウィジェットを挿入します。

    証明書ウィジェット
    証明書ウィジェット

  4. 証明書を印刷するには、「印刷」をクリックします。

証明書学習インタラクションのデモ
 

例 6 - Bulletin インタラクションの使用

  1. このインタラクションはインタラクティブなウィジェットで、Bulletin を複数のポイントに追加するオプションを提供します。Bulletin のポイントには画像や音声を含めることができ、ユーザーは実行中に Bulletin の各ポイントを表示することができます。

    Bulletin インタラクションをスライドに追加するには、インタラクション/学習インタラクション/Bulletin をクリックします。

    Bulletin インタラクション
    Bulletin インタラクション

    Id 説明
    1 テキストを追加してフォントプロパティを変更します。テキストは実行時にアイコンをクリックすると表示されます。
    2 テキストを表示するスライドの番号を入力します。また、各テキストに画像や音声を挿入します。
    3 Bulletin のテキストを変更したらクリックし、プレビューを更新します。
    4 クリックしてプロジェクトの箇条書きテキストをすべて表示します。
    5 クリックしてスライドの箇条書きテキストをすべて表示します。テキストは実行時に表示されます。
    6 Bulletin のアイコンを選択します。
  2. 変更内容を保存するには、「OK」をクリックします。次の画像はインタラクションの変更内容を示しています。

    編集された Bulletin インタラクション
    編集された Bulletin インタラクション

  3. スライドでウィジェットとその他のオブジェクトを選択し、「タイミングインスペクター」を選択して、「表示」ドロップダウンリストから「残りのプロジェクト」を選択します。これにより、プロジェクトが有効な間はインタラクションが実行され、以降のスライドで箇条書きテキストが表示されるようになります。

  4. プロジェクトをプレビューまたはパブリッシュします。

Bulletin インタラクションのデモ
 

学習インタラクションの機能

次の表では、各学習インタラクションの詳細な説明が記載されています。 

注意:

一部のインタラクションでは、変数が使用できます。 これらの変数を使用して結果を保存したり、コースのスライドで使用したりできます。 変数で管理されるインタラクションを使用すると、編集を呼び出したり、スライドからインタラクションのプロパティを動的に管理できます。

変数で管理されるインタラクションでは、インタラクション項目に変数を割り当て、実行時に項目の値を表示または変更できます。

インタラクション名   目的 変数オプション 変数で管理されていますか? 機能
Accordion クリックできるボタン、音声、画像で情報を提供できます。  いいえ いいえ ボタンを使用して、コンテンツが大量に含まれるスライドでこのインタラクションを折りたたみ可能または展開可能なコンテンツとして使用できます。 
Tabs 複数のタブでコンテンツを表示するのに使用 いいえ いいえ 1 つのスライドに雑然と散在させるのではなく、コンテンツを複数のタブに展開できます。 
Process Circle ビジネスプロセスや学習者の手順を定義できます。  いいえ いいえ Process Circle でエレメントをクリックすると、これらの各エレメントを説明できるパネルが表示されます。 
Pyramid Stack Process Circle と似ていますが、重要度に応じてエレメントを階層構造で配置できます。  いいえ いいえ Pyramid Stack でエレメントをクリックすると、これらの各エレメントを説明できるパネルが表示されます。 
タイムライン 時系列で変化するデータを表現することができます。  いいえ いいえ 時系列矢印の上のボタンラベルをクリックすると、パネルのコンテンツが表示されます。 インタラクションを設定ダイアログの「ボタン/カラー」を使用すると、これらすべてのボタンの外観を変更できます。 
Circle Matrix Process Circle に似ていますが、さらに複雑な形式でデータを表示できます いいえ いいえ サークルの番号の付いたエレメントをクリックすると、再度タブにコンテンツが表示されます。
Pyramid Matrix Pyramid Stack に似ていますが、複雑な階層構造を使用できます いいえ いいえ Pyramid Matrix でラベルエレメントをクリックすると、これらの各エレメントを説明できるサイドパネルが表示されます。 
Glossary 学習者はコース内から知らない用語を表示できます。  いいえ いいえ テーマとカラースキームを修正します。 事前定義された用語セットとともに xml ファイルを読み込むことができます。 sample xml ファイルを参照してください。
証明書 コースに証明書を挿入できます はい
 
いいえ デフォルトの変数を編集したり、
他の変数を追加したりできます。
チェックボックス  ラジオボタンインタラクションに似ていますが、複数の解答を選択できます。  はい はい このインタラクションでは、各チェックボックス項目に複数の変数を使用できます。 
タイマー スライドでこのタイマーインタラクションを使用すると、タイムアウト機能に基づいて他のスライドにジャンプできるので便利です。  はい いいえ インタラクションを設定ダイアログの指示に従い、インタラクションをデザインします。 
時間をカウントアップまたはカウントダウンするオプションがあります。 
ドロップダウン コーススライド内の学習者にクイックオプションを提供することで、学習者は選択肢のドロップダウンリストから正しいオプションを選択できます。 はい はい ユーザーが選択した項目は、スライドのアクションをトリガーするのに使用できる変数の形式で保存されます。 
砂時計 コースのスライド内で使用できるため、タイムアウト機能に応じていくつかのアクションをトリガーできます。  はい いいえ

0 以外でタイムアウトした場合、変数値は 1 です。 

インタラクションを設定ダイアログの詳しい説明に従います。 

画像拡大 コーススライドに画像を挿入し、拡大して見やすくできます。 いいえ いいえ 読み込めるのは .png および .jpg 画像ファイルのみです。 
メモ スライドにメモを追加できるため、実行時にメモを入力できます。  いいえ いいえ 背景色の変更、コンテンツの修正、実行時のコンテンツの印刷ができます。 
ラジオボタン スライド内の学習者に簡単な質問をすることで、学習者は正しいオプションを選択できます。  はい はい

配置を垂直または水平にするかどうか選択するオプションです。

変数に解答を保存できるため、解答をコースで使用できます。

スライドのコンテンツを表形式で表示できます。  いいえ いいえ 既存の表を .csv ファイル形式で読み込むオプションです。 
スクロールテキスト スライド内でコンテンツをテキスト領域をスクロールする形式で追加できます。 テキスト領域寸法外のテキストは、スクロールバーを使用して表示できます。  はい はい スクロールテキストのコンテンツを読み取り専用にするオプションです。 
Web オブジェクト 使用中の Web サイトの URL コンテンツをスライドに挿入できます いいえ いいえ コンプライアンスベース、またはポリシーベースのコースに便利です。
注意:クリックジャック Web サイトは許可されません。

Adobe Captivate のサブスクリプションおよびアドビソフトウェアアシュアランスのお客様向けアップデートは、定期的に Adobe インタラクションストアにポーリングすることで、学習インタラクションにダイナミックな更新を行います。 コンピューターにインストールされたインタラクションのコレクションは、インタラクションストアのコレクションと比較され、新しい、または更新されたインタラクションかどうかを判断されます。

インタラクションを選択ダイアログボックスを開くと、インタラクションの一部が次のようにラベルが付けられているのがわかります。

  • 新規:使用可能な新しいインタラクションです。 インタラクションをクリックすると、ラベルは表示されなくなります。
新規としてタグ付けされたインタラクション
新規としてタグ付けされたインタラクション

  • アップデート済み:インタラクションを選択ダイアログボックスを直前に表示したため、更新が使用可能になったインタラクションです。 長期間開いたままの状態のプロジェクトがある場合は、プロジェクトを閉じて再度開き、最新の更新を表示します。
アップデート済みとしてタグ付けされたインタラクション
アップデート済みとしてタグ付けされたインタラクション

このようなインタラクションの更新は、プロジェクトデータに依存します。このため、プロジェクトでインタラクションを使用したかどうかに関わらず、「アップデート済み」としてタグ付けされたインタラクションが表示されるようになります。 プロジェクトでインタラクションを使用した場合は、更新したインタラクションを挿入し、データを再入力する必要があります。

  • アップデート:データを変更せずに保持しながらアップデートできるインタラクションです。 インタラクションを選択ダイアログボックスの「インタラクション」の中にある「更新」ボタンをクリックすると、インタラクションをすばやく更新することができます。
学習インタラクションの更新
学習インタラクションの更新

サンプルファイル

ダウンロード

サンプルプロジェクトのダウンロード

Captivate と魅力的な学習コンテンツの作成方法の詳細については、次のプロジェクトをダウンロードします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー