ColdFusion (2016 リリース)アップデート 3 - インストーラーリフレッシュのリリースノート

ColdFusion (2016 リリース)アップデート Update 3 (2016 年 12 月 13 日リリース)には、以下の機能や機能拡張が含まれています。

  • リフレッシュされたインストーラー
  • API Manager インストーラーのサーバーインストーラーからの結合解除
  • 廃止された機能
  • API Manager インストーラーの変更

上記の変更の詳細については、下記をご覧ください。

API Manager に対するアップデート

このアップデート 3 リリースでは、以下の機能を API Manager に導入しました。

  • マルチテナント機能 - 様々なドメインまたは組織に属する API ユーザー間での共有が可能になりました。これによって、複数のテナント間のリソース共有を最大限まで実現しながら、テナントごとに独立した個別のビューを提供できます。
  • SAML サービスプロバイダーと ID プロバイダーの設定 - SSO でセキュリティを強化します。
  • API Manager でのポリシー - 一定の構成の変更で API のビヘイビアーを変更します。これらのポリシーは、API の要求/応答でシーケンシャルに実行されます。
  • API Manager のアップデート - アップデートは APIM Admin での通知として受け取ります(サーバー の場合と同様)。
  • Redis クラスターの変更 - Redis ノードの追加または削除で API Manager をスケーリングし、スレーブの作成で自動フェールオーバーを管理します。
  • 要求と応答の圧縮方法 - リソースが圧縮をサポートするかどうか指定し、サポートする場合は、どのアルゴリズム(g-zip か deflate か)をサポートするか指定します。

API Manager インストーラーの変更内容

スタンドアローンインストーラー – API Managers のインストーラーとサーバーのインストーラーの結合が解除されました。

  • インストーラー - すべてのプラットフォーム(Win、Linux、Mac OS X、Solaris)に使用可能です。
  • アドオンインストーラー – API Manager と REDIS クラスターの構成を可能にするように更新されました。

API Manager のインストーラーにも変更が加えられ、API Manager のインストールにはColdFusion Enterprise のライセンスキーが必要になりました。詳細については、「API Manager のインストール」を参照してください。

このリリースで廃止された機能

以下の機能は、このアップデートで廃止されました。

  • ポートレット
  • Spry データセット
  • YUI

詳細については、「廃止された機能」を参照してください。

このリリースの既知の問題

このリリースの既知の問題のリストについては、「既知の問題」を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー