このたびは、ColdFusion 11 をご利用いただき、誠にありがとうございます。ColdFusion 11 は、アドビの取り組みによって創造的な発展を遂げました。Web 開発者が堅牢なインターネットアプリケーションを構築するのを支援します。

ColdFusion 11 ダウンロード

ColdFusion 11 は次の場所からダウンロードできます。

場所説明
ColdFusion 11 - 製品のダウンロードColdFusion 11 の無料のデベロッパー版またはトライアル版をダウンロードできます。
ColdFusion 11 - 開発者用ツールColdFusion アプリケーションをすばやく効率的に開発するためのツールをダウンロードできます。
ColdFusion 11 - その他のサーバーインストールその他のツールをダウンロードして、ColdFusion 11 サーバーと統合できます。

リリースのハイライト | ColdFusion 11 の新機能

このリリースでは、セキュリティが強化され、さらにインストールオプションが改善されています。このリリースのハイライトには、様々な言語機能拡張や ColdFusion ベースのモバイルアプリケーション構築のサポートがあります。次の表に、ColdFusion 11 の重要なヘルプリソースの一覧を示します。

場所説明
ColdFusion 11 の新機能
このリリースの新機能と拡張機能の概要です。
ColdFusion 11 のインストール
ColdFusion 11 をインストールする前にこのドキュメントを一読してください。
ColdFusion 11 ドキュメント
このページから ColdFusion 11 のドキュメントにアクセスできます。
ColdFusion 11 はじめに
ColdFusion 11 を簡単かつ効率的に学習できます。

既知の問題

次の一覧に、ColdFusion 11 の既知の問題を示します。

3759538 - ユーザー定義のディレクトリで利用可能なフォントが、PDFg サービスでレンダリングされません。この問題を回避するには、システムのフォントディレクトリにこれらのフォントを置きます。

3761301 - ローカルサービスマネージャーが Linux プラットフォームで追加されない場合があります。 この問題を回避するには、<CF_INSTALL_ROOT>/cfusion/lib にある neo-document.xml ファイルのコンテンツを次のコンテンツに置き換えます。

<wddxPacket version='1.0'> <header/> <data> <array length='4'> <struct type='coldfusion.server.ConfigMap'></struct> <struct type='coldfusion.server.ConfigMap'></struct> <struct type='coldfusion.server.ConfigMap'></struct> <struct type='coldfusion.server.ConfigMap'> <var name='localhost'> <struct type='coldfusion.server.ConfigMap'> <var name='hostname'><string>127.0.0.1</string></var> <var name='ishttps'><boolean value='false'/></var> <var name='port'><number>8987.0</number></var> <var name='islocal'><boolean value='true'/></var> <var name='name'><string>localhost</string></var> <var name='weight'><number>2.0</number></var> <var name='isenabled'><boolean value='true'/></var> </struct> </var> </struct> </array> </data> </wddxPacket> 


3761357
- Windows プラットフォームと比較すると、PDFg サービスが Linux プラットフォームで遅くなります。

3709024/3712885/3712909 - cfgrid - ColdFusion 11 の ExtJS ライブラリのアップグレードによって、JavaScript バインディングの実装が変更されました。その結果、この機能を使用するすべての AJAX アプリケーション(CFM コード)で、期待どおりに動作しない可能性があります。既知の問題のいくつかを以下にまとめます。

  • cfgridcolumn の名前パラメーターが JavaScript バインド用に考慮されていません。
  • ColdFusion.Grid.refresh が機能しません。
  • ページ割りが JavaScript バインドで機能しません。


3705775 cacheSetProperties 関数を使用して DiskPath キャッシュプロパティを設定できませんが、ehcache.xml 内でアプリケーションレベルで指定することで、このキャッシュプロパティを設定できます。また、MaxMemoryOFFHeap キャッシュプロパティがキャッシュオブジェクトから除外されました。MaxMemoryOFFHeap の代わりに、MaxBytesLocalOffHeap を使用できます。

3698865 - Report Builder を(全般/テーマでテーマを設定して)使用中は、<cfreport> タグのテンプレート属性にレポートを値として渡す処理が機能しません。

3681285 - spreadsheetAddRows 関数で、データ型のパラメーターが指定されていない場合、整数や文字列のように、データ値の解釈でメソッドは以前の動作(ColdFusion 10 以前)にフォールバックしません。

3551132 - spreadsheetGetCellValue 関数が、カスタムの書式設定を行った値を含むスプレッドシートのセルを読み取る場合にアスタリスクを返します。詳しくは、この POI のバグに関する説明を参照してください。

3742227 - thumbnail アクションを指定して cfpdf タグを使用した場合、Mac マシンでは TIFF 形式が機能しません。

3630150
- cfzip タグが Amazon S3 で機能しません。

3743589
- Express のインストーラーを使用して ColdFusion をインストールし、コネクタの設定後に ColdFusion Administrator にアクセスすると問題が発生する場合は、/CFIDE フォルダーを Apache サーバーの htdocs フォルダーにコピーし、mod_jk.conf 内で CFIDE 向けに作成したエイリアスブロックをコメントアウトしてください。

3676569
- cfusion/bin/connector ディレクトリ内にあるバッチファイルが、そのままでは動作しない場合があります。このスクリプトは参照用に提供されています。

3698265
- Ubuntu 13.10 で cfencode ユーティリティを使用するとエラーが発生する場合があります。

3745860
- Mac OS X では、サーバーのインストール時にオプションが選択された場合、ColdFusion アンインストーラーによって system-init スタートアップスクリプトが削除されません。サーバーのアンインストール後にこのスクリプトを手動で削除できます。そのためには、/Library/StartupItems/ColdFusion11 フォルダーを削除します。

3744243
- Mac OS X では、ColdFusion アンインストーラーをルートユーザーアカウントで起動する必要があります。ルートユーザー以外のアカウントで実行した場合、コネクタが設定解除されず、/cfusion/ 内の一部のディレクトリが削除されません。コネクタを手動で削除するには、/conf/mod_jk.conf を削除し、Apache 設定ファイル(httpd.conf)内の mod_jk.conf への参照を含む行を削除してください。

3520363 - Hibernate を使用する場合、Hibernate ではハッシュテーブルキャッシュがサポートされなくなったので、ハッシュテーブルによるコンポーネントキャッシュが機能しません。

3518916
- プリミティブな boolean 型に Null を挿入すると、MS SQL Server でエラーが発生します。cfc を使用して型をマッピングしている場合は、ormtype="numeric_boolean" と指定してください。hbmxml を使用している場合は、type="numeric_boolean" と指定してください。

3740442
- WebSphere または WebLogic とともに設定した場合、ColdFusion Server Manager は機能しません。

3617847
- WebSocket プロキシを単一の Web サイトに対して設定すると、「Service Unavailable:503」エラーが断続的に発生する場合があります。回避策として、WebSocket プロキシを「すべてのサイト」で設定するか、applipcationHost.config ファイルに属性 applicationPool=" " を追加してください。

3737470
- WebSocket プロキシは、Apache 2.4.* および Apache 2.2.27 ではサポートされません。

3726408
- 式ステートメントで、操作が非同期に連鎖されません。回避策として、値を一時的な変数に代入してから、連鎖された関数を呼び出してください。例えば、<cfset new A().func1()> は、CFC A が非同期にインスタンス化される場合には機能しません。代わりに、<cfset var temp = new A()> <cfset temp.func1()> としてください。

3671350
- <cfclient> コンテキストでは、デバイスの呼び出しまたは cfquery コードの結果を <cfparam> タグのデフォルト値として直接使用することはできません。

3617930
- カスタムタグ内の CSS ファイルは、<link> タグではなく <cfinclude> タグを使用してインクルードする必要があります。

3534040
- contact オブジェクトの "pref" プロパティ(電話番号や電子メールなどの各種フィールドに適用可能)は Android および iOS プラットフォームではサポートされません。

3523556
- 同期的なクライアントサイド CFML 関数がネイティブの JavaScript コードから呼び出される場合、<cfoutput> ステートメントの後に、<cfoutput> コンテンツをレンダリングするための <cfflush> を記述します。これは、クライアントサイド CFML 関数が <cfclient> コードから呼び出される場合は必須ではありません。

3699353 - Android では、media および capture 関数により、シェルアプリケーションとパッケージアプリケーションがクラッシュします。ただし、ファイルにはオーディオコンテンツが記録されますが、アプリケーションの動作が既に停止しているので、そのファイルオブジェクトの詳細を取得できません。

3690967
- カメラオプションオブジェクト のエンコードタイプセットは、Android プラットフォームでは無効です。

3699493
- Android では、録音直後のメディアオブジェクトに対して、cfclient.audio.play 関数が機能しません。録音後のメディアを再生するには、メディアオブジェクトの cfclient.audio.release 関数を呼び出し、もう一度そのメディアオブジェクトを作成して、cfclient.audio.play() 関数に渡します。

3753750 - エラー「CFC xxxx にインターフェイス CFIDE.orm.IEventHandler が実装されていません。」というエラーが発生して、インターフェイス CFIDE.orm.IEventHandler を実装する ORM アプリケーションのイベントハンドラーが失敗します。2 つの新しい関数 preFlush および postFlush をイベントハンドラーに追加する必要があります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー