ColdFusion(2018 リリース)Performance Monitoring Toolset アップデート 1 の新機能および変更された機能について説明します。

新機能および変更された機能

このリリースの既知の問題

REST

J2EE ノードの REST データが Performance Monitoring Toolset でキャプチャされません。

回避策

アプリケーションサーバーに既にデプロイされている J2EE インスタンスの場合は、cfusion/WEB-INF/web.xml の「CF Monitoring Filter mapping」セクションに以下のフィルターマッピングを追加します。 
<filter-mapping> 
        <filter-name>CFMonitoringFilter</filter-name> 
        <servlet-name>CFRestServlet</servlet-name> 
 </filter-mapping> 

コードプロファイラー

問題 1

リーフノードの行番号が、実際の行番号ではなく 0 と表示されます。

回避策

  1. 「コードプロファイラー」をクリックした後、サーバーを選択し、プロファイリングを開始します。
  2. コードに関数呼び出しが含まれる cfm ファイルをサーバー上で実行します。

問題 2

追跡されているノードのみ、サーバーのドロップダウンリストに表示される必要があります。

問題 3

コードプロファイラーには、上位の低速な URL またはサービスが表示される必要があります。

問題 4

コードプロファイラーに表示されるデータに一貫性がありません。 cfoutput やその他の任意のタグの所要時間が表示される場合、コンポーネントが存在していても、すべてのコンポーネントの所要時間が表示されるとは限りません。

問題 5

「タグ / 関数」タブと「コードフロー」タブで一部の組み込み関数がキャプチャされません。

問題 6

「コードフロー」に表示される時間がページ上部の時間と一致しません。

ドキュメント ID

「IP:インスタンス:ポート」というパターンでドキュメント ID を作成すると、既存の設定が予期しない動作をします。

  1. Performance Monitoring Toolset で ColdFusion を設定します。
  2. ColdFusion Administrator の「Performance Monitoring Toolset」ページに移動します。
  3. ホスト名を変更します。
  4. Performance Monitoring Toolset ダッシュボードに移動します。

同じノードに 2 つのエントリが表示されます。

スレッドダンプとヒープダンプ

ノードをグループに追加する前後にスレッドダンプとヒープダンプが表示されます。

問題 1

  1. Performance Monitoring Toolset で ColdFusion を設定します。
  2. 「概要」ページで、「サーバーの概要」セクションに移動します。
  3. 少量のスレッドダンプとヒープダンプを取得します。
  4. グループを作成し、このノードをそのグループに移動します。

このノードをグループに追加する前に取得したスレッドダンプとヒープダンプが表示されますが、本来は表示されるべきではありません。

問題 2

  1. 作成したグループにノードを追加した後で、少量のスレッドダンプとヒープダンプを取得します。
  2. このグループを削除します。

このノードをグループに追加した後で取得したスレッドダンプとヒープダンプが個々のノードに表示されます。

データソースフィルター

問題 1

データベースの概要」ページの「CF トランザクション」セクションに表示されるチャートに、データソースフィルターが適用されません。

ドロップダウンリストからデータソースを選択すると、トランザクションクエリが意図したとおりにフィルターされません。

問題 2

1 時間を超える時間フィルターを選択した場合、「アプリケーション」および「データソース」ドロップダウンフィルターが予期しない動作をします。

メール設定

ノード/クラスター/グループレベルでデフォルトメール設定をインポートするオプションが必要です。

データストア

問題 1

不適切なデータソースを使用しているかどうかを Performance Monitoring Toolset で検出する必要があります。

問題 2

インストール後、データストアに 60 GB を超えるログファイルが作成されます。

データストア

問題 1

データストアの正常性を監視するためのアラートを設定する UI が Performance Monitoring Toolset に含まれている必要があります。

問題 2

データの読み取り/書き込みができるように、データストアに認証が必要です。

問題 3

実行中のダッシュボードが複数ある場合、データストアの CPU 使用率が常にほぼ 100% になっています。

ノードの正常性

正常性スコアに、追跡されていないノードの正常性が含まれています。

ColdFusion のタグ/関数

問題 1

タグ/関数は、平均実行所要時間ではなく最大実行所要時間に従って常に順序付けされる必要があります。

問題 2

  • cfexchange、cfhtmltopdf、CFOBJECT などのタグをサポートする必要があります。
  • 呼び出し回数だけでなく所要時間を確認するために、タグのアクション分布チャートを表示できる必要があります。

非同期のサポート

Performance Monitoring Toolset で非同期プログラミングをサポートする必要があります。

アクティブなセッション

アクティブなセッションで、セッション数が増え続けます。

チャートとグラフ

問題 1

使用中の接続のグラフで、Y 軸には整数値のみ表示される必要があります。

問題 2

Y 軸の単位は、利用可能なデータに基づいて動的に変更される必要があります。

問題 3

セッション/アプリケーション/サーバー別にメモリ使用率を表示するグラフが必要です。

問題 4

CF の指標」ページで、cfthread タグを含まない URL がドリルダウン URL フィルターに表示されます。

問題 5

cfthread キューのグラフで、特定のデータポイントのドリルダウンに URL が表示されません。

問題 6

グラフのドリルダウンデータには、選択されたデータまたは指標の詳細も表示される必要があります。

問題 7

エラータイプの詳細に基づいて、エラーが発生しやすい URL までドリルダウンできる方法が必要です。

問題 8

システムのメモリ使用率とプロセスのメモリ使用率を比較するグラフが必要です。

指標

問題 1

CF の指標」ページには、テンプレート/コンポーネントのキャッシュサイズに加えて、クエリのキャッシュメモリ使用率も時系列グラフに表示される必要があります。

問題 2

CF の指標」ページには、cfstat コマンドで表示される詳細なすべての指標情報が含まれている必要があります。

クラスター

問題 1

クラスターが正常にリクエストを処理しているにもかかわらず、停止中と表示されます。

問題 2

別のクラスターに属しているノードを削除しても、クラスター情報は削除されません。

キャッシュ

サーバーとアプリケーションのキャッシュ領域のデータがアルファベット順に表示される必要があります。

リクエスト

問題 1

指定のしきい値を超えているリクエストのみキャプチャするオプションが必要です。

問題 2

リクエストのインデックスを削除するオプションが必要です。

「サーバーの概要」ページ

データストアに大量のデータがある場合、データストアからデータを取得すると、「サーバーの概要」ページの表示に本来より時間がかかります。

コネクタ

IPv6 用にコネクタが設定される場合、コネクタダッシュボードに表示されるデータに一貫性がありません。連続するリクエストの場合、グラフのデータが切り替わります。.

JVM と GC

適切な GC 関連情報を表示するためのドリルダウンフィルターが GC の間隔チャートに含まれている必要があります。 例えば、主要な GC が複数あり、それらにかかった時間が 10 秒を超える場合、特定の GC のタイムスタンプを確認する手段が必要です。

アラート

アラート表示画面から前のページに戻るための「戻る」ボタンが必要です。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー