ウィジェットパネル(ウィンドウ/ウィジェット)には、¥¥Program Files¥Adobe¥Adobe Captivate <バージョン番号>¥Gallery¥Widgets フォルダー(Windows)および /Applications/Adobe Captivate 6/Gallery/Widgets(Mac OS)に存在するすべてのウィジェットが表示されます。スライドにウィジェットを追加するには、このパネルからウィジェットをスライドにドラッグします。または、パネルでウィジェットを選択して「挿入」をクリックします。スライドを選択すると、ウィジェットのプレビューがプレビューパネルに表示されます。ウィジェットの開発者は、ユーザーがプレビューパネルで表示する画像を定義できます。

ウィジェットパネルのウィジェットのソート

ウィジェットパネルで、ウィジェットを種類別にソートすることができます。

  1. パネルの最下部のメニューを使用し、表示するウィジェットの種類を選択します。

ウィジェットパネルへの新規ウィジェットの追加

  1. ウィジェットパネルの参照アイコンをクリックします。

  2. フォルダーを参照ダイアログボックスで、パネルに追加するウィジェットに移動します。

  3. ウィジェットを選択して、「開く」をクリックします。

ウィジェットパネルのデフォルトの場所の変更

ウィジェットパネルのウィジェットは、¥¥Program files¥Adobe¥Adobe Captivate 6¥Gallery¥Widgets フォルダー(Windows)および /Applications/Adobe Captivate 6/Gallery/Widgets フォルダー(Mac OS)から取得されます。ウィジェットパネルの参照先のフォルダーを変更することにより、このデフォルトの場所を変更できます。

  • パスの変更アイコンをクリックします。フォルダーを参照ダイアログボックスで、ウィジェットパネルの取得元のフォルダーを選択します。

Adobe Captivate Exchange からのウィジェットのダウンロード

Adobe Captivate Exchange からウィジェットパネルにウィジェットをダウンロードできます。

  • Adobe Captivate Exchange アイコンをクリックします。Adobe Captivate Exchange Web サイトからウィジェットをダウンロードします。

リンクされたウィジェット

他のウィジェットを参照するウィジェットがある場合、そのウィジェットをウィジェットパネルに表示するには、次の手順に従います。

  1. すべての関連するウィジェットを単一のフォルダーに保存します。

  2. SWF ファイルのリンク情報を提供する description.xml ファイルを作成します。

    description.xml ファイルは、以下のタグで構成されます。

    説明

    ウィジェットの説明。

    種類

    ウィジェットの種類(静的、インタラクティブ、質問)。

    名前

    リンクされた SWF ファイルを使用する主 SWF ファイルの名前。

    リンクされたファイル

    主 SWF ファイルにリンクされている SWF ファイルの名前。セミコロンを使用して各ファイルの名前を分けます。

  3. フォルダーを圧縮して ZIPファイルにし、ファイル名と拡張子 .wdgt を付けます。

  4. ZIP ファイルを Widgets フォルダーに挿入します。このフォルダーへのパスは、¥¥Program Files¥Adobe¥Adobe Captivate <バージョン番号>¥Gallery¥(Windows)および /Applications/Adobe Captivate 6/Gallery(Mac OS)です。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー